FC2ブログ

Best 10 Shots 2nd half 2018

.10 2018 ブログ comment(0) trackback(0)
今年の流行語大賞がもう選ばれたと聞き、
2018年下半期の Best 10 Shots を選んでみました。
いつもは感動第一、写真の出来第二で選んでいるのですが、
今回はその逆で選んでみました。
感動第一ということになると長年の夢だったグランド・キャニオン
になってしまうのですが、それだとそこにさえ行けば
誰でも撮れる写真になってしまうのです。

第一位 網を持った少年
01best.jpg
自治会の祭りの写真展にこれを出品しました。
スマホの写真ですが光が暖かく撮れたので。

第二位 アンテロープ・キャニオン
02best
下の観光客の来ている服の色のブルーがいいコントラストになりました。

第三位 湖東三山 西明寺の紅葉
03best.jpg

第四位 青いカケスの飛び出し(グランド・キャニオン)
04best.jpg
鳥の飛び出しがドンピシャのタイミングで撮れたのは
これが初めて。

第五位 カマキリとツクツクホウシ
05best.jpg
諸行無常。

第六位 ほおずき市の看板娘
06best.jpg
こんな美人に出会ったことがなかったので。

第七位 湖東三山 金剛輪寺の紅葉
07best.jpg

第八位 グランド・キャニオン
08best.jpg
感動第一位なのですが、写真的にはいまいち。

第九位 モニュメント・バレー
09best.jpg
これもここに行けば誰でも撮れる写真なのですが、
壁紙写真としては最高。

第十位 ヨセミテ公園
10best.jpg

年末最後に上半期のBest 10 Shotsと合わせて今年のベストテンを選びます。

スポンサーサイト

雫ノ香珈琲(Nanoka Coffee)

.09 2018 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
図書館からの帰り、土曜日の午後2時過ぎ、
新しく開店した喫茶店に入ってみた。
DSC_2018 (480x360)
雫ノ香珈琲(Nanoka Coffee)。
この字を「なのか」と読めとはねー。
辞書を引いてみると、雫は漢音でダ、呉音でナ、訓読でしずく。
たしかに Nanoka ではある。

4人掛けのテーブル席が4つ、カウンター席が6脚、
カウンターの中に男が一人、テーブルまわりの女店員が二人。
主婦がいくらおしゃべりしてもいいコメダ珈琲の雰囲気でもないし、
スタバのセルフサービスの雰囲気でもない、
昔ながらの、ごく普通の喫茶店である。

4人掛けテーブルに2組の客が入っているだけだったが、
私は一人客なので、空席のカウンター席の一番奥に案内された。

初回なので、ブレンドコーヒーとケーキセットを注文してみた。
待つこと15分。
DSC_2017 (480x360)
ガトーショコラは固くていまいち私の好みではなかった。

そのうち、よろしかったらおさげしますと言って
コーヒーカップとケーキ皿を引き上げていった。
カウンター席には反対側の端っこに一人客が来ただけだったが、
なんとなく居づらくなって、出てきた。

ブレンドコーヒー500円、
ガトーショコラ 480円
セット値引き ー150円
合計      830円なり。

この店も長続きしそうもないね。

Golf & Bretagne OB会

.08 2018 ゴルフ comment(0) trackback(0)
何と見事な山茶花。この真上を打ち抜くとナイスドライブになる。
DSC_2005 (800x600)

昨日はこの時期には珍しい無風で暖かい最高のゴルフ日和。
川崎国際は桜もいいが、山茶花もいい。
DSC_2003 (800x600)

ゴルフは午後2時にあがったので、夜は品川までお出かけ。
人の多さに圧倒される。
DSC_2015 (480x360)

「GLASS DANCE 品川港南」という若者向けのお店で、
Bretagne OB会。
フランス時代の思い出話に花が咲く。
社長室秘書のマダムが今月末で定年退職するというので
この飲み会の集合写真を送ることになった。
DSC_2012 (360x480)

品川港南エリアのイルミネーション。
DSC_2013 (480x360)

こちらは大井町駅前のイルミネーション。
DSC_2016 (480x360)

今まで品川に出るには渋谷経由山手線を使っていたが、
大井町線経由のほうが運賃が安く、
しかも渋谷駅のきつい階段を登らなくて済むということを発見した。
帰りの電車も大井町が始発なので座れて便利だ。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

.06 2018 読書 comment(0) trackback(0)
なぜこの本を予約したのかまったく記憶がない。
IMG_6564.jpg
最近こういうことが多い。
「ご予約の本が到着しました」という図書館からのメールを
受けとって初めて自分がこの本を予約したことを知るのだ。

それはともかく、実に面白く一気に読んでしまった。
文庫本301ページと厚さも手ごろだ。

図書館のサイトの解説文をコピーすると
「1960年、プラハ。
小学生のマリはソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。
男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。
嘘つきでもみなに愛されているルーマニア人のアーニャ。
クラス1の優等生、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。
それから三十年、
激動の東欧で音信が途絶えた三人を捜し当てたマリは、
少女時代には知り得なかった真実に出会う!
大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。」
となっている。

この本の著者の米原万里(1950-2006)をこの本で初めて知った。
私より2学年年下でほぼ同じ時代を生きているが、
生きてきた世界が全く違う。
1960年から64年まで、9歳から14歳まで
(日本式に言えば小学校3年生から中学校2年生まで)、
主人公のマリ(著者本人)は当時のチェコスロバキアの
「在プラハ・ソビエト学校」に通っていたのである。
この間ロシア語だけで生きてきた彼女は、
日本に帰国して外語大に入り、その後、
ロシア語の同時通訳として、多忙を極めた。

2002年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しているように
この物語はノンフィクションなのである。
しかし、生き生きとした会話、描写は
小説以上に読者をぐいぐいと引っ張ってゆく。
1968年のプラハの春、1989年のベルリンの壁崩壊の後の
東欧のビロード革命、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦争という
激動の時代を生き抜いた3人の級友に再会するという
彼女でしかできなかった物語だ。
春江一也の「プラハの春」「ベルリンの秋」はフィクションだが
こちらは実話なのである。

残念ながら彼女は56歳という若さでこの世を去ってしまったが、
類まれなるエッセイストとしても有名だったようで
早速図書館サイトで彼女の代表作と言われる
5冊に予約を入れた。
予約順位1位なのですぐに手に入るだろう。


スラムの惑星

.05 2018 読書 comment(0) trackback(0)
「スラムの惑星」マイク・デイヴィス著(2010年5月)。
カバー写真はサンパウロ(ブラジル)のスラム街。
IMG_6561 (480x320)

地球上の7人に1人、10億の民がスラムの住人。
都市は貧困で爆発する。

都市の人口流入は増大する一方で、
都市貧困のグローバル化がますます進展している。
先進国では都市人口の6%、後進国では78%がスラムの住人だ。

国連の集計。
(国・・・都市人口におけるスラム居住者%・・・スラム人口)
中国        38%       194百万人
インド       56%      158
ブラジル      37%       52
ナイジェリア    79%       42
パキスタン     74%       36
バングラデシュ    85%       30


韓国        37%        14


タンザニア     92%       11
エチオピア     99%       10
スーダン      86%       10
ベトナム      47%        9

恥だとして正直なデータを報告しない国が多いので
これでも控えめな数字だという。

日本のスラム人口は残念ながらわからなかった。
大阪の愛隣地区、東京の山谷、横浜の寿町など
スラム街の住人は殆ど生活保護を受けているので
餓死することはないようだ。

地球はどうなってゆくのか。

食べてないのはあなただけ

.04 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
食べてないのは、あなただけ!?
DSC_2001 (480x316)

こういわれると反応してしまうのは悪い癖。
マックのコピーに思わず足を止めてしまいました。
DSC_2002 (360x480)

三角チョコパイ黒を2個買って帰りました。
DSC_2004 (480x360)

中にとろっとしたチョコが入っているのですが、
パイ生地が丈夫過ぎてサクッと噛み切れないのです。
DSC_2005 (480x360)

生地にひと工夫が必要ですね。

ice GUARD ig60

.03 2018 comment(0) trackback(0)
冬タイヤに履き替えました。
IMG_6559 (480x320)

1月に義母の一周忌で島根に帰らなくてはなりません。

2012年12月に義母の米寿祝で帰省した時に
浜田道で降ろされて遭難しそうになったことを思い出します。

これでどこへでも行けます。

干し柿 2018

.02 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
御嶽道から帰ってみると
今年最後の西条柿が届いていて
妻がせっせと皮むきをしていました。
IMG_6556 (800x533)

問題はいかにして柿を干すかということです。
我が家は今こういう状態なので、
例年のようにベランダが使えないのです。
IMG_5870 (480x320)

洗濯物干し場になっている部屋で
扇風機をかけて干すことにしました。
IMG_6557 (480x320)

昨年まではアルコールを霧吹きして消毒していたのですが
今年はぶら下げる前に熱湯に10秒間浸して消毒しました。
柿を食べている限りはコレステロール値が上がることはありません。

御嶽道(みたけみち)

.01 2018 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
ラウンジ懇話会のメンバーで御嶽道(みたけみち)を歩くことになりました。
これは川崎市が発行している御嶽道のパンフレットに載っている地図です。
スキャン_20181130 (2) - コピー (1200x874)
(クリックで拡大)

御嶽山というと全国的には噴火する岐阜県の御嶽山(おんたけさん)が有名ですが、
東京都青梅市には武蔵国大口眞神御嶽山(みたけさん)神社があります。
大口眞神とはオオカミのことで、神社の狛犬もオオカミです。
IMG_3332 (800x600)

私は御岳山には何回も登っていますが、
それはこの神社にお参りするためではなく、
レンゲショウマ
03IMG_3335-01_2018120111234980f.jpg

玉川ホトトギスを見に行くためです。
01IMG_3387_2018120111234699e.jpg

ところが、江戸の人々は信心のために御嶽講を組織して
この山に登っていました。
品川、羽田方面の御嶽講の信者は、
羽田道で穴守稲荷弁天堂を参拝した後、羽田の渡しか大師の渡しで
多摩川を渡り川崎大師を参拝し、その後多摩川丘陵の尾根道を通って
多摩川を遡って御嶽山に登るというコースをとっていました。
その路が御嶽道と呼ばれる最初の地図の道です。

現に、御嶽山神社の参道には、我が家のそばの黒須田町の
講の碑が立っています。
IMG_3331 (800x600)


午前9時、たまプラーザ行きのバスに乗るため
公園に集まったラウンジ懇話会メンバーは二十数人。
IMG_6520 (480x320)

そして、最初の地図の東名高速道路の橋の上をスタートして
尾根道をたどりました。
こんなミカン畑が残っていました。
IMG_6522 (480x320)

尾根道ですから眺めがよく、富士山がよく見えました。
IMG_6525 (480x320)

手前の影は女郎蜘蛛。
IMG_6537 (800x533)

東京スカイツリーも東京タワーも見えますよ。
IMG_6540 (800x533)

この実は何なのか、
IMG_6530 (480x320)

グーグルの画像検索でも名前がわかりませんでした。
IMG_6531 (480x326)

人の気配のまったくしないこの建物は何?
IMG_6533 (480x320)

よく見ると電力メーターボックスがすべて取り外されていました。
もったいない、そのうち建て替えになるのでしょうね。
IMG_6534 (480x320)


菅生緑地の中を通って、北部市場前の道を行きます。
菅生緑地は初めてという方が殆どだったので驚きましたが
車の運転をやめるとここまで来るのは難しいようです。
IMG_6542 (480x320)

長い大根ですね。
IMG_6543 (480x320)

本当は天気の良いこの日に
ヒマラヤ桜や金太郎大もみじを見に行きたかったのですが
このウォーキングにはぜひ参加したかったのです。
IMG_6545 (800x533)

尾根道ですからこんなところがまだ残っています。
こういうところが川崎市と横浜市の境なのですよ。
IMG_6550 (480x320)

潮見台のあたりで行われているこの工事は、
リニア新幹線の非常口を掘っているところなのだそうです。
こんなところの地下をリニア新幹線が走るなんて
全く知りませんでしたよ。
IMG_6551 (480x320)

このバス停で解散となったのが12時前でした。
IMG_6555 (480x320)

この日の歩いた歩数は14,935歩でした。

金太郎大もみじ 2018

.30 2018 紅葉 comment(0) trackback(0)
今年も足柄山の金太郎大もみじを見ることができました。
IMG_6478 (800x533)

生憎と11月30日まで足元が工事中。
IMG_6479 (800x533)

2015年にこの場所を発見して以来
毎年ここを訪れています。
IMG_6482 (800x533)

やはりここは11月の月末に来るのがよいようです。
IMG_6481 (800x533)

あと数日は楽しめそう。

 HOME