Locomotive syndrome

.25 2018 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
「ロコモティブ・シンドローム? 何それ?」
「運動不足による病気のことをいうのかしらね」
よくわかりませんが、自宅に帰って調べてみると
「運動器の障害により、要介護になるリスクの高い状態」
になることをいうようです。

とにかく、ロコモティブ・シンドローム対策費として
青葉区から補助金が出てお弁当が支給されるというので、
昼食代を浮かせるために妻と二人で
自治会のウォーキングの会に参加しました。

王禅寺ふるさと公園までの3kmちょっとを歩くだけです。
王禅寺の参道の入り口から公園に入るのは
初めてだという方が多かったです。
ということは、普段あまり歩いていない人が多い?
IMG_8711 (480x360)

梅林横の参道をえっちらおっちら歩きます。
IMG_8713 (480x360)

最期は急な階段を二回登って、王禅寺に到着。
IMG_8714 (360x480)

まだ、蝋梅の花がかろうじて残っていました。
IMG_8718 (480x360)

そして、禅寺丸柿の原木です。
「柿生ふる柿生の里
名のみかは禅寺丸柿
山柿の赤きを見れば
まつぶさに秋はたけたり
北原白秋」
という石碑があります。
IMG_8723 (480x360)

本堂がふたつあるようです。こちらには
有名な画家の天井画があるようなのですが、
特別な団体予約をしないと見せてもらえないそうです。
IMG_8725 (480x360)

南観世音菩薩 又は オンアロリキャソワカ
とおとなえください。
IMG_8726 (480x360)

実は何を隠そう、この公園に10本ほどある
玉縄桜の開花状況をチェックするのが
ウォーキングに参加した我が家の主目的でした。
IMG_8727 (480x360)

昨年は2月20日に満開だったのですが、
今年はまだ開花したばかりでした。
満開までにはあと2週間はかかりそうですね。
IMG_8729 (480x360)

公園では一人一個ずつサンドウィッチが配られました。
それをいただいた後で自然解散です。
後は各自勝手にバスで帰ろうが歩いて帰ろうが自由です。

我が家は来た道とは違う
琴平神社のほうを回って帰ることにしました。
IMG_8741 (480x269)

琴平神社の道路を挟んだ反対側の倉庫で
お雛様の一群を発見しました。
IMG_8738 (480x269)

子供が大きくなっていらなくなった人形を
この神社にあずけると
お祓いをして焼却処分をしてくれるのでしょうかね。
IMG_8737 (480x269)

この道筋では道祖神をたくさん見かけました。
IMG_8742 (480x360)

芙蓉のドライフラワーです。
IMG_8743 (480x360)

早野聖地公園のそばから戒翁寺に向かいます。
戒翁寺の六地蔵。
IMG_8746 (480x269)

前回来た時は草ぼうぼうだった戒翁寺の裏の
原っぱの草がきれいに刈り取られていました。
この道はなぜかグーグルの地図にも載っていて、
横浜総合病院のほうに抜けます。
IMG_8747 (480x269)

買い物に立ち寄ったあざみ野ガーデンで
オカリナの演奏会をやっていました。
IMG_8750 (480x269)

サンドイッチ1個だけでは夕方までお腹が持たないので、
おやつにぜんざいをいただきました。
IMG_8751 (480x269)

とにかく今日は17,310歩を歩きました。
すこしはロコモティブ・シンドロームから遠ざかったでしょうか?
スポンサーサイト

三歳児の語学力

.24 2018 身内話 comment(0) trackback(0)
午前中は下の孫の生活発表会があったのですが、
おじいちゃんは苑地ボランティアの仕事があったので見れませんでした。
遅ればせながら、その後の誕生会に合流です。
DSC_0486cut (480x360)

両方のおじいちゃんおばあちゃんからもらったおもちゃにさっそく飛びつきます。
DSC_0479 (480x360)

ちょうど三歳になったのですが、驚いたのはその語学力。
単語の連発ではなく、
ちゃんとした文章でものが言えるようになったのです。
ちょっと見ない間に長足の進歩です。
3年間日本語を聞いていると、ここまでしゃべれるようになるのか。
私がフランスに赴任して3年たった時に
どの程度のフランス語をしゃべっていたか?


やはり子供の頭の柔らかさと、その吸収力にはかないませんね。

オスは本当に必要か?

.22 2018 読書 comment(0) trackback(0)
昆虫や動物のオスは、交尾できないまま、
その一生を終えるほうが圧倒的に多いそうです。
サル山やトドのハーレムを見てもそれはすぐわかります。
若くて強いオスがハーレムを作って大勢のメスを従え、
それ以外のオスは周囲をおろおろ歩いて、
隙あらば、やろうと狙っているだけです。
昆虫ではメスに出会えないまま死んでしまうものが多いらしい。
極東の島国の人間社会でも同じ現象が起こっているようです。

初期の生物は無性生殖をしたはずなので、
有性生殖はその後に発明された戦略なのです。
メスがメスを産み続けていれば、オスは必要ないのです。
オスがいるために命をつなぐのに余分なコストがかかります。
クジャクは不必要に大きく美しい羽根を用意しなくてはならず、
植物は花を咲かせて、昆虫に花粉を運んでもらわなくてはなりません。

オスは本当に必要なのでしょうか?

春にオスの蝶がメスのまとわりついています。
あれを微笑ましいとみる方もおられましょうが、
そのメスはすでに他のオスと交尾していて、
メスにとっては迷惑な行為でしかないのだそうです。
あの行為は進化学の専門用語で、
セクシャル・ハラスメントと呼ぶのだそうです。
(納得!)

「すごい進化」 鈴木紀之著 (中公新書2017/04) を読みました。
サブタイトルが “「一見すると不合理」の謎を解く” です。
IMG_8708 (480x360)


雪平夏見は無駄に美しい。

クジャクのオスも無駄に美しい。

この本の中で Peacock Spider (孔雀蜘蛛)という
実に美しい蜘蛛がいることをしりました。
その求愛ダンスが素晴らしいので、紹介しておきます。
このくらいオスは努力しないとメスに相手にされないのです。



東郷神社

.18 2018 東京 comment(0) trackback(0)
地下鉄神宮前で下車して、Ristorante Emilia へ向かう途中、
東郷神社の前を通りかかりました。
DSC_0435 (480x360)
Tōgō-jinja

私は18の歳から30歳まで13年間、東京都に住んでいたのですが、
恥ずかしながら東郷神社にお参りしたことはありません。
近くにある明治神宮には何回もお参りしたことはありますがね。
その存在を知らなかったのだからしょうがない。
DSC_0438 (480x360)
私は、神社は恨みを残して死んでいった人の霊を慰めるため、
その祟りが起こらないようにするために神社を作ったのだと思っていましたが、
御霊信仰、 Goryō
この神社は違いますね。
東郷平八郎が恨みを残して死んだとは思えません。

受験生らしき若人が必勝祈願をしています。
なるほど。確かに、ロシアのバルティック艦隊を破った大元帥ですからね。
合格祈願ではなく必勝祈願ですか。
DSC_0436 (480x360)

神社のそばには東郷会館なるものがあって、
立派な池には、錦鯉がやはりいました。
DSC_0439 (480x360)

おりしも結婚式をやっていました。
DSC_0440 (480x360)

狛犬はアブストラクトな彫刻でしたよ。
DSC_0443 (360x480)

なるほど、肉じゃがは東郷平八郎がイギリス留学の時に食べた
ビーフシチューをベースにできたのですか。
初めて知りました。
DSC_0444 (360x480)

犬も歩けば棒に当たる。
今年は何年でしたっけ?

「負けました!」

.17 2018 趣味 comment(0) trackback(0)
「負けました!」
羽生負けました02
潔い、実に潔い。
天下の羽生永世七冠が潔く深々と頭を下げる。
相手は中学生の藤井聡太新四段。学生服が初々しい。
負けたときは、こういう子供にも頭を下げるのである。
これが実に日本的ですがすがしいと思うのは私だけだろうか。

囲碁の世界はこうではない。
囲碁では相手から獲った石(揚げ浜という)をつかんで盤上に置けば
それが投了の合図だということになっている。
頭をほんの少し下げるだけだ。
特に韓国や中国の囲碁棋士は実に乱暴に揚げ浜を碁盤の上に置く。
実に悔しそうな表情を見せる。

それにしても、将棋界は今非常な盛り上がりを見せている。
藤井聡太というニュー・ヒーローの出現のおかげだ。
今日、午前中の準決勝で羽生永世七冠を破り、
午後の決勝で広瀬A級八段を破って、
全棋士参加の公式戦初優勝を遂げたのだ。
中学生、15歳10ヶ月の新記録である。

チョンチャン・オリンピックのフィギュアスケートで
羽生結弦が連覇したのにも劣らないニュースとなった。
まさに漫画の「3月のライオン」が実現したのである。

その最終局での妙手が、この「4四桂打つ」である。
どこにも紐のついていない「ただ捨ての妙手」。
相手の飛車の利きを止めた手である。
相手の広瀬八段は局後に「この手を見落としていました」と述べ、
解説の佐藤名人も予想しなかった妙手だという。
https://youtu.be/JdwcCsh3b2k
羽生の「2五銀」のように、藤井の「4四桂」も伝説となるのだろうか?
藤井、ただ捨て桂馬

今日の昼間に終わったばかりの将棋に対して、
私が今こんな記事を書いているのを不思議と思いませんか。
そうなのです。なぜか将棋だけは、終わったばかりの試合が
Youtube にアップされるのです。無料で見れるのです。
囲碁ではこうはいきません。
日本棋院の「幽玄の間」というチャンネルに毎月2100円払わないと、
試合のライブは見れないのです。

またYoutube にでてくる将棋の棋士には芸人が多くて、おしゃべりが実に面白い。
どの棋士も面白おかしく解説してくれるのです。
糸谷八段と香川女流の夫婦漫才は最高ですよ。
囲碁界にはこんなにおしゃべりの面白い棋士はそろっていませんね。

先日、こんなダジャレ本を買いました。
IMG_8271 (320x480)
両取り(オードリー)ヘップバーン、
完敗(乾杯)長渕剛、
優勢(郵政)民営化、
ここで飛車をキリマンジャロ
この駒はもう「ラ・フランス」(洋ナシ=用無し)
などなど、
もうばかばかしくて聞いてられない。

しかし、藤井聡太君と同じ時代に生まれた将棋指しは
可哀そう。

Emilia

.16 2018 食と料理 comment(5) trackback(0)
「あら、ご機嫌ですこと。それなら晩御飯は必要なさそうね」
ルンルンで帰宅すると妻にこういわれました。

今日もまたイタリアンで昼食でした。
中国で働いている友人が一時帰国するのに合わせて、
神宮前の "Ristorante Emilia" で再びブルターニュOB会をやったのです。
DSC_0458 (480x360)

まずは "Birra Moretti" というビールで乾杯。
アルコール濃度が7度もあるせいか、
ねっとりと舌にまとわりつく感じでした。
DSC_0446 (480x360)

最初のワイン"Cinquecampi Rosso"。
イタリア語はわからないのですが、
たぶん「五つの畑の赤ワイン」という意味でしょうか?
DSC_0447 (480x360)

前菜をイタリア語で「アンティパスト」というのは
しっかり覚えました。
DSC_0449 (480x360)

最初のワインが1本しかなかったので、
次からのワインはこれです。
DSC_0451 (480x360)

なぜか、またまたカラスミ(ボッタルガ)の入ったパスタ。
DSC_0452 (480x360)

この分厚い肉はカモです。
DSC_0453 (480x360)

このデザートの名前は忘れました。
DSC_0455 (480x360)

平日の昼間のイタリアンレストランのお客は殆どが女子です。
その中にジジイばかり8人が集まって、
がんがんワインを飲みまくる様は少し異様でしたかね。


第74回 熱海梅園 梅まつり

.15 2018 花(木の花) comment(0) trackback(0)
孫たちを連れて熱海梅園にやって来ました。
01IMG_8672 (480x269)

熱海梅園梅まつりも今年で第74回を迎えるそうです。
私の歳より多いですね。
02IMG_8671 (480x269)

今年の写真は「ほのぼの」とした感じのものを選びました。
03IMG_8684 (480x269)

毎年同じ写真では面白くありませんからね。
04DSC_0431 (480x360)

孫にとってはやはり「花より団子」です。
05IMG_8663 (480x269)

中山晋平宅の黄花亜麻は凍り付いて枯れていましたが、
ナルキッソス・ブルボコディウム( Narcissus bulbocodium 西地中海原産)には
今年も出会えました。
07Narcissus bulbocodium01 (480x269)

この黄色が春らしさを強調してくれます。
08Narcissus bulbocodium02 (480x269)

寒いとはいえ、とにかく天気がよくてよかった。

熱海桜4回目

.14 2018 花(桜) comment(0) trackback(0)
毎年我が家の桜見物は熱海から始まります。
2015年から連続4回目です。
01IMG_8640 (480x269)
私のブログに「熱海」とインプットして検索をかけると、
熱海には過去6回来ていることが分かりました。
2014年 6月ジャカランダ・ブーゲンビリア、
2015年 2月桜と梅園、
2015年12月ヒマラヤザクラと梅園の紅葉、
2016年 1月桜と梅園、
2016年12月ヒマラヤザクラと梅園の紅葉、
2017年 1月桜と梅園でした。
自分の日記に検索をかけられるということはすごいことですね。


今回7回目にして初めて孫たちが参加してくれました。
02IMG_8654 (480x269)

この日は天気は良かったものの、
強風が吹いて体感温度が実に低いのです。
03IMG_8656 (480x269)

孫たちには桜と梅の花見だけでは面白くなかろうと、
おばあちゃんが「マリンスパあたみ」で遊ぶ計画を立てました。
04IMG_8703 (480x269)

バスタオルや水着を用意していたのですが、
日帰り入浴プラン(1000円)のなかに
水着もバスタオルも入っていたのでそれを借りました。
しかも2時間無料の駐車券までくれるのです。

この浴室型リラクゼーション・プールは実に楽しいです。
男女混浴のため水着をつけて入りました。
孫たちのはしゃぐことはしゃぐこと、大喜びです。
ジェット噴水を下から浴びて体を浮かしていると
腰痛が治りそうな気がして、実にリラックスできます。
ホット・サウナや低温サウナ(60度)もついています。
05takahashi techno
(人が裸で遊ぶ場所ですから写真撮影はできません。
この写真は施工業者タカハシテクノのHPからお借りしました。)

ジャグージーのお風呂でさんざん戯れた後、
水着を脱いで男女別々のお風呂に入ります。
ゴルフ場の風呂のように何でも置いてあるわけではなく、
櫛がないのには往生しました。
洗面道具は持参したほうがよいでしょう。

ともあれ、孫たちのおかげで、楽しい「花見」になりました。

雅叙園の百段雛まつり

.13 2018 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
行人坂を通ったのは雅叙園へ行く途中でした。
01DSC_0431 (480x360)

雅叙園ではまず、キンキラキンのエレベーターの内装に驚かされます。
02DSC_0424 (480x360)

ここに来たのは「百段雛まつり」を見るためです。
実はクラブツーリズムの渋谷発バスツアー「雅叙園百段雛まつりと迎賓館見学」
に申し込んでいたのですが、参加者が少なくて、キャンセルになったのです。
03DSC_0421 (480x360)

JAFカードのおかげで入場料が一人200円安くなりました。
会場内は殆どの場所が撮影禁止ということでしたので、
とりあえず入り口の雛段を撮りました。
04DSC_0422 (480x360)

これが噂の百段階段です。
05DSC_0418 (360x480)

実際は99段でしたので、そばにいた監視人に聞いてみると、
「百段にしてしまうとすべて終わったことになるので、
まだこれから発展しますよという意味で
あえて99段でとめてあります」という説明でした。
なるほど。
0604DSC_0416 (480x360)

日本各地から集められたお雛様は、
階段途中の七つの部屋に飾られていますが、
殆どの部屋に撮影禁止マークがありました。
07DSC_0415 (480x360)

撮影が許されたのは、一般民芸品のおひなさまです。
08DSC_0413 (480x360)

お雛様より素晴らしかったのが、各部屋に描かれた、
天井画と襖絵、壁画でした。
それぞれの部屋に、描いた画家の名前が付けられていました。
それぞれの部屋に監視員が一人ついていますので、
その人に聞けばいくらでも絵や座敷の説明をしてくれますので
聞かないと損ですよ。
09DSC_0417 (480x360)

なんと!これだけの数の画家がここで筆を振るったのです。
10DSC_0414 (480x360)

これは一部屋だけ撮影を許された欄間の絵です。
11DSC_0411 (480x360)

まるで美術展覧会に来たようです。
12DSC_0412 (480x360)

雛まつりを見終わったと、田舎者根性丸出しで、
お隣の宴会場とホテルのエントランスを散歩してみました。
13DSC_0425 (480x360)

エントランスの壁画だけでも一見の価値がありますよ。
14DSC_0426 (480x360)

この池なんかも金がかかっていますね。
15DSC_0428 (480x360)

ディスプレーも見事。
ここのホテルの宴会場で、大学のクラス会をやってみたくなりました。
話のネタに一回くらいは面白いかも。
16DSC_0427 (480x360)

ホテルの中庭にあった侘助がひときわ目立っていました。
17DSC_0429侘助 (480x360)

まだまだ見ていない東京の名所があります。
久々にお上りさん気分を味わいました。

行人坂

.12 2018 東京 comment(0) trackback(0)
山手線目黒駅を降りて、西に細い一方通行の坂道を下ってゆくと
「行人坂(ぎょうにんざか)」とありました。
「行人坂って、時代小説にときどき出てくるのよね、ここだったのね」
01DSC_0440 (360x480)
「寛永の頃(江戸時代初期、三代将軍家光の治世)、
出羽(山形県)の湯殿山の行人(ぎょう にん)がこの辺りに
大日如来堂を建立し修行を始めたので、
しだいに多くの行人が住むようになった」
と記載がありました。

坂の途中に大円寺というかなり大きなお寺があります。
02DSC_0404 (360x480)

大黒天がお祀りされています。
(大日如来じゃないんだ?)
03DSC_0437 (480x360)

本堂わきに、金色の薬師如来像がありました。
3枚セット500円で、薬師如来へ金箔を貼ることができます。
「自分・家族・友人の体の気になる箇所と
同じところへ願いを込めてお貼りください」
と書いてあります。

体の悪い部分へ水をかけるとか、触ってなでるとか
というお地蔵様には時々出会いますが、
500円もかかるのはやはり花のお江戸ならではと感じました。
04DSC_0438 (480x360)

明和9年(1772年)に大火があり、火元がここの大円寺でした。
「行人坂の火事」とよばれ、
「振袖火事(明暦3年、1657年)」、「車屋の火事(文化3年、1806年)」
と並んで江戸の三大火事の一つだそうです。
06DSC_0434 (480x360)

その火事で亡くなった人々を供養するために
ここの五百羅漢がつくられたとのこと。
05DSC_0433 (480x360)

この坂から昔は富士山が見えたそうですが、
07DSC_0447 (360x480)

今はホリプロの本社ビルなどがあって、
富士山は見えません。
08DSC_0445 (360x480)

たまたま、江戸の名所に行き当たりました。

 HOME