法善寺水かけ地蔵

.23 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
先日の大阪の旅では、カメラを忘れ、
スマホの電池が切れて写真が撮れませんでしたが、
友人がLINEで写真を送って来ましたので
記念にアップしておきましょう。

法善寺の水かけ地蔵の動画。
苔むしていてお地蔵様のお顔が見えません。


左足を上げるのを忘れとるやんけ!
1506137936505.jpg

何十年か前に一度だけ入ったことのある
かに道楽。
1506137990223.jpg

いい記念です。

スポンサーサイト

あしがり美術館(瀬戸屋敷)

.23 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
酔芙蓉ロードから瀬戸屋敷は900mなので歩いて行けます。
田舎の人なら車で移動するのでしょうが。
IMG_5961 (600x800)

今の時期、瀬戸屋敷に何があるというわけでもないのですが、
01IMG_5947 (800x600)

ちょうど「あしがり美術館」が開催されていました。
02IMG_5953 (800x449)

こういうオブジェが屋敷の内外に展示されています。
03IMG_5935 (600x800)

04IMG_5936 (800x600)

05IMG_5939 (800x600)

06IMG_5940 (800x600)

07IMG_5942 (800x600)

08IMG_5944 (800x600)

今の季節に咲いているこの花はなんでしょう?
花菖蒲? 杜若? アイリス?
花弁の付け根に目がない、網目もない。何だこれは。
09IMG_5927 (800x600)

台湾ホトトギス。あざみ野ではまだ咲いていません。
10IMG_5934 (800x600)

ほおずきがいい色になっていました。
11IMG_5946 (800x600)

6月に妻はこの瀬戸屋敷のセッコクを見に来ようといったのですが
高尾山のセッコクを見に行ってしまいました。
ここのほうが目の前にあるので写真は撮りやすいのです。
12IMG_5945 (800x600)

ミセバヤです。
以前、神代植物公園の展示場で、
ヒダカミセバヤの盆栽を見たことがありますが、
屋外ではまだ見たことがありません。
10月になれば咲くのでしょうかね。
13IMG_5930 (800x600)

南足柄市運動公園の彼岸花

.22 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
ふくざわ公園から南足柄市運動公園に移動しました。
IMG_6079 (800x600)

噂には聞いていましたが、なかなかのものですね。
IMG_6082 (800x600)

ちゃんと白い彼岸花もアクセントをつけるように
IMG_6083 (800x600)

植えてありますね。
IMG_6086 (800x600)

上の段から見下ろすとこんな風に見えます。
IMG_6087 (800x600)

できれば中間の斜面にも植えてほしいですね。
IMG_6096 (800x449)

グランドの反対側からの眺めです。
IMG_6098 (800x449)

ハナトラノオも今が盛り。
IMG_6100 (800x449)

実はこの写真は、蜘蛛の巣越しに撮ったものです。
IMG_6106 (800x449)

蜘蛛にはピントが合わず、ぼかしになってしまいました。
しかしそれなりに趣のある絵になりましたよ。
IMG_6107 (800x449)

彼岸花はメンテナンスが楽ですよね。
芽が出てから花が咲くまでが一週間ですから、
その前に一度草刈りさえしておけばよく、
後はほったらかしでも勝手に増えてくれるのです。
IMG_6108 (800x449)

これでまた一つ、ヒガンバナの名所を制覇しました。
IMG_6109 (800x449)

酔芙蓉

.21 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
酔芙蓉(すいふよう)とは、よくも名付けたものです。

これは12時14分の撮影。
01酔芙蓉12:14 (800x600)

同じところで15時15分の撮影。
色白の美人が、アルコールが入って
ほんのり桜色になりました。
02酔芙蓉15:15 (800x600)

実に色っぽいですね。
最後に花がしおれると、右のように真っ赤になってダウンです。
03IMG_6114 (800x600)

南足柄市のふくざわ公園(千津島1845)の近くの
酔芙蓉の並木を見に来たのです。
こういう農道が1km以上も続くのです。
04IMG_5977 (800x600)

今日は湿度のないからっとした秋晴れ。
05IMG_6027 (800x600)

こちらは一重の普通の芙蓉です。
この花は最初からピンクです。
06IMG_6048 (800x600)

これも一重の芙蓉。
めしべの形からハイビスカスの仲間だ
というのがよくわかりますね。
07IMG_6041 (800x600)

おりしも、彼岸花の盛りです。
08IMG_6008 (800x600)

やはり彼岸花は、黄金の稲穂のそばの
09IMG_6065 (800x449)

あぜ道にあるのが似つかわしい。
10IMG_6067 (800x449)

ヒルガオがまだ頑張っていました。
11IMG_6072 (800x449)

キバナコスモスも晴れの日に見るのが
秋らしくて最高です。
12IMG_6019 (800x600)

大阪市内見物

.20 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
夜の間に台風は通り過ぎてゆき、
大阪旅の2日目、
新大阪のコインロッカーで
ちょっとした騒ぎがありました。

みんなで荷物を預けようとしたのですが、
コインロッカーに鍵がついていません。
またコインを入れる穴がないのです。
「これどうするの?」
みんなも初めての遭遇ですから
使い方がわかりません。

少し離れたところに、
コイン駐車場のような精算機がありました。
ロッカー番号を指定してお金を入れると
ロッカーが締まり、QRコードのついた
レシートが印刷されて出てくるのです。
ロッカーを開けるのにはこのレシートの
QRコードを読み込ませれば開くようです。

世の中どんどん進化して、年寄りは追いつくのが大変です。

そして新大阪から梅田まで御堂筋線に乗ります。
ここでまたひと騒ぎ。
都会の人はICOCAやSUICAそしてPASMOを持っているので
切符を買わずに入場できますが、
島根の田舎から来た人は切符を買わなければなりません。
田舎では汽車やバスは一時間に一本しかないので
みな車で動きます。
車がないと病院にも行けないのです。
ですから彼らは公共交通機関を利用することはほとんどないので
ICOCAなんてカードは持っていないのです。

梅田駅について、大阪市内観光バス、
2階建てオープンデッキバス、OSAKA SKY VISTA 
に乗りました。
御堂筋、道頓堀を過ぎて、
ここは源聖寺坂。
DSC_2060 (600x800)

新世界の通天閣。
DSC_2062 (600x800)

実はここでスマホの電池が切れました。
カメラはうっかりカバンに入れてロッカーに置いてきたのです。
何たる失態、阿保か!
写真ブロガーとしては失格です。

このあと、あこがれの「あべのハルカス」に登ったのですが
写真は一切ありません。
60階の展望塔から見た大阪の町は、緑が東京より多く感じました。
そして東京スカイツリーからの眺めとの大きな違いは、
大阪は山に囲まれているということでした。
東に生駒、西に六甲の山並みが見えます。
これは不思議に私の心を和ませました。
東京のどこまでも続く家並みは何か人を不安にさせるのです。


そして道頓堀のお好み焼き屋で昼食。
友人がLINEに投稿してくれた写真を使用します。
「とん平焼き」。
オムレツみたいなお好み焼きですがこれがいい。
ビールのあてに最適です。
1505797560669.jpg

次は豚玉。
お姉さんのマヨネーズをかける手際の良さに
一同拍手。
1505797572720.jpg

このあと、
法善寺の水かけ地蔵や道頓堀のグリコの前で
記念写真を撮ったりしたのですが、
カメラを持っていない私の写真はありません。

一通り大阪見物をした後で新大阪駅のロッカーまで帰り
解散。

楽しい旅でした。
幹事さん、お気遣いありがとうございました。



古希同窓会

.19 2017 旅と観光 comment(2) trackback(0)
久々の新幹線の旅の楽しみはお弁当です。
新横浜駅ビルの三色おこわ弁当。
自分お好きなおこわが選べるので当然
松茸入りのおこわを選びました。
DSC_2043 (800x600)

もちろんデザートも忘れることはありません。
キャラメル・マロン。
DSC_2045 (800x600)

中に栗が入っています。
DSC_2051 (800x600)

大阪に昔の小学校の同級生が12人集まって、
まずは住吉大社に詣でます。
IMG_5921 (800x600)

この太鼓橋が有名で
IMG_5912 (800x600)

ここが記念写真のスポットになっているようですね。
IMG_5914 (800x600)

その後、舞殿で69年たまった穢れを払ってもらいました。
この次にお祓いを受けるのは喜寿の時ですかね。
IMG_5920 (800x449)

夜は新大阪のホテルに泊まり込みで
宴会です。
DSC_2058 (600x800)

小学校は6年生の2学期に隣の町の小学校と合併したので
今はもうありません。
その時の校歌をまだ覚えている友人がいて感動しました。
DSC_2053 (800x600)

もらったパンフレットから写真をスキャンしてみました。
玄関のわきの五葉松が思い出されます。
二宮小学校写真

これは森義範さんという先輩が描かれた俯瞰図。
学校の前の道路は、子供の時は広く感じたのですが
今通ってみると、車もすれ違えない細い道だったのです。
二宮小学校(森義範さんの画)

あれからもう60年も経ってしまいました。



キツネノマゴ

.16 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
あー、これがキツネノマゴか!
キツネノマゴ01 (800x600)

神代植物公園湿性花園でこの名札を見つけたのです。
キツネノマゴ02 (800x600)

道端にいくらでも生えている雑草です。
キツネノマゴ03 (800x600)

なぜキツネノマゴなのか
名前の由来はよくわからないそうですが
でも、狐の孫でよかった。

雑草の中には、イヌだのブタだのを
頭に付けた名前がたくさんありますが、
だいたい役に立たない草、くだらない草という意味です。
犬や豚に比べると狐というのは賢そうに聞こえますよね。
キツネノマゴ04 (800x600)

なぜキツネノマゴに引っかかるのかというと、
今年7月に沖縄を旅行した時、
キツネノマゴ科という綺麗な花に出会ったのです。
いわゆるツンベルギアという花で、
これはベンガルヤハズカズラ(キツネノマゴ科ヤハズカズラ属)。
01IMG_4134ベンガルヤハズカズラ (800x600)

こちらがコダチヤハズカズラ。
とてもおなじキツネノマゴ科とは思えないのですがね。
05IMG_4244コダチヤハズカズラ04 (800x449)

私がよく知っている花に
アカンサス(キツネノマゴ科ハアザミ属)があります。
これは花の形がキツネノマゴに似ているような気もしますね。
アカンサス (381x454)

いずれにせよ、初めてキツネノマゴに出会えて幸せです。
今まで出会ってはいても、名前を知らなかったのですから。

ご機嫌です

.15 2017 ゴルフ comment(0) trackback(0)
学生時代の友人に誘われて秦野CCでゴルフをしてきました。
DSC_2041 (800x600)
このゴルフ場、いいんですよ。
何がいいかというと、ドライバーを打つと
2打目でグリーンが狙える150yd以内の所に届くのです。
私のドライバーはだいたい200ヤード前後。
そうすると370yd以上になると
もう2打目でほとんどグリーンに届きません。
このゴルフ場は一番長いパー4が360yd。
嬉しいじゃありませんか。

練習の甲斐あって、
ウエッジがちゃんと当たるようになったので
今日のコースはうまくいきました。
好スコアーで今日はご機嫌です。




般若と青般若

.14 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
神代植物公園の温室で、
サボテンの花に出会いました。

「般若」
背の高さが50cmくらいあります。
IMG_5832般若 (600x800)

なぜ般若という名前なのか調べても由来が分かりません。
IMG_5834 (800x600)

こちらは「青般若」。
IMG_5831 (800x600)

幹に白い斑点がないのを青般若というそうです。
IMG_5829青般若錦 (800x600)

彼岸花開花

.13 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
我が家のそばの彼岸花が開花しました。
20170913 ヒガンバナ (800x600)

この花は芽が出始めてから咲くまでの期間が非常に短く
気がついたら咲いていたといつも感じます。

これは同じ場所の9月10日の写真。
わずか3日前です。
20170910 ヒガンバナ (800x600)

9月7日の写真。
芽が出て一週間で咲くということですね。
20170907ヒガンバナ (800x600)

毎年この花は記事にしているので
過去の記事をみてみると、
今年は夏が寒かったせいか、
開花が昨年より数日早いようです。

巾着田ももう開花したようですね。
関東の彼岸花の名所は
日向薬師、小出川、権現堂堤、野川公園など
一通り制覇したのですが、今年はどこに行きますかね。



 HOME