FC2ブログ

上野動物園

.23 2019 東京 comment(0) trackback(0)
三連休の中日、上野で孫たちと待ち合わせ。
恐竜博を見に来たのです。
DSC_2897 (480x371)

待ち合わせが12時ですから、まずは腹ごしらえと食堂を探していたら
下の孫が行方不明になりました。
皆で手分けして必死に捜索しましたよ、下手をすると一日つぶれてしまう。
アメ横入り口のガチャポンの機械の前でおじいちゃんが発見、
事なきを得ました。

息子たちが選んだのは「ねぎし」という牛タンのチェーン店。
私は麦トロ、タンの三種盛りを選択。
IMG_3699 (480x269)

上野公園ではあちこちに大道芸人がいて、
この人は箱の上で歌舞伎の見えを切るパフォーマンスが売り。
IMG_3701 (480x269)

恐竜博の近くに来たら長い列ができていて140分待ち!
あちゃー!やめよう!
というわけで、上野動物園に急きょ方向転換しました。

入り口のパンダ園は40分待ちだったので後回しで、
まずは象さん。
IMG_3708 (480x269)

白クマさん。
IMG_3724 (480x270)

なぜかカワセミがいました。
もちろん下のガラス張りの池には小魚がたくさん泳いでいましたが、
衆人環視の中で池に飛び込んで魚を採ってくれるのでしょうかね。
そうなればカワセミの水中写真が撮れるのですが。
IMG_3737 (480x269)

ゴリラさん。
IMG_3741 (480x269)

トラさん。
IMG_3750 (480x269)

ぐるっと一周して雲行きが怪しくなったので
パンダ園へ引き返しましたが、
列は少しも短くなってはおらず、相変わらず40分待ち。
IMG_3707 (480x269)

ブログを検索してみると、
前回上野動物園に来たのは2015年11月。
ということは4年ぶりの再会です。
IMG_3760 (480x269)

雨がぱらついて来たので駅へ急ぐと
なんと公園のど真ん中を悠々と歩くタヌキに出会いました。
IMG_3763 (480x269)

銀座線から半蔵門線に乗り換えるべく三越前の地下道へでると、
アートアクアリウムの長い列に出会いました。
相変わらずの人気ですね。
IMG_3765 (480x270)

家に帰宅してゴルフ番組の録画を開くと、
なんと渋野日向子が8打差を逆転していました。

スポンサーサイト



草刈り第二弾

.22 2019 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
いよいよ涼しくなってきたので、
俄然やる気を出して草刈り第二弾です。

7月に管理組合が刈ってくれたのですが、
もう30cm以上に伸びました。
次に組合が刈ってくれるのは12月ですから
とても待ちきれません。
DSC_2895 (480x360)

一回の充電で刈れるのは時間にして30分、
このくらいしか刈れません。
DSC_2894 (480x360)
ところが、バッテリーが熱を持つようになって、
20分くらいで芝刈り機の刃の回転力が
急激に落ちてくるようになりました。
今年の5月に買ったばかりの機械だというのに。

メリケンカルカヤとススキは簡単に切れるのですが、
回転力が弱まると腰の強いノシバは刃に絡みついて
作業を中断せざるをえなくなります。

ようやく半分刈れました。
IMG_3683 (480x269)

バッテリーの熱を冷ますのに30分、
それから充電するのに1時間ですから、
ようやく全部刈り終えるのに3日かかりました。
IMG_3684 (480x269)

心地よい労働の達成感!
しかし、こういうことに快感を感じるというのは
やはり私が田舎の人間だということでしょう。
都会の人は草が伸びていても何の不満も感じないらしい。


博多の夜は大賑わい

.21 2019 九州 comment(0) trackback(0)
ホテルから「藤よし」まで、プラプラと明治通りを20分ほど歩きました。
一蘭の総本社ビルに遭遇しました。
DSC_2862 (360x480)
横浜桜木町の一蘭の店ではいつも長蛇の列ですが、
ここ本店の一階の店は意外に空いているそうです。
昼間、糸島のゴルフ場に行く途中でも「一蘭の森」という
工場と豚骨ラーメン博物館の横を通りかかりました。

今回ブラジルから一時帰国した友人は一蘭を知らないというので、
帰るまでには一回食べておいた方が話のネタにいいよと勧めておきました。
東京にも横浜にも一蘭のお店はあるから。

人の出がやけに多いと思ったらこの晩はジャズ・フェスティバルでした。
DSC_2861 (480x360)

あちこちにステージができていて、まるで渋谷か原宿のような人混みです。
DSC_2865 (480x360)

これは「藤よし」で焼き鳥を食べた帰り道の風景です。
DSC_2884 (480x360)

中洲の橋は歩行者専用で、
DSC_2883 (480x360)

こういう出っ張った踊り場があってそこでジャズを演奏していました。
DSC_2882 (480x360)

中洲にマンションを買った人の気持ちがわかりかけて来ました。
確かにここに住めば退屈しないよね。

藤よし (博多西中洲)

.20 2019 九州 comment(0) trackback(0)
昨晩に引き続き、博多在住の友人が、
予約を取るのが非常に難しい
焼き鳥の名店「藤よし」をおさえてくれました。
DSC_2867 (480x360)

店の中に入ると昨晩の「せいもん払い」と同じで、
一階がカウンター席、二階が個室で階段を上がったところに
予約者の名前を貼った下駄箱に靴を入れるシステムも同じでした。
DSC_2869 (480x360)

最初に出てきたのがゴマサバ。
DSC_2870 (480x360)
「あれっ?ここ焼き鳥屋じゃないの?」
「何でもありなんですよ、ここは」

次が皮ハギの刺身。
DSC_2871 (480x360)

「これはですね、たれのなかにまず肝を入れてください」
DSC_2872 (480x360)

「肝をつぶして、刺身と一緒に食べると美味しいのです」
DSC_2874 (480x360)

友人が最初に注文した焼き鳥がベンテン。
DSC_2875 (480x360)

ベンテンは豚の雌のコブクロをつなぐ管のようです。
この店でしか食べられないという極上のホルモンです。
DSC_2877 (480x360)

焼き鳥といっても、博多では鶏のほかに牛、豚、ホルモンと何でもありです。
DSC_2878 (480x360)

注文は博多の友人にお任せです。
焼き鳥のおいしさはその店のタレで決まるので、
シオよりもタレで注文するのがいいのだそうです。
DSC_2879 (480x360)

今晩も芋焼酎で、これは紫芋でできた赤兎馬。
赤兎馬とは三国志の関羽が乗っていた千里を走るという名馬です。
昨晩もそうでしたが、博多のボトルキープは一升瓶でやるのだそうです。
01070205_54ac15d214da4.jpg
これをオンザロックでがんがん飲みながら、焼き鳥を食べてゆきました。

最後は手羽。
DSC_2880 (480x360)

もう食べられませんというまで食べましたよ。
やっぱり、食は博多ですね。

今日一緒にゴルフをした、小倉に住んでいる人は現在単身赴任なのですが、
横浜に住む奥さんに相談もせず定年後のためにマンションを中洲に買ったそうです。
その気持ちはわからんでもないですがね。
離婚されないのでしょうか。
確かに博多は食い物はうまいし、姉ちゃんはきれいだし、ゴルフ場も近いし
いいとこづくめの天国ではありますが。

青葉警察からの電話

.19 2019 ブログ comment(0) trackback(0)
♪ トゥルートゥルー ♪

(もしもし)

「もしもし」

(はい)

「豊栄のぼるさんのお宅でしょうか」

(はい、そうですが)

「豊栄のぼるさんご本人でしょうか」

(はい、そうです)

「こちら青葉警察生活安全課の〇〇と申します。特殊詐欺の調査にご協力いただきたいのですが、お時間少々いただけますでしょうか」

(いいですよ)

「ありがとうございます。最近特殊詐欺グループから連絡がありましたでしょうか」

(ありましたよ)

「どんなものだったでしょうか」

(民事訴訟管理センターとかいうところから料金未納訴訟なんとかという葉書を受けとりましたね。ご近所の皆さんにも来たようですよ。それから、ショートメールでDOCOMOとAMAZONから料金未納の裁判というメールが届きました。あー、それから、三井信託銀行から名義を貸してほしいという電話が妻に2回かかって来ました)

「そうですか。実は昨日詐欺グループを18人逮捕しました」

(それはよかった)

「それでですね、青葉区でも被害者がたくさんでたのですが、詐欺グループから押収したリストの中に豊栄さんのお名前がありました」

(わたしのですか)

「そうなんです、お名前と電話番号と銀行口座番号が書かれたリストです」

(ちょっと待ってください、何のリストですか。学校の卒業名簿かなんかですか)

「それはわかりません」

(なんで私の銀行口座番号が書いてあるんですか)

「実は詐欺グループの中にもと銀行員が二人いたのです」

(それはけしからん)

「それでですね、豊栄さんの銀行残高がいくらあるか参考までに教えていただけないでしょうか、上中下のランクでいいのですが」

(はーー?あのーもう一度お名前を聞いていいですか)

「青葉警察生活安全課のカナヤと申します。お金の金に山谷の谷、金谷です」

(銀行の残高なんてほとんどないですよ、10万円くらいしか)

「ご冗談でしょう。そんなに少ないなんて」

(あのなー、なんで警察が銀行残高なんか聞くんだよ、あほか、おととい来い!)

ガチャン!


隣の部屋でやり取りを聞いていた妻が「ホホホホ」と笑います。

「なんでもっと楽しまなかったの?警察に協力しなくちゃだめでしょ」

(最初はそのつもりだったんだが、だんだん面倒くさくなってな。やっぱり気が短いからな俺は)


しかし、固定電話というのはもう持っている意味がありませんね。
かかってくるのは、墓地の売り込み、畳屋、リサイクルショップなどなどの
セールスと詐欺の電話だけ。
妻が友人と長話をしたいというだけで置いているのですが、
二人ともスマホがあるのですから必要ないといえばないのです。


ハワイ?でゴルフ

.18 2019 ゴルフ comment(0) trackback(0)
ハワイでゴルフをしてきました。
DSC_2890 (480x360)

シュロの木が美しい。
DSC_2886 (480x360)

海の眺めが素晴らしい。浜辺に打ち込んだらもちろんOBです。
DSC_2889 (480x360)

景色に見とれていてはいけません。
海からの風がボールを押し流すので、その読みが大切です。
DSC_2891 (480x360)

写真だけを見せたら、
ハワイでゴルフをしてきたといっても信じてもらえるでしょうか。
DSC_2887 (480x360)
ここは志摩シーサイドカンツリークラブ(福岡県糸島市)です。
殆どのホールでティーグランドからグリーンが見えて攻略しやすく、
距離もあまり長くないのです。
東京からのお客さんの接待ではここが一番喜ばれるそうです。

せいもん払い(博多中洲)

.17 2019 九州 comment(0) trackback(0)
シドニー時代の友人が5年ぶりに
ブラジルから一時帰国するというので、
博多に住んでいる友人が博多での
歓迎グルメ・ゴルフ旅を企画してくれました。

ここは中洲の川端商店街にある「せいもん払い」。
なかなか予約を取るのが難しい人気店で、
既に順番待ちの人が列をなしています。
DSC_2843 (360x480)
(注)「誓文払い」の意味はこちら→コトバンク

呼子から取り寄せた生きイカが泳いでいます。
DSC_2844 (480x297)

店に入ると一階はこういうカウンター席ですでに満席。
せいもん払いカウンター (480x360)
(この写真は食べログから拝借)

予約なので二階の個室に案内されました。
DSC_2856 (360x480)
二階の入り口に予約者の名前を張り付けた下駄箱があり
その中に靴を入れるシステムになっていました。

最初のお通しは三人なので三種類。
人数分だけ違うものが出てくるのが博多流なのだとか。
筑前煮と生ハムと魚。
DSC_2846 (480x360)

イカの活き造りを注文したのですが、
この日は呼子からの入荷が少なく既に売り切れでした。
(私は2016年5月に食べているので、
その時の写真はこちら→イカの活き造り

それではと刺身の盛り合わせ。
刺身醤油は関東風の薄いのと九州の濃い口の
二種類が用意してあって
私はもちろん島根県と同じ甘い濃い口を選択。
DSC_2847 (480x360)

このアワビが美味い!
DSC_2848 (480x360)

海鮮ごろごろコロッケ。
DSC_2849 (480x360)

確かに海鮮が口の中でごろごろとして独特の食感です。
これは博多でしか食べられないとのこと。
DSC_2851 (480x360)

これはどこででも食べられる茄子の焼いたん。
DSC_2850 (480x360)

ノドグロ(アカムツ)の煮つけ。玄界灘は日本海ですからね。
DSC_2852 (480x360)

焼酎(薩摩宝山)を散々飲んだ後の締めは、ゴマサバ。
DSC_2853 (480x360)

お茶が一緒に出て来ますから
DSC_2854 (480x360)

お茶漬けにして食べるのですが、これがたまらなく美味しい。
DSC_2855 (480x360)

最初の晩だけで、もう今回の旅に来た甲斐があったというものです。


草刈り

.13 2019 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
なぜか急に涼しくなりましたね。
涼しくなったらやろうと思っていた草刈りをやりました。
Before
DSC_2837 (360x480)

After
DSC_2838 (360x480)

ああ気持ちいい!

メリケンカルカヤが実をつける前にやらないと。


西方寺の彼岸花

.12 2019 花(草花) comment(0) trackback(0)
気がつけばもう9月。
いつもの年はカリタス女子短大の白い彼岸花を見て
「ああもう9月か」と思うのですが、そのカリタスが無くなったので
うっかりしていたらもう12日。
新羽の西方寺の彼岸花をチェックに行きました。
IMG_3651 (480x269)

今年は残暑が厳しいせいか、全体的に彼岸花の開花が遅いようです。
IMG_3663 (480x269)

いつもなら階段の両側はもうびっしりと咲いているはずなのですが、
IMG_3640 (480x269)

今年はなぜかまだ芽が出ていません。
IMG_3641 (480x269)


IMG_3637 (480x269)

山門をくぐると
IMG_3656 (480x269)

萩の花はもう見ごろです。
IMG_3659 (480x269)

庭にはサフランモドキ(タマスダレ属)、
IMG_3645 (480x269)

アザレア椿(Cameria Changi)と名付けられた中国広東省原産の夏に咲くツバキ。
IMG_3647 (480x269)

境内で写生会をしていた一行が、
品評会を開かれていました。
IMG_3668 (480x269)

実際のお寺より、絵の中のお寺のほうが荘厳な感じでした。

お釈迦さま以外はみんなバカ

.11 2019 読書 comment(0) trackback(0)
台風が去って猛暑が続きます。
外に出る気もしないのでエアコンをかけっぱなしにして
家で本を読んでいるのが一番です。

しかし、千葉県の方は停電でエアコンどころではない様子です。
今までは電柱方式のほうが埋設管方式よりコストも安いし、
停電した時に断線の個所を探しやすいし復旧も楽だと考えていたのですが
電柱方式が台風に弱いとなると、考え直す必要がありそうですね。

またまた高橋源一郎の本を読みました。
IMG_3629 (480x360)
「バカ」はもともと僧侶の隠語で、語源は
サンスクリットのモハー(痴の意味)に漢字「莫迦」を当てたもので、
「莫」は否定の意味であり、「迦」はもちろんお釈迦さまの「迦」である。
だから、悟りを開いたお釈迦さま以外はみなバカということになるのです。

高橋源一郎はいったいいこれだけ大量の本を読むのだろう
と思うくらい本を読んでいるようです。
そして人の本の内容を抜き書きしてはこういう本にまとめて
金を稼いでいます。
人のふんどしで相撲を取っているというのは言い過ぎでしょうか。
しかし彼がラジオで紹介した本は爆発的に売れるらしいのです。
かくいう私も影響を受けて読んでしまいます。
(図書館になければついつい買ってしまいます)


私のこのブログで「高橋源一郎」とインプットして検索をかけると
過去6回も読んだ本の記事が出て来ます。
哲学者とオオカミ
片桐はいりの随筆
NHK大好き人間
上橋菜穂子に嵌る
共感の文学
たのしみは・・・
いずれもNHKラジオ「すっぴん」の「源ちゃんの現代国語」のコーナーで
紹介された本を読んで書いたブログです。

この本の中で紹介されている本を
早速図書館のサイトで予約をかけてしまいました。

「うちの子が泣いてるわけ」 グレッグ・ペンブローク著
「テレビじゃ見れないクイズダービー」 TBS編
「地団駄は島根で踏め」 わぐりたかし著
「オヤジ国憲法でいこう」 しりあがり寿/祖父江慎著

いずれも予約順位第一位でした。

 HOME