FC2ブログ

SABA de SHU

.06 2020 食と料理 comment(0) trackback(0)
本年第一回の粋談会で変わったお酒を飲んできました。
茨城県水戸市の吉久保酒造の 
SABA de SHU(サバデシュ)という凝ったネーミングです。
IMG_20200106_175940 (800x389)
鯖を食べる時に一番おいしい日本酒となるよう
色んな酒をブレンドしてつくったものだそうです。

この酒のために幹事さんがわざわざ用意してくれたサバの和え物。
IMG_20200106_175716 (480x233)

弁当に入っていたサバの焼き物。
IMG_20200106_175721 (480x233)

確かにサバに合います。
大分県の中津市で食べた鯖串
この酒を合わせたらもっといいのにと思いました。

本日このほかに飲んだ酒は
「宝山」(新潟県宝山酒造)と
「噴井(ふきい)」(三重県石川酒造)でした。

この席では漢詩をひも解くのが習いのようです。
本日古老から教えていただいた詩は

陶淵明の「雑詩」

  人生無根蔕  人生 根蔕なく
  飄如陌上塵  飄として陌上の塵の如し
  分散逐風轉  分散し風を逐って轉じ
  此已非常身  此れ已に常の身に非ず
  落地爲兄弟  地に落ちては兄弟と爲る
  何必骨肉親  何ぞ必ずしも骨肉の親のみならんや
  得歡當作樂  歡を得なば當に樂しみを作すべし
  斗酒聚比鄰  斗酒 比鄰を聚めよ
  盛年不重來  盛年 重ねては來たらず
  一日難再晨  一日 再びは晨なりがたし
  及時當勉勵  時に及んで當に勉勵すべし
  歳月不待人  歳月 人を待たず

人間の生には(植物のような)しっかりとした拠り所がなく、
ひらひらと舞い散るさまは路上の塵のようだ、
ばらばらになって風に吹かれて飛び散り、
もとの通りに居続けることはない
この世に生まれたからにはみな兄弟だ、
骨肉の間柄だけではない、
歓楽の機会があればすべからく楽しもう、
酒があれば近所の連中を集めようではないか、
盛りの年は二度とはない、
今日という日は再びは来ない、
時に及んでまさに行楽を楽しもう、
歳月は人を待ってはくれないのだ

まさにこの詩のような飲み会です。
スポンサーサイト



カレー・ショップ・イエロー

.27 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
あざみ野ウォッチングで紹介されていた
あざみ野駅東に新しくオープンした
「カレー・ショップ・イエロー」をチェックしてきました。
昔ここは確か「柊」というカフェだったような記憶があります。
IMG_20191226_125031 (800x389)
お昼時でテーブル席は満席。
店主がギター好きなのか、壁にはギターが3本かかっており、
マーシャルのスピーカーからジャズロックのようなBGMが流れておりました。

私も昔ギターに触っていたころには
ギブソンのスチールガットなんぞを買っておりましたが、
このカレーの名前はギブソン・ポーク・カレー(990円)。
IMG_20191226_123541 (800x389)
なぜギブソンなのかはわかりませんが、
ねっとりしたカレーで、なかなかのものではあります。
しかし、ちとお値段が高い。

カレー好きの私としては、
あざみ野駅西口の「松屋」の味噌汁付きカレー(490円)のほうが
お値段も安くてお勧めかも。
DSC_2685 (800x600)

カレー・ハンバーグでも720円ですからね。
DSC_2810 (800x600)

出汁茶漬け

.21 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
あざみ野商店街の靴屋さんのあとに新しい店ができた。
「TOKYO RICE WINE あざみ野店」
たまプラーザと新百合ヶ丘にも姉妹店があるらしい。
昼間は出汁茶漬け、夜はRICE WINE(日本酒)のバーだと看板に書いてある。
Tokyo Rice Wine あざみ野店 (480x233)

夫婦で健康診断を受けた後、新店チェックで入店してみた。
私の注文は「鶏そぼろチキン(880円)」。
鶏そぼろチキン880円 (480x233)

お茶漬けなので茶碗に移してだし汁をかける。
美味い。お茶漬けなのでさらさらと胃に入る。
なにしろ健康診断のため朝から何も食べていないから
なおさらおいしく感じたのかもしれない。
IMG_20191219_132205 (480x233)

妻は「釜上げしらす明太子(880円)」、これもうまそう。
釜上げしらす明太子880円 (480x233)

昼間の定食屋としては文句なしのお勧め店だ。

夜の部のおつまみにはどんなものがあるのかは
メニューが置いてなかったので不明。
お酒は店名の"TOKYO RICE WINE"から想像できるように
日本酒ベースのカクテルがたくさんあって一度試飲してみたい誘惑にかられる。
問題は日本酒の値段だ。
全国の銘酒が用意されているが、一杯500円から600円。
一見普通の値段に見えるが、よくよく見ると小さな字で
一杯は90㏄と書いてある。

「何これ!一合の半分じゃん」
「大きな声を出しちゃだめよ」

ウィスキーをシングル(30cc)、ダブル(60cc)で頼むのと
同じ感覚で"Rice Wine"を飲めということかね。
一杯ずつ飲むには高すぎるかな。
料理付き飲み放題コースを頼むのが得策のようだ。



スマ

.09 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
「売ってたわよ」
といって食卓に出てきた刺身がこれ。
スマという魚でマグロのトロよりうまいという評判だった。
20191127スマ
最近テレビ番組で養殖の様子を紹介していたので
一度食べてみたいと思っていたのである。
食べた結果は
「うーん、確かにマグロの大トロに負けていないけど、これはやりすぎだな」
「負けていないというより、脂の塊じゃないの」

魚類図鑑でスマを検索するとこんな魚だ。
サバ科スマ属。
suma.jpg
一見カツオに似ているが、カツオが腹に横縞があるのに対し、
こちらは背中に縦縞が入っている。

こちらがカツオ。
同じサバ科カツオ属。
katuo_1.jpg

マグロも同じくサバ科マグロ属なので親戚なのだ。

スマの養殖には大量のイワシを餌として与えていた。
あの大量のイワシをそのまま食卓に提供してくれた方が
よほど安くておいしいと思うのだがいかがなものか。

Hola! Ginza7

.07 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
「Hola!  オラー」はスペイン語の挨拶。
やあ!こんちわ!げんき!という感じだ。
20191206CBOB (480x361)
銀座7丁目にある"Hola! Ginza7"というスペイン料理屋にブルターニュOBが終結。
今週3回目の飲み会。
年末になると飲み会が多くなる。

ピンチョス。
IMG_20191206_183517 (800x389)
30年前にスペイン一周旅行をしたときは子連れのため
BARには入らなかったので、ピンチョスは食べられなかった。

海老のピルピルはその時食べたことがある。
IMG_20191206_184654 (480x233)

スペイン風鶏のから揚げ。
IMG_20191206_190426 (480x233)

肉のピンチョス。
IMG_20191206_200600 (480x233)

この席でシドニー時代の同僚が癌で亡くなったことを聞いた。
私より7つくらい若かったはずだ。
またまた感じる無常感。
こうやって酒が飲めるうちが幸せということか。

それにしても新橋は飲み屋が多い。しかもどこの飲み屋も人であふれている。
IMG_20191206_203950 (480x233)
 HOME