巫女っちゃけん

.05 2018 映画 comment(0) trackback(0)
寒い!寒い!
IMG_8591 (480x360)

富士山もくっきり見えるいい天気ですが、とにかく寒い。
最近家にこもりがちなので、こういう日は映画でもと、
IMG_8588 (480x360)

映画「巫女っちゃけん」を見ることにしました。
巫女っちゃけん02

「広瀬アリスとリリー・フランキーのコメディーらしいよ」
と言ったら妻もついて来ました。
「子は親を選べん、親も子を選べん、だからこそ・・・」
とテーマは重たいのですが、
「絶対バチ当るけんね」というアリスの演技は
コメディーそのものなので気楽に鑑賞できました。

私が気になったのが、映画の中で何かにつけて出てくる
この海まで続く宮地嶽神社の参道です。
この眺めだけで行って見る価値はあるねと思いました。
巫女っちゃけん01

帰宅して調べてみると、
ここは「絶景、光の道」ということで
”嵐”の航空会社のCMで一躍有名になった場所だったのです。
2月20日前後と10月20日前後に
この参道の向こうに夕日が沈むので
その時は光の道ができるのだそうです。
その前後はものすごい人が集まるのだとか。
Youtube の素晴らしい映像を見つけました。
これ、一見の価値がありますよ。
https://youtu.be/voaEfDVm-Yc

いつか九州旅行の時に立ち寄ってみたい場所のひとつができました。

映画のほかに目的がもう一つ。
カレーうどん千吉の「黒カレーうどん」をたべることでした。
DSC_0383 (480x360)
当分、センター北に来た時はこの店のうどんを攻めることにしました。


スポンサーサイト

Manchester by the sea

.09 2018 映画 comment(0) trackback(0)
2017年のベストファイブに入る映画だと
友人がブログで推奨していたので検索してみると
なんとまだ上映している映画館がありました。
渋谷にアップリンクという小さな映画館があって、
2017年見逃し映画特集をやっていたのです。
manchesterbythesea film
"Manchester by the sea" film USA 2016
「ケイシー・アフレックが第89回アカデミー賞主演男優賞を
受賞したほか、2冠に輝いた人間ドラマ。
兄の死で思い出深き町に戻ってきた男が、甥の後見人を任され、
新たな一歩を踏み出していくさまがつづられる」(Movie Walkerより引用)

確かにいい映画でしたが、暗い映画でした。
「ついてくるんじゃなかった」と妻はつぶやきます。
主人公が Manchester by the sea という町に
持っている思い出が辛すぎるのです。
私も人生でいろいろ失敗してきましたが、
この男のようなひどい失敗をしなかったことに感謝しなくてはね。

グーグルの地図で検索してみると、
この街はボストンの北に実在していました。
映画の季節が冬で、空が暗いため、余計暗い映画になったのです。
Manchester-by-thre-sea.jpg

ストリートビューはこんな感じ。
人口5千人の小さな町で、夏に舟遊びをするにはいいところですね。
manchesterbythesea streetvieu

エルキュールがヘラクレスだったとは

.04 2018 映画 comment(2) trackback(0)
いやいや、名探偵エルキュール・ポワロの
エルキュールがヘラクレスだったとはねー。
DSC_0316 (800x600)
原語で書くとHercule Poirot(エルキュール・ポワロ)。
彼はベルギー人ですからフランス語のつづりだったのですね。
フランスに8年も住んでいながら、フランス語ではHを発音しない
ことに思い至りませんでした。
Heracles (ヘラクレス)をフランス語にすると
Hercule (エルキュール) だったのです。

映画好きの友人が「オリエント急行殺人事件」の
字幕版と吹き替え版の両方を見たと
ブログに書いていたので、それほど面白いのならと
センター南の映画館で日本語吹き替え版を見て来ました。
友人の記事によると吹き替え版のほうが面白そうだったからです。

ポワロの声は草刈正雄の嗄れ声でしたが、
なかなか良かったですよ。
ポワロはベルギー人なので台詞の中に
フランス語がちょこちょこ出てくるのですが
(そこだけ字幕あり)
草刈正雄のフランス語が面白かったです。

映画の中で事件のあった客室の外から車掌が
「何かありましたか」と問いかけるのに対して、
客室中からの返事がフランス語で
"C'est de rien."(セ・ド・リヤン)=(何でもありません)
と答えるのですが、なぜフランス語だったのだろうかと
今思い出しても謎です。

それにしてもいい映画でした。
とにかく映像が美しい。
映画のはじまりが、今話題の
エルサレムの嘆きの壁だというのもよかった。
そしてイスタンブールの映像、
雪山を走る列車、撮り鉄ファンにはおすすめ映画です。
列車の中の豪華な内装、着飾った金持ちの乗客。
最近走り始めた山陰本線の「瑞風」の乗客も
これだけきちんとした服装で乗っていますかね。

原作は有名すぎるほど有名な、
アガサ・クリスティーの推理小説ですから
犯人は誰かみんな知っています。
結論を知っていて、それをどういう風に描くかかが
脚本家、映画監督、俳優の腕の見せ所なのです。

俳優陣も豪華でしたね。
私が名前を知っているのはジョニー・デップだけですが、
007のM役のおばさん、スター・ウォーズのレイ、
スパイダーマンの敵役など顔を知っている役者が
ぞろぞろ出て来ましたよ。

映画の最後が、ポワロがナイル殺人事件に呼び出されるシーン
で終わりましたので、次は「ナイル殺人事件」なのでしょう。
楽しみです。

孫たちが帰って、世の中は今日から仕事始め。
年金生活者の仕事は消費活動だけですから
その仕事始めは映画でしたね。

DESTINY 鎌倉ものがたり

.28 2017 映画 comment(0) trackback(0)
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を見ました。
Destiny 鎌倉物語

原作は西岸良平の漫画「鎌倉ものがたり」なので
「Always 三丁目の夕日」と同じく、
安心して見れる映画だとわかっています。
なので、妻もついて来ました。
鎌倉物語

主役の堺雅人のひょうひょうとした演技はまさに漫画そのもので、
相方の高畑充希の可愛いこと可愛いこと。
隣の席の若い女性客は、ぐすぐすとハンカチを使っていましたよ。
年末にストレスをためずに見れるいい映画です。

映画の後、前から気になっていた、
センター北イオン5階の
カレーうどん千吉に入りました。
DSC_0409 (480x360)

伊勢うどんみたいな太いうどんですが、
期待にたがわずいい味を出していました。
ネギとスパイスががよく効いています。
DSC_0406 (480x360)

カレーは必ず飛び散るので、紙の前垂れがうれしい。
DSC_0407 (480x360)

ついている半ライスは、うどんを食べた後、
丼の中に入れて、おじやにして
残りのカレー汁をきれいに食べる仕掛けです。
このカレーおじやがまたうまいのです。
ちょっと病みつきになりそう。
次は黒カレーうどんにトライしてみたいです。

女の一生 (妻に見せたい映画NO.1)

.21 2017 映画 comment(0) trackback(0)
岩波ホールは実に久しぶりです。
このブログで検索をかけてみると
「木洩れ日の家で」 (2011/5/24)
「キリマンジャロの雪」 (2012/9/11)
を見に行って以来ですから実に5年ぶりです。

今日見た映画は「女の一生」。"Une vie" 2016 Film francais.
DSC_0390 (800x600)
言わずと知れたモーパッサンの不朽の名作です。
「あらすじで読む世界の名著no.1」の
20作品に選ばれているくらいです。

「わたしは見に行かないわよ」と妻は冷たく言いました。
「だって、暗そうでしょ」

家に帰り着いて妻から感想を聞かれました。

「いやいや、最悪だったね。
暗いのはわかっていたけどあれだけ暗いとはね。
でも、お前にも見てほしかったな。
この映画の主人公に比べたら、
お前なんか幸せ以上の何物でもないぜ。
それに俺がいかにいい亭主であったかわかるよ。
この女の亭主ときたら、召使に手を出して子を産ませる、
友達の女房に手を出して殺される。最低だよ。」

「そうね、それは感謝しておりますわよ」

おまけに、生まれた男の子は出来が悪くて、
学校にも行くのを嫌がり、
大人になると女とロンドンに出て行って、
事業に失敗し借金をしまくって、
母に金をせびりまくり、
ついには主人公は22もあった農園と家屋敷を
最後に全部売り払うまでに追い込まれるのです。
唯一の救いが、最後に彼女の手元に届いた
孫の女の子の赤ん坊だけ。

それにしても暗い映画でした。
ストーリーが暗いのはあらかじめ承知していたのですが、
画面は常に暗いシーンしかなく、
エトルタでみたような海岸とか、
ノルマンディの美しい景色が見られるかなと
期待していたのですが、まったくありませんでしたね。

しかも、スクリーンが昔の4x3の画面で、しかも小さい。
先日のStar Wars のような16x9のフルスクリーンを見慣れているので
まるで何十年も前の映画を見ているようでした。

彼女に比べたら、自分がいかに幸せであるかを
再認識したい人にお勧めの映画です。
そして、奥様からくちゅくちゅと細かい不満を言われているあなた、
是非この映画を奥様に見せたほうがいいですよ。
 HOME