FC2ブログ

今年の新米

.17 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
島根の親せきから今年の新米が送られてきました。
冷蔵庫で保管するためにペットボトルに入れているところです。
こうすると味が落ちないと妻はいいます。
IMG_4076 (480x269)
さっそく、炊いて最初の一杯は仏壇にお供え。
今年は島根の夏は雨が降らずカンカン照りで、
不作とのことですが、この”きぬむすめ”は
幸いにも一等米に認定されたそうです。

11月23日の新嘗祭以前に新米がいただけるのは幸せです。

東北地方は刈り入れが遅いので、
今回の台風にやられてしまいましたね。
スポンサーサイト



江の川祭(ごうのかわまつり)

.23 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
毎年8月16日には江の川祭(ごうのかわまつり)があります。
昼間には「おろちボートレース」がありますがこれはパス。
夕方から出かけました。

江津駅前のパレット江津で二科展入選写真展を見物し、
広間に入ると「夢燈籠」の回廊ができています。
小中学生の願い事が書かれています。
IMG_2899 (480x360)

石見神楽の衣装が間近に見れました。
IMG_2901 (480x360)

6時からの江津市音頭パレードに出演するらしい
石見智翠館高校のラグビー部の選手。
ぬいぐるみの人が熱中症にならないか心配です。
IMG_2903 (480x360)

川岸の花火大会の席を確保するため
パレードは見ることなく、早めに川岸に着いたら、
物凄い数の露店屋台がありました。
IMG_2908 (480x360)
昨年孫たちを連れてきたときは、花火大会直前に着いたので、
露店を見物する余裕がなかったのです。
今年は全部で140店が出ていたそうです。

当然に、金魚すくいもあります。
IMG_2916 (480x360)

今年の流行はやはりタピオカジュース。
IMG_2909 (480x360)

露店で買った肉巻き棒とヤキトリ、たこ焼きをもって、
川岸の階段席を確保しに行きました。
IMG_2915 (480x360)

暗くなると星高山に火文字が点灯します。
IMG_2922 (480x359)

この火文字は夏休み期間中は毎日点灯されています。
IMG_2923 (480x359)

川上から燈籠が流れて来ました。
IMG_2936 (480x360)

花火大会のはじまり。
IMG_2996 (480x360)

花火の下を4000個の燈籠が流れてゆきます。
IMG_2960 (480x360)

「これプラスチックごみにならないだろうね?材料は木と紙ならいいんだけど」
「河口で全部回収するんじゃない?」
IMG_2973 (480x360)

9時まえに花火大会は終了。
IMG_3004 (480x360)

明るいうちから祭りに参加しての感想は、
江津市にもこれだけたくさんの若者がいたんだという驚きでした。
地域の活性化のためにますます
祭りの重要性が増しているように思います。

らーめん善

.22 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
5月に島根に帰った時、このラーメン店は開店準備中で
5月16日オープンという看板が出ていました。
田舎の同級生にこの店の評判を聞いてみたところ、
誰もこの店の存在を知りませんでした。
DSC_2747 (480x360)
広域農道那賀グリーンラインの有福温泉入り口の信号のそばにありますが、
妻の実家の墓参りに行くときにいつもこのそばを通り過ぎるのです。

早速チェックに訪れてみました。
有福温泉にはむかし善太郎さんという善行の塊のような人がいて、
いまでも善太郎餅という名物を売っています。
「らーめん善」という店のネーミングもそれに由来するのでしょうか。
メニューも「善らーめん」です。
DSC_2745 (480x360)

スープは豚骨と鶏がらの半々だそうです。
DSC_2746 (360x480)
スープは合格。麺は中細麺で私にとってはいまいち。
私は細麺が大好きで、インスタントラーメンの麺が一番好きなのです。

妻も「また来てもいいわね」

私たちが店にいる間にも、次々に若いお客が入って来て
結構繁盛しているようでした。
車のナンバーは県外の車が多く、帰省中の若い人が来ているようです。

ともかく、田舎にもまともなラーメン屋が一つできたことを報告しておきます。

実生木の退治

.21 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
島根の実家の草取りに帰省したのですが、
家の周りには見事に草が生えていません。
親戚のおばさんと隣のおばさんが草取りをしてくれていたのです。
(感謝しきりですが、やることないじゃん)

そこで、裏のヒノキ林の下草をとることにしたのですが
コバンソウは春に刈り取った後全く生えていませんでした。
そこでセンダンやランタナの実生木(実が落ちて生えた木)を
退治することにしました。
IMG_3007 (480x360)
実生木は地上に出ている部分をノコギリで切るだけでは不十分で、
根っこを掘り返して根絶する必要があります。
上の写真が二日がかりでで退治した木の山。
なにせ毎日30度を超していますので長時間は作業できません。

Before の写真を撮っておけばよかったのですが、
これが After の写真。
IMG_3006 (480x360)

反対側から。実にすっきりして大満足です。
IMG_3005 (480x360)

下草が生えるのを防止するために、
ここにイングリッシュ・ブルーベルの球根を植えようかと考えているのです。

盂蘭盆会

.20 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
昨晩、豪雨が降りしきる中、横浜に帰着しました。
今年のお盆は孫たちも来ないので
帰省するのをやめようかとも思っていたのですが、
やはり草取りもしなければと10日ほど島根に帰って来ました。

横浜から位牌を持ち帰って、仏壇に先祖の霊をお迎えするのが
長男の役目です。
IMG_2893 (480x360)

嬉しかったのは小学校の同窓会があったこと。
春に帰った時に花見パーティをやった同じお店を
やはり貸し切りで騒ぎました。
DSC_2742 (480x360)
小さな村の小学校で一学年一クラスしかありませんでしたが、
団塊の世代ですから55人もいて、最後列の席は壁についていました。
まだ5人しか死んでいません。
皆頑張っていますよ。


 HOME