郷土愛

.19 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
「ねえ、ねえ、これ見て」
DSC_2036 (800x600)

「おっ!浜田じゃん。どこで売ってた?」
「いつものスーパー」
「へー、横浜まで届くんだね」

また別の日には、
「これ、これ」
IMG_6864 (800x600)

妻も同じ田舎の出身なので、
こういう食べ物の嗜好が合うのは嬉しいことです。

スポンサーサイト

秋は島根県からやって来る

.15 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
今年も島根県から秋がやって来ました。
最初に二十世紀梨、次に無花果が来ますが、
やはりこれが来ないと秋が来たという感じがしません。
IMG_6859 (800x449)
淡し柿が届いたのです。
(注)西条柿という渋柿の渋をドライアイスで渋抜き(淡し処理)をしたもの。

これは農家から届いた規格外品です。
日本の市場は味はともかく、
見た目の形や大きさなどにうるさいので、
これは規格外ということでお値段が安いのです。
IMG_6861 (800x449)

ドライアイスで渋抜き中なので、
渋抜きが完全に終わる10月15日まで
ビニール袋を開けることはできません。
待ちに待った今日は解禁日。
IMG_6860 (800x449)

うまい、この独特な食感は何とも言えません。
ワインの味を表現するフランス語は実に豊富ですが、
果物の味を表現する日本語のボキャブラリーは少ない。
淡し柿の食感は甘柿の食感とはまた違います。
甘柿よりも甘いのです。
そして、種のまわりを包んだ果肉のつるんとした舌ざわり、
噛んだ時のグミのようなぐにゃっとした食感、
この程度しか表現のしようがありませんが、
私や妻にとっては懐かしい味という感慨が上乗せされるのです。

よくよく考えてみると、有名な果物はたいていバラ科です。
リンゴ、ナシ、モモ、ウメ、サクランボ、ビワ、アーモンド、イチゴなど
思いつくまま挙げても、これらはすべてバラ科です。
でもカキは孤高のカキノキ科カキノキ属一種です。
(学名: Diospyros Kaki )
トルコでもフランスの市場でも
"Kaki" という名札を付けて売られていました。

コレステロール値の高い人は柿を食べましょう。
ひと冬、毎日干し柿を一個食べれば、
すぐに正常値になりますよ。

キュウリを食べるヌートリア

.11 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
島根の実家の裏の畑のキュウリに
網の囲いがしてあります。
IMG_3713 (800x600)
裏の畑はお隣さんに無償で貸しています。
おかげで私たちは畑の草取りをする必要がないのです。

「なんで網で囲っているのですか?
上が開いているから虫対策ではないようですが?」

「それがね、よくわからないのだけれど、
キョウリが食べごろになると無くなっているのよね。
それも地面に近いやつが」

実は、これと同じことを妻の実家でもやっていて、
キュウリ泥棒対策なのだそうです。

犯人はこいつです。ヌートリア。
1280px-Myocastor_coypus_walking.jpg
(Wikipediaの写真を拝借)
体長40cm~80cmで親戚の目撃者によれば、
最初見たときは、ネズミのお化けか
と思ってびっくりしたとのことです。
実は我が家と妻の実家の裏には小川が流れていて
こいつはカワウソのように川岸に住んでいるのです。

戦時中に、軍隊の毛皮需要を見込んで輸入されたのですが、
戦争が終わって飼育業者が野に放ったのです。
今では東海地方から西日本で繁殖しているのだとか。



蜂退治

.10 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
母の三回忌法事の時、
和尚さんから
「玄関の上に蜂が巣を作っていますよ」
と教えていただきました。
IMG_3978 (800x600)
よりによって人が行き来するこんなところに。
島根の実家の近くには、空き家が5軒くらいあるので
そっちに作ってくれれば何の問題もないのに。
我が家も空き家だとみなされたんでしょうか。

夜になるのを待って、
虫取り網を巣にかぶせて引き落としました。
そのまま足で踏んづけて退治!
哀れなことに中に蜂が3匹と幼虫が1匹いました。
また罪をひとつ犯しました。
合掌。

時計博物館

.09 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
しまね海洋館アクアスのそばに、
なんと時計博物館が出現しました。
"VOGA Watch Museum & Cafe" です。
01IMG_3714 (800x600)

今年の4月29日にオープンしたようで
既にホームページができていました。
http://voga-museum.com/watchmuseum/
また、なぜ誰がこの博物館を作ったかについては
毎日新聞が記事にしていました。
浜田市出身の輸入時計商社を経営する方が
自分の故郷のためにと作られたようです。

物見高いわが夫婦は早速入場してみました。
02IMG_3716 (800x600)

当時の箱が残っていると価値が高いのですよね。
なんでも鑑定団で覚えました。
03IMG_3720 (480x360)

なぜか飛行機の部品まであります。
04IMG_3721 (480x360)

世界の有名な時計メーカーの古時計は
殆どそろっています。
でもこの ROLEX は特別ですよ。
05IMG_3726 (360x480)

ジェームズ・ボンドが映画の中で
これをつけて泳いでいた防水時計です。
06IMG_3729 (480x360)

これか、なるほどね。
07IMG_3728 (480x360)

これは昔のラジオのようです。
08IMG_3732 (360x480)

カフェはこちら。
カフェだけの利用ももちろんOKですが、
時計博物館に入るとコーヒーが割引になります。
テーブルや椅子もすべてアンティークです。
09Cafe (480x192)

入り口にあったキャッシュ・レジスターがいいですね。
10IMG_3743 (480x360)

ここは奥の間。
入場者は我々夫婦だけ。
11IMG_3736 (480x360)

この家具もアンティーク。
IMG_3739 (480x360)

夏の海水浴シーズンは、
広島・岡山・山口ナンバーの車がたくさん
島根海洋館アクアスにやって来るので
少しは客も入るのでしょうが、
それ以外の時期は開店休業でしょうね。
入場料1000円は少し高すぎますよ。


 HOME