FC2ブログ

藤井聡太七段の超過密対局予定

.20 2020 趣味 comment(0) trackback(0)
鉄砲百合の季節になりました。
テッポウユリ01 (1000x486)

それにしても藤井聡太七段の対局予定が凄い超過密になっています。

6月20日(土)vs杉本昌隆八段(師匠との対決)竜王戦3組ランキング戦決勝
6月21日(日)vs羽生善治九段 AbemaTV早指し戦
6月23日(火)vs永瀬拓矢二冠 王位戦挑戦者決定戦
6月23日(火)vs郷田真隆九段 銀河戦九回戦
6月25日(木)vs佐々木勇気七段 順位戦B級2組1回戦
6月28日(日)vs渡辺明棋聖(三冠) 棋聖戦五番勝負第2局

高校の授業も再開されたけれど、将棋連盟の対局も再開され
どちらも遅れを取り戻そうと必然的にスケジュールが
過密になるのはやむを得ないのかもしれません。
将棋の棋士は高校生とはいえ自営業だから
労働法は適用されず、過労死しないことを祈るばかりです。

勝率8割で勝ち続けると必然的に対局数が増え
余計にスケジュールは過密になりますね。
それだけ稼げるのだから、
試合のないプロゴルファーから見れば
羨ましいということになりますか。

最近はYoutubeで将棋の対局が終わると
すぐにアマチュアのYoutuberが
対局を解説してくれるので楽しみです。
プロの対局をアマチュアが解説できるようになったのは
AIソフトができたおかげです。
便利な世の中になりました。

スポンサーサイト



コロナが将棋の歴史を変えた

.14 2020 趣味 comment(0) trackback(0)
今週から将棋番組も新たに収録した対局が放送されましたが、
なんと将棋の棋士が椅子で対局しています。
IMG_6104 (1000x562)
先週の囲碁番組の時に私が予想した通り、
将棋もついにテーブル・椅子の対局方式に変わりました。
畳・座布団方式ではシールドが設置できないからです。
IMG_6103 (480x270)
将棋の公式戦で椅子に座って対局するのは
おそらく日本の歴史上はじめての出来事ではないでしょうか。
囲碁は中国、韓国ほかワールドワイドの競技なので
国際大会は当然ながらすべて椅子対局です。
しかし将棋は日本でしかやっていないので
今までは畳、座布団の世界でした。

コロナのせいで歴史が動いたのです。

囲碁と違って記録係の棋譜読み上げは
最初だけ顔が出て以後は声だけの出演でした。
IMG_6107 (480x270)

解説のふたりはもちろん遠く離れていて
IMG_6105 (480x270)

将棋が始まると、盤の操作は解説者がすべて一人でやり
聞き手の女性は声だけの出演です。
これは囲碁番組と同じ。
IMG_6117 (480x273)

それにしてもテーブルカバーは
なぜグリーンのラシャにしなかったのでしょうかね。
白は何か味気ないのですが、
木枠のシールドといい、白のテーブルカバーといい、
囲碁と将棋ではディレクターの好みが違うのですね。
IMG_6112 (480x269)

一つだけ嬉しいことがありました。
将棋盤を新しいものに取り換えてくれたことです。
以前の盤は5五のマス目の線のうるしがはげかかっていたのですが
今度の盤はきれいです。

とにかく新しい対局が始まって嬉しいことです。
団地のテニスコートも使用解禁になり、
雨上がりなのに歓声が飛び交っていました。



NHK収録再開

.08 2020 趣味 comment(0) trackback(0)
日曜日は半日テレビの前に座って
NHKの将棋・囲碁番組を楽しむことにしています。
最近はコロナのせいで新しい対局が収録できず
昔の名局などを再放送してお茶を濁しています。

89年(平成元年)に羽生五段が加藤・大山・谷川・中原の
名人経験者を連破して優勝した時のビデオはそれなりに楽しく見たのですが
やはり新しい対局を見たいものです。

昨日の囲碁番組は新たに収録したものだというので期待しておりました。
IMG_6066 (480x269)

今までとスタジオの様子が全く違います。
部屋は広く、記録係は遠く離れて座っています。
IMG_6077 (480x269)

しかも対局者の前には
アクリル板のシールドが立っているではありませんか。
手だけが下の穴をくぐって盤面に届くようになっています。
IMG_6067 (480x269)

解説の左手にはいつもなら女性の聞き手が立っているのですが、
今回は声だけの出演です。
IMG_6089 (480x250)
そのため解説者が石並べもすべて一人でやっていました。
不自由不自然ですがそれでも収録が再開されたのは嬉しい。

将棋はどうするのでしょうかね。
囲碁と同じ仕掛けでやるには
椅子テーブル席でやる必要がありそうですが
なにせ将棋はいまだに畳に座布団ですからね。

こちらは今日将棋会館で始まった棋聖戦五番勝負の様子です。
マスクをしている以外はいつもと全く同じですね。
棋聖戦01 (480x256)

この記事を書いているとき、
後ろのラジオから、
第一戦は藤井聡太七段が勝ったという声が聞こえてきました。

芝野虎丸二冠達成おめでとう!

.30 2019 趣味 comment(0) trackback(0)
芝野虎丸君が昨日3勝1敗で井山裕太4冠から王座位を奪い
20歳0ヶ月で2冠となりました。
芝野虎丸01 (2)
虎丸君は先月19歳で名人位を獲得したばかりです。
今月9日が20歳の誕生日でした。

将棋界は中学生でプロになった藤井聡太君の大活躍で大騒ぎになっていますが、
囲碁界はいまいち盛り上がりに欠けていました。
メディアの取り上げ方も藤井フィーバーのようではないですね。
囲碁を愛するものとして少し恨めしく思っています。

とにかくおめでとう。
女子プロゴルフ界は渋野日向子で動員観客数が倍増していますが、
20歳というのが人生で一番能力を発揮できる歳なのでしょうかね。


NHKはすぐに将棋盤を修理すべし!

.24 2018 趣味 comment(0) trackback(0)
私は学生の時はテレビを見ていませんでしたが、
社会人になってのち半世紀ちかく、
日曜日のNHKの囲碁将棋番組を見ています。
海外に赴任しているときも
日本からビデオを送ってもらっていたほどです。

最近将棋番組で気になってしようがないことがあります。
将棋盤の中央のマス目、
5の五のマス目の右側の線がかすれているのです。
IMG_3209.jpg

ここです!
こういう状態になって一年以上経過しています。
IMG_3209cut.jpg
もちろん、マジック・ペンで線を引けばいいというものではありません。
専門の碁盤師に発注して日本刀で漆を肉盛りして、
線を引き直してもらうのです。
NHKはもう一つ予備の盤をもっているという噂を聞いたことがありますが、
もしそうでないなら、どこかで代わりの盤を借りてきてもよさそうに思います。

最初の写真は、先手の今泉健司四段が
9五角と飛車取りに打ったところです。
IMG_3215 (480x269)
今泉四段(45歳)は特例で41歳の時にプロになった努力の人です。
最年長ルーキーの努力の人が最年少ルーキーの天才藤井聡太七段(15歳)に
勝ちました。
記憶に残る9五角打ちです。
 HOME