謹賀新年

.01 2018 ブログ comment(0) trackback(0)
2018facebook賀状04
忖度、 インスタ映え、
どちらも私の語彙にはありません。
時代遅れの私ですが、
古希を迎え、 今年も、
ブログ映えのする写真を求めて歩きます。
         皆様のご多幸を祈念して。
           2018年 戌年 元旦
                 豊栄のぼる
スポンサーサイト

Best 10 Shots 2017

.27 2017 ブログ comment(0) trackback(0)
ことしもあとわずか。
2017年のベストショットを選んでみました。
感動第一、写真の構図第二で選ぶのですが、
感動も薄れてきて、写真の構図の比重が高くなってきます。
上半期と下半期で選んだ時の順位が変わってくるのは
気持ちの変化があるからでしょうね。
このブログを始めたのが2010年3月、
ベストテンショットをまとめ始めたのが2012年です。
懐かしいですね。
Best 10 shots 2016
Best 10 shots 2015
Best 10 shots 2014
Best 10 shots 2013
Best 10 shots 2012
こうやって思い出を積み上げるのが年寄りの楽しみです。
インスタ映えではないですが、ブログ映えする写真を撮るのが
今や生きがいのようになってきましたね。

さて今年のベストショット。

第一位、やはり富士山(神奈川県大井町)。
頼朝の富士見塚に毎年来ているのですが、
富士山がきれいに顔を見せてくれたのは
これが初めてなのです。
0120170322富士見塚02 (800x450)

第二位は金太郎大もみじ(神奈川県南足柄市)。
三年越しに真っ赤な金太郎に出会えました。
0120171129 金太郎大もみじ (800x533)

第三位、ネモフィラ(茨城県ひたち海浜公園)。
0420170413ネモフィラ02 (600x800)

第四位、鴻巣ポピーの道(埼玉県)。
0520170522鴻巣の道 (600x800)

第五位、美ら海水族館の入道雲(沖縄県)。
0420170706美ら海水族館02 (600x800)

第六位、金言寺の大銀杏(島根県奥出雲町)。
昨年時期遅れで振られたので、リベンジショットです。
0520171101 金言寺イチョウ (600x800)

第七位、透かし桜(伊豆、南の桜)。
紅葉は透かしがいいのですが、桜も透かしがよいことを実感しました。
夕方の桜ってあまり見たことがなかったのですね。
0220170216南の桜 (800x449)

第八位、千鳥別尺山桜(広島県庄原市)
0320170425千鳥別尺山桜 (600x800)

第九位、ツリフネソウのそろい踏み(神奈川県川崎市)
0220171002 ツリフネソウ (800x600)

第十位、古宇利島の軍配昼顔(沖縄県)
1020170706古宇利島 (800x449)

お寺でのお参りの仕方

.18 2017 ブログ comment(0) trackback(0)
神社のお参りの仕方は
「鈴を鳴らした後、二礼二拍手一礼」
というのはたいていの人が知っている。
島根県人である私は、さらに
「出雲大社だけは、二礼四拍手一礼」
ということも知っている。

しかし、お寺に参った時だけはよくわからないので
お賽銭を投げて手を合わせて(口の中で家族の健康を願って)
一礼していた。

初めてお寺でのお参りの仕方についての
指南書を目にした。
01IMG_8155 (533x800)
お参りの仕方。
合掌一礼して鰐口(わにぐち)をゆっくり二回鳴らす。
再度合掌一礼(三拝)。
寺ですので拍手礼はしない。

な~るほど。
銅鑼のようなあれは鰐口というのか、
二回鳴らすのか、ふむふむ。
ここまではよかったのだが
最期に(三拝)と書いてあってまたわからなくなった。
この余分な括弧書きがなければ理解できるのだが。
礼と拝は違うのか同じなのか。
字が違うということは違うのであろう。
02IMG_8154 (480x320)

ここは曹洞宗の祥泉院(しょうせんいん)(横浜市青葉区みたけ台32-17)。
03IMG_8157 (480x269)

「開運獅子の願い」という親切な案内板があってわかりやすい。
04IMG_8164 (480x320)

右側の獅子阿(あ)をゆっくり頭をなぜると
元気に右肩上がりの運が巡って来る。
05IMG_8165 (480x320)

左側の吽(うん)をなぜると
心しずかなり語(ことば)おだやかなり。
おこないもゆるやかなり。
06IMG_8166 (480x320)

洗心観音。
心身の悪い所を洗い流してください。
07IMG_8168 (480x320)

子育地蔵菩薩。
しかしこれらに全部お参りするとそのたびにお賽銭が必要となる。
08IMG_8172 (480x320)

ヒイラギナンテンにしては花が立っているなと思ったら
マホニア・メディアというらしい。
09IMG_8159マホニアメディア (320x480)
中国原産の「ヒイラギナンテン」と、
中国西部から台湾、ビルマに分布する
「マホニア・ロマリフォリア(M. lomariifolia)」
との種間交雑種です。
本種はロマリフォリア種の形質を受け継ぎ、
長い花序を直立して出すのが特徴です。(Weblio辞書より)
メギ科ヒイラギナンテン属の常緑低木で、
学名は Mahonia x media。
10IMG_8160マホニアメディア (480x320)

同じく境内に咲いていたこの花の名前がわからない。
花はどう見ても山茶花だが葉が違う。
11IMG_8162 (800x533)

タイワンツバキ。
中国南部からインドシナ半島、それに台湾に分布しています。
高さは15メートルくらいになります。
葉は光沢のある濃緑色の長円形で、わずかに鋸歯があります。
10月から2月ごろ、真っ白な花を咲かせます。
ツバキ科タイワンツバキ属の常緑高木で、
学名は Gordonia axillaris (Weblio辞書より)
12IMG_8163 (800x533)

祥泉院のそばには4500年前の縄文時代中期の竪穴住居跡があり、
今は公園になっていた。
13IMG_8148 (480x269)

公園からは市ヶ尾方面の見晴らしがよい。
14IMG_8149 (480x269)

実は、孫たちを「こどもの杜」に連れて行ったときに
近くを探検してたまたま発見した寺であったが、
勉強することがたくさんあった。
15IMG_8173 (480x320)

こどもの杜の紅葉は鮮やかに赤い。
16IMG_8177 (800x533)

我が家からの一時間散歩コースの目的地にちょうどいいね。

Best 10 Shots 2nd Half 2017

.16 2017 ブログ comment(0) trackback(0)
今年もあと半月、
2017年下半期のベスト・ショットを整理してみました。
上半期のベスト・ショット集と合わせて
この中から年間ベストを選びます。
Best 10 Shots 1st Half 2017
やはり上半期のほうが桜に絡む写真があっていい写真が多いかな?

下半期第一位はやはり、3年越しで追い求めた
真っ赤に染まった金太郎大もみじ(南足柄市)。
0120171129 金太郎大もみじ (800x533)

第2位、釣船草のそろい踏み(川崎市、東高根森林公園)。
赤紫と黄色が同じ画面に入るなんてめったにないことですよ。
花の咲く時期も少しずれるのでね。
0220171002 ツリフネソウ (800x600)

第3位、ザリガニ釣り(島根県江津市)。
写真としてはまったく妙味はないのですが、
孫がまた田舎でザリガニ釣りがしたいというものですから。
0320170716ザリガニ釣り (800x600)

第4位、美ら海水族館から見えた入道雲(沖縄県)
あまりの見事さに、しばし呆然と眺めていましたよ。
0420170706美ら海水族館02 (600x800)

第5位、金言寺の銀杏(島根県奥出雲町)。
他の地域よりひと月早く色づくので、昨年振られて、
今年リベンジ訪問で出会えた感動の一枚。
島根三大銀杏の一つ。
0520171101 金言寺イチョウ (600x800)

第6位、サガリバナ(沖縄県)。
わざわざ高いお金を払って沖縄まで見に行った花です。
神代植物公園の温室にもあることを発見したのですが
夜の間しか咲かず朝には散ってしまう一夜花です。
0620170705サガリバナ (600x800)

第7位、台風の一風景(横浜市)。
台風の土砂降りの中で頑張っている、
世界が驚嘆する日本人の勤勉さを象徴する一枚。
0720171022台風 (800x600)

第8位、モネの池(岐阜県)。
その透明度に敬意を表して。
0820170711モネの池 (800x600)

第9位、ヤシの実ジュース(沖縄県)
暑く乾燥した沖縄で飲み、そのおいしさに感激したので。
0920170705ヤシの実ジュース (800x600)

第10位、古宇利島の軍配昼顔(沖縄県)。
写真の構図に満足しています。
沖縄の軍配昼顔はヒルガオ科サツマイモ属、
本土の浜昼顔はヒルガオ属。
1020170706古宇利島 (800x449)

蛇腹に行きつくまで

.07 2017 ブログ comment(0) trackback(0)
念願の手帳を手に入れました。
01IMG_6863 (800x449)
フランスに駐在しているときは、
オランダの地域本社がこのタイプの手帳を配ってくれて
業務で使っていましたが大変重宝していました。
会社の業務というのは毎年毎月同じサイクルで仕事をするので、
昨年の手帳を開くと半年間やったことが一覧で見られるのです。
日本に帰ってからは、
ミツトヨという会社の手帳がこのタイプだったので
それを使わせてもらっていました。

定年退職してから、
このタイプの手帳が手に入らなくなったのですが、
妻もこのタイプを好んでいたこともあり、
プリンターで印刷して張り合わせて手作りしたこともありました。
そのうち面倒になって、
一ヶ月見開きタイプの普通の手帳を100円ショップで
買うようになりました。

今回ふと思いついたのです。
アマゾンで検索すればこういうタイプの手帳を
売っているかもしれないと。

「半年見開きタイプカレンダー」とか
「半年一覧形式」とかいろいろインプットしてみましたが
うまくヒットしません。
「手帳」とインプットして、来年のビジネス手帳を
ずらずらと見ていたら、ようやくこの手帳にたどり着いたのです。
「ジャバラ ビジネスプラン ミニ」
というのがこの手帳の名前です。

花や紅葉、祭りやイベントは毎年同じ時期に繰り返すので
この手帳だといっぺんに去年の6ヶ月のことが振り返ることができます。
もっとも、今年のヒマラヤ桜のように、手帳に書いておいても
20日も早まれば、見落とすこともあります。

そうか「蛇腹(じゃばら)」だったんだ。
02IMG_6277 (800x450)

「じゃばら」というと、最初に火をおこす「ふいご」とか
カメラがでてきます。
03camera-816582_640.jpg

そして、アコーデオン。
04アコーディオン

じゃばら式とかアコーデオン・タイプとかインプットすれば
一発でヒットしたでしょう。
私の語彙力も貧困ですな。
「忖度」なんて言葉は私は知りませんでしたからね。

提灯もじゃばらの例に挙げられていました。
05IMG_6634 (480x270)

最近、永平寺のお山の精進料理の中に
「蛇腹昆布」というのがあるのを知りました。
07永平寺蛇腹昆布

美味しそうですよ。

 HOME