母の三回忌

.25 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
母の三回忌を島根の実家でやりました。
満一年たった時が一周忌、
満二年たった時はなぜか三回忌にとぶのです。

私たち夫婦と東京から帰ってきた妹、
そして是非にと来られた親戚のかた一名の4人で、
本当に身内だけの法事です。

私の提案で、いす席で行うことにしました。
身内4人は大賛成で、
和尚さんにも了解していただきました。
01IMG_3981 (800x600)

私たちだけ椅子では心苦しいので、
和尚さんにも椅子で読経していただくように
お願いしたのです。
02IMG_3982 (800x600)

曹洞宗では、お経の本を各人に渡されて、
般若心経から始まって約一時間
全員で読経をするのです。
この間、正座にせよ胡坐にせよ、
とても我慢できるものではありません。
読経に集中できないのです。
藤井聡太4段が一日中正座して将棋を指していますが
小さいころから修行しているとはいえ、
あれだけでも賞賛ものです。

読経の後の和尚さんの講和は二つ。
忘れないうちにここにメモしておきます。

①「どっこいしょ」の語源
行者が山に登るときの掛け声「六根清浄」が語源です。
六根とは眼・耳・鼻・舌・身・意の六つで、
人間の知覚を表しますが、
六根清浄とはこの知覚から生じる様々な欲望を捨て
清らかな心になれというものです。
般若心経の中に
「無眼耳鼻舌身意
 無色声香味触法」
とあります。
この「六根清浄」がなまったものが「どっこいしょ」です。
ですから、なにかするとき「どっこいしょ」とか「よいしょ」と
声を出すのはいいことなのです。
歳をとったから声が出るわけではありません。

②「えっさ、えっさ」の語源
鎌倉時代、臨済宗の開祖の栄西禅師という
えらいお坊さんがいました。
ある日、農民が土木作業をしていて
どうしても動かない石に困っているところに
さしかかりました。
「わたしの名前を唱えながら石を動かしてみなさい」
といって印を結びました。
みんなが「栄西、栄西」と掛け声をかけて
石を動かすと、あら不思議、石が動いたのです。
その「栄西、栄西」がなまって
「えっさ、えっさ」となったということです。


これは一見普通の伝統的な法事饅頭ですが、
実は中身はふわふわのスポンジケーキで
クリームとジャムが餡子の代わりに入っています。
03DSC_1865 (800x600)
一つは和尚さんに差し上げて、二つ目はみんなで分かち合いました。

法事の後は、4人で食事に行きました。
以前小学校のクラス会をやった
畳ヶ浦の「亀」さんです。
04DSC_1866 (800x600)

亡くなった母は一品ずつ出てくる懐石料理は嫌いで
最初からこのようにどばっと料理がそろっているのが好きでした。
自分の好きなものから食べられるからでしょう。
そんな思い出を語りながら法事を終えました。

スポンサーサイト

前立腺癌に注意

.30 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
今日は大学のクラス会ゴルフで埼玉県まで行ってきました。
DSC_1830 (480x360)
打上げの表彰会で異常に盛り上がったのが
前立腺がんの話。
今回のコンペの参加者は10人ですが、
なんとそのうち3人が前立腺の治療中だったのです。
確率30%!

実は前立腺癌の疑いありということで放射線治療をうけ
そのためこの会を3年欠席したやつが久々に復帰したのです。
当然質問は彼に集中しますわな。
彼はPSA(Prostate Specific Antigen=前立腺特異抗原)の値が
11ng/ml を超えていたのだそうです。
今は放射線治療の結果 4ng/ml 以下に下がって医者から
ゴルフもOKになったのだそうです。
この値は通常の大人で2前後で、
健康診断では4を超えると危ないと言われています。
(因みに私の値は1.19で問題なしの判定です)

彼がとくとくと治療経過を説明してくれました。
3年ぶりに現れた彼は、依然と同じ体形で、
痩せさらばえてもいず、頭も剥げてはいませんでした。

こうして話が盛り上がったところで、
実はと打ち明けた級友がほかにも二人いました。
一人は前立腺摘出手術をすでに受けたやつ、
もう一人はPSAの値が高いので薬を飲んでいるやつ。

男は避けては通れない病気とはいえ、
確率3割とはね。

「これからも毎年検査は受け続けたほうがいいよ」
というアドバイスに一同うなづいたのは当然です。



花の頃逝く

.15 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
願わくは花のもとにて春死なむその如月の望月の頃
という西行法師の歌がありますが、
嫁の祖母が先日亡くなりました。
DSC_1676 (600x800)
囲碁大会とゴルフ大会をキャンセルして
昨日は納棺、今日は火葬に立ち会ってきました。
葬儀にもいろいろなやり方があるもので、
私の母の時は、死化粧は施設の看護師さんが、
納棺は葬儀屋さんがやってくれたので、
私たち親族は花束をお棺に入れただけでした。

今回は死出の旅装束を手伝うというものでした。
化粧は嫁とその母。
私たちは手甲をつけ、足袋をはかせ、
脚絆を付け、頭陀袋に六文銭を入れて持たせ、
菅笠をかぶせました。
そして全員で敷布ごと遺体を持ち上げて
納棺したのです。

初めての経験でしたが、
これはこれで納得しました。
おくりびとの全員参加型ですからね。

焼き場では、どこからともなく桜の花びらが降って来ました。
花のもとにて春に死ぬのもいいかなと思いました。




株主総会→池上本門寺→沈黙→OB会

.31 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
今日は株主総会に出席。
質問者が何を質問しているのかよくわからない質問で、
というかむしろ、自分の言いたいことを人前で言うことに
酔っている人が多くて、議長も回答するのに大変でした。
私としては年150円の配当をしてもらえばいいので
そこだけ拍手。


株主総会の後は、福山雅治の桜坂の桜を
見に行こうという計画だったのですが
多摩川沿いの桜もまったくのつぼみでしたので
あきらめて、池上本門寺の下見です。
ここは夜の お会式 にしか来たことがないのです。
IMG_9822 (480x269)

こんな看板がありました。
IMG_9823 (480x269)

これなら力道山も満足でしょう。
IMG_9824 (480x269)

IMG_9825 (480x269)

もっと都内の桜を見物して時間を
夕方までつぶす予定だったのですが
なにせつぼみではどうしようもない。


時間つぶしに
有楽町の映画館で「沈黙」を見ました。
沈黙(映画)
若いころこの遠藤周作の小説は読んでいて
もう少し重く複雑な内容だったような
おぼろげな記憶があるのですが
この映画のストーリーは単純明快でした。

神道や仏教のようなあまり人間を縛らない
緩やかな宗教の日本で生まれて
私は幸せだったと改めて感じました。
私はキチジロウのような弱い人間です。
私は迷うことなく踏み絵をすると思います。

大体キリスト教も
モーゼのころは偶像崇拝はなかったはずですよね。
役人が作ったキリストの絵なんか
どうでもいいのではないでしょうか。
カトリックが偶像を布教の手段で使うようになったのですよね。


映画の後は有楽町から新橋へ。
古本市をSL広場でやっていました。
IMG_9826 (800x449) (480x269)

今日はブルーターニュOB会の
延び延びになった新年会です。
IMG_9836 (800x450) (480x270)
先輩が、インプラントで5百万円かけて
ほとんどの歯を差し替えたと言っていました。
かむのが楽になり、ご飯も美味しくなったとか。
そんな立派な歯なら長生きできますよ。

おひーたん!

.19 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
「おひーたん! おひーたん!」

と言いながら次男が私の懐に飛び込んできます。

先月の2歳の誕生日の時にはここまでしゃべれませんでしたが、
わずか1ヶ月の間にかなりしゃべれるようになりました。
おそらく嫁のほうのおじいちゃんのおかげでしょう、
おひーたん(おじいちゃん)と言えるようになったのです。

私の誕生日を祝いに孫たちが来てくれました。
3.11は震災記念日なので、
私の誕生日は一週間遅れで祝うことにしてくれたのです。
嫁が買ってきてくれたケーキです。
なんと花びらが入っていますよ。
DSC_1617 (480x360)

還暦で暦は一周したので、
ローソクはそれ以降の数にしました。
DSC_1620 (480x360)

ローソクを吹き消すのは
孫たちの力を借りました。
DSC_1622 (480x360)

最近有名な俳優が72歳で死んだのですが、
私の父も72歳で亡くなっています。
まずはこれを超えるのが私の目標です。

 HOME