FC2ブログ

カメラ女子(城山かたくりの里)

.25 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
最近思うのは、カメラ女子が増えたなということ。
IMG_5640 (1000x561)
バズーカ砲のようなレンズ、高級カメラ、三脚をもってうろうろしているカメラ爺は
団塊の世代が定年退職するようになって爆発的に増えたような気がする。
(昔から多かったのかもしれないが、私が定年になってから
余計に目にする機会が多くなっただけかもしれない)
(私のように馬鹿チョンデジカメやスマホで撮影する爺はカメラ爺とはいわない)

それとともにカメラ婆も少しずつ増えてきた。

若い男で高級カメラを持ち歩いているのをあまり見ないのだが
(私が平日にしか出歩かないせいかもしれないが?)
若い女性で高級カメラをカシャカシャする人を最近よく見かける。

上の写真のように、城山かたくりの里ではベンチが増えた。
IMG_20200324_120554 (1000x486)

そのベンチでこんな景色を見ながら弁当を遣うのは
実に贅沢な時間の使い方だ。
淡墨桜01 (1000x561)
今年は桜の開花が早いので、
去年来た時には見れなかった桜を見ることができた。

上の写真の桜は岐阜の根尾谷の淡墨桜。
淡墨桜02 (1000x561)

うっすらと緑に見えるこの桜は
緑富士桜01 (1000x561)

緑富士桜というそうだ。桜の特徴である長い花柄が緑なのだ。
緑富士桜02 (1000x487)

これには御殿場桜という名札がついていた。
御殿場桜 (1000x486)

城山かたくりの里ではカタクリ以外でもいろんな山草を見ることができる。
スキャン_20200324 (728x1000)

雪割草や猩々袴はいくらでも生えている。
雪割草01 (1000x591)

今年見つけたもの。
大葉黄スミレ。
オオバキスミレ (1000x562)

貝母草(バイモソウ)。
バイモソウ (1000x561)

菊咲一華(キクザキイチゲ)には白色のものと
菊咲一華白 (1000x561)

紫のものの2種類あることを確認した。
菊咲一華紫 (1000x486)

花一華というのもあった。
花一華 (1000x527)

毎年何かしら発見があるというのは嬉しいことだ。

スポンサーサイト



カタクリの花(城山かたくりの里)

.24 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
やはりカタクリの花を見ないと春が来た気がしません。
IMG_5561 (1000x561)

IMG_5673 (1000x561)

IMG_5584 (1000x562)

毎年のように「城山かたくりの里」(相模原市)に来ているのですが、
今日は駐車場が満杯。いつもガラガラなんですけどね?
IMG_20200324_112532 (480x233)

春の日差しを浴びたカタクリを見るとなぜかほっこりするのです。
IMG_5680 (1000x561)

縄文時代にこれの球根を食べていた古い記憶がそうさせるのでしょう。
IMG_20200324_113527 (1000x486)

カタクリの群生の中にマムシグサの群れを発見。
IMG_5569 (1000x561)

カタクリ以外の花のレポートは次回。

春の妖精

.08 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
いつもの年より少し早いが春の妖精とよばれる
早春の山野草を見に花之江の郷(栃木市)までやって来た。

セツブンソウ(節分草)キンポウゲ科。
名前といい、可憐さといい、いかにも春の妖精と呼ばれるにふさわしい。
IMG_20200207_152351 (800x429)

花びらの数は5枚が一番多いがこれは7枚。
IMG_4747 (800x449)

昨年は3月9日に秩父の小鹿野町に群生を見に行ったのだが、
北の栃木県のほうが早く咲くとは不思議だ。
IMG_4746 (800x449)

次はおなじみのフクジュソウ(福寿草)、これもキンポウゲ科だ。
IMG_20200207_152816 (800x390)

IMG_20200207_152827 (800x431)

咲き始めはこういう風に背が低いのがよい。
IMG_20200207_152802 (800x389)

時が経つと背が高くなって可愛らしさが無くなってしまう。
IMG_4735 (800x449)

バイカオウレン(梅花黄連)、これもまたキンポウゲ科である。
IMG_4752 (800x449)

昨年島根に帰省してイズモコバイモを見に行ったときに
セリバオウレンを見たことがあるが、同じオウレン属だ。
IMG_4749 (800x449)

花びらはみな5枚で例外はない?
IMG_4751 (800x449)

赤いマンサクがもう咲き始めている。
IMG_20200207_153129 (800x389)

ネコヤナギ。
IMG_20200207_153348 (800x389)

春は近い。

シモバシラ

.07 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
シモバシラに霜柱の花が咲きました。
IMG_4713 (800x449)

東京が氷点下になるという天気予報を信じて
今朝6:40の撮影です。
IMG_4714 (800x449)

シモバシラという植物をご存じない人に
この秋に茎を切られてしまったのですが
かろうじて残った切株に霜柱の花を咲かせてくれたのです。
IMG_4718 (800x449)

こちらが普通の霜柱です。
IMG_4721 (800x449)

シモバシラという植物の存在を知ったのが2012年9月、
シモバシラをネットで購入して植えたのが2018年7月、
8年越しに夢が叶いました。

シモバシラ(シソ科)という植物をご存じない方は過去の記事をみてください。
2019/12/17の記事
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-2859.html
2018/10/3の記事
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-2563.html
2018/7/13の記事
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-2501.html
2012/9/28の記事
http://rennais.blog6.fc2.com/blog-entry-723.html

(追伸)
8:24にまた見に行きましたが、霜柱の花は残っていました。
IMG_4727 (800x449)

菜の花ウォッチング(吾妻山)

.20 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
令和2年の花追い活動は
やはり吾妻山公園(神奈川県二宮町)の
菜の花ウォッチングから始まりました。
IMG_4518 (800x449)

菜の花を見るとはいっても、やはり主役は富士の山で、
横浜の我が家から富士山のてっぺんが丹沢山塊の上に
くっきり見えることを確認してからここに来ました。
IMG_4530 (800x449)

ここ最近曇りや雨や雪の日ばかりでしたが、今日は久々の快晴。
満を持してここに来たのは、やはりこの写真を撮るためです。
IMG_4513 (800x449)

毎年ここに来ているので、写真撮影のポイントも決まっています。
IMG_4509 (800x449)

山の麓の Boulangerie Yamashita で買ってきた
よもぎアンパンをいただきました。
IMG_4522 (800x449)

エアーレーションをされているボランティアの方々に感謝。
IMG_4540 (800x449)

菜の花のほかにもう一つの目的は水仙畑を見ること。
残念ながらまだ三分咲きでしたかね。
IMG_4556 (800x449)

二宮町のポスター屋さんでこんな北斎の浮世絵のコピーを売っていました。
IMG_4571 (800x449)
相州梅沢左というのが二宮町の吾妻山のことだというのが最近分かったそうです。
 HOME