FC2ブログ

日仏映画往来

.15 2020 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
フランス映画の好きな人、シャンソンを愛する人、フランス文学を読む方
に一度は目を通してほしい本です。
大学の仏文科の学生さん、卒論の引用にも使えますよ。

ずいぶん前、図書館が閉鎖される前にこの本に予約をかけたので
なぜこの本を読みたくなったのか、いきさつは覚えていません。
IMG_6096 (480x269)

「日仏映画往来」 遠藤突無也(とむや)著 2017/05/01初版発行。
Cinéma France-Japon Toute une Histoire Tomuya ENDO
IMG_6095 (480x269)

著者は1992年からパリで活動している歌手で、
2007年にオランピア劇場でコンサートを大成功させたとあります。
写真を見るといいおじさんですね。

それにしても重たい本です。
図書館にリュックサックを持っていってよかった。
重さはなんと1380gもあります。
ページ数は900ページ弱。
途中のページは2段組、3段組になっているので
字数にしたらものすごい量でしょう。
よくもまあこれだけのものを一人で書いたものです。
お値段は税込みで5720円と結構な値段なので借りるしかありませんが
横浜では中央図書館の「人文科学」コーナーにたった一冊あるだけです。

私流にこの本を紹介せよといわれたら
「日仏映画の百科事典」というしかありません。
何より素晴らしいのは、昔の映画のポスターのコレクションです。
このポスターを眺めるだけでもこの本に出合えた喜びがありますね。
IMG_6100 (1000x561)

本の内容に簡単に触れてみます。

Ⅰ章 文学往来
バルザック、デュマ、ビクトル・ユーゴーなど
明治期に日本に紹介された作家から
フランソワーズ・サガン、ノストラダムスまで、
日本の文学に与えた影響と、
影響を受けた映画の数々を調べ上げています。
また逆に谷崎潤一郎から東野圭吾までの日本の作家が
フランスの文学や映画に与えた影響についても
よくもこれだけ調べ上げたものだと感心しますよ。
IMG_6098 (1000x561)

Ⅱ章 作品往来
フランスの約50人、日本の約30人の監督の作品について解説しています。
ついているポスターの写真が懐かしい。
IMG_6099 - コピー (1000x562)

Ⅲ章 人物往来
ジャン・ギャバンから始まるフランスの俳優約30人、
早川雪舟から始まる日本の俳優約10人、マヌカンなどなど
日仏を往来した人々について記述しています。もちろんポスターも。

Ⅳ章 音楽往来
日仏の映画に使われている音楽、シャンソン歌手、などなどについて。
越路吹雪が岩谷時子の訳で歌わなかったら
アダモは日本で有名にならなかったでしょう。

以上、フランス好きの人にお勧めの本でした。
スポンサーサイト



ブルターニュの5月の花

.14 2020 ブルターニュ懐古旅行 comment(0) trackback(0)
今から5年前の2015年5月14日~28日に
ブルターニュ懐古旅行をしたのですが、
その時に撮影した花で今まで名前のわからなかったものがありました。
ステイホームの無聊を慰めるために
"Picture This" というAIで花の名前を教えてくれるスマホアプリで
調べてみたらどうだろうと思いついたのです。
そのためにはパソコンの画像をスマホにメールで送らなければなりません。
その結果5つの花の名前が判明しました。

キャランテックの町で見たこの不思議な植物。
Echium Pininana (1000x563)
学名:Echium Pininama
英語名:Blue Steeple Tower of Jewels(宝石の青い尖塔)
大西洋に浮かぶ島カナリア諸島原産。
Pininamaはラテン語で小さい松の木の意味。

日本名は宝石の塔だそうです。
宝石の塔 (553x1000)


レンヌの街中で見たこのこんもりとした茂み。
ピラカンサス01 (1000x563)

なんのことはない、今我が家のそばでも咲いている
ピラカンサスの花でした。
ピラカンサス02 (1000x563)
こんな大きな茂みのピラカンサスを日本で見たことがなかったので
思いつかなかったのです。
ということは冬になるとこれが真っ赤な塊になるのですね。

プラス・ド・ブルターニュに植えられていたこの花は
ゴジアオイ (1000x563)
ゴジアオイ(午時葵)ハンニチバナ科でした。地中海沿岸原産。
アルカリ性土壌を好み、高温多湿に弱いため、
日本の気候風土には不向きで、ほとんど栽培されていない(Wikipedia)。

タボール公園で見たこの花は
エルサレムセージ01 (1000x563)

エルサレムセージ(シソ科フロミス属)。
名前の通り地中海東部の原産でした。
日本では植物園くらいしか栽培していないそうです。
エルサレムセージ (1000x563)

ポンタヴェンの町の川の上にせり出していたこの木はギョリュウバイ。
ギョリュウバイ (1000x563)
ギョリュウバイ(檉柳梅、学名:Leptospermum scoparium)は
フトモモ科ギョリュウバイ属の常緑低木。
ニュージーランドとオーストラリア南東部原産で
マオリ語でマヌカ(Manuka)。
英語名: New Zealand Teatree

このアプリでも解答不能の花はまだありましたが、
長年の謎が解けてすこしストレスが減りました。

”パステル”って植物だったんだ

.30 2020 フランス語 comment(0) trackback(0)
「パステル」を明鏡国語辞典でひくと

パステル[Pastel] : 粉末顔料に白粘土をまぜ、
     アラビアゴムなどの接着剤で棒状に練り固めた絵具。

パステル・カラー[Pastel color] : 柔らかな感じの淡い中間色。

とでてきます。

そう、そのとおり。
私が今までパステルという単語に持っていたイメージは
この国語辞典の通りでした。
パステルはクレヨンのイメージで
440px-Crayons_with_colors (440x332)
パステル画とはクレヨンで描いた絵だと思っていたのです。

実際にはパステルはクレヨンとは少し違うようですが
500px-Pastelkrijt (480x391)
まあ大した違いはないでしょう。

ところがNHKテレビの「旅するフランス語」で
パステルは植物だということが分かったのです。
前年は黒木華がパリやリヨンで料理を勉強するという筋立てでしたが
今年はバレエダンサーの柄本弾がトゥールーズや
カルカッソンヌを旅するという筋立てになっています。

トゥールーズのパステルの畑に立つ柄本弾。
pastel02 (480x269)

これがパステルというアブラナ科の植物です。
pastel04 (480x269)

アブラナ科ですから大きくなるとこんな花が咲きます。
pastel05 (480x261)

若い葉を摘んで
pastel03 (480x269)

加工するとこんな塊になり
pastel06 (480x269)

これを粉にするとパステルの染料ができるのです。
昔は「青い金」とよばれ、これで財を成した商人の
大きな館がトゥールーズにはあります。
pastel07 (480x269)

柄本弾はパステルの染め物工程を経験。
pastel08 (480x269)

素晴らしいブルーに染め上がりました。
pastel09 (480x269)

トゥールーズのショウウィンドウで売っているパステル染めのマフラー。
pastel01 (1000x561)

今あらためて旺文社のロイヤル仏和辞典を引いてみると
Pastel① 1 植物 タイセイ(大青) 
     2 [タイセイの葉から作る]藍染料、藍色
Pastel② パステル、着色クレヨン、パステル画
とあります。
国語辞典とフランス語辞書ではこんなに大きな違いがあるのです。

因みに、昔はパステルで大もうけしたトゥールーズですが、
その後インディゴが輸入されるようになってパステル栽培は衰退しました。
それでも伝統工芸を護ってゆこうとする人はいるのですね。


インディゴも私は誤解していました。
インディゴとは徳島県で栽培しているタデ科アイ(藍)だと思っていたのですが、
インドやアメリカで栽培されていたインディゴのもとはマメ科コマツナギ属でした。
思い込みはいけませんね。


Covid 19

.16 2020 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
15日日曜日の夜9:31にこんなメールが届きました。
オララー!本当かよ。
le Coquillage
2015年に泊まったモンサンミッシェルの近くの
レストラン・ホテル「シャトウ・リシュー Château Richeux」
のオーナーのロランジェ氏からのメールマガジンです。

「政府の発表に従い、胸が締め付けられる思いですが、
やむなくホテルを無期限に閉めることになりました。・・・・・」

日本でいえば有名観光地の料理旅館が店を閉めるようなものです。
201506130807399f0_20200316065821c02.jpg
(シャトウ・リシュー Château Richeuxの写真とその時の記事

どうせ客が来ないから閉める?
従業員が客からうつされるのを嫌がったから閉める?
儲かってるからできることだよな、やるなー、さすがに余裕だね。

待てよと思い、パリの日本人向けの新聞"Ovni"にアクセスしてみました。
Ovni.jpg
3月14日、エドゥワール・フィリップ首相は、19h30からの会見で、
フランス国民が社会秩序を考え、責任ある行動をとるよう呼びかけ、
カフェ、レストラン、映画館、ディスコなどを全面的に閉め、
信仰の場は開いたままだが集会は行わないとした。
商店も状況が改善されるまでは休業とする。
学校も16日から全面的に休校になる。
フランスの新型コロナウイルス感染者数は
4499人、死者91人(3月14日15時)。

イタリアだけかと思っていたら、
フランスもえらいことになっていますね。
日本で安倍首相がこんなことを言ったらみな従いますかね。



フランス革命記念日

.18 2019 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
そういえば今年のフランス革命記念日はどうなったんだろうと
YouTube で検索したらありましたね。
https://youtu.be/hwdm1sLT9ig

アメリカでは7月4日の独立記念日にトランプ大統領が初めて演説し、
軍隊のパレードをやって非難ごうごうだったようですが、
2019-07-14-10 (800x449)

フランスは昔から当然のごとく軍事パレードをやっています。
2019-07-14-08 (800x463)

エトワール広場を一周して、
2019-07-14-01 (800x468)

騎馬軍団とともにシャンゼリゼをはしるマクロン大統領。
2019-07-14-02 (800x438)

今年は誰が招待されたのかと思えば、
やはりドイツのメルケル首相は格別の扱いのようでした。
ブレグジットの英国の影はどこにもなし。
2019-07-14-03 (800x508)

今年の目玉は、フランス人発明家のフランキー・ザパダ氏のフライボード。
2019-07-14-05 (800x490)

こんなに自由自在に空が飛べたらいいですね。
2019-07-14-06 (800x459)

気になったのが、この軍用車。トヨタのエンブレムをつけていますよ。
2019-07-14-04 (800x437)

コンコルド広場のオベリスクには
ヒエログリフが刻まれていたんですね。
今まで気がつきませんでした。
2019-07-14-07 (800x451)

式の最後には国旗を前に国家を斉唱していますが、
日本では自然にこれができないのが残念ですね。
2019-07-14-12 (800x449)

 HOME