ガマズミの狂い咲き

.03 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
金言寺の庭にガマズミが真っ赤な実をつけていました。
2017110319583667d.jpeg

しかし、なんということでしょう、花が咲いています。

先月、伊勢佐木町で山法師の狂い咲きを見たばかりです。
これは吉兆なのでしょうか。
そう信じたい。
スポンサーサイト

金木犀復活

.18 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
昨夜の冷え込みで、ハナミズキの葉が色づきました。
IMG_6867 (800x600)

これからは紅葉だと思っていたのに、
IMG_6868 (800x600)


オーララ! どうしたことでしょう。
金木犀が今頃になって咲いています。
IMG_6871 (800x600)

白百合幼稚園の金木犀です。
横浜では、今年は金木犀は咲かないまま
終わるのかと思っていましたが
どっこい復活しました。
IMG_6872 (800x600)

川崎でも金木犀が咲いているのを見たと、
妻が報告してきました。
二度咲きなんでしょうか。


メリケンカルカヤ

.15 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
苑地ボランティアの懇談会で、
「最近見たこともない雑草が芝生の代わりに生えている」
と話題になった。
これは我が家の前の共有芝生地である。
とても芝生とは言えないし、
これでは子供たちもここで遊ぶことはできない。
DSC_2042 (800x600)
メリケンカルカヤ(米利堅刈萱、学名: Andropogon virginicus)

こちらが本来の芝生なのだが、
DSC_2045 (800x600)

こういう風に芝生の中に侵入してきていつの間にか増えている。
芝生と一緒に刈り込んでしまうので分からないのだ。
DSC_2047 (800x600)

その後、ボランティアの一人が調べて、
「あれはメリケンカルカヤだ」
ということになった。
国立環境研究所の侵入生物データベースには、
北米原産のイネ科の植物で要注意外来生物に指定されている。
1940年ごろ愛知県で最初に発見されて以来、
今や関東以西に広がっているらしい。
取り立てて有効な除草剤も無いようだ。

ススキはあまりに見栄えが悪いので、
私が必死に鍬で株を掘り起こしているのだが、
こいつはもう広範囲になりすぎていて、
手の付けようがない。
ススキよりは背が低くて、
手足に切り傷を作ることもないので
放っておくしかしようがない。

ツリバナ

.14 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
この実を見るとカメラを向けずにはいられない。
IMG_6299 (800x600)
Euonymus

なんという造化の妙か。
IMG_6298 (800x600)

これを見てついばまずにいられる鳥はいないのではないか。
「さあ、食べてちょうだい」
IMG_6301 (800x600)

ツリバナ(ニシキギ科)。
実が生るからには花が咲くのだろうが、
花の時期にはなぜか目に留まらない。
IMG_6304 (800x600)

マユミなどと同じ仲間だ。
戒翁寺のそばのマユミを見に
散歩に出かけたくなったが、いかんせん天気が悪い。

イヌサフラン

.09 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
東高根森林公園でも我が家のまわりでも
金木犀の咲き具合があまりに酷いので、
あざみ野東公園にチェックしに行って、
やはり酷いことを確認して納得した。
この夏の寒さで金木犀は咲くのをあきらめたのだろう。

そのかわりにイヌサフラン(イヌサフラン科)が咲いているのを見つけた。
IMG_6335 (800x449)

この花を初めて見たのは、
ここあざみ野東公園で2014年10月3日のことだ。
やはり金木犀を見に行ってこの花を見つけている。
この4年間同じ行動パターンをとっていることに
我ながら驚く。
IMG_6340 (800x449)

大きな違いは4年前はこの花の名前を知らなかったのだが、
4年前に花の名を調べてブログに書いた ことにより、
今はすらすらとこの花の名前が言えることだ。
それにしてもイヌサフランとはひどい名前を付けたものだ。
本物のサフランは、雌しべから香辛料・香料・染料・薬がとれるのに対し、
こちらは葉にも球根にも毒があって、毎年ギョウジャニンニクと間違えて
食べて死ぬ人がいるから、犬といわれてもしようがないか。
IMG_6348 (800x449)

似たような花でこれはサフランモドキ(ヒガンバナ科タマスダレ属)。
今年の8月に撮った写真。
モドキのほうがイヌよりいい?
サフランモドキ20170819 (800x600)

サフランと同じ仲間のクロッカス(アヤメ科クロッカス属)は
春に咲くので春サフランとか花サフランと呼ばれている。
これは今年の3月の山下公園での写真。
クロッカス20170317 (800x449)

よくよく考えてみると、私は本物のサフランをまだ見たことがない。
だからこれはネットの製薬会社から借りてきた写真だ。
もうじき10月から11月にかけて咲くそうだ。
サフランのめしべ (500x374)
この赤いめしべを摘んで乾燥させると、
とてつもなく高価な香辛料になるのだ。
スペインのパエリア、モロッコのクスクスの黄色い色は
このサフランで染めたものだ。
サフランは西アジア原産で、紀元前から
ギリシャやペルシャで栽培されていたらしい。
いまでもイランが世界で最大の産地だそうだ。
日本では今では大分県でほそぼそと室内栽培されているらしい。

来年あたりサフランの球根を買ってきてめしべを採り、
黄色い炊き込みご飯を作ってみようかと思う。


 HOME