かなまら祭り

.02 2017 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
川崎の孫たちと一緒に
かなまら祭りを楽しむことにしました。
神輿の出る若宮八幡宮のそばは大混雑しているので
先回りして神輿の終点の大師公園に行きます。
01IMG_9849 (480x269)

公園の芝生の上でおばあちゃんの作った
おにぎりと稲荷ずしでお昼御飯です。
もちろん川崎大師境内の屋台で
ザンギ、明石のタコ焼き、鳥皮餃子
等も買ってきましたよ。
02IMG_9852 (480x269)

普通だったら花見も兼ねる予定だったのですが、
今年は桜が大分遅れています。
川崎大師の五重塔の前の桜もこの程度です。
09IMG_9865 (480x269)

そうこうするうちにお神輿がやって来ましたよ。
03IMG_9890 (480x269)

これはニューハーフのお姉さま方が担ぐ
エリザベス神輿。
04IMG_9897 (480x480)

こちらは造船会社の寄贈品。
05IMG_9902 (480x480)

近年人出が増えたのですが、
ネットの口コミで有名になったのでしょうか、
外人さんがやたら多いです。
男根の形をした飴を並んでなめて
記念写真を撮って喜んでいます。

孫たちはそんなことは関係ない。
ひたすら公園の滑り台を滑り、
06IMG_9906 (480x480)

屋台でお菓子やかき氷を買ってもらって
楽しむだけです。
07IMG_9916 (480x480)

このお祭りで一番儲けるのは若宮神社ではなく
やはり近くの川崎大師でしょう。
4月8日はお釈迦様の誕生日でしたね。
08IMG_9919 (480x269)
スポンサーサイト

生活の楽しみ展 in 六本木ヒルズ

.25 2017 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
多摩川のユキヤナギを見た後は
妻にひかれて六本木参り。
01IMG_9716 (480x480)

クモの足の下を通って
02IMG_9717 (480x269)

六本木ヒルズタワーをくるっと回ると
ここで糸井重里の株式会社「ほぼ日」が主催する
「生活の楽しみ展」がありました。
03IMG_9703 (480x269)

糸井重里さんがサインを求められていました。
どうもこの灰色の作業着の人がイベントのスタッフのようです。
04IMG_9707cut (480x270)

最初のお店は桜の苗木ばっかり売っているようで
花の咲いている苗木には「フジシダレザクラ」
というネイムプレートがついていました。
05IMG_9705 (480x269)

いわゆる趣味に凝った商品を売っているようでした。
06IMG_9710 (480x269)

こんな竹の篭を今どき誰が買うのかね。
「あら、こういうのを持って買い物に行くのが流行りなのよ」
「へー、俺なんか畳んだビニール袋を
ポケットに入れておくほうがいいと思うけどね。
これじゃほんのちょっとのものしか入らないぜ」
07IMG_9708 (480x269)

一本5千円くらいする折り畳み傘とか売っていました。
08IMG_9713 (480x269)

なにせ、花見とうまい酒と飯そして囲碁とゴルフ
くらいしか趣味のない私には
買い物はまったく興味がありません。
妻が物色している間に、こっちの花のほうがいいぜ。
09IMG_9709 (480x269)

商店街の後は「楽しみ食道」へ引き返しました。
10IMG_9701 (480x269)

六本木ヒルズに着いたのが4時過ぎでしたから、
殆どのメニューが売り切れでした。
夕ご飯には早いのでお茶をしようと思ったのですが
カスタードプリンも売り切れ。
11IMG_9702 (1200x674)

なにせ風が冷たくて建物の中に入りたいのです。
地下のカップケーキのお店でスイーツを買って
寒さをしのぎました。
12IMG_9719 (480x269)

本当は都会でしゃれた晩飯でもと思っていたのですが、
時間的に早くて中途半端なので、
あざみ野付近で晩飯を食べることにして
六本木を後にしました。
13IMG_9715 (480x269)

なにせ外にいるとやたら寒い日でした。

Kawasaki Halloween

.30 2016 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
この迫力!
01IMG_5130 (800x450)

狐の花魁がパレードを先導します。
02IMG_5126 (800x449)

田舎から届いた淡し柿と十和田旅行の土産を
長男宅に届けに川崎までやって来ました。
おりしも今日は「川崎ハロウィン2016」のパレードの日です。
03IMG_5032 (800x449)

渋谷もすごい人出だそうですが、川崎の沿道も
去年より人が増えたような気がします。
04IMG_5036 (800x449)

これは可愛らしい。
05IMG_5153 (800x450)

こういう気持ちの悪いのは、悪霊のほうが恐れるのだとか。
06IMG_5148 (800x449)

ディズニー風もいいね。
07IMG_5101 (800x449)

こういうキャラクターはおそらく日本だけでしょう。
08IMG_5145 (800x449)

オーソドックス。
09IMG_5151 (800x449)

ハロウィンは年々盛んになって、
今やバレンタインデーより経済効果が高いようです。
チョコレートだけに限らないところがよいのでしょうか。
仮装の衣装代だけでも馬鹿にならないでしょうから。

ここはあざみ野駅そばのケンタッキーフライドチキンの店です。
行列ができていますよ。
10IMG_5030 (800x449)

セブン・イレブンではこんなお菓子を売っていました。
11IMG_5165 (800x449)

何につけお祭りは楽しい。


仮名手本忠臣蔵

.13 2016 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
あざみ野から電車乗り換えなしで半蔵門で下車、
一年ぶりに国立劇場にやって来ました。
毎回思うのですが、このふわふわの絨毯はすばらしい。
01DSC_0780 (800x600)

「♪か~なでほん ちゅ~うしんぐら♪」
最初に口上人形による配役の紹介の時、人形はこう言いました。
02DSC_0788 (800x600)

出だしの鶴岡八幡宮での兜改めの場のストーリーが
見ているだけでは何のことなのかわかりませんでした。
「蘭奢待の香りがするから、それが新田義貞の兜だ」
(蘭奢待って正倉院にある香木のことじゃなかったっけ?)

次の幕間にスマホで Wikipedia を読み、ようやく筋が理解できました。
やっぱり少しは事前に勉強しておかなくては駄目ですね。

それにしても、高師直(市川左団次)の憎々しいこと!
あれでは塩冶判官(中村梅玉)ならずとも切り付けますよ。

お昼は予約しておいたこれぞ本当の「幕の内弁当」。
これにコーヒーがサービスについていたのがうれしい。
客席も9割の入りでしたから、待合も空いていましたね。
03DSC_0784 (800x600)

午後の幕間には、やはり切腹最中。
それにしても判官切腹の場は長かったですね。
04DSC_0786 (800x600)

2階ロビーには、国立劇場開場50周年を記念して
昔のポスターが陳列されていました。
これは1969年の三島由紀夫の「椿説弓張月」。
横尾忠則のポスターです。
懐かしい。
05DSC_0789 (800x600)
なぜ懐かしいかというと、この時学生だったのですが、
当時駅のポスターを盗むのが流行っていて、
友達で駅員に捕まって油を絞られたやつがいたのです。

11月に第二部、12月に第三部があるのですが、
第三部の討ち入りの場面は見てみたいなー。
ただいま妻と相談中です。



お会式

.12 2016 イベント・祭り comment(1) trackback(0)
今年も池上本門寺のお会式にやって来ました。
IMG_4460 (800x449)

去年と同じ10月12日に来たのですが、
今年はなぜか人が少なくて、道がとても歩きやすいのです。
IMG_4500 (800x449)

調べてみると、去年の12日は体育の日の休日でした。
今年は平日なので込み具合に大きな差が出たのでしょう。
IMG_4474 (800x450)

去年は初めてだったので興奮して写真を撮りまくったのですが、
今年は撮影ポイントはわかっているので要領よく撮りました。
この僧侶の一団は、昨年出会いませんでした。
IMG_4488 (800x449)

本門寺の周りをぐるっと一周したのですが、
なぜか結局屋台には手を出さず、
IMG_4501 (800x449)

おでんとヤキトリの店に入って夕食です。
IMG_4503 (800x449)

この店がなぜかとても安くて、
このお酒なんかこれで300CC、580円。
IMG_4505 (800x449)
 HOME