FC2ブログ

上野動物園

.23 2019 東京 comment(0) trackback(0)
三連休の中日、上野で孫たちと待ち合わせ。
恐竜博を見に来たのです。
DSC_2897 (480x371)

待ち合わせが12時ですから、まずは腹ごしらえと食堂を探していたら
下の孫が行方不明になりました。
皆で手分けして必死に捜索しましたよ、下手をすると一日つぶれてしまう。
アメ横入り口のガチャポンの機械の前でおじいちゃんが発見、
事なきを得ました。

息子たちが選んだのは「ねぎし」という牛タンのチェーン店。
私は麦トロ、タンの三種盛りを選択。
IMG_3699 (480x269)

上野公園ではあちこちに大道芸人がいて、
この人は箱の上で歌舞伎の見えを切るパフォーマンスが売り。
IMG_3701 (480x269)

恐竜博の近くに来たら長い列ができていて140分待ち!
あちゃー!やめよう!
というわけで、上野動物園に急きょ方向転換しました。

入り口のパンダ園は40分待ちだったので後回しで、
まずは象さん。
IMG_3708 (480x269)

白クマさん。
IMG_3724 (480x270)

なぜかカワセミがいました。
もちろん下のガラス張りの池には小魚がたくさん泳いでいましたが、
衆人環視の中で池に飛び込んで魚を採ってくれるのでしょうかね。
そうなればカワセミの水中写真が撮れるのですが。
IMG_3737 (480x269)

ゴリラさん。
IMG_3741 (480x269)

トラさん。
IMG_3750 (480x269)

ぐるっと一周して雲行きが怪しくなったので
パンダ園へ引き返しましたが、
列は少しも短くなってはおらず、相変わらず40分待ち。
IMG_3707 (480x269)

ブログを検索してみると、
前回上野動物園に来たのは2015年11月。
ということは4年ぶりの再会です。
IMG_3760 (480x269)

雨がぱらついて来たので駅へ急ぐと
なんと公園のど真ん中を悠々と歩くタヌキに出会いました。
IMG_3763 (480x269)

銀座線から半蔵門線に乗り換えるべく三越前の地下道へでると、
アートアクアリウムの長い列に出会いました。
相変わらずの人気ですね。
IMG_3765 (480x270)

家に帰宅してゴルフ番組の録画を開くと、
なんと渋野日向子が8打差を逆転していました。

スポンサーサイト



私の知らない新宿駅南口

.21 2018 東京 comment(0) trackback(0)
いやー、嬉しくなってしまいます。
アメリカの馬にでも食わせろというサラダとは大違いです。
こういう上品なサラダなら私も食べるのです。
01DSC_1771 (800x600)

新宿の高島屋ビルにて新宿中村のインドカレーを食べています。
サラダを食べたフォークが取り下げられてしまったので、
らっきょうをどうやって食べるか思案中。
02DSC_1772 (800x600)

このビルからはバスタ新宿が見下ろせます。
03DSC_1775 (480x360)

高島屋と山手線の間にはこんな遊歩道ができていました。
04DSC_1767 (360x480)

目的地はここ、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAです。
05DSC_1768 (360x480)

もう代々木駅のほうが近い。
06DSC_1769 (480x360)

なぜこんなところにきたかというと、
このお芝居を観るためです。
07DSC_1776 (480x360)
若いころは体力があったので、
三島由紀夫の小説は金閣寺から豊饒の海まで全作読んでいます。
その豊饒の海が舞台化されたというので、これはぜひ見なくっちゃ
ということになったのです。

素晴らしい舞台でした。
幕はないのに、
黒子が舞うようにして椅子や机など取り換えたかと思うと
照明が変わって場面がどんどん変化していくのです。
登場人物が何人か突っ立ったままで台詞を言いあうというような
退屈で動きのない演出はありません。

それにしても東出昌大はかっこいい。
とにかく背が高くて足が長くてモデル出身だというのがよくわかります。
映画より舞台のほうがよけいに彼の特徴が目立つのです。
惜しむらくは、彼の声がやや甲高く、舌足らずなしゃべり方が気になることです。
発声方法を変えない限り彼は舞台ではものになりませんね。

観劇が終わった後、周囲を散歩しました。
IMG_5791 (480x320)

これでも18の年から12年間都内に住んでいて東京は知っているつもりでしたが、
新宿駅の南口がこんなに変貌したなんて知りませんでしたよ。
IMG_5796 (480x320)

まるでお上りさん状態です。
IMG_5800 (480x320)

明治神宮外苑の銀杏並木通りで行列を作っている
お店がここにもありました。
IMG_5803 (480x320)

バスターミナルに登ってみました。
IMG_5806 (480x320)

新潟行きもあれば、京都大阪行きもあります。
IMG_5808 (480x320)

飛騨高山はまだ行ったことがありません。
IMG_5811 (480x320)

浅間温泉もです。
IMG_5812 (480x320)

このお姉さんかっこいい。
ハイヒールで膝をぴんと伸ばした人はなかなかいませんよ。
IMG_5821 (480x320)

ライトアップの時間です。
IMG_5819 (800x533)

甲州街道改札口なんて昔はなかったなー。
IMG_5825 (480x320)

人が列を作っているとそのあとに並びたくなるのは人情というもの。
IMG_5826 (480x320)

これを買ってしまいました。
IMG_5827 (480x320)

奇跡のスフレプリンです。なかなか美味!
IMG_5830 (480x360)

東郷神社

.18 2018 東京 comment(0) trackback(0)
地下鉄神宮前で下車して、Ristorante Emilia へ向かう途中、
東郷神社の前を通りかかりました。
DSC_0435 (480x360)
Tōgō-jinja

私は18の歳から30歳まで13年間、東京都に住んでいたのですが、
恥ずかしながら東郷神社にお参りしたことはありません。
近くにある明治神宮には何回もお参りしたことはありますがね。
その存在を知らなかったのだからしょうがない。
DSC_0438 (480x360)
私は、神社は恨みを残して死んでいった人の霊を慰めるため、
その祟りが起こらないようにするために神社を作ったのだと思っていましたが、
御霊信仰、 Goryō
この神社は違いますね。
東郷平八郎が恨みを残して死んだとは思えません。

受験生らしき若人が必勝祈願をしています。
なるほど。確かに、ロシアのバルティック艦隊を破った大元帥ですからね。
合格祈願ではなく必勝祈願ですか。
DSC_0436 (480x360)

神社のそばには東郷会館なるものがあって、
立派な池には、錦鯉がやはりいました。
DSC_0439 (480x360)

おりしも結婚式をやっていました。
DSC_0440 (480x360)

狛犬はアブストラクトな彫刻でしたよ。
DSC_0443 (360x480)

なるほど、肉じゃがは東郷平八郎がイギリス留学の時に食べた
ビーフシチューをベースにできたのですか。
初めて知りました。
DSC_0444 (360x480)

犬も歩けば棒に当たる。
今年は何年でしたっけ?

行人坂

.12 2018 東京 comment(0) trackback(0)
山手線目黒駅を降りて、西に細い一方通行の坂道を下ってゆくと
「行人坂(ぎょうにんざか)」とありました。
「行人坂って、時代小説にときどき出てくるのよね、ここだったのね」
01DSC_0440 (360x480)
「寛永の頃(江戸時代初期、三代将軍家光の治世)、
出羽(山形県)の湯殿山の行人(ぎょう にん)がこの辺りに
大日如来堂を建立し修行を始めたので、
しだいに多くの行人が住むようになった」
と記載がありました。

坂の途中に大円寺というかなり大きなお寺があります。
02DSC_0404 (360x480)

大黒天がお祀りされています。
(大日如来じゃないんだ?)
03DSC_0437 (480x360)

本堂わきに、金色の薬師如来像がありました。
3枚セット500円で、薬師如来へ金箔を貼ることができます。
「自分・家族・友人の体の気になる箇所と
同じところへ願いを込めてお貼りください」
と書いてあります。

体の悪い部分へ水をかけるとか、触ってなでるとか
というお地蔵様には時々出会いますが、
500円もかかるのはやはり花のお江戸ならではと感じました。
04DSC_0438 (480x360)

明和9年(1772年)に大火があり、火元がここの大円寺でした。
「行人坂の火事」とよばれ、
「振袖火事(明暦3年、1657年)」、「車屋の火事(文化3年、1806年)」
と並んで江戸の三大火事の一つだそうです。
06DSC_0434 (480x360)

その火事で亡くなった人々を供養するために
ここの五百羅漢がつくられたとのこと。
05DSC_0433 (480x360)

この坂から昔は富士山が見えたそうですが、
07DSC_0447 (360x480)

今はホリプロの本社ビルなどがあって、
富士山は見えません。
08DSC_0445 (360x480)

たまたま、江戸の名所に行き当たりました。

ブルターニュOB会

.28 2017 東京 comment(0) trackback(0)
なんという妖しげなブルーでしょうか。
IMG_8587 (800x533)

デザートのクレープをブランデーでフランベしているところです。
なかなかの演出です。
IMG_8589 (800x533)

11月24日(金)、ブレイス・カッフェ銀座で
ブルターニュOB会がありました。
後輩の一人が還暦定年になったのでそのお祝い会です。
記事のアップが遅れたのは、
その日スマホが電池切れで写真が撮れなかったので
友人が写真を送ってくれるのを待っていたのです。
IMG_8560 (800x533)
ブレイス・カフェについては以前の記事を参照。

壁にモンサンミッシェルの絵。
今ではフランスのパッケージツアーでは
必ずモンサンミッシェルが旅程に入っていますが
いつからこんなに有名になったのでしょう。
IMG_8582 (533x800)
実は私は89年に赴任するまではこの存在を知りませんでした。
会の席上、みんなに質問してみましたが、皆の答えは同じでした。
ブルターニュに赴任して先輩から教えてもらうまでは
誰もモンサンミッシェルの存在を知らなかったのです。
世界遺産ブームのおかげでしょうかね。
それともTGVの開通でアクセスが楽になったからでしょうか。

こういう若い人が集まるカフェでジジイたちが騒いで
お店も迷惑だったでしょうが、
可愛いウェートレスのお姉さんが写真を撮ってくれました。
CRFOB.jpg
 HOME