FC2ブログ

三年ぶりの曽我梅林

.22 2020 comment(0) trackback(0)
三年ぶりのご対面です。
IMG_5060 (1000x561)

曽我梅林(小田原市)に来た時には最初に
ここ穂坂邸に来てこの紅枝垂れ梅に
挨拶することにしています。
IMG_5061 (1000x561)

相変わらず見事ですが、心なしか今年は迫力に少し欠けるようです。
IMG_5062 (1000x561)

このあとは後ろの山に登って曽我梅林を見下ろしながら
弁当をいただくのがルーティーンになっています。
IMG_5104 (1000x561)

いつもは春霞と雲に隠れている富士山が顔を出しました。
過去6回の記事で富士山の写った写真をブログに載せていないので
おそらく今回が初めてでしょう。
IMG_5082 (1000x561)

山から下りる途中で曽我兄弟の母満江御前のお墓にお参り。
IMG_5086 (1000x561)
曽我兄弟といっても800年前の事件で、今の若い人は知らないでしょうが
日本三大仇討事件の主人公です。
    ①曽我兄弟の仇討(1193年、鎌倉時代)
    ②鍵谷の辻の決闘(1634年、江戸時代)
    ③赤穂浪士討ち入り(1703年、江戸時代)

梅林の中を散策。
IMG_5088 (1000x561)

剣沢川のオカメザクラの並木をチェックに行きました。
IMG_20200221_131816 (1000x486)

やはりもう開花しています。
IMG_5097 (1000x561)

今年は河津桜も梅も例年より少し早いので、
ほかの桜も少し早く咲くのでしょうかね。


スポンサーサイト



大倉山公園梅林

.12 2020 comment(0) trackback(0)
天気が良いので、大倉山公園に観梅に出かけました。
わざわざ東横線の大倉山駅まで行かなくても、
市営地下鉄新羽駅から東へ歩いて1.5kmしかない
ということを妻が発見したのです。
鶴見川から遠くの丘の上に建物が見えます。
これを目印に行けばよいのです。
IMG_20200211_105736 (480x233)

公園の手前に曹洞宗龍松院がありました。
鶴見の総持寺が近いせいか横浜には曹洞宗が多いですね。
IMG_20200211_111231 (480x233)

歩いて20分、大倉山公園梅林に到着。
IMG_20200211_111421 (480x233)

梅は一時に全部咲くということはないのでこんなものでしょう。
IMG_20200211_111527 (480x233)

紅梅はさすがに早い。
IMG_20200211_111616 (800x389)

早咲きの白梅。
IMG_20200211_111841 (800x389)

ピンク。
IMG_20200211_112157 (800x389)

丘の上から俯瞰。
IMG_20200211_112349 (800x390)

歩く人が「やばい、やばい」というので
何がやばいのかと思ったら
野梅(やばい)と書いてありました。
IMG_20200211_112816 (480x234)

ほかほかと実に良い天気です。
IMG_20200211_112948 (800x390)

富士山もよく見えました。
IMG_20200211_113312 (480x234)

大倉山記念館。
IMG_20200211_113859 (480x233)

二階では音楽会をやっていました。
IMG_20200211_114058 (233x480)

手ごろなお勧め散歩コースです。

この日の写真はすべてスマホです。
軽くて持ち運びが便利。
これだけ写ればブログには十分。


うぐいす餅

.05 2020 comment(0) trackback(0)
寒い寒いといって家に閉じこもるばかりでは運動不足になります。
早渕川を下ってセンター北の近くまで歩いてみました。
IMG_4703 (800x449)

島根で紅梅が咲いていたので、横浜ではどうかと
この東善寺の紅梅を見に来たのです。
IMG_4699 (800x449)

寺の近くの畑の紅梅も満開でした。
IMG_4698 (800x449)

驚神社の隣の紀文堂の前を通ったら
IMG_4706 (480x269)

嬉しいことに「うぐいす餅」があるではありませんか。
IMG_4707 (480x269)

やはりこれを食べないと春が来た気がしません。
IMG_4712 (480x269)

しかし、昔の青柳のうぐいす餅にはかないませんね。
これは牛皮が薄くて餡子が多すぎるのです。

関東三大がっかり越生梅林

.15 2019 comment(2) trackback(0)
途中で福寿草園と道の駅龍勢会館で道草を食ったので、
越生(おごせ)梅林に到着したのは午後三時半過ぎ。
越生梅林01 (480x360)

関東三大梅林の一つだというので期待してきたのですが、
何でこれが三大梅林なのかさっぱりわかりません。
大して広いわけでもないし、ただの平らな梅林で、
これといった美木も銘木もありません。
越生梅林07 (480x360)

売り物と言えば、このミニSL列車でしょう。
越生梅林02 (480x360)

さすがに屋台や飲食広場は充実していました。
越生梅林03 (480x360)

このあたりに太田道灌が住んでいたのでしょうかね。
NHKの大河ドラマは観光の起爆剤になるようです。
越生梅林04 (480x360)

この梅林ができたのは260年前といいながら、
なぜかこの梅だけは樹齢600年なのだそうです。
この木の名前は魁雪。
越生梅林05 (480x360)

越生野梅という立札あり。
越生梅林06 (480x360)

私の評価基準はいかに Photogenic かということですので
こういう梅林はがっかり以外の何物でもありません。
写真映りの基準からすると

だんとつ一位は吉野梅郷(青梅市)でしたが、
いかんせんウイルス対策で全山木を切ってしまったので
いまはその回復を待つばかり。
(死ぬまでにもう一度見たいものです)

第二位は蘇我梅林(小田原市)でしょう。
散歩道の丘の上から広大な梅林が俯瞰できるし、
何より穂坂邸のしだれ梅が素晴らしい。
富士山も見えるしね。

第三位は湯河原梅林でしょうね。
山の斜面に植えてあるので全部の木が写真に入って
インスタ映えしますよ。

第四位以下はいずれも似たり寄ったりですが、
私の好みからすると、
四位熱海梅園、
五位水戸偕楽園ということになりましょうか。

越生梅林と秋間梅林(安中市)はそのつぎでしょうね。

立春の熱海梅園

.04 2019 comment(0) trackback(0)
今日は立春。
それにしても何という暖かさ。
ダウンジャケットを着てきたのが失敗で、セーターも不要。
20℃は軽く超えていたのではないでしょうか。

天気が良いのを見計らって、熱海にやって来ました。
まずは梅園から。
月曜日というのに梅園入り口の第一駐車場が満杯で、
梅園の上にある第二駐車場に案内されました。
澤田政廣記念美術館の入り口から公園に入るのです。

滝の上から。このアングルで撮影したのは初めてです。
IMG_7362 (800x533)

美術館横の橋の上から。
IMG_7325 (800x533)

毎年のように熱海梅園を訪れていますので、
今日は今まで撮ったことのない構図にチャレンジです。
梅見の滝を背景に。
DSC_2114 (600x800)

滝の上のピンクは熱海桜です。
IMG_7351 (533x800)

この角度の写真は初めてです。
今までは滝の上の熱海桜が
美味い具合に咲いていなかったからでしょう。
IMG_7352 (800x533)

澤田政廣記念美術館の丸窓。
IMG_7363 (800x533)

この後は本命の熱海桜を見に山を降ります。

 HOME