FC2ブログ

ice GUARD ig60

.03 2018 comment(0) trackback(0)
冬タイヤに履き替えました。
IMG_6559 (480x320)

1月に義母の一周忌で島根に帰らなくてはなりません。

2012年12月に義母の米寿祝で帰省した時に
浜田道で降ろされて遭難しそうになったことを思い出します。

これでどこへでも行けます。

スポンサーサイト

高齢者講習は5ヶ月待ち

.04 2018 comment(0) trackback(0)
ついに私にもやって来ました。
スキャン_20181004

「友達から聞いたけど、混んでいるらしいわよ。半年待ちだって」
という妻のアドバイスに従い、受け取った翌日に予約の電話を入れました。
「1月の26日以降なら空いていますが」
という自動車運転教習所の返事です。
5か月先の来年の2月1日で予約しました。

我々は団塊の世代ですからね、
小学校から一クラス55人のすし詰め学級で常に競争してきました。
こんなところにも影響があります。

それにしても講習費5100円は高いよね。

同居の若い子や孫の運転は危険なのか?

.10 2018 comment(0) trackback(0)
今年の車の保険の更改で実に不思議な体験をした。
「同居の若い子や孫の運転は危険である」
と保険会社が考えていることが分かったのだ。
「20歳未満の若い赤の他人が運転するほうが安全だ」
というのである。

実は今まで保険料を安く抑えるため?に、
運転者を家族限定にしていた。
しかし、なにか危急の時に自分の車を
他人に運転してもらう必要があるかもしれないと考えて、
他人を追加したら保険料がいくら高くなるか聞いたところ、
何と年間で380円増えるだけだというのだ。
年間42,340円が42,720円になるだけだというのである。

ところが、運転する家族の年齢制限35歳以上という
条件を撤廃すると保険料は年間25000円以上も
跳ね上がって6万円なにがしになるというのである。

「だって、赤の他人に年齢制限はないんでしょ?
20歳以下の若いお兄ちゃんが運転するかもしれないんだよ。
他人に年齢制限がなくて、
なんで家族に年齢制限を設けなくちゃいけないの?」
としつこく食い下がったものの、
「今の保険の制度上そうなっているのです」
という納得のいかない返事しかもらえなかった。

これが契約書のコピーである。
スキャン_20180524

他人には年齢制限はないが、同居家族は35歳以上という制限がついている。

まあいいか、
とにかく380円払えば他人が運転できるようになったのだ。
別居の長男夫婦は家族ではない(戸籍から抜けている)から
年齢制限はないわけだし。



ドライブレコーダーはわずか100分

.18 2018 comment(0) trackback(0)
4月5日に冬タイヤから夏タイヤに履き替えたのですが、
そのときトヨタの人から説明を受けました。
こんど装着したドライブレコーダーの録画時間はわずか100分でした。
たったの1時間20分!。
5万円もした高級品なのに。
IMG_0312 (800x544)
左がドライブレコーダーのSDカードでこんな小さいのに16GB。
右はデジカメのやつですが8GB。
技術の進歩は凄いですが、動画はメモリーを食うのです。

ちょっと画質が良すぎるのかもしれませんね。

画質を落としてもっと録画時間を延ばす方法はないのかしらん。

とにかくこれで、事故が起こった時の対応はわかりました。

事故が起こったらすぐにSDカードを抜いて
ポケットに入れなければなりません。


事故が起きて慌てているときにそんな冷静な行動がとれるかどうか。
怪我でもしていたらなおさら。
しかも、ドライブレコーダーからSDカードを抜く作業が難しい。
バックミラーの後ろの手の入りにくいところにあるからです。

でもこの作業を忘れて、事故の後100分走ってしまうと、
事故の時の動画は、全部上書きされて消えてしまうのです。

ドライブレコーダーを取り付けた人はこのことを知っているのでしょうか。
取り付けたから安心と思っていないでしょうかね。


やるもんだねドライブレコーダー

.11 2018 comment(0) trackback(0)
あらたに車に取り付けたドライブレコーダーが
うまく機能しているかどうか確かめたくて、
SDカードの映像をパソコンで見てみました。

まずはフロントカメラ。


そして、リア・カメラ。


時間が2030年になっていますが、
説明書によれば、GPS機能で自動的に
正しい時間をとりこむようになっているようです。
それには設置してから20分かかるらしい。

感動ものです。
文明の進歩というのは凄いですね。
立派なものではありませんか。
十分証拠になりますね。

うれしい!

 HOME