FC2ブログ

白河散策

.29 2018 東北 comment(0) trackback(0)
ヒメサユリに感動したあとは
白河市内(福島県)のビジネスホテルに一泊しました。

夕食は食べログに載っている店を数件訪ねましたが
ことごとく満杯で断られました。
旅先とはいえ、事前に予約を入れておくのが
今の常識なのでしょうか。
グルメを追求するのも大変だということがよくわかりました。

翌朝は、市内観光です。
4年前の桜の季節に白河の関と南湖公園は訪れていますので、
まだ行ったことのないのは小峰城跡くらいのものです。
01IMG_2982 (800x449)

昨日の雨模様とは打って変わって猛暑になりました。
02DSC_1198 (600x800)

城跡で仮面ライダーのテレビ撮影をしていました。
猛暑の中、ぬいぐるみで飛んだり跳ねたりする役者さんも大変ですね。
中の人は代役?
03IMG_2988 (480x269)

次は南湖公園を再訪。
那須連山に雪がないので写真にうまく映りません。
04IMG_2951 (480x269)

翠楽苑の日本庭園をのぞいてみたかったのです。
05IMG_2962 (480x269)

苑の中の茶室を特別に開放しているというので、
抹茶の券を買って入室したのですが、
なんと本当にお茶をしたててふるまわれ、
畳の上に座らされて足の痛い思いをしました。
何でお金を払ってまで痛い思いを我慢しなければならないのか。
06IMG_2972 (480x269)

昼食にはせっかくだから白河ラーメンを
食べて帰ろうということになりました。
食べログで人気一位の「とら食堂」に行ったら、
辺鄙な田んぼの中にあるにもかかわらず、
駐車場は満杯で、しかもすごい行列。
食べられるのは3時ごろになるということで尻に帆かけて退散。
後で調べたら、この店が白河ラーメンの元祖発祥の地だそうです。
どうりで人気もすごいのです。

人気第二位の「火風鼎」へ移動。
07DSC_1199 (480x360)

30分ほど待ちましたが入れてもらえました。
それにしても、営業時間が11:00~15:00なんて
一日たった4時間しか営業しないとは!
08DSC_1200 (480x360)
「それでやっていけるんだから、ずいぶん儲かっているのよね」
「麺が手打ちだから、作れる量が限られているからじゃないかな」

醤油ねぎラーメンを注文。
09DSC_1201 (480x360)
麺はそこそこだったのですが、スープがいまいち。
私の好みではありませんでした。


スポンサーサイト

美女におわしました

.10 2016 東北 comment(0) trackback(0)
秋田の竿灯まつりが終われば、
後はひたすら横浜に帰るだけなのですが
それでは芸がないので、平泉の中尊寺に立ち寄りました。

中尊寺秘仏「一字金輪佛頂尊」御開帳ということで、
拝んできました。
まるで少女のような美しい仏さまでした。
一字金輪佛頂尊 (554x800)
写真撮影は当然禁止なのでパンフレットのスキャンです。


金色堂です。
01IMG_2762 (800x449)

今から30年前にここにきているのですが、
妻も私もまったく記憶がありません。
03IMG_2764 (480x269)

昔の金色堂覆い堂です。
04IMG_2766 (480x269)

大長寿院の坊門にだれが積んだか賽の河原の石積み?
05IMG_2770 (480x269)

素晴らしいモミジの大木があります。
ここは紅葉の季節に来るのが良いようですね。
06IMG_2768 (480x269)

中尊寺の本堂。この素晴らしい松にも記憶がない。
07IMG_2775 (480x269)

山門下の鬼百合。
08IMG_2776 (480x269)

東北本線と北上川。
09IMG_2778 (480x269)

この坂道も下った記憶がありません。
10IMG_2781 (480x269)

昼食はバスの中でお弁当でした。
11IMG_2782 (480x269)

どこが義経なのでしょう。
12IMG_2784 (480x269)

千秋公園の蓮

.09 2016 東北 comment(0) trackback(0)
竿灯まつりの翌朝、ハスの開花を見に来ました。
01IMG_2728 (800x449)

まだ咲いたばかりの若い花。初々しいです。
02IMG_2693 (800x449)

こちらは、もう何回も咲いた古手ですな。
03IMG_2740 (800x449)

スイレンも開花中。
04IMG_2706 (800x449)

ここは昔の城跡、千秋公園のお堀です。
蓮の花は午後には閉じてしまうので
朝しかこういう光景は見れません。
05IMG_2696 (800x449)

同じ趣味の方がいらっしゃいました。
06IMG_2746 (800x449)

今年生まれたカルガモの子供たち。
07IMG_2517 (800x449)

お堀端で売っていた「ババヘラ」というアイスです。一個200円。
なんと Wikipedia に載っていました。
おばあさんがヘラで盛り付けて売るからババヘラ。
夏の秋田の風物詩だそうです。
08IMG_2519ババヘラ (800x449)

このかまぼこ屋さん、古そうですね。
10IMG_2523 (800x449)

可愛らしい郵便局がありました。
11IMG_2501 (800x449)

かまくらの郷。毎日なまはげショーをやっているらしい。
しかし、子供の入る店ではなさそう。
12IMG_2502 (800x449)

秋田川反漁屋酒場。
13IMG_2749 (800x449)

ここ一軒で秋田県と豪語しています。
14IMG_2750 (800x449)

確かに何でもありそう。
今度また秋田に来ることがあれば、夜はここにしましょう。
15IMG_2752 (800x449)

赤れんが郷土館。旧秋田銀行本店だそうです。
16IMG_2754 (800x449)

こういう建物があるとついついシャッターを押してしまいます。
17IMG_2760 (800x449)

階段に桐の木が生えています。
早く切らないと、階段が壊れてしまいますよ。
秋田市なのか建設省なのかどちらの担当なのでしょうか。
18IMG_2500 (800x449)

この錦鯉は昨日の午後散歩に来た時も浮いていました。
この川の主のような顔をしています。
19IMG_2498 (800x449)

竿灯まつり

.08 2016 東北 comment(0) trackback(0)
いよいよ竿灯まつりの始まり、始まり。
01IMG_2623 (800x449)

壮観ですね!感激です。
02IMG_2567 (800x449)

やはりこれは、男の祭り。
03IMG_2569 (800x800)

応援する観客のほうにも思わず力が入ります。
04IMG_2575 (800x800)

ここはユダヤ人御一行様の席。
最初に席に着いたときにダビデの星の六芒星旗を
振っていたのでそれとわかりました。
05IMG_2626 (800x449)

これなんぞは、旗竿をどんどん継ぎ足して長くするので
こういう風にしなって来ます。
06IMG_2677 (800x800)

これは大変ですよ。
07IMG_2682 (800x449)

子供たちも頑張っています。
中学生でしょうか?このくらいになるとさすがにやります。
08IMG_2651 (800x449)

三回目の演技の時に私たちの桟敷席の前に移動して来た
子供たちのグループ。
09IMG_2663 (800x449)

ここで人気を独り占めにしたのが、この僕ちゃん。
3歳くらいでしょうか。
10IMG_2644 (800x449)

「ドッコイショー、ドッコイショ」と掛け声をかけるのに
桟敷席のマダム達は「かわいー」
11IMG_2647 (800x449)

竿灯を持たせてもらうと、みんなやんやの喝さい。
12IMG_2672 (800x449)

ねぶた祭りのように全員参加とはいきませんが、
女性も頑張っていました。
14IMG_2593 (800x449)

君もかわいかったよ。
13IMG_2546 (800x449)

私たちが泊まったホテルの前で、
屋台のテント村ができていて、
みなさんここで夕食をとりました。
15IMG_2528 (800x449)

そうこうするうちに、秋田観光大使の美人に先導されて
16IMG_2529 (800x449)

秋田市長や秋田県知事の挨拶とともに祭りが始まりました。
やはり祭りは最大のまつりごとですからね。
17IMG_2537 (800x449)

とにもかくにも、どちらの祭りにも雨が降らず
やはり私は晴れ男。ラッキーでした。

地吹雪除け

.07 2016 東北 comment(0) trackback(0)
これは何でしょう?
IMG_2485 (800x449)

十二湖から能代に向かう途中の道路に摩訶不思議な設備があります。
田んぼのそばにあるから虫よけ?
IMG_2488 (800x449)
でも反対側も田んぼだけど何もないね。
よく見ると、道路の西側にだけあるのです。
西側は日本海です。

今はスマホがあるから、その場で何でも調べられます。
妻が解答を見つけました。
これは「地吹雪除けのフェンス」だそうです。
「吹き払い柵」ともいいます。
今は夏ですから、巻き上げられているのです。

ここ東北地方の日本海側では、
冬の間、田んぼに積もった雪が風に吹かれて舞い上がり、
車の視界を遮ってしまうのだそうです。
そうかそれで、風の吹きつける西側の海側にしか設置されていないのですね。
納得しました。
反対側の赤白の棒は、北欧でも見かけました。
除雪の時に、ここまでが道路ですよという目印ですね。
IMG_2490 (800x449)

私の故郷の山陰でも、冬は北西の海風が吹き付けるのですが、
山陰では海岸部には雪は積もらないので
地吹雪というのは経験がないのです。


能代七夕「天空の不夜城」日本一の城郭灯篭運行。
今晩まさにやっているじゃないですか。
IMG_2491 (800x449)

能代の近くを通り過ぎるときに、
公園のそばに置いてあるのを
バスの中から撮影しました。
IMG_2496 (800x449)

青森にはいろんなタイプのねぶたがあるようです。
いつか自分の車でゆっくり回ってみたいものですね。
 HOME