FC2ブログ

人間国宝美術館

.26 2021 関東 comment(0) trackback(0)
湯河原梅林からの帰りに、人間国宝美術館に立ち寄りました。

熊谷守一の「あけぼの」という作品ですが、
IMG_7652 (1000x561)

わざわざ文化勲章(辞退)と書いてあるのに笑ってしまいました。
IMG_7653 (480x269)

北川民次「母系家族」。
IMG_7655 (480x269)

この日の企画展は「美人画と人形展」でした。
梅林からの帰りにふさわしい伊東深水の美人画。
IMG_7661 (1000x561)

平田郷陽 「児歓ぶ(こよろこぶ)」。
子供の笑顔がたまりませんね。
IMG_7662 (1000x561)

特別展示室に元首相の細川護熙(もりひろ)のコーナーがありました。
IMG_7671 (480x269)

現在はここ湯河原で窯を開き陶芸家をされているようです。
森さんもこういう風にすれば晩節を汚さないで済んだでしょうに。
IMG_7672 (480x269)

何代目かの柿右衛門の作品。
IMG_7673 (1000x561)

ここの入場券は大人1000円ですが、
人間国宝のお茶碗で抹茶が飲めるサービスがついています。
IMG_7675 (480x269)

私が選んだ茶碗は松井康成の練上げです。
IMG_7677 (1000x561)

「練上とは、色の異なる土を重ね、または練り合わせたりして
文様のある素地土を作り形成していく技法で、
形成と加飾が同時進行で勧められる」と解説書きにありました。
IMG_7678 (1000x561)

私はこういう笠間焼の派手なやつが好きなのです。
IMG_7679 (1000x561)

妻が選んだのは清水卯一の鉄釉陶器。
こういう渋いのがお好みのようです。
IMG_7681 (1000x561)

喫茶室にはほかにお客がもう一組いました。
スラブ系の会話をする金髪美人二人です。
上手な日本語で自分が選んだ茶碗の箱書きを持ってきてもらい
盛んに写真を撮って喜んでいました。


人間国宝美術館のお隣の枝垂桜が立派です。
IMG_7682 (1000x561)
表札にはカタカナの表札がかけてありましたので外人さんのお宅なのでしょう。

スポンサーサイト



鋸山日本寺

.21 2021 関東 comment(0) trackback(0)
鴨川中学の菜の花を見た後、再び鋸南町に引き返して
鋸山(のこぎりやま)の日本寺(にほんじ)(曹洞宗)に登りました。
もとは摩崖仏だったものを修復した大仏様
(薬師瑠璃光如来)がいらっしゃいました。
IMG_7555 (1000x591)
高さは31m。牛久大仏120mには及びませんが全国二位です。
調べてみると奈良東大寺の大仏は14.7m、鎌倉大仏は11mでした。

ここから鋸山の山頂を目指して延々と続く石段を登ります。
途中の千五百羅漢の石像群。
IMG_7560 (1000x561)

椿がきれいに咲いています。
IMG_7561 (1000x561)

二宮町の吾妻山よりはるかに多い階段を休み休み登り、
必死の思いで頂上に着きました。
鋸山の頂上にはこういう展望台が3つあります。
IMG_7566 (1000x561)

展望台の一つ「地獄のぞき」から見た絶景。
足場が空中に突き出しているので膝が震えます。
IMG_7568 (1000x561)
正面に見えるのは三浦半島。この更に先に富士山があるのですが
霞んで見えません。
実は鋸南町に着いたのは午前10時過ぎだったので、
最初にここに来れば富士山は見えたのかもしれません。

こちらは南側の鋸南町(きょなんまち)。
IMG_7574 (1000x561)

下山の途中にあった百尺観音。
石切り場の壁面に彫刻したものです。
IMG_7577 (561x1000)

百尺観音のそばから見上げた地獄のぞきの展望台。
IMG_7579 (561x1000)
足が震えるわけですよ、あんなに突き出しているのですから。

鬼滅の刃キャラクターグッズ

.05 2020 関東 comment(0) trackback(0)
鬼滅の刃の映画が大ヒットしていることは聞いていますが、
こんなキャラクターグッズがもう販売されていました。
IMG_20201130_171152 (1000x486)
ここは草津温泉旅館のお土産売り場です。
鬼滅の刃コーナーが設けられていて、
こういうお菓子が売られています。

"GO TO トラベル"のお買物券は有効期限が3日なので、
結局旅館の土産物店ですべて使いきりました。


こちらは横川サービスエリアの食堂の看板です。
IMG_7359 (1000x561)
碓氷峠の横川は鉄道駅の頃から釜めしが有名ですが、
「無限列車駅弁 峠の釜めし」(2000円)が売られていました。
やるもんですね。

キャラクター使用料は普通は5%前後なので
2000円のうち100円くらいが映画会社に入るのでしょうかね。
話題の映画はまだロングランをやっていますが、
観に行くかどうか悩ましいところです。

浅間山

.04 2020 関東 comment(0) trackback(0)
草津温泉をチェックアウトして、浅間山に行きました。
IMG_7354 (1000x562)

実は2018年6月の高校同期の古稀同窓会
当初草津温泉でやることになっていたのですが
2015年6月に浅間山が噴火して、まだ危ないということで
幹事がびびって上野の鴎外荘に変更したのです。

嬬恋村を経由して鬼押出し園に来てみたのですが
12月1日から臨時休園になっていたので
IMG_7353 (1000x561)

外から溶岩の塊を見ただけで終わりました。
IMG_7358 (1000x561)

この後ナビを「自宅に帰る」にセットしたら、長野県側に出て
上信越自動車道を通るコースを推奨してきました。
途中軽井沢72ゴルフコース(6コース、108ホール)の中を走り、
その平らで雄大な眺めに感激しました。
karuizawa72golf.jpg
女子プロの大会を夏にここでやりますが、
一度くらいここでプレーしてみたいものです。

GO TO 草津温泉

.03 2020 関東 comment(0) trackback(0)
うちも"GO TO トラベル"にあやかろうということで
群馬の草津温泉に行くことにしました。
旅館代の35%が割引になり、その上旅館に着くと
フロントで一人2000円分のお買物券をくれました。
IMG_20201130_154605 (1000x486)

白井宿や八ッ場ダムで道草を食ったので、
草津温泉の旅館に着いたのは3時過ぎ。
さっそく、草津節と湯もみショウを見に行きました。
IMG_20201130_161627 (1000x486)

マンホールの蓋も湯もみです。
IMG_20201130_162427 (1000x486)

♪お湯の中に~も、コリャ、花が咲くよ、チョイナ、チョイナ♪
IMG_20201130_155345 (1000x486)

街の真ん中の湯畑に湧き出る湯の量が半端ではありません。
この酸性の湯が八ッ場ダムまで流れてゆくのです。
(途中で石灰をぶち込んで中和されているようですが)
IMG_20201130_162052 (1000x486)

湯畑のそばにある焼き鳥屋さんが大人気で
開店前から密な行列ができていました。
IMG_20201130_162834 (480x233)

街中を散歩してみます。
IMG_20201130_163344 (1000x486)

西の河原公園に着きました。
IMG_20201130_163936 (1000x486)

いたるところでお湯が自然に湧き出ています。
隣を流れる小川の水も手を浸けてみましたが温かいです。
IMG_20201130_164444 (1000x486)

湯畑に帰り着いたら、ライトアップが始まっていました。
IMG_20201130_171019 (1000x486)

旅館の廊下の揮毫には元貴ノ花の署名がありますね。
IMG_20201201_080017 (1000x486)

お楽しみは食事。
たくさんあるのでどれから箸を付けたらいいのか迷いますが
献立表の順番に食べてみることにしました。
IMG_20201130_183642 (1000x486)
「”黒胡麻豆腐丸十射込み”の丸十って何だろうね?」
「丸に十の字は島津家の家紋だから、丸十は薩摩、サツマイモのことよ」
時代小説の好きな妻が蘊蓄を披露します。

”赤城地鶏と冬大根の関東炊き”
「関東炊きって、大阪のおでんだよね。
群馬県は関東だから”関東炊き”という必要はないんじゃないかな」
とちゃちゃを入れる私。
IMG_20201130_185040 (1000x486)

亡くなった母はこういう風にいっぺんにたくさんの
料理が並んでいるのが好きでしたが、
私たち夫婦はあまりこういう旅館の料理は
実は好きではないのです。
本当は街中の飲み屋で食べたいのですが、
このコロナ過ではそうもいきません。
旅館の大広間でゆったりと間隔を開けた
テーブル席でいただくのが安全です。
IMG_20201130_191221 (1000x486)

最後はフルーツですが、コーヒーもついています。
IMG_20201130_192220 (1000x486)


これは翌朝の朝ご飯。
IMG_20201201_080154 (1000x486)
 HOME