FC2ブログ

らっきょうの花(鳥取砂丘)

.22 2019 中国 comment(0) trackback(0)
スタバはないけど砂場はある?
005 (800x449)
「ここに来たのは50年ぶりかなあ、それ以上よね」
と妻は言います。

風に吹かれてさらさらと砂が流れます。
007 (800x449)

砂丘美術館には圧倒されました。
022 (800x449)

一度横浜で砂の彫刻展を見に行ったことがありますが、
ここは常設ですからね。
027 (800x449)

神戸から島根への帰り道で鳥取道に入ってきたのは、
砂丘を見るためではありません。
らっきょうの花を見たかったからです。
IMG_20191113_134858 (800x389)

オアシス広場に駐車して畑の方に少し坂道を上ると
こんな景色が見えました。
だいぶ盛りを過ぎていました。
076 (800x449)

10月末にここに来たら薄紫の絨毯が見れたのに。
IMG_20191113_135508 (800x389)

さらに車を走らせて、砂丘温泉ふれあい会館の駐車場に入りました。
一枚の畑だけは私たちを待っていてくれたようです。
IMG_20191113_141024 (800x389)

あとでグーグルの航空写真で確かめると、
砂丘美術館の横の道を入るとそこらあたりはすべてらっきょう畑のようです。
120haもあるとか。
096 (800x449)

またチャンスがあれば、10月末ごろここにもう一度来てみたいです。

スポンサーサイト



大山寺

.25 2019 中国 comment(2) trackback(0)
天台宗別格本山角磐山大山寺にお参りしました。
IMG_3016 (480x360)
別格本山というのはどういう意味でしょうか。
大本山の比叡山に上納金を納めなくてもいいということ?

なだらかな舗装参道を登って行くと、
左が大神山神社奥宮(徒歩15分)ですが、
しんどそうなので次回に譲ることにして
今回は大山寺だけにお参りすることにしたのです。
IMG_3012 (480x360)

近いとはいっても山門の奥にも石段が続いています。
ひざを痛めそう。膝パッドをして来ればよかった。
IMG_3015 (480x360)

イタリアンを食べた後の階段はきつい。
IMG_3017 (360x480)

下山観音堂にて拝観料を払います。
狛犬ならぬ白狐様は観音様のお使いだそうです。
IMG_3019 (480x360)

そこからさらに急な階段を登って
IMG_3020 (360x480)

ようやく本堂にたどり着きました。
えらく小ぶりな本堂です。
IMG_3021 (480x360)

どうやら大神山神社の本殿がもとの大山寺の本堂のようで
こちらは明治の神仏分離令の後にできたものらしい。
IMG_3022 (480x360)

ともかくも家内安全と家族の健康をお祈り。
IMG_3023 (480x360)

畜魂碑。牛の鼻を撫でるとご利益があるようで、擦り切れています。
IMG_3024 (480x360)

杉の木に絡みついたイワガラミ。
IMG_3009 (480x360)

参道の溝に咲いていたツリフネソウ。
IMG_3011 (480x360)

シシウドの群生。
IMG_3025 (480x360)

次回、紅葉の季節に来た時に、大神山神社に参拝しましょう。

藤の花とカキオコ

.18 2019 中国 comment(0) trackback(0)
5月8日(水)、横浜に帰る途中、
岡山県和気(わけ)町の清麻呂の里藤公園を訪れました。
IMG_1400 (480x269)

ここは769年宇佐八幡の神託をうけて
道鏡が天皇になろうとするのを阻止した
和気清麻呂の生地でした。
IMG_1404 (360x480)

和気清麻呂生誕1250年記念事業として当時の町長が発案し、
平成元年に完成した藤公園です。
IMG_1406 (480x269)

全国各地から有名な藤を100本以上集めて
(たぶん挿し木で)移植しています。
これは行田市の九尺藤。
IMG_1411行田市九尺藤 (480x269)

子供の記念写真を撮るお母さん。
IMG_1443 (480x269)

藤の妖精が出現しました。
IMG_1431 (480x269)

7000㎡の敷地に幅7m、総延長500mの藤棚ができています。
DSC_2594 (480x360)

藤の花を鑑賞した後はとなりの和気神社にご参拝。
道鏡一派の追撃から300頭のイノシシが清麻呂を取り囲んで護り
宇佐八幡まで案内したという故事から、
IMG_1451 (480x269)
狛犬ではなく狛猪が門番です。

やたらとご利益を強調する看板。
IMG_1455 (480x360)

端午の節句に武者人形を飾っている神社なんて初めてです。
IMG_1461 (480x269)

イノシシは神獣として保護されているのかと思いきや
剥製が飾られていました。
IMG_1464 (480x269)

藤の妖精もカメラマンと一緒に参拝していました。
IMG_1465 (480x269)

🚙

せっかく近くまで来たのだからと車で30分の
備前市日生(ひなせ)町にやって来ました。
「お好み焼もりした」に入りました。
ここのご主人も花が好きで、自分が撮った写真を
動画にして店で流しています。
DSC_2595 (480x360)

この地は「カキオコ」が有名なのです。
DSC_2596 (480x360)

カキ入りのお好み焼きなんてどこにでもありそうですが
これが大阪にも広島にもないのです。
DSC_2597 (480x360)

この店の流儀は半分が醤油たれ、半分がソースたれです。
DSC_2599 (480x360)
なかなかにおいしゅうございました。
この時期は冷凍のカキを使っていますが、
冬の間は生ガキを使っていてお客さんも多いのだそうです。

岩国 錦帯橋

.19 2018 中国 comment(0) trackback(0)
5月11日(金)小倉から島根に帰る途中で、岩国に立ち寄りました。
妻がまだ錦帯橋を見たことがないというのです。
01DSC_1051 (800x600)

私だけは2011年5月に中学校の同窓会でここに来たことがあります。
02DSC_1098 (360x480)

その時も「槍倒し松」から同じアングルで写真を撮っています。
03DSC_1057 (360x480)

前回時間がなくて登り損ねた岩国城へ
04DSC_1062 (480x360)

ロープウェイで登ります。
05DSC_1064 (480x360)

小さな鉄筋コンクリートの城ですが
06DSC_1067 (360x480)

眺めが抜群。遠く瀬戸内海の島々が見えます。
07DSC_1073 (480x360)

城の中のギャラリーに全国の有名な橋の写真がありました。
熊本の通潤橋。
今は地震で壊れていますが、いつかは見てみたいもの。
08DSC_1068 (480x360)

田丸橋。
愛媛県内子町に屋根のある橋がいくつかあるのは知っていました。
内子町は古い町並みも残っているようです。
「マディソン郡の橋」のようで、いつか旅行してみたいとは思っています。
09DSC_1069 (480x360)

鞘橋。香川県琴平町だそうです。メモしておきましょう。
10DSC_1070 (480x360)

猿橋。山梨県大月市。紅葉の季節に行きたいです。
11DSC_1071 (480x360)

祖谷の葛橋(いやのかずらばし)。徳島県三好市。
この橋の近くにクマガイソウの群生地があるのです。
大歩危峡とセットでここに行って見たいと以前から思っています。
12DSC_1072 (480x360)

城から降りて、やはりこれをみなくてはと
シロヘビの館へ。
13DSC_1084 (360x480)

錦帯橋のたもとの食堂で、
れんこん蕎麦と岩国寿司の定食をいただきました。
14DSC_1095 (480x360)
はっきり言ってこれはひどい。
まったく愛情を込めて作っていません。
リピート客を呼ぼうなんて気はさらさらないようです。
物珍しさに一回入ってくれればいいという態度ですよ。


角島大橋(下関市):ドライブレコーダーは役に立つのか?

.26 2018 中国 comment(0) trackback(0)
同じく3月14日(水)、元乃隅稲成神社から、
さらに西を目指しました。
お目当てはここ、角島大橋(下関市)でした。
01IMG_9401 (800x449)
角島(クリックで拡大)

要するにこの長い橋をドライブして渡って見たかっただけなので、
角島の灯台まで行って休憩してUターン。
02IMG_9372 (480x320)

橋の角島側の公園からの眺望です。
離島へ架けられた一般道路橋としては群を抜く長さで1780m。
2000年に完成した時は一番長かったのですが、
2005年に古宇利大橋(沖縄)1960mに抜かれ、
さらに2015年に伊良部大橋(沖縄県)3540mができて
3位に転落しました。
ということは私は2位、3位は制覇したということでしょうかね。
03IMG_9375 (800x449)

それにしても、やはり山口県の国会議員は力がありますね。
忖度されているからでしょうか?
04IMG_9382 (800x449)

本土側の休憩所です。タクシーで見学に来た人もいましたよ。
05IMG_9388 (800x449)

実は橋の入り口でちょっとした事件がありました。
私が左折して橋に入ろうとしたら、
橋のセンターラインの上に若い男女数名が寝っ転がって
写真を撮っていたのです。
もちろんスピードも出ていなかったし、慌ててブレーキを踏んだので
何事もなかったのですが、
まったく何を考えているんだか。
06IMG_9391 (800x449)

山口県警からこんな看板が出ていました。
それにもかかわらず、
インスタ映えする写真を撮ろうとしていたのでしょう。
07IMG_9392 (800x533)

この出来事は当然私のドライブ・レコーダーに
記録されているはずだと、横浜に帰って
SDカードを抜いてパソコンにつないだところ、
なんと!残っていた映像は、3月20日の
東名高速道路から横浜青葉IC、そして自宅までの
わずか23分間の最新レコードだけでした。
古い映像は上書きされて残っていないのです。

これじゃ意味ないじゃん!

事件があったときすぐにSDカードを抜いて
データを保持しろということ???


あの、煽り運転の犠牲者とか、
制限速度を守っていちゃもん付けられた人とか
どうやってデータを提出することができたのでしょう???
一ヶ月とはいわないまでもせめて一週間くらい前の
データは保管しておいてくれないと。

さっそく私に5万円の最高級ドライブレコーダーを売りつけた
神奈川トヨタに電話しましたよ。
担当者も30分しか録画していないということは知らなかったので、
4月の冬タイヤをまたノーマルタイヤに履き替える時までに
調べておいてくれることにしました。


 HOME