富士山の麓でゴルフ

.12 2017 ゴルフ comment(0) trackback(0)
今日は私がゴルフ会の会長になって2回目のゴルフです。
初回の先月は川崎国際で桜の下でゴルフができると
楽しみにしていたのですが親戚の葬儀で
急きょキャンセルしたのです。

今日は富士国際GC。
富士山がよく見えます。
DSC_1779 (800x600)

天気にも恵まれて、無事19名のコンペを終えるはずだったのですが、
DSC_1780 (800x600)

同伴者の打球が頭に当たって
病院に検査に行くという事故が起きました。
CTスキャンを受けて幸い軽い打撲ということで
事なきを得ましたが、
当事者2人がゲームの途中でリタイアしたのは
やむをえません。

こうした事故を防ぐには、
プレー中の同伴競技者の前に決して出ない
ということを徹底するしかありませんね。
スポンサーサイト

初ゴルフ

.24 2017 ゴルフ comment(0) trackback(0)
裏日本は大雪、関東は今年一番の冷え込み
ということで心配していましたが
案ずるより産むがやすしとはこのこと。
風が全くなかったので寒さを感じることなく
穏やかなゴルフ日和でした。
DSC_1429 (480x360)

ただし、バンカーの砂はがちがちに硬く、
グリーンも硬かったので直接グリーンをヒットすると
奥にこぼれてしまいました。
池の氷の上にゴルフボールが2個あります。
思わずスマホをとってきてカシャッです。
DSC_1437 (480x360)

今日は川崎国際でプレーしたことがないので是非という
大学の級友の為にアレンジした特別ゴルフで、
同伴者が私の高校の同級生とあざみ野ゴルフ会のメンバー
という異例の組み合わせでした。

川崎国際生田緑地ゴルフ場の12番ホールのそばで
ロウバイがもう満開でした。
DSC_1435 (480x360)

それにしてもいい天気でした。
DSC_1434 (480x360)

家から車で15分のゴルフ場というのは最高ですね。
プレーが終わって3時には自宅に着きましたよ。

打ち納めのやり直し

.20 2016 ゴルフ comment(0) trackback(0)
12月9日にあざみ野ゴルフ会は打ち納めとなったのですが、
最後のスコアが納得できなくて、
このままではもやもやとして歳が越せないということで、
前会長からお誘いがあり、
急遽打ち納めのやり直しをやることになりました。

ところは東富士カントリークラブ。フジスピードウェイのすぐ隣です。
DSC_1294 (800x600)

レギュラー白ティでもパー4の距離がやたら長すぎるのです。
1番412yds、9番442yds、
10番397yds、11番392yds、15番440yds。
しかもグリーンは上り坂のてっぺんにあります。
こんなもん、我々が2打で乗るわけがありません。
DSC_1296 (800x600)
おまけにグリーンはやたら早く、
散々のスコアになってしまいました。
これでは打ち納めになりませんよ。

来年のコース選定では会長権限(私の独断)で
ここを外すことにしましょうかね。

それにしても良い天気で、やはり私は晴れ男。


ゴルフ打ち納め

.10 2016 ゴルフ comment(0) trackback(0)
昨日はあざみ野ゴルフ会の最終日。
川崎国際で20人5組のコンペでした。
最終日なので総会と打ち上げを集会所でやりました。
これは打ち上げの準備風景。
DSC_1219 (480x360)
総会で来年の運営委員と役員を決めたのですが、
推薦されて私は会長を引き受ける羽目になりました。
2014年6月にこの会に参加してから3年たったので
お世話になったご恩返しもせねばなりません。
私に期待されているのは若手の会員を増やすことです。
仕事をやめてリタイアする人を勧誘する方策を考えねばなりません。

私個人的には、今年のゴルフ回数はは全部で13回。
いわゆる月一ゴルファーの類ですね。
それでも2009年にリタイアしてからは年間最多回数でした。
回数が増えると練習回数も増えるのですが、
嬉しいことに、あざみ野ガーデンのゴルフ練習場が
「66歳以上、平日13時から17時、一時間打ち放題1階1350円、2階1215円」
という新しいシニアサービスを開始してくれたのです。
団塊の世代を取り込もうという魂胆ですね。

とにかく今年もけがをすることなく
一年無事にゴルフができたことに感謝しましょう。
来年も元気に芝生の上を歩きたいものです。


300ヤードのドライブ!

.28 2016 ゴルフ comment(0) trackback(0)
先日ゴルフ練習場で300ヤードのドライブを
産まれて初めて目撃しました。
300ys-drive.jpg
テレビでプロの試合を見ていると
420ヤードパー4なんていうのが平気で出てきます。
そしてプロは第二打目が残り90ヤード、サンドウェッジ
などという場面にときどきお目にかかります。
「うそだろ。ということは一打目は330ヤード飛んでるってこと?」

15年ほど前オーストラリアに赴任しているとき
会社主催のプロトーナメントの大会で2回ほど
プロアマでお客さんを接待したことがあるので
プロと一緒にラウンドしたことはありますが
一緒に回ったプロがそれほど飛ばさなかったので
300ヤード越えのドライブというのを実感したことがないのです。

私が打席に入ったとき、隣の人がアイアンショットをしていました。
なんとそのアイアンの打球がネットの一番奥の下に届いたのです。
眼をみひらんばかりに驚きました。
ネットまでは210ヤードあるのですよ。
その人は次にドライバーを持ち出しました。
首を右にひねる独特のフォームですが、
バシュっという音とともに飛び出した打球は
210ヤード先のネットの最上段に突き刺さるのです。
上の写真の赤の飛行線です。
210ヤード地点で高さが20mあるのですから
地面に落ちたときは楽に300ヤードを超えていると思います。

私のドライバーなんぞは、150ヤード先のグリーンを
超えたあたりでしょぼんと落下し、コンコンと転がって
ネットにようやく届くのです。
上の写真の青の飛行線ですよ。

その方は身長は178cmくらい、お腹の全く出ていない
スリムな体系でした。
頭の毛が薄いので年のころは40代後半かと推測しました。
アマチュアにもすごい人がいるのですね。

それにしても300ヤードドライブというのを
身近で体験できたことは嬉しい出来事でした。

飛び出した瞬間は球が見えないのですよ、まったく。


 HOME