FC2ブログ

浅草散歩

.12 2019 関東 comment(0) trackback(0)
ほおずき市を見た後は例によって浅草散歩です。
伝法院通りに看板がたくさん見えます。
IMG_2526 (800x533)

こんなもんあったっけか?
IMG_2519 (480x320)

わらう顔には ふぐ きたる (笑う門には福来る)
IMG_2521 (480x320)

おやおや うず ばっかり (おやおや うそばかり)
IMG_2520 (480x320)

あとの号外先にたたず (後の後悔先にたたず)
IMG_2522 (480x320)

はんぺん もらって たばこにしょ (三遍回って煙草にしょ)
IMG_2523 (480x320)

とんで ゆに入る 夏の ぶし (飛んで火に入る夏の虫)
IMG_2524 (480x320)
江戸の人はダジャレが大好きだったのです。

影向堂の前の水路で発見したくりからもんもんを背負う鯉。
IMG_2543 (800x533)

六角堂は東京都の重文。
日切地蔵は日限を切った願いなら叶えてくれるそうです。
IMG_2544 (480x320)

いつもと違うコースに入ったら花屋敷の前に出ました。
IMG_2547 (480x320)

まだどっこい営業していたんですね。
IMG_2550 (320x480)

浅草花劇場。
IMG_2551 (480x320)

開園165周年だそうです。
1854年といえばペリーが黒船でやって来た翌年、日米和親条約が結ばれた年です。
IMG_2554 (320x480)

こんな公演をやっていました。
IMG_2553 (480x320)

花劇場の対面にあるレストラン。
IMG_2552 (480x320)

ブガッティのオートバイ。
IMG_2557 (480x320)

祭りの衣装専門店。
IMG_2558 (480x320)

かっぱ橋の通りから電線が消えていました。
まだ電柱は残っていますが。
IMG_2562 (320x480)

これは2011年の下町の七夕祭りの時の写真です。
電線がなければすっきりした写真になりますね。
20110709192449b9d_2019071211553476a.jpg

最近はタピオカジュースがふたたび流行り始めています。
新規開店したばかり。
IMG_2561 (480x320)

ポポーの植木鉢に街角でも実が生っていました。
IMG_2563 (480x320)

結局地下鉄2駅分、稲荷町駅まで歩いてしまいました。

スポンサーサイト

浅草ほおずき市

.11 2019 関東 comment(0) trackback(0)
雨の合間を縫って浅草のほおずき市に行きました。
IMG_2527 (480x320)

売り子はやはり元気で若いお姉さんがいい。
IMG_2528 (480x320)

昨年出会ったこの美人を探したのですが、店の位置が変わったのか
残念ながら出会えませんでした。
201807102217507ca_20190711101246eaa.jpg

ここからお中元代わりにほおずきを送る人もいるのでしょうね。
IMG_2531 (480x320)

7月10日にお参りすると46000日分の功徳があるそうで、
私たちはこれで4回目ですから、
46000x4/365=504年分の功徳をいただいたことになります。
平日なのに凄い人出です。
IMG_2537 (480x320)

前から一度は入ってみたと思っていた
神谷バーに入ることができました。
DSC_2720 (480x360)

日替わりランチにはアペリティフに一口ワインがついています。
DSC_2718 (480x360)

日替わりはチキンソテーでした。
これで670円、良心的な値段です。
DSC_2719 (480x360)

茶摘みを初めて見ました

.25 2019 関東 comment(0) trackback(0)
田んぼの中の農道を見慣れぬ機械が走っています。
IMG_2307 (800x449)

なんとまあ、これは茶摘みの機械でした。
カッターで切った茶葉を風で飛ばして袋に集めているようです。
IMG_2308 (800x449)

八十八夜はだいたい5月1~3日ですから、遅いですよね。
IMG_2316 (800x449)

それにしてものどかな風景。
茶摘みを初めて見たので感激しています。
IMG_2330 (800x449)

これは別の茶畑です。完全に終わっていますね。
IMG_2304 (800x449)

こちらの茶畑は表面が平らではなく、かまぼこ型になっています。
IMG_2339 (800x449)

パイプをレールにしてトロッコみたいなものを走らせるのでしょうか。
IMG_2340 (800x449)

トラクターよりももっと簡単な機械のようですね。
IMG_2341 (800x449)
確かに人手で摘むにはよほど値段の高いお茶でないと、
採算が取れないのでしょうね。
今までお茶は娘さんが手で摘むもんだと漠然と思っていました。

ここは神奈川県の開成町です。
実はお茶ではなく、あじさいを見に来たのです。
IMG_2335 (800x449)

島は変われど人は変わらず

.14 2019 関東 comment(0) trackback(0)
6月10日(月)、この日も雨でした。
帰りの船は水中翼のジェット船です。
DSC_2674 (800x600)

今回の懐古合宿を総括してみると、
50年の間に神津島は大きく変貌したということです。
当たり前と言えば当たり前ですが50年はやはり長い。
あのころラーメンは50円でしたからね。

神津島が大きく変わった点。
①道路が立派になった。信号まである
②必然的に車が増えた(軽が殆どだが)
③前浜港も多幸港も巨大な岸壁ができ、漁港も立派になった
④飛行場ができた(27年前)
⑤天上山の登山路、案内板、標識が整備された

島の人口は1970年2100人弱、
2015年1900人弱とさほど減ってはいません。
高校もまだあって生徒数は43人。
漁業と釣り客を中心とした観光業がメインなのは
変わっていないのでしょうか。

しかし、今回久しぶりに会った5人はまったく変わっていませんでした。
確かに外見はジジイになりましたがね。
夜酒を飲みながら延々と話しましたが
考え方は若いころとまったく変わっていませんでした。


これから神津島に行って見たいという方、
花好きの方には7月初旬のサクユリがお勧めですね。

しかしアクセスに船便はお勧めできません。
定期便2等片道6430円で12時間半、
ジェット船片道9900円で4時間弱は
いずれにしても時間がかかりすぎですし、
船酔いに強くないといけない。
乗船の間胃を空っぽにしておいた方がいいでしょう。

船便を使うなら、伊豆の下田まで電車で来て、
そこからジェット船というコースがよいと思います。

飛行機は片道15300円(島民は13700円)と
ちょっとお高いですが、一番早くて安全です。
民宿の女将は飛行機しか使わないと言っていました。

神津島ドライブ

.13 2019 関東 comment(0) trackback(0)
6月9日(日)雨と風。
前日天上山に登ったのは大正解でした。
民宿から軽自動車を借りて、
島の中を散策してみることにしました。
神津島全域MAP (550x800)
運転は運転歴の一番長い私です。

まずは北上して、赤崎遊歩道へ。
IMG_2137 (800x449)
海水浴シーズンの一番人気スポットがここ。
飛び込み台がいくつもあって、
子供たちにとっては格好の遊び場ですね。

南下して、温泉保養センターに入りました。
露天風呂が海岸にいくつもあるので、
雨の中はここでゆっくりと過ごそうというのです。
念のため水着とタオル2枚を持参したのは正解でした。
水着をつけないと屋外の露天風呂には入れないのです。
神津島温泉保養センター (480x360)
風呂にカメラは持ち込めないので、この写真はHPからの借用です。
この日はプールのような露天風呂にはお湯は入っていませんでした。

最高だったのが岩の上のこの露天風呂です。(写真はHPより)
露天風呂 (480x360)
雨は降っていましたが、眺めのいいこと。
すっかり長湯をしました。
そのあと内湯に入り、サウナ風呂を出たり入ったりして
昼食も含め、3時間くらいはここで過ごしたのではないでしょうか。

次は前浜港の岸壁で魚釣りを見物。
これはカツオだと思ったのですが、あとで宿の女将から
ハガツオ(歯鰹)だと教えてもらいました。
たしかに歯が犬歯状で鋭いです。
DSC_2658 (480x360)

27年前にできたという空港に行って見ました。
DSC_2663 (480x360)

なんと一日3便もあるじゃないですか。
萩石見空港は2便なのに。
DSC_2665 (480x360)

東京の調布空港から飛んできました。
DSC_2669 (480x360)

空港の近くにジュリアの十字架、灯台、千両池などがありますね。
あるくと大変ですが、車ならいくらでも行けます。
IMG_2138 (480x269)

ジュリアの十字架。
DSC_2666 (480x360)

なんと朝鮮から連れてこられて、家康の大奥に入り、
キリシタンということで最後はここに流されたという
数奇な運命をたどった女性です。
DSC_2667 (480x360)
灯台は下から眺めただけ、
千両池は雨風の中を上り下りしなければならないのでパスしました。

最後が思い出の多幸湾。
ここの松林の中にテントを張ったのです。
50年前はこの島は砂浜から50m以上は離れていましたが
いまや砂浜が迫っています。
DSC_2648 (480x360)
そして、当時漁港や岸壁はこんなに整備されてはいませんでした。

浜の近くに神社があります。
DSC_2653 (480x360)

50年前この神社の社務所を夜借りて、
ここで麻雀をやったのです。
この建物はその後建て替えたものですね。
DSC_2654 (480x360)

社務所の裏に本殿がありました。
DSC_2655 (480x360)
麻雀をさせてもらったお礼にお賽銭を置いて帰りました。
 HOME