聖天宮再訪

.23 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
鴻巣のポピーを見るついでに、聖天宮を再び訪れました。
01IMG_2974 (800x449)

埼玉県坂戸市の畑の中に突然現れる
02IMG_2975 (800x449)

台湾の道教のお寺です。
03IMG_2976 (800x449)

このお寺の詳しい説明は、
前回2014/05/28の記事を参照してください。
04IMG_2996 (800x449)

それにしても、このきらびやかさ、細工の細かさは、
05IMG_2995 (800x449)

ブルターニュのアンクロ・パロワシアルを彷彿とさせます。
洋の東西を問わず、人の活動は似たようなものです。
06IMG_2993 (800x600)

祭壇のまえで案内人から詳しい説明を聞くことができました。
道教の神様は人に顔を隠さないこと、
龍をあがめ、ここには5千体の龍の彫り物があることなど。
07IMG_2985 (600x800)

お線香は仏教では死者の弔いのためですが、
道教では神様へのお願いのために焚くのだそうです。
08IMG_2986 (800x600)

これは九龍網。右の球の内部にはさらに玉が彫られています。
09IMG_2991 (800x449)

造花と見間違うような葉をつけた木です。
名前は不明。
10IMG_2984 (800x449)

スポンサーサイト

佐野厄よけ大師

.14 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
足利フラワーパークの帰りに
佐野厄よけ大師にお参りしてきました。
初めての参拝です。
01IMG_2764 (800x600)
以前足利フラワーパークには何度も来ていたのですが
佐野厄よけ大師にはお参りしたことがなかったのです。
年末になると 「年末年始は佐野厄よけ大師で」
というテレビのCMがバンバン流れるので、
このCMを見るたびに次の機会にはお参りしよう
と思っていたのですが、あれから9年も経ってしまいました。

金銅(きんづくり)大梵鐘です。
厄よけ元三慈恵大師の一千年御遠忌記念事業として
1984年に作られたと書いてあります。
02IMG_2765 (480x360)
調べてみると、ここのお大師様は、弘法大師ではなく、
第十八代天台座主で叡山中興の祖と呼ばれる慈恵大師なのでした。
ですからここは天台宗です。
川崎大師も厄よけ大師として有名ですが、
あちらは弘法大師で真言宗です。

明治に足尾鉱毒問題を天皇に直訴した
田中正造翁のお墓がここにありました。
「夕川に葦は枯れたり血にまとう民の叫びのなど悲しきや」 石川啄木
04IMG_2770 (480x360)

パゴダ供養塔。
05IMG_2774 (360x480)

ここは参拝団体客の記念撮影の場所のようです。
このゆるキャラは「さのまる」。
佐野ラーメンのお椀の笠をかぶり、
いもフライの剣を腰に差したサムライです。
自慢の前髪は麺だそうです。
03IMG_2767 (480x269)

お参りの仕方がちょっと変わっていて
「お釈迦様に甘茶をかけて鐘を一つたたいて手をあわせて下さい」
人が押し寄せる年末年始にはこの作法はできないでしょう。
ありがたみのあるお参りでした。
06IMG_2776 (480x360)

六白水星の生まれの私は、今年は運勢の弱い年のようです。
気を付けないと。
07IMG_2778 (480x360)

神仏混合ですから、境内には
春日稲荷大明神も
きらびやかな東照宮社殿もありますよ。
08IMG_2785 (480x269)

門前には佐野ラーメンといもフライを売っているお店があります。
09IMG_2792 (480x360)

参拝客が多くて繁盛しているようで、
近くには参拝者用無料駐車場が
あちこちにたくさんありました。
空き家ができるたびにお寺が買い上げて
駐車場にしているのでしょうかね。

谷汲山華厳寺

.20 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
淡墨桜を見たあとは、地元に一泊ということで
料理旅館松本屋に泊まりました。
夕食は、岩魚の寿司、刺身、焼魚、甘露煮、
そして、から揚げ。
岩魚づくしもここまで徹底されると
いささかまいります。


事前には全く知らなかったのですが
ここは谷汲山華厳寺というお寺の参道で
桜と紅葉を交互に植えた1kmの並木が
続いていて、ライトアップもされていました。
20170420131259173.jpg

十一面観音像が立ち止まって動かなくなったとか
谷から油が湧いて出たとか、
いかにも縁起絵巻ができそうな由来ですね。
西国三十三ヶ所の霊場の最後の札所にあたり
満願寺ともいうそうです。
横浜の我が家のそばにも満願寺があるのですがね。
20170420131300842.jpg

翌朝朝ごはんの前にお寺詣りをしました。
参道のソメイヨシノはもう散り加減。
201704201313018bc.jpg

寄進の多そうな大きなお寺です。
20170420131302448.jpg

気にいった桜の写真が撮れました。
20170420131303efb.jpg


御手洗は普通は龍などの口から水が出ているものですが
ここは観音様が自ら水を注いでくれます。
201704201314407d3.jpg


これだけ大量のよだれ掛けを初めて見ました。
出産祈願とその後のお礼参りのお札なのでした。
20170420131442c69.jpg

なんじゃこれは。
見だぬき、言わだぬき、聴かだぬき???
ダジャレになってないか。
20170420131443a29.jpg

淡墨桜はやはり染井吉野より少し後に咲くのですね。
わかりました。
20170420131444d69.jpg

旅館の食堂からは参道の桜がよく見えます。
2017042013144592c.jpg

いい途中下車でした。
これから島根目指して帰ります。

勝浦ひな祭り

.02 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
あざみ野クラブのバスツアーで
勝浦ひな祭り(千葉県)を見に行きました。
ここ最近雨の降る日が全くなかったのですが、
計ったようにピンポイントで今日は雨。
雨のため、遠見岬神社の石段のおひな様は
当然ながら中止。
しかし、ここ勝浦市芸術文化交流センター(キュステ)での
おひな様は屋内ですからいつでも見れます。
01IMG_8777 (800x449)

それにしても、ものすごい数のおひな様です。
02IMG_8780 (480x269)
娘たちが成長して、もう飾られなくなったおひな様が
各家庭にあると思うのですが、
人形は何か魂があるような気がして
捨てられないのだと思います。
ここ勝浦市に寄贈すれば、
毎年箱から出して虫干しかわりに飾られると聞いて
全国から集まってくるのです。

山口の大内雛。
03IMG_8744 (480x269)

紀州の流し雛。
二人がひもで繋がれているのがなにか悲しい。
04IMG_8761 (480x269)

一度これを見にドライブしようとは以前から思っていたのですが
おりよくあざみ野クラブでバスツアーを計画してくれたので
ほいほいと参加しました。
なにしろ自宅のすぐそばからバスが出発するのがいいのです。
05IMG_8786 (480x269)

「房総道の港まるたけ」でお土産を買った後、
フラワーセンターで昼食。
06IMG_8793 (480x269)

食事の後は鴨川市の花卉農家で切り花。
一人5本ということで、私はキンギョソウ5本、
妻はカーネーションを5本切りました。
07IMG_8802 (480x269)

最後に立ち寄ったのが、つい最近閉鎖になった小学校を
そのまま利用して道の駅にしてしまった
「道の駅保田小学校」(鋸南町)。
08IMG_8809 (480x269)

鋸南町では河津桜を並木にして頼朝桜の名前で
売り出そうとしていました。
今年は例年より2週間早く開花し、もう散ってしまったので
当初計画した祭りの期間と合わなかったのだとか。
09IMG_8807 (480x269)

今回あざみ野クラブが使ったバス会社が
西郡観光バス(東京都西多摩郡桧原村)です。
このキンキラキンの内装には
ココシャネルのマークがついていましたよ。
10IMG_8732 (480x269)

今回のツアーは自宅から歩いて3分の公園が
バス発着所なので、
スーパーに買い物に行くよりも近く、
皆さん安心してお土産をたくさん買いました。
持ち帰ったキンギョソウ。
11IMG_8814 (480x269)

そして今晩の夕食は房総の海産物のお土産尽くしです。
12IMG_8815 (480x269)

支笏湖氷濤まつり

.21 2017 旅と観光 comment(0) trackback(0)
再び北海道旅行の話に戻ります。
小樽の町をざらっと観光した後支笏湖に向かいました。
01IMG_8256 (800x449)

「氷濤まつり」だそうです。
今回の旅は「札幌の雪まつり」だけが目的で、
それ以外にどこへ行くかは
全くチェックしていませんでした。
02IMG_8261 (480x269)

入り口を入ると
03IMG_8228 (480x269)

中はブルーの空間です。
04IMG_8230 (480x269)

どこかのスケート場で評判の悪かった
氷漬けの水族館がありました。
05IMG_8236 (480x269)

支笏湖のまわりは日中でも気温が氷点下なので
こういう氷のオブジェができるのですね。
寒いことを逆手に取ったインバウンド作戦ですね。
06IMG_8240 (480x480)

緑の部屋もありました。
07IMG_8246 (480x269)

緑の木を凍らせているのです。
08IMG_8250 (480x269)

氷のギャラリー。
09IMG_8259 (480x269)

氷濤神社が設けられていました。
10IMG_8232 (480x269)

お賽銭を壁に貼り付けるのが流行っているようです。
11IMG_8266 (480x269)

湖には波しぶきが凍り付いたのでしょうか
白いタオルがぶら下がっています。
12IMG_8270 (480x269)

この橋は廃線の鉄橋を移設したものだとか。
13IMG_8272 (480x269)

楽しいお祭りでしたよ。
 HOME