腐葉土

.26 2011 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
2011年2月26日土曜日、晴れ
天気は良いが、昨日の暖かさから一転して冬の冷え込に戻ってしまった。

自治会の苑地ボランティアに参加した。

今日の仕事は腐葉土の袋づめである。

昨年の秋に貯めておいた落ち葉がうまい具合に腐葉土になっている。
この腐葉土は来月の自治会の春祭りに一袋(10kg)50円で販売するのだ。
袋代だけで30円だから、本当のボランティアだ。
腐葉土 003

掘り起こすと、出てくるは出てくるは白い大きないも虫が。
これはカブトムシの幼虫だ。
子供たちを呼ぶかという話も出たが、これを飼うのは大変だ。
残った腐葉土にもう一度埋めてやろうということにした。
腐葉土 005

もう一か所の落ち葉堆積場も合わせて、本日は200袋作った。

スポンサーサイト

確定申告完了

.25 2011 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
2011年2月25日金曜日、晴れ

確定申告に行ってきました。
申告書を郵便で送ってもいいのですが、
寄付金のところが少し自信がなくて
持って行って見てもらう方が安心です。
確定申告 001

税務署の中は空いておりました。
去年は解禁早々の月曜日に持って行ったので、ものすごい混みようでした。
勤め人は土日に申告書を作って、月曜日に持ってくる人が多いからです。
一週間待って、金曜日に持って来たのは正解でした。
確定申告 002

係の人は添付した証憑と申告書をチャッチャとチェックして、
「結構です。還付金の振り込みは2カ月くらいかかります」
といって、受付のハンコをポンポンと押してくれました。

「ありがとうございました」(内心「やった」)

源泉徴収されていた税金は全部取り戻しました!!

今日は「春一番」が吹き荒れました。
それにしても温かい日でしたね。
たぶん気温は20度を越していたのではないかと思います。
これは駅裏のお寺の梅林。
Ume 036

ここにもメジロがいました。
Ume 032

まつだ桜まつり

.24 2011 花(桜) comment(4) trackback(0)
2011年2月24日木曜日、曇り時々ぱらぱら雨

河津桜を見に行きました。

今回は近場の松田町の河津桜を選びました。
東名高速の大井松田ICのそばで1時間の道のりです。
この「まつだ桜まつり」は今年が13回目だそうです。

酒匂川の河川敷の臨時駐車場からシャトルバスで会場に向かいます。

吊るし雛人形会場があったので覗いて見ると、
松田さくら祭 002

これは伊豆の稲取温泉の吊るし雛と同じです。
松田さくら祭 003

わざわざ伊豆まで行かなくても十分楽しめます。
松田さくら祭 004

桜の中に緑色の動くものが。
松田さくら祭 007

メジロの大群が桜の花をついばんでいました。
松田さくら祭 008

河津温泉の桜をまねて、ここでも桜の木の下に菜の花が植えてありました。
松田さくら祭 012

やはり、ピンクと黄色の取り合わせはいかにも春の象徴ですね。
松田さくら祭 013

桜の木を透かして、松田の町並みが見えます。
松田さくら祭 015

時々、ぱらぱらと小雨が来ましたが、気温は温かく、
松田さくら祭 017

平日なのにそこそこの人出でした。
松田さくら祭 021

河津桜は、ソメイヨシノより少し赤みが強いように感じます。
寒緋桜の血筋だからでしょう。
松田さくら祭 029

伊豆の河津桜は過去に2回見に行ったことがありますが、
東伊豆の帰り道が異常に混んで帰宅がいつも夜中になりました。
とにかく今日は伊豆まで行かずに河津桜が楽しめたことに感謝。

天気が良くて雲がなければここから富士山が見えるはずなのですが、
最近私は富士山に縁がないようです。


河津桜はまだ関東東海地方でしか知られていないのかもしれません。

私もその存在を知ったのは1997年にフランスから日本に帰って来て以降のことです。

河津町の観光ホームページとWikipediaによれば、
1955年に伊豆河津町で発見され、大島桜と寒緋桜の自然交配種らしいとのことです。
1968年から増殖されてきて、1974年に新種と認定されて、河津桜と命名されたとのこと。
河津桜まつりは1981年から開催されてきています。

ということは、世間に知られるようになったのはこの30年くらいでしょう。
1978年の山口百恵「いい日旅立ち」のテーマソングで
国鉄が仕掛けたディスカバリー・ジャパンの国内旅行ブームに乗ったのかもしれません。

この桜のいいところは、
皆が春を待ちわびる2月に他の花に先駆けて咲くことと、
開花期間が一ヶ月くらい長持ちすることです。

私が今までに訪れた河津桜の名所は、

ご本家の静岡県伊豆河津町の桜

静岡県南伊豆町のみなみの桜

茨城県石岡市の茨城県フラワーパークの河津桜

の三か所です。

今日の神奈川県足柄上郡松田町の桜まつりが4か所目です。

以上4か所の他にも、名所ができ始めていて、
神奈川県三浦市の三浦海岸駅のそばの河津桜

千葉県市川市妙典の江戸川土手の河津桜

も観光スポットになりつつあるらしいのです。

いずれ、ソメイヨシノが海外にも広まったように、
河津桜も日本全国から世界へと移植されるようになるかもしれません。

あしたのジョー

.22 2011 映画 comment(0) trackback(0)
2011年2月22日 火曜日 晴れ。
母をデイサービス、家内を仕事に送り出した後、
10:15開始の映画「あしたのジョー」を見に行った。
joe01.jpg
出典:映画「明日のジョー」公式サイト

期待を裏切らない、いい映画だった。

原作に忠実というか、私の記憶のイメージどおり再現されていた。
漫画よりできはいいかもしれない。
とにかくメインの4人の出来がよい。
矢吹ジョー(山下智久)、力石徹(伊勢谷友介)、白木葉子(香里奈)、丹下段平(香川照之)。
4人とも私のイメージにぴったりだった。
山下智久も伊勢谷友介もほれぼれするような素晴らしい体に仕上がっていた。

出色は丹下段平訳の香川照之。
香川の演技は、NHKの竜馬伝や東京ソナタでもそうだったが、
地べたを転げまわるような演技が多く(監督の指示なのかもしれないが)、
今まではいまいち臭い芝居が多かったように思う。
この映画では、いかにもアルコールの臭いのしそうな丹下段平に成りきっていました。
すばらしい。

どや街や橋の下の丹下段平拳闘倶楽部のセットの出来もよかった。
多分どや街の遠景はCGなのだろうがよくできていた。

バックの音楽もよかった。

とにかく私が手放しでほめるのも、私のイメージぴったりだったからだろう。

この漫画は私が大学に入った年の正月から始まって、
私が社会人になってからようやく終わった。
大学時代は学生寮で、みんなで少しずつ金を出し合って、
少年マガジン、少年サンデー、ジャンプを買ってきて回し読みしたものだ。
一冊90円だったので、三冊で270円。
当時、ラーメンと餃子が50円、タンメンが60円だったことを覚えている。

この映画は力石が死んで一年経ったときに、
立ち直ったジョーがどや街に帰ってきたところで終わっている。
すっきりしていい終わり方だ。

原作の漫画は、後半はだらけてしまって、
パンチを出してそれが相手に届くまでで一週間分が終わるというような
引き延ばし作戦もあり、不評を買っていたものだ。
最後はどういう終わり方がいいのか、当時みんなで議論した記憶がある。

映画の後は、肥後黒つけ麺(焦がしニンニク油味)720円。
なかなかのもんでしたね、これも。満足満足。
肥後黒つけ麺 焦がしニンニク油味並720円


帰りの道すがら、カリタス女子短大の庭に
スノードロップ2株を発見。
スノードロップ

ブログでは、アイルランド、イギリス、フランスで現地の方が
スノードロップが咲いたと記事にされていました。
日本でも同じ時期に咲くのですな(当然か)。

砂時計

.21 2011 映画 comment(2) trackback(0)
ツタヤで映画「砂時計」を借りてきた。
古い映画なので7泊でシニアサービス200円である。
家内に一緒に見ようと言ったら、
「昔連続テレビドラマでやっていたのを見たからいいわ、一人で見れば」
とつれない。

何故この映画を借りてきたのかというと、舞台が島根県だからである。
それも石見地方だ。

少女時代を演じた夏帆はかわいい。
砂時計 010

大人になってからの松下奈緒もよい。
砂時計 012

でも私は、島根の田舎のこういう風景、
砂時計 020

田舎の駅、
砂時計 051

赤い石州瓦の屋根と縁側のある家。
砂時計 054

こういうものにひどく郷愁を感じてしまう。

舞台はその上を歩くとキュッキュと音を立てる鳴き砂の砂浜がある
島根県仁摩町。ここには一年の時を刻む大きな砂時計がある。
砂時計 030


この映画のセリフは当然ながら石見弁である。
今テレビでは地方の人がしゃべると字幕が出てくるが、
映画なので字幕はない。

「こがーな終わり方するくらいやったらお前に会わんけりゃよかった」

「しゃんとせーや」

「がんばりんさいよとお母さんにゆうちゃあいけん」

「お母さんは、頑張りんさったけん、あがーにーなりんさったけん」

この映画を見た人は理解できたのだろうか。

近年島根県が舞台の映画は
天然コケッコー(2007年)とRAILWAYS(2010年)があった。
年をとると島根県というだけで、その映画を観たくなる。

最後に映画のYou-tube を載せておきます。
「砂時計予告編」
 HOME