FC2ブログ

鍵コメさん

.26 2011 ブログ comment(2) trackback(0)
ある方から私のコメントへの返信をいただきました。
その文章の中で私のことを「鍵コメさん」と呼んでいらっしゃいました。

(おっ)と思いました。

まるで、女房が寝言で他の男の名前をつぶやいた時のような気持ちになり、
あわてて「鍵コメ」というハンドルネームをもつ男を探しに行きました。
男というのは意外に嫉妬深いのです。

「鍵コメ」でグーグルにぶち込んでみると、三百八十万件のヒット。

(鍵コメというのはすごい数の記事を書いたりコメントしているのだな、
こんな有名人を俺は知らなかったのか。)

ところが「鍵コメさん」はいろんな方のブログにコメントをしているのですが、
なかなかその人のブログに行き当らないのです。

(何だこいつは。調子のいいことばかりいいやがって、どこにいる)

十件目くらいでしたでしょうか、

「わたしって、鍵コメさんはブロガーさんのハンドルネームだと思っていたんですよね。管理人にしか見られないコメントをくれた人、コメントに鍵をかけた人に対して返事を出すときに鍵コメさんと呼びかけるのですね。知らなかった、はずかしい」

というコメントに行き当ったのです。

(そうかー、そうだったのか、なあーんだ、他の男の名前じゃなかったんだ)

KYみたいな、ブログ業界の業界用語だったんですね。

そういえば最近、テレビの天気予報で、
「北北西の風」というのを
「北北西から南南東に向かって流れる風」という風な
まだるっこしい表現をしていました。
「あほか、北北西の風といったら北北西から吹いてくる風に決まっているだろうが」
と私が言ったら、家内が
「最近そういう決まり事を知らない人が、抗議の電話をしてくるのよ、
テレビ局も大変なのよ」
と解説してくれました。

風評 les Rumeurs

.25 2011 ブログ comment(2) trackback(0)
島根の田舎から野菜を送って来ました。
送り賃のほうが高いのではないか、と思われる向きもあろうかと思いますが、
そこはそれ、「気持ちを送る」ということに意味があるのです。
高菜、ワケギ(分葱)、ホウレンソウ、キャベツ、人参、大根、サトイモが入っていました。
ワケギは関東以北ではあまり食べないようですが、
中国や九州ではみそあえにしていただきます。
島根の野菜
この野菜は、私の島根の実家の隣の人が送ってくれたものですが、
「関東は放射能汚染で葉もの野菜が食べられないらしいから」
ということで送ってくれたのです。

風評というのは恐ろしいですね。

官房長官がどういう言い方をしようが、世間は危ないと思い、
今や福島産や茨城産のブランドは地に落ちています。
アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、香港では
野菜乳製品の輸入を水際でストップしたらしいですから。

ブルターニュのマダム・クーニーからこんなメールが来ました。
Il paraît que le nuage est venu du Japon sur nos têtes aujourd'hui .
Que pouvons-nous faire ??????
今日は日本からの雲が頭の上に来たらしいわ。どうしたらいいでしょ。

風評は世界を飛び回っています。

私なんぞは、そんなもん水で洗って食べればいいだろと思うのですが、
大騒ぎする人はするのですね。

一番根性のないのがドイツ人で、災害支援に送られてきた部隊が、
福島原発の事件が起きるとさっさとお国に帰ってしまうし、
大使館業務を大阪に移すそうです。
スイスやオーストリアなどの国も追随しています。


先日、中野に住んでいる妹が母の見舞いに来てくれたときに、
「島根の実家が空いているから、地震の被災者に貸し出そうか。
あそこなら広いから何家族でも暮らせるだろう」
と私が言ったら、即座に妹に反対されました。
「お兄ちゃん、冗談じゃないわよ。
噂では外国人は続々と日本から脱出しているらしいし、
西日本の国会議員の先生方は家族を国元に返しているらしいわよ。
管さんだって、核シェルターに入っているらしいじゃない。
放射能が降ってきたら関東では暮らせなくなるから、
そんときはみんなで島根に帰りましょうよ。」

ということで島根の実家は確保しておくことにしました。

ストマ外来

.24 2011 介護 comment(0) trackback(0)
相模原市の北里大学東病院の消化器外科スキンケア外来に、
朝早く母と家内と三人で行ってきました。
非常に忙しい外来で、一か月半待ちの予約でした。

一月の末から二月初めにかけて、
毎日のように母のストマ(人工肛門)で事故があって
交換せざるを得なかったからです。
便秘のため固い便が出るせいもあったのかもしれませんが、
とにかく外の袋にうまい具合に便が落ちずストマを押し上げて、
ストマが剥がれてしまうのです。
ストマの接着剤が弱いのではないかと思い、
ロット不良かもしれないと販売元にクレームの電話を入れました。
結局アメリカのメーカーの日本法人からお詫びの電話がかかって来ましたが
他には同様の電話は受けておりませんという返事でした。

その次のロットからは事故は減って、毎日交換ということはなくなりましたが、
それでも一週間はもちません。

ストマの貼り方におかしいところがあるのではないか、
もっと長持ちする方法はないか指導を受けに行きました。

どこの病院でもそうですが、
お医者先生は手術がうまく行けばそれでよしで、
術後のケアは看護師任せで、
こういうことには先生は相談に乗ってくれません。
ですから、こういうスキンケア外来がある病院は珍しいのです。
横浜総合病院の母の主治医に紹介状を書いてもらって
ここの予約をようやくとったのです。
一ヶ月半も予約がとれなかったということは、
いかに同じ悩みの人が多いかということです。

当然ながら、相談に乗ってくれたのは、お医者さんではなく、
優しそうな看護婦さんでした。

結局、今日の相談の結果、
(1) まず、ストマの穴をもっと大きくすること。
排便のときにはストマが腫れてもっと大きくなるからだそうです。
(2) 横側に剥がれ止め補強材の着いたタイプのストマを使ってみること。
(3) ストマの両端の穴に装着するベルトを注文して、これを使ってみること
(4) 便秘にならないよう、薬を主治医と相談すること
というアドヴァイスを貰いました。

やれやれ。
これでうまくいくかどうかの保証はないのですが、
ともかくやって見るしかありません。

ひとつ胸のつかえが下りました。

甲子園

.24 2011 ブログ comment(0) trackback(0)
春の選抜高校野球が甲子園で始まった。
開催を決めた高野連に感謝。
宮城の東北高校、茨城の水上高校が出場できたことを素直に喜びたい。
出場を辞退しろというメールが学校宛てに来たそうだが、
ひどいことをする人もいるものだ。
野球に青春を賭けている球児たちの心が分からないのかといいたい。

皇太子ご夫妻が英国の結婚式に参列しないことになった。
私の周りでは、自治会の春祭りが中止になったし、
本当は今晩あるはずだったブルターニュのOB会も中止になった。
息子の職場では、歓送迎会や飲み会は中止するよう上から指示が出ているらしい。

しかし、
どこかで復興ののろしを上げて、景気をつけないと、
いつまでもめそめそしていたのでは物事は先に進まない。

即応予備自衛官という制度があるのを初めて知った。
仙谷もと官房長官に暴力装置と呼ばれながら頑張っている
自衛隊の方々に感謝したい。
自衛隊が活躍する場が少ないほうが世の中は幸せなのだが、
それを見越して「平時はがまんしてもらいたい」といった
吉田茂もと首相の先見の明に感謝。

高校生諸君は精いっぱいのプレーをして、
みんなを励ましてほしい。

記事削除

.23 2011 ブログ comment(0) trackback(0)
私の前回の記事(2011-03-21 「原発がどんなものか知ってほしい」)はとりあえず削除しました。

平井憲夫さんの同名の文書は、原発反対派の人が、平井さんの講演をベースに尾ひれをつけて
誰かが書いた怪文書のようで、この世界では有名な文書のようでした。

では、この文書にちゃんと反論した文書や記事が存在するかというと、これまた存在しないのです。
これに反論した記事はあったらしいのですが、今では古くてアクセスできませんでした。

今読める記事は、
ちょっと調べれば嘘とわかるはずだとか、
これは嘘の塊だから無視するとか、
いちいちこんなものに反論するのも疲れるとか、
いうような記事ばかりです。

どちらが正しいのかは、判然としませんが、
確かに平井憲夫さん?の文章ももう一度読み直してみると、
感情的にエスカレートした部分もあります(差別された女性の話など)。

ということで、他人の意見をそのまま受け売りで発表することは危険なので、
この記事を削除することにしました。

原発の問題は難しいですね。




 HOME