FC2ブログ

青葉ICチューリップ Tulip

.22 2012 花(草花) comment(0) trackback(0)
今年も4月18日に
東名高速青葉ICのチューリップを見にゆきました。

先に、横浜公園のチューリップを記事にしたので、
チューリップはもう十分かなとも思ったのですが、
写真におもいっきり高速道路を入れて、アングルを付けた写真を撮ったので
記念に残しておきたくなりました。
青葉チューリップ 01

幼稚園児が写真撮影に来ていました。
福島と違って戸外で遊べる幸せを感じているでしょうか。
青葉チューリップ 02

昨年は4月14日に記事にしていますが、
その時はまだ桜が咲いていました。
今年は桜はすでに散っていますが、芝桜がもう咲いています。
青葉チューリップ 03

これはテニスコート側。昨年より色の配列が良いように思います。
青葉チューリップ 033

テニスコートの後ろから撮った写真。
橋脚がオブジェっぽくていいかなと勝手に思っています。
青葉チューリップ 044

タンポポ les Pissenlits

.21 2012 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
荏子田のスーパー丸正の前のハナミズキが見頃になったというので
散歩に出かけた。
偶然、丸正のそばで「売り地」と札の立った空き地一面に広がっている
タンポポの群落を見つけた。
タンポポは荒地でも生き延びると言われているので、
更地に最初に勢力を広げたのだろう。
タンポポ01
(写真はクリックで拡大)(Cliquez pour agrandir)

野原がいくらでもあるフランスでも、
タンポポの大群落にはそう簡単にはお目にかかれない。

これは、1990年5月に出会ったタンポポの群落。
次男が夢中で何かしている。
タンポポ02-199005 La Roche-aux-Fees02

英語ではタンポポのことを Dandelion (ダンドライアン)というが、
これは元はフランス語で Dent-de-lion (ドンドリオン)
=ライオンの歯 という意味だと知ったのは
フランスに行ってからである。
ところが普通フランス人はこの花を Pissenlit (ピソンリ)とよぶ。
分解すると Pisse-en-lit で、ベッドでのオシッコという意味になる。
いわゆるおねしょだ。
タンポポは利尿剤にもなるということだから、その関連かもしれない。

上の写真のタンポポは、La Roche-aux-Fees ラロッシュオーフェという
古代の巨石遺跡の近くで遭遇した。
タンポポ03-199005 La Roche-aux-Fees01_copy

フランスのブルターニュ地方には古代の巨石遺跡があちこちにある。
一番有名なのはカルナックの何キロにも続く巨石列柱である。
アイルランドからイギリス南西部(ストンヘンジが有名)、
更にフランスのブルターニュへと続く、
巨石の遺跡群は未だに誰が何のために作ったか解明されていない。
ケルト民族より更に更に昔の謎の民族が残したものだ。

次の写真は明日香の石舞台であるがよく似ている。
年代的には2つの遺跡には2千年の開きがあるが、
形状からして、どちらも古墳の石室の周りの盛土が失くなって
露出したものだと推測される。
石舞台0001_copy
それにしても今から何千年も前に、これだけの石を運んできて作ったのであるから、
不思議としか言いようが無い。

このLa Roche-aux-Fees は、
直訳すると「妖精の岩とか、おとぎの国の岩」という意味になる。
レンヌの南東40キロの田舎にあるので、
参考のためミシュランの地図を添付しておく。
タンポポ04-LaRocheauxFeesMap

鬱金桜 Cerisier 23

.19 2012 花(桜) comment(0) trackback(0)
ウコンザクラが咲いた。

右近の桜ではない。
右近は橘で、左近の桜が正しい。
内裏雛の方から見下ろして右側が右近の橘なのだ。

ウコンは鬱金と書き、ショウガと見分けがつかない植物で、
料理や食品を黄色に着色するのに使われる。
料理で使うときはターメリックと呼ばれ、カレー粉の黄色はウコンの黄色らしい。
「ウコンの力」という飲み物は二日酔いに効くと宣伝している。

ウコンザクラは鬱金桜で、要は黄色の桜という意味なのだ。
Wikipedia によれば、桜は500種類あるが、
唯一この桜が黄色い花を咲かせるとある。

この桜がよいのは、中継ぎの役目を果たすからである。
野球のワンポイントリリーフのように、
ソメイヨシノが散ったあと、八重桜が咲くまでの期間を埋めてくれるのだ。



これは我が家のそばの公園のウコンザクラ。
別に近くにもう一本あったのだが、それは枯れてしまったので
今はこの一本だけが頼りだ。

遠目に見ても黄色っぽく見える。
ウコン鬱金01

この花を晴れた日に下から見上げると、白っぽく見える。
ウコン鬱金03

曇った日に撮った写真がこれ。
うまい具合に黄色が強調されている。
ウコン鬱金02

今日映画を見に行って、センター北の杉山神社にも
ウコンザクラが一本あることを発見した。
ウコン鬱金04

今日は曇だったが、こんな色に撮れた。
ウコン鬱金05

この記事が本年23本目の桜の記事。
あとは、八重桜と山桜の記事で桜も終わりか。

横浜ナシとレンゲ Les poiriers et les astragales

.18 2012 花(木の花) comment(0) trackback(0)
横浜中華街でリンゴの花が咲いているくらいだから、
梨の花も咲いているだろうとチェックしに行きました。
横浜市青葉区の黒須田や鉄町では結構なナシの畑があります。
ナシ01

今はちょうど受粉作業の時期らしく、
どこの畑でも丸い穂のような筆を持って、花を撫でています。
私はミツバチの巣箱を入れて受粉させるのかと勘違いしていました。
いちいち人手でやるのですね。
ナシ02

ただ、横浜もそうですが、
関東は茶色い肌のホウスイとかキクスイなどのナシしか作っていません。
私も家内も島根の出身なので、ナシは20世紀と決めています。
フランスの市場やロンドンの中華街で20世紀ナシを "Nashi" として
売っているのを見たときは飛び上がって喜んだものです。 
ナシ05

それにしてもナシの花は大きくて見応えがありますね。
残念なことに、盗まれないように、青いネットで畑が囲まれているので、
花見ができる状況にはありません。
これらの写真は、ネットの隙間から盗撮したものです。

どこか高台から梨畑を俯瞰できる場所を探しているのですが、
まだ見つけていません。
ナシ06

鉄町の梨畑のそばの水田には蓮華草が生えていました。
レンゲ01

昔はこの花で花環を作ったりしたものですが、
最近はめったにお目にかかれなくなりました。
レンゲ02

生えているというより、種を蒔かれたのでしょうね。
レンゲ03

春の花を2つお届けしました。

横浜公園チューリップ Tulip

.17 2012 花(草花) comment(0) trackback(0)
計画通り、横浜公園のチューリップを見に行った。
チューリップ+001

期待に違わず、素晴らしい。
チューリップ+002

オランダのキューケンホフ公園と比較するのは無理があるけれども、
チューリップ+003

なかなか良く健闘している。
チューリップ+004

やはり花は広い面積にどわーっと咲いているのがよい。
チューリップ+005

あちこちで写生をしている人々を見かけた。
良い趣味をお持ちだと思うが、人に覗かれるのが嫌だ。
やはりある程度腕に自信がなくてはこういうところに座る勇気は出ない。
チューリップ+006

いつまでもここに居たいが、そうもいかない。
次の目的地の山下公園に向う。
チューリップ+007

横浜公園の端の池にどういうわけかサギがじっと立っていた。
何を間違えてこんな都会のど真ん中に降りたのだろうか。
とても餌の魚を探しているような雰囲気ではなく、
悟りを開いた高僧という態度である。
チューリップ+008

山下公園では花壇フェアーをやっていた。
山下公園02

花よりも海をぼーっと眺めている人のほうが多いかも。
山下公園01



次は中華街。
このカメラギャル、キヤノンの高級デジカメ EOS5D を構えていましたね。
恐るべし。
飲茶01

今日横浜に来た目的はもうひとつあった。
花より団子。中華街で飲茶を食べることである。
飲茶02
Voyez "YUMCHA"

シドニーではさんざん飲茶を食べまくっていたのに、
日本に帰ってからそのチャンスがなかった。
だから、この鳥の足も10年ぶりである。
飲茶03

この店「招福門」では、飲茶食べ放題で2625円(飲み物別)。
シドニーのようにワゴンで運んでくるものの中から選ぶのではなく、
すべてオーダー制である。
40品目の中から、いくら注文しても良い。

ホーレン草入り餃子。
飲茶04

春季限定メニューの桜入りオマールのゼリー寄せ。
これなぞはいかにも日本的なメニューでシドニーでお目にかかったことはない。
飲茶05

それにしてもよく食べた。
ところが隣のテーブルのシニアマダムは我々より食べるは食べるは。
ようやるで、脱帽。

店を出ると、中華街にはちょっと変わった並木があった。
飲茶06

私が写真をとっていると、
「これはリンゴですって」と
通りがかりのマダムが親切に教えて下さった。
飲茶07

今日中華街を歩いて感じたのは、食べ放題の看板がやたら多くなったことだ。
デフレの波がここにも来ているのか。
次は、「北京ダック、フカヒレスープ込で食べ放題1980円」を試してみたい。


あざみ野駅に着いたのが3時過ぎ。
雨がポツリと落ち、遠くで雷がゴロゴロとなり始めた。
3時から雨の予報だったが、日本の天気予報は実によく当たる。

 HOME