FC2ブログ

富士屋ホテル Fujiya Hotel

.26 2012 関東 comment(0) trackback(0)
私たちが泊まったのが富士屋ホテル。
01富士屋ホテル01

熱海や箱根というと、
恥ずかしながら安い会社の保養所にしか泊まったことがないので、
こんな高級ホテルには、
こういう宿泊券でも貰わないことには泊まる気がしないのです。
02富士屋ホテル02

今回念願かなって、一度でいいからという富士屋ホテルに泊まれました。

これは本館。
03富士屋ホテル03

左手の花御殿。
04富士屋ホテル04

本館の右手にある、有名なメインダイニング館。
ここで一度食事をしてみたかったのです。
05富士屋ホテル05

その前庭には見事なノウゼンカズラの木がありました。
昨年夏、鎌倉のお寺にノウゼンカズラの銘木を見にゆきましたが、
それよりもこちらのほうがはるかに立派です。

ちょっとお値段は高いが、予約して、
お昼だけ有名なカレーライスを食べに来れば、
宿泊しなくても、このノウゼンカズラの木は見物できますね。
06富士屋ホテル06

私たちの部屋は、美智子様も結婚前にお泊りになったことがあるという、
本館と廊下でつながった左手の洋館にありました。
こういう重々しい階段をボーイさんに先導されて上りました。
07部屋01

部屋は階段を上がった右手の角部屋。
08部屋02

おお、広い。

フロントで、
「デラックスルームよりちょっと広いお部屋を用意させていただきました」
と恩着せがましく言われたのですが、
要は角部屋で廊下の幅の分だけ広いということでした。
でもデッドスペースがあるのは嬉しい。
09部屋03

ボーイさんには、こちらの部屋付きのバスルームでも、
ひねれば温泉のお湯が出てきますと説明されました。

でも見てください、ベニョワールに足がついていますよ。
さすがにフランスとは違って、床に排水口があるので、
溢れても問題はないのでしょうが。
10部屋04



早速中庭を散歩して驚きました。
芦ノ湖の周りでは、全く咲いていなかったヤマユリがここでは満開でした。
11庭01

いたるところで花を開いています。
ここは宮ノ下温泉で、芦ノ湖よりはほんの少し高度は低いのですが、
それにしても開花時期が一週間以上は早いですね。
芦ノ湖の水が冷たいせいでしょうか。
12庭02

やはり、まだアジサイが健在でした。
13庭03

水車小屋もあるし、
14庭04

イングリッシュガーデンもありました。
15庭05

ホテルの館内ツアーと夕食の様子は、また次回以降に。

箱根関所 Hakone

.25 2012 関東 comment(0) trackback(0)
母を2泊3日のショートステイに預けました。
「しょうじゅの里 三保」(横浜市緑区三保町)では
隣接するクリニックで人工透析をしてくれるので、
母のような透析を要する要介護者も受け入れが可能なのです。
箱根 001

受付ホールは水の流れ落ちる滝があり、
まるでホテルのようでした。
箱根 002

母を預けてやってきたのが、箱根です。
実は私の妹が家内の還暦祝いに、
旅行ギフト券をプレゼントしてくれたからです。
(感謝、感謝)

まずやってきたのが、ここ箱根関所跡。
箱根 003

2007年に復元されたそうです。
箱根 004

取り調べをする役人たちの人形が、
当時のとおりに再現されていました。
箱根 005

もちろん、当時のトイレも再現です。
箱根 006

肥壺の上に、板が2枚置いてあるだけですが、
馬鹿にしてはいけません。
同じ時代のフランスのベルサイユ宮殿にはトイレはなかったのですから。
当時は日本が世界で一番衛生環境はよかったのです。
箱根 007

関所の横は高い丘になっていて「遠見番所」があり、
関所破りを見張っていたようです。
そこから関所の全貌が見えます。
箱根 008

上の写真の右側に、箱根関所資料館があるのですが、
内部撮影禁止でしたので、写真で説明できないのが残念です。
150体もある、大名行列の人形や、実際の関所手形などなど
興味深い資料がたくさんありました。

その資料館から、さらに恩賜箱根公園へ、
湖畔の道を散歩して見ることにしました。
箱根 009

こんな感じの山道が続いています。
箱根 010

森林ペプチドを一杯受けながらの散歩です。
箱根 011

時々冷たい芦ノ湖の水にも触れます。
箱根 012

ここではまだアジサイの花が元気に残っていました。
箱根 013

実はここを散歩したのは、ヤマユリがこの道筋には多いという、
情報を仕入れたからです。
確かに、ヤマユリはいたるところにあったのですが、
残念ながらまだつぼみでした。
あと一週間おそければ満開の見頃に当たったことでしょう。
箱根 014

なにせ、ギボウシもウバユリもまだつぼみですから。
箱根 015 箱根 016

恩賜庭園の洋館。
日本館もあったらしいのですが
関東大震災とその後の伊豆地震で崩壊したようです。
箱根 017

公園の展望台からの湖畔の眺望。
春にドウダンツツジが咲く頃が最高のようですね。
箱根 018

公園から国道一号線に沿って引き返しましたが、
道路の崖にはヤマユリのつぼみが沢山ぶら下がっていました。
途中のレストランに入って、
昼食代わりにケーキセットを注文しました。
箱根 019

今晩はホテルで夕方早くからコース料理をいただくので、
昼は軽くしたのです。

川崎大師風鈴市 Le marche des furins

.21 2012 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
川崎大師の風鈴市に行きました。
Furin = Carillon japonais

はじめは木曜日に行くつもりで家内を誘うと、
「孫は保育園で、いないわよ」
「あー、そうか」
ということで孫が家にいる土曜日に出かけたのです。
風鈴が半分、川崎の孫の顔を見るのが半分ですな。
風鈴市01

参道の入り口では、名物の咳止め飴を売っている店の
トントントンと飴切り包丁でまな板を叩く音が雰囲気を盛り上げます。
風鈴市02

お大師さんと達磨さんは関係があるのでしょうか。
風鈴市03

今日は気温21度と5月並みで、人出もいまいちです。
風鈴市04_copy

でも大手門では猿回しが人気を集めていました。
風鈴市05

お線香を買って、孫の頭に煙をなすりつけて、
「頭が良くなりますように」
風鈴市06_copy

お参りが済んだら、いよいよ風鈴市へ。
でも、やはり風鈴市というのは、
汗をダラダラ書きながら風鈴の音に涼しさを求める、
というのが本来の姿で、こうも涼しくてはね。
風鈴市07

川崎大師名物、厄除けのだるま風鈴。
風鈴市08

昔ながらの「つりしのぶ風鈴」とありますが、
初めて見ました。
風鈴市09

秋田「御殿まりふうりん」
風鈴市10

島根「銅鐸ふうりん」。
風鈴市11島根銅鐸風鈴

お店の数は数えていませんが、
各県から一つずつ店を出しているような感じでした。
これは長野の「諏訪ガラスふうりん」
風鈴市12長野諏訪ガラス風鈴

風鈴のあとは屋台を冷やかしてゆきます。
風鈴市13_copy

「とり皮ギョーザ」
鶏の皮でギョーザの具を包んでいます。
初めて見たので思わず買いました、500円。
タレは、ポン酢、焼き肉ゴマだれ、醤油と三択でしたが、
シンプルな醤油にしてみました。
これは美味しい。
飲み屋でこれがメニューにあったら注文殺到だと思うのですが。
私が知らなかっただけで、どこかのB級グルメ選手権で優勝していたりして。
風鈴市14

お昼は、穴子卵とじ定食。
風鈴市15

今日は、孫に上下4本ずつ歯が生えたことを発見して、
満足して帰途につきました。

荒地待宵草 Oenothera biennis

.20 2012 花(草花) comment(0) trackback(0)
自然はうまくできている。
暑くなればそれを冷やすために夕立が降る。
昨日の夕立のおかげで今日は曇ではあるが、
しのぎやすい。

荏子田2丁目(横浜市青葉区)の空き地で、
アレチマツヨイグサの大群を発見した。
荒地待宵草 001

4月にタンポポの大群を発見した同じ空き地である。
荒地待宵草 002

北米原産の帰化植物に、この日本名をつけた人は凄い。
荒地待宵草 003

まさにピッタリ。
荒地待宵草 004

お昼すぎに子供たちが学校から帰ってくるのに出会った。
今日が終業式。
明日から街に子供たちが溢れる。

ノウゼンカズラ Campsis grandiflora

.19 2012 花(木の花) comment(0) trackback(0)
暑い!
私の好きなうだるような暑い夏がやってきた。
熱中症になるので、お年寄りは外出を控えるようにという警告を無視して、
新宿にやってきた。

目的は紀伊国屋で本を買うことではなく、
この新宿区役所前のノウゼンカズラの棚を見に来たのである。
01新宿 003

残念、少し早すぎたようだ。まだわずかしか咲いていない。
アメリカ産のトランペット種と日本産と2種類が植えられていた。
これはアメリカ産。
02新宿 005

もう一つの棚は、あけびの棚で、実をびっしりつけている。
収穫したら新宿区民に配るのであろうか。
03新宿 006

ノウゼンカズラは凌霄花とかき、
霄は「空」「雲」の意味があり、空に向かって高く咲く花の姿を表しているそうである。
04ヤマユリ3 007

たしかに、青い空を背景によく目立つ。

これは横浜総合病院のそばのお宅のトランペット。
05黒須田川 046

山百合で有名な三浦市のお寺、妙音寺の石垣に咲いていた、
赤みの強いノウゼンカズラ。
06妙音寺 048

町田市の薬師池公園の駐車場の前の農家の見事な大木。
07町田ダリア 061

同じく薬師池公園のそばのお宅の見事なノウゼンカズラ。
08町田ダリア 063

ヨーロッパはイギリスもフランスもスイスも、
軒並み天候不順で寒いらしい。

関東は私が新宿にいる間に梅雨から抜けたようだ。
昨日は島根県でも37度を超えたとか。
さあ、これから本格的な夏だ。

 HOME