もう一度、ひまわり

.31 2013 花(草花) comment(0) trackback(0)
もう一度ひまわりを見たくなって、座間市の相模川にやって来ました。
01IMG_3569.jpg
芝桜のときと同じく、昭和コンクリート相模工場 046-251-0445
のそばのトイレ付公園の駐車場を目指すのがよいです)


やはり夏の青空に映えるひまわりは最高。
02IMG_3543.jpg

はじけるような笑顔。若さだけがひまわりに対抗できます。
03IMG_3565.jpg

年寄りは専ら撮影側。この日も熟女カメラマンは多かったですよ。
04IMG_3520.jpg

ここは座間市。米軍の飛行機が時々爆音を振りまいて飛んでいきます。
06IMG_3573.jpg

相模川沿いには、5か所ほどひまわり畑があるのですが、
大半はもう花は終わっていて、2か所まだ花が残っているだけでした。
05IMG_3539.jpg

花が終わった畑では、ひまわりを覆うようにタデが背を伸ばしていました。
07IMG_3530.jpg

こちらの畑では、ブルーベリーがいい色になっています。
IMG_3556.jpg

鶏頭もやはり真夏を代表する花です。
08IMG_3582.jpg

畑のそばから橋の上に登ってみると、こんなオブジェがありました。
09IMG_3551.jpg

河川敷にはストンサークルがあります。
10IMG_3553.jpg

不思議に思って近づいてみると、何のことはない、
パークゴルフの障害物の代わりに石が置いてあるのでした。
11IMG_3594.jpg

河川敷の広場に、エノキの大木が数本あり、
その木陰にベンチがいくつかあります。
12IMG_3605.jpg

そこでお弁当を広げました。
これはNHKのアサイチで有働アナウンサーが作っているという
海苔巻き式おにぎりです。
13IMG_3600.jpg

ぱりぱりの海苔をまくとこうなります。
普通のおにぎりと比べていいのは、
食べた時につねにひとしく中身にありつけることです。
今日は、ちりめんじゃこ、シャケ、明太子、梅干しが巻いてありました。
「有働式海苔巻きおにぎり」いいですね。
14IMG_3602.jpg

河川敷の木陰は涼しい風がよく通って、
ここで昼寝をしてもいいなと思うほどでした。
スポンサーサイト

御岳山雑記

.30 2013 花(草花) comment(0) trackback(0)
御岳山神社では、今回は真面目にお祈りをしました。
いつもは、だいたい「まんまんちゃん、あ~ん」という感じで終わるのですが、
今回は我が家に最近引き続いて起こった不幸な事件に鑑みて
家内の健康と安全をしっかりお願いしてきました。
01IMG_3332.jpg

この神社の裏にはたくさんの小さな祠があるのですが、そこの狛犬。
左のは耳が立っていますが、右のは耳が垂れています。
何か意味があるのでしょうか。
02IMG_3359.jpg 03IMG_3358.jpg

別の祠の狛犬?は、狛豚?それとも狛猪?でしょうか。
これでも門番は務まるのかしらん。
04IMG_3355.jpg

お隣の黒須田町の講の碑です。
当時はまだ緑区だったのですね(今は分離して青葉区)。
05IMG_3331.jpg

ここに来るたびに感心している、立派なかやぶきのお宅。
IMG_3308.jpg

表札は「馬場さん」になっています。
調べてみると、馬場家御師住宅(東京都指定有形文化財)となっていました。
IMG_3309.jpg

御師とは御嶽山神社の神主さんのことで、
建てられたのは1866年(築147年)だそうです。
IMG_3312.jpg

このお宅のそばにあったヤマユリの実。
実に堂々とした大きさです。
ヤマユリの葉は広葉と細葉と2種類ありますが、
この山では全て広葉で、しかも年数の古そうなものばかりです。
ヤマユリの季節に来てみるのもいいかもしれません。
IMG_3315.jpg

立派なトチの実。ここではマロニエではなくやはり栃と呼ぶのがふさわしい。
IMG_3316.jpg

これも立派なマムシグサの実。
我が家のそばのマムシグサは実をつけませんが何故でしょうか。
IMG_3273.jpg

ソバナ(岨菜)(キキョウ科)という名札がそばに立っていました。
釣鐘人参によく似ていますが、別物でした。
IMG_3356ソバナ

神社のそばでツリフネソウがもう咲いていました。
高根森林公園(川崎市)に咲き具合をチェックしにいかないといけませんね。
IMG_3372.jpg

フシグロセンノウ(節黒仙翁)をたくさん見かけました。
IMG_3379節黒仙翁

ここにもいた、ツルニンジンの花。
これも寺家ふるさと村(横浜市青葉区)にチェックに行かないといけません。
IMG_3449.jpg

ツルニンジンの花も下を向いているので、
ちょっと上を向かせました。恥ずかしがらないでね。
IMG_3446.jpg

怖い怖いトリカブト。
IMG_3465.jpg

秋明菊がもう満開。
やはりこの山は涼しいので秋が早く来るのですね。
IMG_3474.jpg

ルドベキア。(名前を調べました)
IMG_3475ルドベキア

花を見るだけでも、この山はいい散策になります。


玉川ホトトギス

.29 2013 花(草花) comment(0) trackback(0)
こんにちは、はじめまして。
生まれて初めて、玉川ホトトギスに出会いました。
01IMG_3387.jpg

御岳山(東京都青梅市)に行ったのですが、今回は時間に余裕があったので、
ロックガーデンを散歩することにしたのです。
そうしたら、渓流のあちこちに、玉川ホトトギスがたくさん生えていました。
02IMG_3427.jpg

玉川ホトトギスとは黄色いホトトギスという意味です。
京都(山城)の井出の玉川というところは、古歌においては山吹の名所だそうです。
そこで、玉川とは山吹の黄色を意味するようになったとのこと。
今、ネットで井出の玉川を調べると、桜の名所でもあるようです。
03IMG_3425.jpg

玉川ホトトギスは上高地の明神池から穂高への道に群生があると
ネットで知っていたので、何時かは上高地に行かなければと思っていたのですが、
東京都で出会えるとは思ってもいませんでした。
うれしい!!!
04IMG_3403.jpg

ロックガーデンというので、がれ場を想像していたのですが、
苔むした岩がたくさんある、マイナスイオンの溢れた渓流でした。
05IMG_3431.jpg

初心者向けのいい散歩道です。
06IMG_3395.jpg

綾広の滝まで行って、引き返してきました。
07IMG_3432綾広の滝

初心者向けのコースのはずだったのですが、
どういうわけか帰りの下り坂で膝が痛んでどうしようもありませんでした。
運動不足を痛感しています。

ナポリタン発祥地

.28 2013 食と料理 comment(0) trackback(0)
昨夜の雨のお陰か、今朝は気温24度、まるで秋のような日差しです。

家内の用事に、ぴったりとぬれ落ち葉のごとく、くっついて、
ダウンタウンに行きました。
IMG_3476.jpg
(横浜市開港記念会館)

家内の用事が終わった後、今度は私がイニシチァブをとって、
この店に連れて行きました。
「ホテル・ニューグランド、ザ・カフェ」
山下公園の氷川丸の対面にあります。
IMG_3477.jpg

11時45分に店に着いたのですが、順番待ちの6組目でした。
順番待ちの間にホテルの中庭を見物。
IMG_3478.jpg

ここも古いホテルなので、箱根の富士屋ホテルのように、
ギャラリーがあります。
IMG_3480.jpg

ジャン・コクトーにはわざわざ特別ページが設けてありました。
IMG_3479.jpg

2代目総料理長、入江茂忠。
この人が「ナポリタン」を発明した人で、
このため「横浜はナポリタン発祥の地」としてナポリタンを売り物にしている
カフェや洋食屋はたくさんあります。

この記事によると、夕方4時に仕事が終わってから
神田のアテネフランセでフランス語を学んだとあります。
昭和の初めにはすでにアテネフランセは存在したのですね。
IMG_3481.jpg

12時15分に名前を呼ばれて、
幸い、山下公園を望む窓際の席に案内されました。
IMG_3482.jpg

注文は、もちろんナポリタンです。
先日のテレビ番組で、ここがナポリタン発祥の地だと紹介していました。
スパゲッティは茹でた後一晩12時間冷蔵庫に寝かせておくのだそうです。
それが独特のモチモチ感を生み、トマトソースとよく絡むのだそうです。
ナポリタンが出てきたのは注文の15分後、12時30分です。
パスタは、フランス料理ですから、もちろん超柔らかめですよ。
IMG_3486.jpg
(参考)ナポリタンのオーソリティ「ナポリタンXナポリタン」の著者の評価

食事の後、山下公園を散歩するかと歩き始めたら、
隣のビルに行列があります。
原宿でも行列ができていた人気店 "Eggs 'n Things"
ここ横浜にも出店していました。
ここもいつか試してみたいですが、並ぶのは面倒ですね。
IMG_3492.jpg

山下公園にはバラは殆ど咲いていませんでしたが、
一輪を使って氷川丸を撮影してみました。
IMG_3494.jpg

蓮華升麻2013

.27 2013 花(草花) comment(0) trackback(0)
今年もまた3年連続で、蓮華升麻(レンゲショウマ)を見に、
御岳山(東京都青梅市)にやって来ました。
月曜日だというのに、ケーブルカーは満員。
当然、群生地はカメラマンで一杯です。
01IMG_3291.jpg

それにしても、この花は何か独特の雰囲気を持っていますね。
02IMG_3345.jpg

下を向いて、恥ずかしそうに俯いているのですが、
03IMG_3335-01.jpg

独特の色香があります。
04IMG_3340.jpg

だからこそ、私たちも毎年見にくるわけです。
05IMG_3329.jpg

花好きには絶好の花ですよ。
06IMG_3344.jpg

リフト小屋のそばに、キレンゲショウマを一株発見しました。
自生えではなく、植えたものだろうと推察します。
07IMG_3303.jpg


 HOME