FC2ブログ

ジャカランダ in 熱海

.25 2014 花(木の花) comment(4) trackback(0)
やってきましたよ。
車で1時間20分かけて静岡県の熱海市まで。
熱海市に新しい観光名所 「ジャカランダ遊歩道」 ができたというのです。

もともと熱海にはジャカランダの木があることは知っていたので、
このニュースを聞いて、それならということで来て見ました。
01IMG_9136 (640x480)

姉妹都市であるポルトガルのカスカイス市から贈られたという苗木は
もうこんなに大きくなっています。

・・(そうか、ポルトガルにもジャカランダがあるのか。
それならポルトガルに旅行するときはその開花時期に行けば2倍楽しめるな)・・

02IMG_9081 (640x480)

シドニーのジャカランダのように、葉が出る前に花が咲くというのは、
どうも日本では望むべくもないようですが、熱海でも花はちゃんと咲きますね。
03IMG_9091 (640x480)

新しいジャカランダ遊歩道は、お宮の松から親水公園の端まで約750m。
まだ木は小さいのですが、小さいがゆえに花が目の前にあって、
写真が撮りやすく、しかも匂いが嗅げるのです。
04IMG_9112 (640x480)

熱海のジャカランダには確かに芳香がありました。
シドニーではジャカランダの周囲にジャスミンやクチナシがいっぱいあって
どれが何の匂いかわからなかったのですが、
ここには周りにそのような花はありません。
05IMG_9115 (640x480)

少し色の違うジャカランダの木が2本ありましたが、花付きがあまりよくありません。
06IMG_9128 (640x480)

とにもかくにも、
外国に行かなくても、ジャカランダの花が見られることはうれしい限りです。

確かにここは熱海だという証拠にこの写真を。
この銅像に人が近づくと、金色夜叉の唄が流れるように
仕掛けがしてあることを今回初めて知りました。
07IMG_9119 (640x480)

遊歩道には、黄色のランタナ、青いラベンダー、
08IMG_9124 (640x480)

アガパンサスなどいろんな花が植えられています。
09IMG_9079 (640x480)

このつる性の花の名前は不明。気になるので、後でゆっくり調べましょう。
10IMG_9104 (640x480) 11IMG_9107 (640x480)
(追伸)やはり南米原産のキョウチクトウ科マンデヴィラ (mandevilla)
というつる性の花だと判明しました。

親水公園で、こんな銅像を発見しました。
釜鳴屋平七(1828-1863)
伊豆熱海村の網主。江戸肴問屋と結び、伊豆山権現般若院を後ろ盾にして
鮪(まぐろ)網の権利の独占をはかる村役人に対し、
浜方網子の側にたち、漁師の一揆を指揮して、安政6年韮山代官所に直訴する。
捕らえられて入牢。8年後、家名の釜鳴屋を没収され、遠島に処される。
八丈島へおくられる途中の大島で病没、36歳。
12IMG_9197 (640x480)

へー、百姓一揆は聞いたことがありますが、
漁師の一揆は初めて聞きましたね。

「孤島燃ゆ」釜鳴屋平七物語 : 石川柊著
という本があるそうです。図書館で探してみなくては。


ねむの木(みすずが丘)

.24 2014 花(木の花) comment(2) trackback(0)
みすずが丘公園(横浜市青葉区)の合歓木(ねむのき)です。
立派な独立木です。
IMG_9044 (640x360)

以前、こうした合歓木の独立木をわざわざ多摩川土手まで探しに
行ったことがあったのですが、
ここでこの木を発見してから、毎年見に来ています。
IMG_9045 (640x360)

この、ほわっとした感じが心を癒してくれます。
万葉の昔から歌に詠まれていますから、
日本人の感性を揺さぶるものが何かこの木にはあるのでしょう。
IMG_9046 (640x360)

ちょっと見に来るのが遅すぎました。
もう花の半分が萎れています。
今年は暑いせいか、すべての花が例年より少しずつ早く咲いているような気がします。
IMG_9047 (640x360)

もう一週間早くチェックに来ていればと、後悔しきり。
IMG_9052 (640x360)

リアトリス(キク科キリンギク属)越に一枚。
IMG_9060リアトリス(キク科キリンギク属)別名ユリアザミ、キリンギク (640x360)

この黄色い花は、キクイモモドキ(キク科)だと判明。
IMG_9061 (640x360)

焼き牡蠣食べ放題

.23 2014 食と料理 comment(0) trackback(0)
桜木町駅前の横浜ブルク13で映画を見た後、
同じビルの6階の「かき小屋」という店に入りました。
大坪ご夫妻とブルターニュの海鮮レストランの話をしていたら、
無性に牡蠣が食べたくなったのです。
01IMG_8995 (640x480)
Un restaurant ou l'on mange les huitres a discretion !

壁に軍手がぶら下げてあります。
02IMG_8989 (640x480)

熱い焼き牡蠣に触るのに軍手が必要なのです。
03IMG_8969 (640x480)

最初の牡蠣が焼けるまでのつなぎに出てきた、
調理済みの牡蠣、えび、ムール貝です。このまま食べられます。
04IMG_8970 (640x480)

牡蠣の焼き方の指南書。
平らな方を下にして4分、
05IMG_8991 (640x480)

そして、ひっくり返してさらに4分焼きます。
最初のうちは、キッチンタイマーで時間を計って焼いていたのですが、
そのうち面倒になって、後は目見当です。
06IMG_8971 (640x480)

片手に軍手をして、貝を開きます。日本にはお箸という便利なものがありますね。
07IMG_8977 (640x480)

この店ではワインもコップ酒です。
08IMG_8979 (640x480)

口直しにカキフライも6個ついてきます。
09IMG_8972 (640x480)

殻はテーブルの下の一斗缶にポイポイと捨てます。
10IMG_8992 (640x480)

食べ放題ですから、お代わりをします。
結局二回お代わりをしてしまいました。
11IMG_8981 (640x480)

結局、牡蠣フライを含めて(10+10+12+4+6=)42個の牡蠣を二人で食べました。
やはり食べ放題がお得ですね。
12IMG_8984 (640x480)
On a mange finalement 42 huitres par couple!

最後のしめは、みそ味焼きおにぎり。
13IMG_8987 (640x480)

久々に、心行くまで牡蠣を食べることができました。
また来ましょう。

大坪和廣 油絵展

.22 2014 フランスの生活 comment(0) trackback(0)
横浜そごうにやってきました。
IMG_8967 (480x270)

そごう9階市民フロアのギャラリーダダで「大坪和廣 油絵展」(6月18日~24日)
が開かれているのです。
IMG_8968.jpg

フランスはブルターニュの風景画が中心ですが、
ドイツ・チェコ・スコットランドの絵もあります。

これはブルーターニュの農家。アジサイがつきものです。
otsubo01 (640x496)

懐かしいコーンブールのお城。手前の小さな湖が風情があるのです。
otsubo04 (640x541)

「夕景」という題の絵。夕日が木に当たって心地よさそう。
otsubo03 (640x485)

ノルマンディのオンフローの古い港。
otsubo02 (640x513)

大坪ご夫妻とフランスの思い出話、介護の話など
ぺちゃくちゃと立ち話で楽しいひと時を過ごしました。

油絵展の後は、桜木町の駅にやってきました。
IMG_8996.jpg

目的は、今日が公開日の映画「超高速 参勤交代」。
漫画チックな時代劇ですが、期待通りの軽いノリで楽しめました。
超高速参勤交代01

映画に出てきた、大井川の蓬莱橋をいつか渡ってみたいものです。

透百合の季節

.21 2014 花(草花) comment(0) trackback(0)
スカシユリの季節がやってきた。
この広場でも、
01IMG_8762 (640x480)

こちらの公園でも、元気よく咲いている。
02IMG_8956 (640x480)

私が知る限り、百合の中でも一番最初に咲く。
しかも、大体が日当たりの良いところで、
花が上向きに咲くので、写真を撮るのにも都合がよい。
03IMG_8763 (640x480)

花びらの付け根が細くなっているので隙間が見えるのが「透かし百合」の由来。
そういう意味で、この橙色の花が原種に近いようだ。
原種は、昨年佐渡島で見たイワユリで、Wikipediaによると、
日本海側では5~6月に咲き、太平洋岸では7~8月に咲くとのこと。
06IMG_8529 (640x480)

しかし、栽培品種は付け根が細くはないので透けてはいない。
私は、花が上向きに咲く百合はスカシユリと決めている。
04IMG_8764 (640x480)

これは、先日あじさい寺のそばで見た百合。上品な黄色をしている。
07IMG_8772 (640x480)

これはスカシユリではないのだが、茎も太くて少々の風では倒れない雰囲気だ。
花数も多くて、長く楽しめそう。
08IMG_8765 (640x480)

百合は植えっぱなしでも、毎年同じところに咲いてくれるから、
手間いらずでいいね。
 HOME