熱海梅園

.29 2016 花(木の花) comment(0) trackback(0)
糸川の熱海桜を見る前に、
01IMG_4748 (960x540)
L'abricotier du Japon

熱海梅園に立ち寄りました。
02IMG_4788 (960x540)

只今、4分咲きです。
03IMG_4779 (960x540)
Atami Baien Park Infomations: 40% are in bloom.

ここのお茶屋さんの辺りが
04IMG_4679 (960x540)

写真を撮るにはちょうどよい。
05IMG_4738 (960x540)

ピンク梅、
06IMG_4675 (960x540)

白梅、
07IMG_4705 (960x540)

紅梅とそろっています。
08IMG_4676 (960x540)

万両の赤が白梅に映えて余計に目立ちます。
09IMG_4678 (960x540)

前回ここに紅葉を見に来た時に、谷間にある公園を撮影するには
日の当たる午前中が良いというのを痛感したので
10IMG_4737 (960x540)

熱海桜を見る前にここにやって来たのです。

スポンサーサイト

麻生不動のだるま市

.28 2016 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
麻生不動のだるま市に行ってきました。
01IMG_5057 (960x540)
Marché de Daruma

これは納めだるまです。去年一年役目をはたしてこれから燃やされるのです。
こうしてみると、祭りというのは偉大な消費活動ですね。
02IMG_5055 (480x270)

縁起物ですから、ここに持ってくるしか捨てる方法がないということは、
この市場ではこの数しか毎年売れないということですね。
03IMG_5054 (480x270)

「歩こう会」でこのだるま市の存在を教えてもらってから、
毎年来ています。今年で4回目。
毎回このアングルから撮った写真をブログのトップに持って来ていたのですが
04IMG_5052 (480x269)

今年は燃やされる納めだるまを一面に持ってきました。
05IMG_5048 (480x270)

今日もいい天気だったので、自宅から4kmを妻と歩いてきました。
06IMG_5053 (480x270)

何か目的がないと往復8kmは歩けませんからね。
07IMG_5042 (480x270)

「ぶどう飴」というのは最近の流行りでしょうか。
今まで見た記憶がありません。
08IMG_5062 (480x270)

もう一つの発見は、
柿の木の苗がえらくひょろんと長くて根がむき出しだったこと。
09IMG_5064 (480x270)

おかげで今日は15000歩歩けました。

今年も熱海から

.27 2016 桜の名所 comment(0) trackback(0)
今年も桜の追っかけは熱海からです。
昨年は2月10日に訪れていますが、今年は半月も早く満開になりました。
01IMG_4882 (960x540)
Atami-zakura

親水公園に駐車するはずが一方通行の道を間違えて、
マリンスパあたみの駐車場に入ったところ
こんな素晴らしい桜に出会いました。
02IMG_4874 (960x540)

糸川の桜より、日当たりがいいせいか、
こちらの方が木も大きく咲きぶりも立派です。
03IMG_4993 (960x540)

海岸に出て、糸川の方に戻ります。
04IMG_4886 (960x540)

親水公園の2本の熱海桜も満開です。
05IMG_4898 (960x540)

糸川沿いの桜。
06IMG_4927 (960x540)

今年の驚は、ブーゲンビリアがもう咲いていたことでした。
桜とブーゲンビリアの取り合わせもレアものでしょう。
07IMG_4950 (960x540)

ことしもメジロに出会えました。
08IMG_4955 (960x540)

もう桜が散り始めています。
09IMG_4966 (960x540)

豹頭を見ると、何とかこいつと桜を絡めていい写真にならないかと
毎年試みるのですが、いまいちですね。
10IMG_4982 (960x540)

熱海桜の由来です。
沖縄寒緋桜と山桜の交配種だそうですが、
花の形は南足柄市の春めき桜とよく似ていますね。
11IMG_4912 (960x540)

熱海桜がこれだけ早く咲くとなると、
河津桜も春めき桜も例年より早くなりそうですね。
現地の情報に注意を払う必要があります。

手造り辛口

.25 2016 食と料理 comment(0) trackback(0)
美味しい日本酒を発見しました。
IMG_4670 (960x540)
Saké

広島県竹原市の中尾酒造場の「誠鏡」というお酒です。
NHK朝の連続ドラマ「マッサン」でも
マッサンの父親が造り酒屋をやっていましたね、
あの瀬戸内に面した竹原市です。
IMG_4668 (960x540)

私はなぜか純米酒というのがいまいち好きにになれません。
醸造用アルコールが添加されている日本酒が好きなのです。

調べてみると、
醸造用アルコールを添加する製法は「柱焼酎」といい、
江戸時代初めにはすでに発見されていたそうです。
これにより、水に溶けにくい香味成分をアルコールで溶かしだし、
また、純米酒の酸味を抑えてまろやかな味にし、
切れ味をよくして軽快な味にすることができるそうです。
(詳細はWikipedia日本酒を参照のこと)

日本酒の種類 はいろいろありますが、
いわゆる白米を削って作る超高級酒といわれる、大吟醸や吟醸酒でも
醸造用アルコールを添加しています。
純米という表示がなければ醸造用アルコールを使っていますね。

このお酒、一升2138円でしたので、
750mlのワインボトルに換算すると890円ですね。
この値段でこの味とは、幸せです。


ブリッジ・オブ・スパイ

.23 2016 映画 comment(0) trackback(0)
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を見に行きました。
bridgeofspy.jpg
Bridge of Spies film U.S.A. 2015

スピルバーグはさすがです。
他の監督と何が違うのかと問われてもにわかに答えられませんが、
とにかく絵がいい。
セリフではなく映像で分からせる技を持っているとしか思えませんね。

またまた出て来たベルリンの壁。
壁の建設場面と壁を越えようとして射殺される場面が非常にリアルでしたね。
どうも実際に壁のセットを作って撮影したようです。

1989年夏のドイツ旅行でベルリンの壁を見に行き、
同じ年の11月に壁が壊されたときは本当にびっくりしたものです.。
世界がガラガラと音をたたて変わったあの時から
もう25年がたったのですね。

あの時見た、薄汚い東ベルリンはどう変わったのでしょうか。
次男と私とガイドと三人で連れしょん したあのレストランはまだあるのかしらん。

アンノウンという映画を見た時にも感じたのですが、
もう一度ベルリンに行ってみたくなりました。

お勧めですよ、この映画。

 HOME