可愛い! Mignon!

.28 2016 身内話 comment(0) trackback(0)
孫にカブトムシを届けたのは、ついででした。
嫁から、一歳の記念撮影をするから手伝ってほしいと頼まれたのです。
付いて行ったのは恵比寿のとあるマンションの一室。
そこで女性のプロカメラマンが、撮影をしてくれました。
DSC_0054 (960x720)

さすがはプロです。
特にアシスタント?のお姉さんが秀逸。
上の子をあっという間にてなづけてしまい、ほめまくり、
時にはシャボン玉を吹いて注意をそらさないようにし、
自然な笑顔を引き出していきます。

以前、篠山紀信の撮影風景をTVか何かで見た記憶がありますが、
モデルさんをほめちぎり、ひっきりなしに喋りまくり
リラックスさせていました。

ここは子供専門の撮影スタジオで、
子供服やおもちゃがずらっとそろっています。
なぜか、窓ガラスにはフランス語の落書きがあり、
壁にもこんなロゴがあります。
DSC_0063 (960x720)

MIGNON(ミニョン)、フランス語で「かわいい」という意味です。

写真の出来上がりが楽しみです。
スポンサーサイト

今年こそカブトムシ

.27 2016 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
カブトムシの幼生を5匹、孫への手土産に持ってゆきました。
豊島園ですでに勉強していた孫は
「あっ、カブトムシの幼生だ」
とちゃんと難しい日本語をすでに知っていました。
DSC_0039 (960x720)
Les larves de Scarabée-rhinocéros japonais = Allomyrina dichotoma

去年は田舎に帰っている間に水をやらなかったので
うまく成虫になりませんでしたが、
今年は孫の家のベランダで育ててもらうことにしたのです。


今日は苑地ボランティアのメンバーが集まって、
自治会の祭り会場で売る腐葉土の袋詰めをやりました。
その腐葉土の中からカブトムシの幼生が出てくるのです。
00160001 (480x360)
On fait l'humus de feuille morte.

焼き魚は難しい

.27 2016 食と料理 comment(0) trackback(0)
昔の会社の同僚と待ち合わせて溝の口の魚竹水産で飲みました。
子持ちシシャモを注文したら、「はい、どうぞ」とすぐに出てきました。
焼き物だから時間がかかると思っていたのですが、
その早いこと早いこと。

それもそのはず、生の魚が出て来たのです。
「えー、これを自分で焼けというの」
DSC_0030 (960x720)
Au restaurant de pêcheur

案の定、ちょっと目を離すと、もう金網にくっついて、
ひっくり返そうとすると身がぼろぼろになってしまいました。

無残やな 網に焦げ付く 焼きシシャモ

ビールを頼んだら、突き出しですといって、最初にイカの切り身が出てきたのですが、
これも、たれが付いていて、すぐに金網に焦げ付いてしまうのです。
DSC_0029 (480x360)

楽だったのは牡蠣だけ。
これ、一個500円と観光地並みの値段をとるのですが、
高いだけあってサイズが大きい。
DSC_0032 (960x720)

お店としては、客に焼いてもらえば手間が省けるのでしょうが、
落ち着いて飲んでいられないのが欠点ですな。

確定申告完了

.25 2016 花(桜) comment(0) trackback(0)
確定申告にゆきました。
木曜日の午後だったので緑税務署はガラガラに空いていました。

年金から天引きされる介護保険料が前年から5割も増えたのですが、
健康保険料と同じ社会保険料の扱いで全額控除対象になるので
少しは取り返せたかなという感じ。

来年の確定申告からマイナンバーが必要になるそうです。

緑税務署の駐車場が使えないので、近くの谷本公園の駐車場を使ったのですが、
公園の河津桜は8分咲き。
01谷本公園 (960x720)

こちらは一昨日の、あざみ野の山内図書館前の河津桜です。
ほぼ満開でしょうか。
02あざみ野図書館桜01 (960x720)

カメラが壊れたので、スマホで撮った写真をパソコンにつないで
ここにアップしてみました。
02あざみ野図書館桜02(960x720)

なんとか見られるとはいうものの、
スマホだとどうしても手振れになりますね。
デジカメの手振れ防止機能というのは偉大ですね。
やはり新しいカメラを買うしかないですかね。

しかし、こうも寒くて天気が悪いと花見に行く気もしない。
お天道様が恋しいよ。

迎春花

.24 2016 花(木の花) comment(0) trackback(0)
黄梅(おうばい)を中国では迎春花というらしい。
旧正月のころに咲くからだという。
調べてみると、たまたま昨日2月23日の誕生花だった。
01IMG_5095 (960x539)
Jasminum nudiforum

木犀科ソケイ属(ジャスミン属)だということだが、近寄っても香りはしない。
02IMG_5094 (960x539)

それにしても、日が長くなりましたね。
夕方5時がまだ明るい。

 HOME