行田市たんぼアート

.31 2016 旅と観光 comment(0) trackback(0)
横浜に帰って以来、たび重なる台風に降込められていましたが、
迷走台風が去って、ようやく晴れ間が来ました。
閉塞ストレスに耐えかねて、本来9月中旬に計画していた
埼玉県行田市の田んぼアートを前倒しで見に来てしまいました。
01IMG_3121 (800x449)
それにしても関東平野は広いですね。
360度田んぼです。

6月に延べ1300人弱のボランティアが2.8haの田んぼに
9種類(緑、薄白、黄緑、銀、ピンク、黒、白、黄、オレンジ)の
稲の苗を植えたのです。
02IMG_3149 (800x449)

実際に田んぼに降りてみると、絵は見えなくなってしまいます。
03IMG_3148 (800x449)

この古代蓮会館の50mのタワーから見下ろすから
絵が見えるのです。
04IMG_3110 (800x449)

このあたりの土地を造成しているときに
田んぼの深くから1300年前の蓮がよみがえったのだそうです。
今では世界中の珍しい蓮が集められていて、
これはヴァージニア蓮。
05IMG_3114ヴァージニア蓮 (800x449)

小舞妃蓮。
06IMG_3116小舞妃蓮 (800x449)

平日ですが、そこそこの入場者がいました。
スポンサーサイト

白彼岸花

.29 2016 花(草花) comment(0) trackback(0)
カリタス女子短大の白ヒガンバナが咲きました。
去年の記事では8月31日に撮影しています。
20160829カリタス白ヒガンバナ (800x600)

赤紫のヒガンバナも。
20160829カリタス赤ヒガンバナ (800x600)

これらは栽培品種なので、普通のヒガンバナよりも早く咲きます。
この花は私にとっての秋の標準花なので、
これからあちこちのヒガンバナの開花状況をチェックし
秋の花追い行動計画をそろそろ作ろうという気にさせてくれる花です。

陸上女子はなぜへそを出すのか?

.28 2016 ブログ comment(0) trackback(0)
今晩の「林先生が驚く初耳学」でこの問題を取り上げていた。
IMG_3076 (800x372)
妻が「来て!来て!やってるわよ」と居間から叫ぶ。
私が陸上競技を見るたびに、いつもこの疑問を口にするので
呼んでくれたわけだ。

答えは
「胸の隆起によるたるみの空気抵抗を減らすためで、
シャツの場合よりも1m=0.1秒早くなるという」
というものだった。
林先生も初耳で「初耳学」に認定された。
林先生は大人の対応をしたのだと思う。
こういう些事に異を唱えてもしょうがないと判断したのだろう。

でもおかしい。
私は依然納得していない。
0.1秒も違うのだったら、男子だって絶対にへそを出すはずだからだ。
日本男子だって10秒を切れるはずだ。

第一、日本の陸上女子は、ぺちゃぱいで
たるみができるほど隆起がないではないか。
男子の胸の筋肉の盛り上がりのほうが大きいともいえる。

上の写真は、女子リレーのシーンだが、
左から二人目のフランスチームはへそを出していない。

私の独断と偏見でいえば、
「要は女が見せたいから見せているだけじゃないの?
あれはファッションだ。テレビ映りもいいし、
視聴率が上がるから、国際陸連がそう仕向けている?」
ということにしかならない。

走るタイムにあまり関係のなさそうな、
やり投げ、砲丸投げ、ハンマー投げでも女子はへそを出している。
一時期、女子ゴルフでも、ショットの時のへそ出しルックが流行った。
あれで、テレビの視聴率が上がったと思う。

「要は女が男にへそを見せたいだけなのだ」
と私は思う。

納得できる反論を待ちたい。

蒜山高原SA

.27 2016 食と料理 comment(0) trackback(0)
島根から横浜に帰ってくるとき、米子道を初めて通りました。
大山を過ぎ、岡山県に入ったところで
蒜山高原SAで昼食をとることにしました。
IMG_3100 (800x449)

有名なひるぜん焼そばでも食べようと思っていたのですが、
目に入った看板がこれ。850円!安いじゃないの。
IMG_3102 (800x449)

ところがどっこい、このボリュームでした。
IMG_3103 (800x449)

茶そばだけで、東京の蕎麦屋の2倍はありますね。
それに大きなコロッケと唐揚げが2切れ。
お豆腐までついていますからね。

若い人向けの定食でした。
年寄りにはちょっと量が多すぎました。
おかげで夕食は軽くお稲荷さんだけ。


ブルターニュOB会

.26 2016 身内話 comment(0) trackback(0)
ブルターニュ駐在時代のメンバーの一人が
還暦になったのでそのお祝いに、
またまた猥雑な新橋の飲み屋街に出没。
01DSC_0700 (800x600)

入った店は、祝われる人が指定した
「鯛麺真魚(たいめんまお)」。

最初に出てきたのがこの皿と
DSC_0693 (480x360)

刺身皿。
DSC_0694 (480x360)

次にこういうサラダ。
DSC_0695 (480x360)

イタリアンと中華と和食が融合した不思議な料理が続きます。
DSC_0696 (480x360)

そして締めに、還暦の客が一番食べたかった
「鯛ラーメン」。
鯛の出汁がよく効いた辛口ラーメンです。
DSC_0697 (480x360)

ババロア風なデザートが出てくるのも面白い。
DSC_0698 (480x360)

飲み放題の日本酒、焼酎、赤・白ワインも
吟味してあって、それなりにいけます。
たまにはこういう一風変わった店もいいですね。

昼はこの鯛ラーメンが人気で混むようです。

 HOME