ザ・コンサルタント (原題 The Accountant)

.31 2017 映画 comment(0) trackback(0)
アメリカの田舎の町のしがない会計士が、
実は世界の裏社会の帳簿を操り、
夜はゴルゴ・サーティーンのようなスナイパーに変身して
大金を稼いでいるという夢のようなお話。
The Accountant
原題は「The Accountant(会計士)」なのだが、
なぜか邦題は「コンサルタント」に変更されている。
どうも映画関係者の常識というのがよくわからない。
私個人的には、コンサルタントというと
建築設計事務所を最初に思ってしまうのだ。
なぜ「会計士」では興行成績が上がらないと判断されたのだろうか?
「会計士の昼と夜」とか「殺しの会計士」でもいいと思うのだが。

ともかく、もと経理屋の私としては「The Accountant 」という原題を見て、
これはぜひ見なくてはと思い、渋る妻を誘ったのだ。
妻の感想は
「面白かったわ、でもなんであんなに人を殺さなきゃいけないの」である。
その点は私も同感だ。
不正経理がばれそうになった会社の経営者が
殺し屋を雇って経理部長を殺したりするのだが、
不正を発見しかけた女子経理事務員を
事故に見せかけて殺せば済む話なのにと思うのだが、
それではドンパチシーンが撮影できなかったからだろうと思う。
この辺りが少し脚本が弱いところだ。

もう一つの不満はAsperger (アスペルガー)を
字幕ではすべて「自閉症」と翻訳していることだった。
今では日本でもアスペルガー症候群
「発達障害」と呼んでいるはずなのだ。
昔から著名な数学者・科学者・発明家は、
IQは異常に高いのだが、
コミュニケーション能力に問題があり
小学校に通うことができなかった人が多い。

この映画の主人公も同じで、親がカウンセラーに相談している隣で
千ピースのジグソーパズルをあっという間に仕上げてしまい、
最後に嵌めるワン・ピースが失くなったと泣き喚く。
机の下に落ちていた最後のピースを別の発達障害の子供が拾い上げて
それを嵌めたらパズルが完成したというシーンが印象的だった。

いずれにせよ、見て損はないおすすめ映画だ。

スポンサーサイト

今年の桜は早いのか?

.29 2017 花(桜) comment(0) trackback(0)
あざみ野駅裏の山内図書館前の
河津桜が開花していました。
DSC_1476 (480x360)

スマホで撮影したのですが、
なぜか何枚撮ってもピントが合わないのです。
DSC_1468 (480x360)

この桜を毎年定点観測しているのですが、
昨年より2週間弱早いです。

熱海桜が例年より2週間早く開花したのですが、
見ごろの時期は昨年と同じだったので
他の桜の見ごろも昨年と同じかと考えていたのですが、
やはり今年は桜の見ごろ時期も早くなるのでしょうか。
花見の計画を変えねばなりません。

この6年間のこの木の開花時期を比較してみると
2017・1/29(今年)
2016・・・・2/08
2015・・・・・・・・2/16
2014・・・・・2/10
2013・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/04
2012・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/10

やはり熱海市役所が
「今季は12月が寒く、花芽が目覚め、
昨年よりも約2週間程度早く開花いたしました」
と言っているように、
12月の温度に左右されるのでしょうかね。

L'Escalier

.29 2017 食と料理 comment(0) trackback(0)
ここは自由が丘の一角です。
あらかじめプリントした店の地図の通りに来たのですが
中華料理屋しかありません。
DSC_1460 (480x360)

よくよく見ると中華料理屋の左側に狭い階段がありました。
L'Escalier(レスカリエ)とは階段のことです。
DSC_1462 (480x360)

ここはフレンチレストラン。
DSC_1464 (480x360)

「築地よりのお魚」とはこれ。
鯛と鱸のポワレです。
DSC_1465 (480x360)

今日はブルターニュのOB会。
中国とベトナムで働いている現役組が春節で帰ってきたので
新年会を兼ねたOB会です。
CBOBmask (480x320)

この会の幹事はいつもフレンチかイタリアン、
要するにワインの飲める店を選ぶのです。
このお店は20人ほどが入れる小さなお店です。
そこに12人ものジジイが入ってワインを飲んで騒ぐのですから
お店も大変だったでしょう。
我々12人が席に座っていると、後から入ってきた女性4人組が
我々を見て「あらっ」と言いました。
そうです、大体こういう店は女性客が殆どで、
男性がこれだけたくさんいるのは珍しいのです。
それもジジイばかり。

この店のテーブルは胸に認定ソムリエのバッジを付けた
マダムが一人で仕切っていました。
キール・ロワイヤルのカシスの量はもっと少なめにしてくれとか、
白はアリゴテかミュスカデはないのかとか
うるさいことばかり言う客です。
そのうち、チーズの盛り合わせを頼んだり、
カルバドスを飲みだすやつもいましたが
結局は割り勘なので飲んだやつの勝ちです。

久々に愉快な一日でした。

とろけるタンシチュー

.28 2017 食と料理 comment(2) trackback(0)
熱海桜を見る途中、
いつもの海辺のジョナサンで食事をしようと歩いているとき
こんな看板が目に入りました。
「とろける」といわれると
入りたくなってしまうじゃないですか。
DSC_1452 (480x360)

中は和風の飲み屋という感じで、
天井には和紙の張った提灯ランプがぶら下がり、
カウンター6席、4人掛けテーブル2つという小さなお店です。
我々が入ったときはカウンターは満席、
もう一つのテーブルにも客がいました。
DSC_1449 (480x360)

最初がこんな器に入ったサラダ。
テーブルの上には箸しかおいてありません。
嬉しいじゃありませんか。
私はサラダなんかナイフとフォークで食べるもんじゃない
なんで箸を置いていないんだと言いたいほうですから、
私と同じ思いを持っている店の経営者に拍手!
DSC_1442 (480x360)

次のアントレ。
生魚のマリネというかカルパッチョみたいなものと
大根の上に肉のこま切れを載せたような料理です。
これもお箸でいただきます。
DSC_1443 (480x360)

パンはオーブンでもう一度温めたのでしょうか
中はあつあつの湯気が立っていました。
DSC_1445 (480x360)

いよいよメイン料理の「とろけるタンシチュー」。
給仕の人が目の前で熱々の銀紙を破いてくれました。
その瞬間にローズマリーの香りが来ましたね。
DSC_1446 (480x360)

こういう魚料理用のスプーンのような、
薄く平べったいナイフ?スプーン?と
お箸で食べました。
DSC_1447 (480x360)

そして最後のコーヒーとデザート。
4品もありますよ。
まさに、こういうのをカフェ・グルモンというのでしょうかね。
DSC_1448 (480x360)

満足、満足でしたよ。

熱海梅園は只今五分咲き

.27 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
熱海桜を見る前に、梅園に立ち寄りました。
ここは狭い谷間にあるので、
午前中しか日が射さないからです。
04IMG_7495 (800x449)

ここは早咲きの梅が多いのですが、
その早咲き梅が只今五分咲きです。
05IMG_7440 (480x269)

この梅園に来るのはかれこれ5~6回目ですから
01IMG_7484 (800x449)

写真を撮るアングルも限られてきて
02IMG_7491 (800x449)

少し飽きましたかね。
03IMG_7493 (800x449)

ここにもメジロの大群がいて
必死で狙うのですが
やはり、コンパクトデジカメで狙うのには
難しいものがあります。
06IMG_7451 (800x449)


梅の花だけ撮っても面白くないので
花鳥風月の花と鳥が入った写真が欲しいのです。
07IMG_7475 (800x449)

梅まつりの時期は、猿回しなどの
大道芸人がたくさん入っています。
08IMG_7503 (480x269)

この大道芸人ユウキ君の芸は見事でした。
09IMG_7545 (480x269)

とくにこの中国独楽の芸は素晴らしかった。
10IMG_7563 (480x269)

最後に投げ銭をいくら入れるかで迷いましたが、
映画が2時間で1800円、
ゴルフの打ちっぱなしが一時間で1210円、
等からすると、一時間楽しませてくれたら
千円というのが私の相場観です。
15分の芸だったので千円の4分の一の250円
が私の評価額でした。
二人分の500円玉を放り込んでおきました。

 HOME