マリアンヌ(映画)

.28 2017 映画 comment(0) trackback(0)
マリアンヌ(原題 Allied )を見ました。
ブラッド・ピット主演のハリウッド映画ですが
なぜか私の嗅覚にはフランスの匂いがプンプンするのです。
これは絶対見なくっちゃと思っていました。

最後はまたまた泣いてしまいました。
最近涙もろくなって、年でしょうか。

映画の予告編を見れば、
話の筋はすべてわかりますので
ストーリーはそちらを見てください。

フランスレジスタンスの女スパイを演じる
マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)
見た瞬間にフランスの女だと感じさせる
雰囲気を持っています。
marianne01.jpg
2008年にエディット・ピアフを演じて
アカデミー主演女優賞をとっていますし、
最近私が見た映画では「君と歩く世界」に出演していました。

女の名前がマリアンヌ・ボーセジュール(Marianne Beausejour)。
マリアンヌとはまさにフランス共和国を象徴する自由の女神の名前ですし、
ボーセジュールはボルドー・サンテミリオンの有名なワインです。
marianne03 (480x270)


1942年モロッコの砂漠に降下した
連合軍の情報将校 Max Vatan (ブラッド・ピット)は
marianne02.jpg
本部の指示の通りこの女と組んでドイツの要人を暗殺します。
このあたりのモロッコのシーンはNHKスペインドラマ
「情熱のシーラ」と全く同じです。
当時のモロッコはスパイが暗躍する国だったのですね。

Max Vatan はカナダのケベック州モントリオール出身
ということになっていますからフランス系カナダ人なので
当然フランス語がしゃべれますが、
ケベック訛りをパリ訛りに直そうと
彼女に訓練されるシーンが出て来ます。

しかし、ブラッド・ピットがフランス語をしゃべるとはね。
必死で練習したのでしょうね。
ですからこの映画の中ではフランス語と英語が
交互にポンポン出て来ます。
イギリスで結婚して夫婦喧嘩をするときなどは
英語とフランス語とちゃんぽんですよ。
字幕もフランス語の部分は英語と日本語の両方が出て来ます。

見て絶対損はしない映画です。
昨日のアカデミー賞ではこの映画は
衣装・デザイン賞にノミネートされていました。
マリアンヌが来ていた服はたしかに色っぽくシックでしたね。

それにしてもブラッド・ピットは53歳、
マリオン・コティヤールは41歳だというのに
二人とも若くて色っぽいことこの上ないのは
なぜでしょうか。

スポンサーサイト

あざみ野近辺の開花状況

.27 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
今日も晴れてはいるものの外に出てみると
異常に寒い。
今年は河津桜が例年より2週間早く、
そのほかの花の咲き具合も異常だ。
来年のために現時点の
あざみ野近辺の開花状況を記録しておく。

荏子田2丁目のミモザは満開。
01201702261607荏子田2丁目 (800x449)

大場町バス停近くのマンションの庭の
ミヤマガンショウ(モクレン科オガタマノキ属、中国原産)。
5本のうち2本開花。
0220170226大庭町 (800x449)

同じく大場町バス停近くの沈丁花。
03IMG_8693 (800x449)

図書館前の河津桜は散り始め。
04201702231348河津桜 (800x449)

江田駅そばの寒桜は開花はしているが、
見ごろはあと一週間後か?
05201702231404江田寒桜 (800x449)

あざみ野南3丁目の桃畑は三分咲き。
あと数日で見ごろになるか。
06201702231519あざみ野南3丁目 (800x449)

元石川の桃源郷は殆どつぼみ。
07201702261536花桃 (800x449)

まだまだ半月はかかりそう。
08IMG_8684 (800x449)

元石川の寒緋桜は満開。もう十分見ごろ。
09IMG_8679 (800x449)

ホトケノザは畑一杯に繁殖中。
10IMG_8677ホトケノザ (800x449)

誕生会

.26 2017 身内話 comment(0) trackback(0)
これはお兄ちゃんの書いた絵です。
「お母さんとひまわり」
20170225誕生会03 (480x360)
ポニーテールがお母さんをよく表しています。
ひまわりの顔の種の部分はよく観察されています。
じじばばは「上手上手」と褒めますが、
やっぱりお母さんが恋しいのです。
「公園で遊ぶとき、みんなは弟の面倒ばかり見て
自分のことは誰も注意してくれない」と
お母さんに訴えたそうです。
(反省!反省!)

昨日は弟の2歳の誕生会に招待されました。
20170225誕生会01 (480x360)

お父さんとお母さんに買ってもらった
ペダルのない自転車にさっそく初騎乗です。
20170225誕生会02 (480x360)
お兄ちゃんが自転車に乗るのを見ていたのでしょう。
初めてにしては様になっていました。

弟のほうが可愛い盛りで、
ついついそちらのほうばかりかまってしまいますが
お兄ちゃんのほうは「もうほっといても大丈夫」ではなくて
やっぱりちゃんと遊んでやらないといけないと
反省した一日でした。


曽我梅林2017

.25 2017 花(木の花) comment(0) trackback(0)
6年連続で曽我梅林にやって来ました。
01IMG_8653 (800x449)

保坂邸のしだれ梅も、今年はすでに半分散ってしまい
見る影もありません。
02IMG_8638 (480x480)

毎年2月末から3月初めにかけてやって来ているのですが
03IMG_8642 (480x269)

やはり今年はいつもの年よりも梅も相当早い。
04IMG_8660 (480x269)

フキノトウが可愛らしかった。
05IMG_8655 (480x269)

梅林の客は見向きもしませんが、
昨年発見した剣沢川の下流の土手の
オカメザクラの並木をチェックしてみました。
0604IMG_8651 (480x269)

残念ながら、まだ開花したばかりです。
妻が数えたところ約84本もありました。
0705IMG_8652剣沢川84本 (480x269)

海老名サービスエリアで買ったお弁当をいただきます。
梅林の中に椅子があちこちに置いてあるのです。
08IMG_8662金目鯛西京焼弁当 (480x269)

お祭りセンターでつきたてのあんこ餅を買いました。
これがデザート。
09IMG_8665 (480x269)

歩数を稼ぐために丘に登ります。
10IMG_8670 (480x269)

丘の農道のそばのオカメザクラは日当たりがよいのか
こちらは満開です。
11IMG_8675 (480x269)

この桜を眺めていたこの近くに住んでいるらしきおばさんに、
南足柄市に新しくアサヒビールの工場ができて
そのそばの春めき桜がいいよという情報をもらいました。
今度出かけてみましょうかね。

コトリアード Cotriade 

.24 2017 食と料理 comment(0) trackback(0)
~「しりべしコトリアードとは」~
フランス・ブルターニュ地方の郷土料理を
ヒントに北海道後志地方で獲れた魚介類・野菜
北海道産乳製品など、地元の食材を使用した
IMG_8127 (800x449)

「ひえー!ブルターニュ地方だってよ。知ってた?」
「知らないわよ、私も初めて」
IMG_8131 (800x449)
しりべし(後志)コトリアード ・・・・・・・・ Shiribeshi Cotriade

小樽の朝里川温泉のホテルの夕食で出てきた料理です。
ブルターニュに8年住んでいたのですが、
この料理に出会ったことはありませんでした。
郷土料理というのは家庭料理で、
レストランのメニューに出てくることが稀なので
出会っていなくても不思議ではないのですが。
Kig Ha Farz(キーカファース)だって家庭教師のお宅に
訪ねてごちそうしてもらって初めて知ったくらいですから。
レンヌでよく通っていたタベルナという魚介専門レストランでも
スープ・ド・ポワソン(黄色い魚のスープ)はよく飲みましたが、
このミルクを使った白い魚介スープは飲んだことがなかったのです。

辞書を引いてみました。
当時使っていた1989年版のロワイヤル中辞典(旺文社)にも
GEM(三省堂)にも載っていません。
2011年に買った電子辞書(ロワイヤル中辞典)には載っていました。
Googleのフランス語版にアクセスしたらさすがにありましたね。
Wikipedia-frの記事がありました。
ブルターニュ南部のモルビアン県の料理だそうです。

それにしても、ブルトンの伝統料理に北海道で出会えるとはね。

この旅館の庭にあった、キャンドルサービス。
IMG_8159 (480x269)

IMG_8163 (480x269)

ホテルの前のスキー場では日曜日なので
花火が打ち上げられました。
IMG_8147 (480x269)

朝起きてみると、こんなところでした。
IMG_8164 (480x269)

IMG_8165 (480x269)
 HOME