水ばしょう(刺巻湿原)

.30 2017 花(草花) comment(0) trackback(0)
予期せぬ”水ばしょう”との出会いです。
01IMG_1837 (800x449)

東北自動車道を降りて46号線を西に向かうと
ものすごい雨で、天気予報を疑いましたが
雫石を過ぎたころから晴れて来ました。
ときどき秋田新幹線の列車とすれ違います。
そうこうするうちに、左手に真っ白な花の咲いた
湿原が現れるようになりました。

刺巻湿原(さしまきしつげん)水ばしょう群生地でした。
道路のすぐわきですから、いやでも車を止めざるを得ません。
02IMG_1804 (800x449)

6月になると尾瀬に水芭蕉を見に行こうか
とかいう話になるのですが、
鳩待峠の登りは結構きついですからね。
ここはフラットです。
03IMG_1809 (800x600)

まったく予期せぬ、ご褒美ですよ。
04IMG_1810 (800x600)

ザゼンソウにも出会えました。
05IMG_1818 (800x600)

もうこれで、尾瀬に行く話は出て来ませんね。
旅一つ分もうかった感じ。
07IMG_1823 (800x449)

駐車場の売店でこんなポスターを見つけました。
この近くに、こんなものすごい「かたくり群生の郷」があるそうです。
(仙北市西木町小山田字八津249-1)
08IMG_1839 (800x600)
今までカタクリの群生地は
城山カタクリの里(神奈川県)と
白河の関跡(福島県)しか見たことはありませんが
こんなにびっしりと密生した群生ではありません。
開花期は4月の中旬と書いてあるので
もしまた角館に桜を見に来ることがあれば
ついでに行って見てもいいかもしれません。

スポンサーサイト

弘前の夜桜

.30 2017 桜の名所 comment(0) trackback(0)
我が家の花見は今まですべて昼間でした。
今回は泊まりですので、思う存分夜桜が楽しめます。
スマホで居酒屋を検索して、時間をつぶしました。
01IMG_1693 (800x450)

居酒屋から弘前公園に帰る途中の、
青森銀行の建物です。
02IMG_1694 (800x600)

初めての夜桜ライトアップで気がついたことは、
枝垂桜がきれいに撮れることでした。
03IMG_1753 (800x600)

枝垂桜は枝がスカスカなので
昼間撮影するとうまく撮れないことが
往々にしてあるのです。
04IMG_1715 (800x449)

もう一つの発見は水鏡。
夜の水面は鏡そのものですから
逆さ花がきれいに撮れます。
05IMG_1726 (800x449)

さらなる発見は、昼間とは違う
色合いが出ることです。
06IMG_1789 (800x600)

光のあたり加減でしょうか、
桜の種類が違うとかくも色が変わるのか。
07IMG_1728 (601x800)

いろいろな発見はありましたが、
やはり夜桜のだいご味は
光る桜の天井ですね。
08IMG_1784 (800x449)

女学生のはしゃぐさまが微笑ましい。
09IMG_1733 (800x600)

宴会桟敷席は満席ではありません。
上野公園に比べたらここはゆったりとしていますよ。
10IMG_1770 (800x449)

射的場のこの少年の上手なこと。
景品を次々と積み上げてゆきます。
11IMG_1780 (800x449)

これは翌朝のホテルの窓から見えた朝日をあびた岩木山。
12IMG_18010428朝の岩木山 (800x449)

もう一度公園に帰って写真を撮り直そうかとも
心が揺らぎましたが、あきらめて角館へ出発です。
角館までは4時間近くかかるのですよ。


桜の洪水 弘前城(昼の部)

.29 2017 桜の名所 comment(0) trackback(0)
「行くか?」
「行こう!」
天気予報と桜の咲き具合を見て急きょ決定です。
朝6時に出発、一時間おきに運転を交代して
弘前駅前のビジネスホテルに着いたのが午後3時前。
駅前から出ている100円バスに乗って弘前公園に着きました。

弘前城の天守は本来は石垣の角ぎりぎりに立っていたのですが
今はジャッキアップしてしばらくはこの場所に仮住まい。
01IMG_1568 (800x449)

それでも、天守に登ることはできます。
天守の窓から見た岩木山。
02IMG_1557 (601x800)

天守を移動したのは、石垣を修復するためです。
NHKも修復の様子を取材中でした。
03IMG_1534 (800x449)

それにしても場内は桜、桜、桜の洪水です。
全部で2600本とか。
04IMG_1574 (800x450)

そのうち一本でも都内にあれば人が群がりそうな
枝垂桜の銘木が随所にあります。
それも白いのとピンクのと。
05IMG_1551 (800x449)

これは染井吉野ですが樹齢が120年。
明治に植えた年がはっきりしているので
いい加減な年齢ではありません。
染井吉野の寿命は60年といわれますが
手入れがよければ長生きするということですね。
06IMG_1529 (800x449)

お城ですから皇居の千鳥ヶ淵に負けない
お堀があります。
07IMG_1599 (800x449)

しかも千鳥ヶ淵のように2時間半待ちなどということはありません。
いつでも乗れます。
08IMG_1626 (800x600)

乗っているのは外国人観光客が多く、
橋の下から外国語の嬌声が上がって来ます。
09IMG_1645 (800x449)

ここのよいのは全員に
ライフジャケットをつけさせていることですね。
10IMG_1601 (800x449)

お堀といえば、ここも花筏が有名なのですが
それはもう少し後のGWに入ってからでしょう。
11IMG_1628 (800x449)

お堀端に桜のトンネルが約2kmにわたって続いています。
あざみ野のトンネル桜は比べ物になりません。
12IMG_1613 (600x800)

桜の下のぼんぼりには、
子供や孫を自慢したくてしようがない人々が
寄付をして写真を載せています。
13IMG_1606 (800x449)

もちろん企業広告のほうが多いのですがね。
これで桜祭りの経費を少しでも回収しているのでしょう。
14IMG_1640 (800x449)

ここは場内にある護国神社。
これだけ大量の黄色い提灯は初めてです。
おみくじも枝垂桜の枝に結んでありました。
15IMG_1649 (800x449)

この屋台はフレンチなのかイタリアンなのか
国籍不明です。
16IMG_1658 (800x600)

パンフレットにカメラマーク(撮影ポイント)があったので来てみると
岩木山が中央に入るポイントでした。
岩木山は弘前市の西にあるので、
朝早く朝日の当たるころに来れば
いい写真が撮れるのではないかと思いました。
17IMG_1668 (800x450)

今晩は泊まるので、翌朝もう一度ここに来るかどうか
さんざん悩みましたよ。


千鳥別尺ヤマザクラ

.26 2017 桜の名所 comment(2) trackback(0)
4月25日(火)、横浜へ向けて出発です。
広島県庄原市にはよい桜がたくさんあるのですが、
まだ散らずに残っていたのはこの一本だけ。
01IMG_1493cut (800x600)

千鳥別尺ヤマザクラ。
(広島県庄原市東城町千鳥字別尺439-2)
02IMG_1466 (600x800)

手前の田んぼに水をはって逆さ花を
演出しているところが憎いじゃありませんか。
03IMG_1467 (600x800)

左に咲いている白い花はスウメだそうです。
ネットで検索すると、梅の実より小さいものをスウメ、
大きいものをスモモというらしい。
スウメは岡山県で特産品として栽培されているようですね。
04IMG_1468 (800x600)

スウメの下で一心にお経を唱えるお坊さんがいました。
その隣にかしこまっているのは背の高いガイジンさんですよ。
変わった人はどこにでもいるものです。
05IMG_1473 (480x360)

木の背中を回って
06IMG_1471 (800x600)

ぐるっと一周してみました。
07IMG_1483 (800x600)

駐車場はあるのですが、無料でした。
ただここに至るまでの道は細かったですね。
08IMG_1485 (800x600)

広島県の天然記念物なのですが、
樹齢を書いていないのが奥ゆかしいです。
09IMG_1479 (800x600)

この桜にたどり着く途中で見たこの木。
黄色いのは花ではなく新芽でした。
10IMG_1461 (800x600)

素晴らしいヤマザクラに感動し、
気分はルンルンで横浜に帰りました。

三刀屋の御衣黄

.26 2017 花(桜) comment(0) trackback(0)
「しまねっと」というNHKの地方版ニュースで
御衣黄(ぎょいこう)(薄緑色の花をつける桜)
が見ごろというのを見て、
三刀屋城跡公園(島根県雲南市)に花見に来ました。
4月22日(土)のことです。
御衣黄やピンクの八重桜がたくさん植えられています。
02DSC_1708 (480x360)

神代植物園や町田牡丹園にも
御衣黄の木は一本は植えられていますが、
それにしても、これだけたくさんの御衣黄が
あるところは初めてです。
01DSC_1707 (600x800)

城跡の下を流れる三刀屋川堤にも
御衣黄は10本以上植えられているのです。
03DSC_1705 (800x600)

咲き始めは薄い黄緑色の花びらが、
時がたつにつれて中央が赤くなってきます。
04DSC_0397 (480x360)

三刀屋川の両岸は染井吉野の並木が続いていて
普通の花見でも十分な名所なのですが、
八重咲のピンクの関山や
06DSC_1710 (480x360)

白い普賢象などもしっかり植えられていて
二度花見ができるようになっています。
05DSC_1709 (480x360)

島根県にこんな桜の名所があるなんて
知りませんでしたよ。


三刀屋町から大森銀山へ向かう途中、
51号線が工事中のため迂回路で見つけた
名前はないけれど立派な枝垂れ桜です。
山中のため開花が遅かったようです。
0700020002 (480x360)

この後、大森銀山でいい写真をたくさん撮ったのですが、
iPadに転送しようとして失敗し、
すべての写真を消去してしまいました。
これらの御衣黄の写真もスマホに残っていたものを
使いました。

 HOME