FC2ブログ

人間力とは?

.30 2017 ブログ comment(0) trackback(0)
テレビで小学生の全日本なわとびかっとび選手権をみていたら、
担任の先生が「人間力が向上する」と発言しました。
人間力?????
なにそれ?
早速、電子辞書をひいてみましたが、そんな言葉はありませんでした。
私の辞書はデジタル大辞泉と明鏡国語辞典です。
今度発売される広辞苑には「人間力」という単語は入っているのでしょうか。

ネットで検索すると、2003年に「人間力戦略研究会」なるものが
政府によって組織されていました。
そこに人間力なるものの定義らしきものがありましたが、
全く気に入らないので、ここにコピペするのはやめます。
しかし、それに影響を受けている先生がすでにいるということが気に入りません。
あなたには人間力が足りないなんていわれたら、
全人格を否定されたような気分になりますよね。
どうにでも解釈できるようないいかげんな言葉を使うのは危険です。
人間力があるとかないとか、低いとか高いとか、いいかげんにしてほしい。

人間は産まれたときから人間力を持っています。

君は植物力はもっているよね。
スポンサーサイト



五郎の王子

.29 2017 島根県 comment(2) trackback(0)
八幡さままではわずか200m。
祭りの夜は夜通しで石見神楽があるので、
夜9時ころ、覗いてみました。
神事が行われていました。
IMG_6956 (800x600)
野菜、果物、米、酒などなど大地の恵みを神様に捧げます。

稚児舞いも初めて見ました。
考えてみれば田舎の秋祭を観るのは何十年ぶりです。
DSC_0047 (800x600)

境内にタコ焼きとイカ焼きの屋台が2台でていました。
私の子供の頃には屋台はなかったように記憶しています。
IMG_6965 (800x600)

神事のあとは明け方まで神楽です。
IMG_6958 (600x800)

徹夜組の観客の下足です。
IMG_6992 (800x600)

私は、最初の演目を見て一旦家に帰り、
朝5時に起きて再訪しました。
朝来てみると、もうヤマタノオロチを演じていました。
IMG_6973 (800x600)

私は勘違いをしていました。いままで大蛇が最後の演目だと思っていたのです。
大蛇のあとの五郎の王子(「五神」)が打ち上げ演目でした。
IMG_7026 (800x600)

中国地方に古くから伝わる祭文のようです。
春青、夏赤、秋白、冬黒という四人の王子が
東西南北の領地を治めているところに、
五人目の年の離れた弟の王子が現れて、
自分にも相続分の領地を分けてほしいと言います。
争いが起きますが、見かねた天の使者が降りてきて調停をし、
中央部に領地を分けてもらい、平和に決着がつくというお話です。

大多数の石見神楽の演目のように、
勧善懲悪のちゃんちゃんばらばらではなく、
台詞のすごく多い演目です。
自然、四季、暦など農業に関係する?ことを延々と述べるのです。
よくは理解できませんでしたが、
なんとなく秋祭の最終演目に決まっていることは納得しました。

雨のため、日曜日の子供神輿とお菓子配りは中止になりました。

田舎の祭り

.28 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
この土日は八幡さまのお祭りです。
昔は10月の最後の日が祭りの日だったような記憶がありますが、
近年は10月の最終の週末という風に変わったそうです。
我が家の前にもこんな御幣が。


これは何を表しているのでしょうか。結界でしょうか?


ここが鎮守の森。


祭りの準備は着々とできていますが、生憎と台風が近づいて雨です。


土曜日の夜は夜通しの石見神楽。日曜日はお神輿があり、
子供たちには我が家の駐車場でお菓子が配られます。

最近の日本では10月最終日はハローウィンということになっていますが、
ここでは今年の収穫を祝うのです。
新米20171028 (360x480)
今朝、親戚から脱穀したばかりの新米をいただきました。

スズランの実

.27 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
花だけでなく、秋になってこの強烈な赤い実をつけて
存在をアピールするのが、スズランです。

でも、こいつは毒入りです。食べられもしないものを
なぜこんなに目立つ色にしているのでしょうかね。
そういえば、この畑に小鳥が来ているのをみたことがありません。

庭の草抜きにあわせて、枯れ葉を取り除くことにしました。


きれいになりました。これで枯れ葉が隣近所に飛んでいくことはありません。

また来年この畑いっぱい、花を咲かせてくれるでしょう。
毒で雜草を排除致します。

生えていいのは苔だけ

.26 2017 島根県 comment(0) trackback(0)
今回の帰省の最大の目的は庭の草取りというか草抜き。

横浜はマンションのためメリケンカルカヤが生い茂っていても、
だれもぬこうとか刈ろうとかはしません。
管理組合がやってくれるまで誰も動かないのです。

田舎ではそうはいきません。
空き家でもない限り、こんなに草を生やしてはいけないのです。
カヤツリ草が多いですね。


なんと我が家の庭にもメリケンカルカヤが生えています。
気がつけば横浜だけではなく、島根県もこの草に征服されていました。


今日は親戚のおばさんとそのお友達が草抜きに来てくれました。
我々夫婦と四人で家の回りの草を抜きまくりました。
手伝いのお二人はプロなので細かい専用道具を使って根から抜きます。


実にきれいになりました。
庭に生えていいのは苔だけなのです。


我が家の近くの空き地と畑です。
草一本生えていません。横浜とえらい違いです。
 HOME