FC2ブログ

ゆずようかん

.23 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
妻の反対を押し切って、
長瀞の有隣倶楽部で買った「ゆずようかん」です。
DSC_1608 (800x600)

山口県萩市の銘菓に「夏蜜柑丸漬」がありますが、
あれと似ていますね。
ただし、あちらは夏蜜柑なのでもっとサイズが大きいのですが、
こちらは柚子なので皮のサイズが小さく、
羊羹が皮に納まりきらず、切腹最中のようにはみ出しています。
DSC_1610 (480x360)

はみ出しているお腹のほうを向こうにして切ってみました。
DSC_1611 (480x360)

一人四分の一食べるのは多すぎるので
DSC_1612 (480x360)

さらにカットしたら、中に筋が入っていて、
勝手に十六分の一に割れてしまいました。
DSC_1613 (480x360)

確かに羊羹に柚子の味が染みていて、
いいお茶うけになります。
00480001 (480x360)

残りはサランナップに包んで保存です。
妻が嫌がるのは、量が多くて一度に食べきれないからです。
冷蔵庫に入れておくと、そのうち忘れてしまいますからね。

横瀬の彼岸花

.21 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
長瀞町から13km南下して横瀬町の
寺坂棚田(埼玉県横瀬町1845)にやって来ました。
01IMG_4018 (800x449)

武甲山に会うのも2年ぶり。
02IMG_4028 (800x449)

2015年9月3日
2016年9月2日
ここを訪れていますが、
いずれも白い彼岸花を見るためでした。
今日は普通の彼岸花です。
03IMG_4048 (800x449)

ミソハギと武甲山。
04IMG_4054 (800x449)

午前中の長瀞は晴れていたのですが、
なぜかここに来るといつも雲がでてきます。
05IMG_4032 (800x449)

白い彼岸花もいいですが、
やはり赤もいいですね。
06IMG_4071 (800x449)

白い彼岸花が数株残っていました。
07IMG_4078 (800x449)

帰ろうかという頃になって日が射してきました。
日が当たると色が暖かく変わるのですよ、残念。
08IMG_4091 (800x449)

駐車場の下には蕎麦の花が満開でした。
09IMG_4003 (800x449)

薬師池公園に蕎麦の花を見に行きますかね。


長瀞秋の七草寺めぐり

.19 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
なんとまあ、世界は真っ黄色!
IMG_3858 (800x449)
ここは埼玉県長瀞(ながとろ)町の真性寺で
女郎花(オミナエシ)の寺と呼ばれています。
お寺の周りの畑にびっしりと植えられています。
一本二本ならどこでも見かけますが、
これだけ大量のオミナエシを一度に見たのは
生まれて初めてです。

女郎花の黄色と彼岸花の赤が
すばらしいコントラストをなしています。
IMG_3861 (480x269)

秋雨前線の晴れ間を逃してなるものかと、
長瀞秋の七草寺めぐりにチャレンジしました。

パンパスグラスが秋の空によく映えます。
IMG_3792 (480x269)
道光寺は尾花(ススキ)の寺です。
境内には43種類のススキ、カヤが植えられています。

これは無料巡回バスの御一行様。
平日だけ9:30と13:30に長瀞駅前から出発し、
七つの寺をガイド付きで回ってくれるのです。
並んでいるのは御朱印をもらうためです。
IMG_3804 (480x269)

ウスギモクセイが咲き始めていました。
IMG_3800 (480x269)

ポーポーの実が実際に木に成っているのを初めて見ました。
IMG_3803 (480x269)

その次は法善寺。藤袴(フジバカマ)の寺です。
フジバカマはこれからなんでしょうか
あまり咲いていませんでした。
満開の藤袴にツマグロヒョウモンが飛び交う
景色を期待していたのですが。
IMG_3824 (480x269)

4番目は多宝寺。桔梗(キキョウ)のお寺です。
寺の入り口の畑に桔梗がたくさん栽培されていました。
桔梗も見ごろは過ぎかけています。
DSC_1595 (360x480)

そのかわり、紫苑(シオン)や
IMG_3835 (480x269)

コスモスが植えられて、参拝客に秋を堪能させてくれます。
IMG_3833 (480x269)

5番目は洞昌院。萩の寺です。
寺の前の畑には赤と白の萩がびっしりと植えられています。
IMG_3872 (480x269)

今まで萩の名所と言われる、
横浜の徳善寺やあきる野市の大悲願寺などを訪れましたが
これだけ大量の萩を見たのは初めて。
IMG_3879 (480x269)

お寺の表だけではありません、裏山にも
一万本の萩があるというのです。
IMG_3881 (480x269)

こういう坂をのぼります。
IMG_3884 (480x269)

裏山の斜面は墓地なのですが、
墓は周りをすべて萩に囲まれているのです。
ここに眠っている人は幸せです。
IMG_3890 (480x269)

6番目は、遍照寺。葛(クズ)の寺です。
葛は島根の田舎でも横浜でも嫌われ者ですが、
それをなんと藤棚のようにして植えているのです。
IMG_3896 (480x269)

こうやって葛の花をしげしげと見たことはありません。
IMG_3902 (480x269)

やっぱりマメ科なんですね。
IMG_3909 (480x269)

葛の木?は直径20cmを超えていますよ。
この根を掘り起こしたら大量のくず粉が手に入りますね。
IMG_3910 (480x269)

7番目、最後のお寺は宝登山の麓にある不動寺。
撫子(ナデシコ)のお寺です。
ナデシコは8月に一回目が咲き、
10月から二回目が開花するそうです。
IMG_3926 (480x269)

そのかわりにお寺の山に白い彼岸花がたくさん咲いていました。
IMG_3946 (480x269)

ツマグロヒョウモンが蜜を吸っています。
IMG_3949 (480x269)

秋の七草をたっぷり堪能した後は、
長瀞町のパンフレットに載っていた
お食事処有隣倶楽部にて旬の膳
「七草御膳」をいただきました。
IMG_3914 (480x269)

せっかく長瀞に来たのだからと
宝登山神社にお参り。
社殿はキンキラキンですね。氏子が多いのでしょうか。
IMG_3968 (480x320)

日傘が粋です。
IMG_3971 (480x320)

長瀞渓谷も見たことがなかったので、
岩畳を見に行きました。
IMG_3987 (480x320)

ラフティングの若者たち。
IMG_3994 (480x320)

それにしても長瀞町は努力していますね。
観光客を呼び込むためにいろんな仕掛けを考えています。
宝登山の山頂にロウバイ公園を作って冬にも客が来るようにし、
春はカタクリ、桜、ツツジ、
夏は川下りだけではなく、天然氷のかき氷を売りに出し、
秋は紅葉はもちろん、こうやって秋の七草寺めぐりのルートを作り、
一年中客が途絶えないように努力しています。

島根の田舎の温泉がさびれているのですが、
こういう努力を全くしないのですから客が来ないのも当然でしょう。
花ぐらい植えたらどうかと思うのですがね。


彼岸花

.18 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
我が家の周りの彼岸花が咲き始めました。
DSC_1590 (800x600)

先週の金曜日にここを通りかかった時には
まだつぼみすらなかったのです。
DSC_1591 (480x360)

彼岸花はだんだん人気が出てきたというか、
我が家の周りでも
球根を植える人が増えてきたように思います。
DSC_1592 (480x360)

最近はラジオやテレビの天気予報の時間にも
彼岸花の開花をコメントするようになりました。
秋のバロメーターとなって来たようですね。



玉手箱発見 JEU de COCHONS

.17 2018 フランス語 comment(0) trackback(0)
埃をかぶった玉手箱を発見しました。
10年前のものです。
IMG_3764 (800x533)

麻雀セットが3組!
IMG_3765 (480x320)

チェスが2セット。
右の小さいポータブルタイプは新婚旅行の時に
スイスで買ったもので
「パリまでの列車の中で相手をさせられたわよ」
と妻が言っています。
IMG_3766 (480x320)

将棋盤と駒。
IMG_3790 (480x320)

大物を取り出した残りは、オセロほかの小物。
IMG_3767 (480x320)

なつかしい軍人将棋。
IMG_3769 (480x320)

フランスで子供たちがやっていたゲームですが
ルールがわかりませんね。
IMG_3771 (480x320)

ポカホンタス。
箱の中のセロハンが切っていないので
使ったことのない新品です。
IMG_3774 (480x320)

ドミノ。
これはいいです。
孫と遊ぶのにちょうどいい。
IMG_3773 (480x320)

これは何でしょうね???
新品です。たぶんフランス人からお土産にもらったのでしょうか。
IMG_3770 (480x320)

JEU de COCHONS(子豚のゲーム)と書いてあります。
ルールらしきものが書いてありますね。
IMG_3787 (480x320)
Wikipedia-Jeu de Cochons でルールを調べましたよ。
日本の周り将棋のようなものですね。
将棋の駒の代わりに2匹の子豚を振って目を出すのです。

Cochon Nul
2匹ともばらばらに横向きに倒れたときは0点。
Bon flancs
2匹とも同じ向きにわき腹を横にして倒れたときは1点。
(右側のわき腹には"・"のマークがついており、左のわき腹には何もない)
Trotteur
1匹が四つ足で立ったら5点、2匹とも立ったら(Double)で20点。
Tournedos
フランス料理(円い牛ヒレ肉の周りに背脂を巻いたやつ)の名前ではありません。
1匹が背を下にしたら5点、2匹ともで(Double)で20点。
Groin groin
鼻ずらと前足を下にして逆立ちしたら10点、2匹ともで(Double)で40点。
Bajoue
頬と耳を下にして逆立ちしたら15点、2匹ともで(Double)で60点。
Bon jambon
二匹が触れたり、他方の上に乗ったりしたら0点で、
しかもそれまでの累積得点がすべてゼロになる。
なるほど、厳しい!

周り将棋が大好きなおにいちゃんと今度これで遊んでみましょう。
喜ぶに違いありません。




 HOME