FC2ブログ

期待以上の湖東三山

.25 2018 紅葉 comment(4) trackback(0)
11月22日(木)小雨、

余呉湖の旅館の女将さんの
「鶏足寺の紅葉には失望したと言うお客さんは多いけれど、
湖東三山の紅葉は期待を裏切らないから」
という言葉に勇んで琵琶湖の東岸を南下しました。


まずは三山の一番北の天台宗の西明寺(さいみょうじ)。
蓬莱庭という素晴らしい庭園もあり、
IMG_6357 (800x533)

庭には春秋冬に咲くという不断桜もあり、
IMG_6336 (800x449)

写真を撮りまくったのですが、
結局一番上の本堂に到達したら、
もうそれまでの写真はどうでもよくなって、
IMG_6376 (800x533)

三重塔をいかにフレームに収めるか
IMG_6379 (800x800)

それだけに心を奪われてしまいました。
曇り空のほうが紅葉の赤は余計目立つようです。
IMG_6384 (800x533)

本堂の中は撮影できませんが、いろんな仏像があって、
説明役のお坊さんの話も面白いので是非中に入りましょう。
IMG_6387 (800x533)

帰り道の途中にある十一面観音も可愛らしいですよ。
IMG_6393 (800x533)

🚙

次は3kmほど離れた同じく天台宗の金剛輪寺(こんごうりんじ)。
IMG_6397 (800x533)

ここにも素晴らしい庭があって
IMG_6426 (800x533)

ここでまず写真を撮りまくります。
DSC_1809 (600x800)

庭から本堂までの道のりが長い。
道の両側には水子地蔵がずっと続いていて
子を亡くして悲しむ親がいかに多いかよくわかりました。
DSC_1814 (600x800)

ようやく頂上の二天門にたどりつきました。
この程度で息が切れていては
とてもマチュピチュには登れそうもありません。
IMG_6436 (800x533)

ここにも三重塔があり、
IMG_6443 (800x533)

血染めの紅葉と名がついた木があります。
IMG_6439 (800x533)

それにしても素晴らしい、感無量です。
DSC_1824 (600x800)
さらに8km南下します。

🚙

最後が、ここも天台宗の百済寺(ひゃくさいじ)。
この一帯は天台宗の一大勢力地だったようで、
どの寺も信長勢の焼き討ちにあっているようでした。
IMG_6446 (800x449)

ここにも素晴らしい庭園と
IMG_6447 (800x533)

散歩道があるのですが、三重塔はありません。
DSC_1835 (600x800)

この日の雨は帽子をかぶっていれば気にならない程度で助かりました。
曇り空で紅葉の色が一層濃く見えて帰ってよかったようです。
それにしても湖東三山の紅葉は期待をはるかに超えるものでした。
京都のお寺の紅葉と比較して全く遜色ありません。
しかも京都の殺人的な人出と比べるとここは天国です。

湖北の紅葉を求めて

.24 2018 紅葉 comment(0) trackback(0)
小原の四季桜を見た後は
以前宿泊したことのある大垣のホテルに泊まりました。
ここのホテルはショッピングモールの目の前にあるので
食事の便が非常に良いのです。

11月21日(水)、朝7時にホテルを出発です。

🚙

8時に徳源院(滋賀県米原市)に到着しました。
我々のほかにはお客はわずかにに2人。
IMG_6101 (533x800)

この寺は鎌倉室町時代に北近江を支配した佐々木京極氏の菩提寺です。
IMG_6111 (800x533)

この塀の向こうに池泉回遊式庭園があるのですが
9時にならないと開園しないのであきらめました。
IMG_6115 (800x533)

残念ですが次に向かいます。

🚙

8時55分、
姉川古戦場のそばのこんな道の駅にさしかかりました。
IMG_6121 (800x533)

「浅井三姉妹の郷」という名の道の駅です。
このあたりは信長に焼かれた浅井家小谷城の城下町だったのです。
IMG_6122 (800x533)

🚙

9時20分、近江狐蓬庵(こほうあん)(滋賀県長浜市)に到着。
IMG_6131 (800x592)

庭はすべて苔に覆われています。
IMG_6144 (800x533)

小室城(長浜市)の城主で、千利休、古田織部とともに
日本三大茶人として名高い小堀遠州の菩提寺です。
IMG_6147 (800x533)

ここもお客は我々のほかにわずかに2人。
IMG_6153 (800x533)

管理人の姿は見えず、
参観料(300円)を入れる箱が置いてあるだけです。
IMG_6165 (800x533)

道端にムラサキモメンズルの小さな群生がありました。
IMG_6181ムラサキモメンズル (800x533)

ノジギクのなかにマルバルコウが顔を出していました。
IMG_6182マルバルコウ、ノジギク (800x533)

🚙

10時20分、鳥足寺(長浜市)の入り口に着きました。
道路は道案内のガードマンがいたるところにいて、
臨時駐車場に案内してくれます。
次から次からくる車で駐車場はどんどん埋まってゆきました。

お寺に向かう道筋の大谷川に儲けられた魚道。
IMG_6187 (800x533)

駐車場から鶏足寺の大門跡まで1.4km歩かされます。
途中の茶畑。
IMG_6193 (800x533)

ようやく到着しました。
これです、この景色を見るために今回の旅行を計画したのです。
ですが、思い描いていた絵と違う! 違う!
旅行会社のパンフレットに載っていた写真はこんなものではありません。
IMG_6197 (533x800)

上の写真をソフトで加工して赤を強調するとこうなります。
これですよ観光パンフレットに載っている写真は。
DSC_1797 (621x800)

反対側から見ると少しは色が濃く見えますかね。
IMG_6211 (800x533)

パンフレットの写真に騙された観光客が、この日だけでも
1万人以上は来ているのではないでしょうか。
週末はもっとすごい混雑になるようですよ。
IMG_6223 (800x533)

🚙

塩津街道あぢかまの里という道の駅で昼食。
ふな鮓のお茶漬け定食。
DSC_1800 (800x600)

🚙

2kmに及ぶメタセコイアの並木道があるというのでやって来ました。
高島市のマキノ町、マキノピックランドの近くです。
IMG_6236 (533x800)

残念ながらこれが黄色に染まるのはもう少し後のようです。
IMG_6248 (800x533)

この並木道は観光バスのルートになっているようです。
停車せずに走り抜けるだけのようですが。
IMG_6255 (800x449)

🚙

少し湖西を南下して、湖の中に立つ鳥居のある
白髭神社に参拝しました。
IMG_6256 (800x533)

湖西線の近江高島駅のそばにあった塔。
ガリバー青少年旅行村というのが近くにあるようです。
IMG_6264 (800x533)

この橋を見にやって来たのですが、
観光客は誰もいません。
ここは乙女ヶ池といわれ、恵美押勝の乱や壬申の乱の戦場だったそうです。
IMG_6268 (800x449)

この日の夜は余呉湖の湖畔の旅館に宿泊しました。

三度目の小原四季桜

.23 2018 桜の名所 comment(0) trackback(0)
三度目の小原四季桜です。
01IMG_5960 (800x449)

やはり紅葉と桜の下を歩いてみたい。
02IMG_6004 (800x533)

柿と桜のショットを撮ってみたい。
03IMG_6020 (800x534)

それを叶えてくれるのがこの可憐な四季桜です。
04IMG_5888 (800x533)

写真を趣味とする方には絶好のターゲットですよね。
05IMG_6034 (800x449)

11月20日は晴天でした。
06IMG_5935 (800x449)

やはりこの赤と白の組み合わせが最高です。
07IMG_6061 (800x449)

川見地区を後にして大洞地区にやって来ました。
08IMG_6098 (800x533)

樹齢300年という山茶花も健在。
09IMG_6096 (800x533)

祭り会場のテントのおじさんが
「初めてですか?」
「いいえ、3度目ですよ」
と妻が答えると、
10IMG_6075 (800x533)

横浜から3回も来てくれるなんてと
この桜の小枝をプレゼントしてくれました。
11IMG_6454 (533x800)

私の知らない新宿駅南口

.21 2018 東京 comment(0) trackback(0)
いやー、嬉しくなってしまいます。
アメリカの馬にでも食わせろというサラダとは大違いです。
こういう上品なサラダなら私も食べるのです。
01DSC_1771 (800x600)

新宿の高島屋ビルにて新宿中村のインドカレーを食べています。
サラダを食べたフォークが取り下げられてしまったので、
らっきょうをどうやって食べるか思案中。
02DSC_1772 (800x600)

このビルからはバスタ新宿が見下ろせます。
03DSC_1775 (480x360)

高島屋と山手線の間にはこんな遊歩道ができていました。
04DSC_1767 (360x480)

目的地はここ、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAです。
05DSC_1768 (360x480)

もう代々木駅のほうが近い。
06DSC_1769 (480x360)

なぜこんなところにきたかというと、
このお芝居を観るためです。
07DSC_1776 (480x360)
若いころは体力があったので、
三島由紀夫の小説は金閣寺から豊饒の海まで全作読んでいます。
その豊饒の海が舞台化されたというので、これはぜひ見なくっちゃ
ということになったのです。

素晴らしい舞台でした。
幕はないのに、
黒子が舞うようにして椅子や机など取り換えたかと思うと
照明が変わって場面がどんどん変化していくのです。
登場人物が何人か突っ立ったままで台詞を言いあうというような
退屈で動きのない演出はありません。

それにしても東出昌大はかっこいい。
とにかく背が高くて足が長くてモデル出身だというのがよくわかります。
映画より舞台のほうがよけいに彼の特徴が目立つのです。
惜しむらくは、彼の声がやや甲高く、舌足らずなしゃべり方が気になることです。
発声方法を変えない限り彼は舞台ではものになりませんね。

観劇が終わった後、周囲を散歩しました。
IMG_5791 (480x320)

これでも18の年から12年間都内に住んでいて東京は知っているつもりでしたが、
新宿駅の南口がこんなに変貌したなんて知りませんでしたよ。
IMG_5796 (480x320)

まるでお上りさん状態です。
IMG_5800 (480x320)

明治神宮外苑の銀杏並木通りで行列を作っている
お店がここにもありました。
IMG_5803 (480x320)

バスターミナルに登ってみました。
IMG_5806 (480x320)

新潟行きもあれば、京都大阪行きもあります。
IMG_5808 (480x320)

飛騨高山はまだ行ったことがありません。
IMG_5811 (480x320)

浅間温泉もです。
IMG_5812 (480x320)

このお姉さんかっこいい。
ハイヒールで膝をぴんと伸ばした人はなかなかいませんよ。
IMG_5821 (480x320)

ライトアップの時間です。
IMG_5819 (800x533)

甲州街道改札口なんて昔はなかったなー。
IMG_5825 (480x320)

人が列を作っているとそのあとに並びたくなるのは人情というもの。
IMG_5826 (480x320)

これを買ってしまいました。
IMG_5827 (480x320)

奇跡のスフレプリンです。なかなか美味!
IMG_5830 (480x360)

ざる菊ツアー2018

.20 2018 花(草花) comment(0) trackback(0)
アメリカから帰って来て、しばらくは雨の日が続いたので
遅ればせながら11月14日、ざる菊ツアーに出かけました。
まずは二宮町の善波さんのお宅から。
IMG_5831 (800x449)

今年はツルウメモドキにフウセントウワタの組み合わせ。
IMG_5833 (800x449)

妻はいつもここで野菜を買うのですが、
野菜売り場の横に今年は水槽を見つけました。
IMG_5835 (480x269)

赤いメダカです。
IMG_5836 (480x269)

色んなメダカがいるのですね。
IMG_5837 (480x269)

🚙

小田原の総世寺のざる菊は、鉢の数が年々増えているような気がします。
IMG_5840 (800x449)

こういうお墓もいいですね。
IMG_5841 (800x449)

お寺の隣の鈴木さん宅。
IMG_5843 (800x449)

やはりもう一週間早ければ、富士の白さが映えただろうに、残念。
IMG_5844 (800x449)

アカナスは食べられはしないそうだけれど、
写真映りはいいね。
IMG_5847 (800x449)

つぎは山道を走って南足柄市の矢倉沢へ。

🚙

関場菊園は道路の上からのぞくだけ。
IMG_5849 (800x449)

前田菊園。
やはり見ごろを過ぎているので、花の色が変わってきています。
IMG_5850 (800x449)

ダチュラの花を下から撮ってみました。
IMG_5851 (800x449)

ここのお宅は、毎年花の色が違いますが、
サークルの形は同じ。
IMG_5852 (800x449)

上の山菊園は今年は列が長くなってカーブしていました。
IMG_5853 (800x449)

ミカンが美味しそう。
IMG_5855 (480x269)

毎年ここでサネカズラの実を見るのですが、
まだ花を見たことがありません。
IMG_5858 (800x449)
「花だけ見に来ようか」
と妻が言います。
8月頃に咲くらしいのですが。

 HOME