FC2ブログ

フランスNo1チーズ「コンテ」の試食

.30 2018 食と料理 comment(0) trackback(0)
「黒木華のフランス美食散歩」ででてきた
フランスNo1~3のチーズが食べてみたくて
わざわざたまプラーザの東急デパートで
チーズを買ってきました。
IMG_6847 (480x320)
No1のコンテというチーズは調べてみると、
「フランスのフランシュ・コンテ地方に広がるアルプスに近いジュラ山脈一帯で、添加物を一切使わず職人が手作りしているハードタイプの熟成チーズです。山脈特有の気候風土がつくりあげたおいしさと伝統を、酪農家、チーズ工房、熟成士が1000年以上にわたって守り続けています。その限りなく豊かな風味とナチュラルな味わいは、フランスのみならず世界で広く愛され、フランス産AOP(原産地呼称保護)認定チーズの中でNo.1 の生産量を誇ります」となっていました。
興味のある方はこのサイトの動画を見てください、
フランス人がしゃべる英語を聞くことができます。

なんだ、私がフランスに入植して初めて入った語学学校があった
ブザンソンの町がある地方じゃないですか。
フランシュ・コンテのコンテですか、なるほど。

ハードタイプのチーズで私の好みです。
ワインによく合っていくらでも食べれます。

No3のサンテ・モール・ドゥ・トゥーレーヌは
「美しい「フランスの庭園」と呼ばれるロワール地方中流域、トゥーレーヌ地区産。よーく見ると両端の太さが違います!ビュッシュ(Buche)=薪のような形、しかも中央に麦わらが一本!大きさが違うのはもろいシェーヴルチーズを崩さずに型から抜くため、そして麦わらはチーズの補強とより良い熟成のためなんです!周囲には木炭の粉がまぶされ、存在感抜群です。召しあがる際には先に麦わらを抜いてからどうぞ!」だそうです。
確かに中に麦わらが一本芯として入っていました。

「これ、クロタンと同じ味よね」
クロタンは同じロワール川のトゥールよりさらに上流でつくられる
山羊のチーズですから、さほど味に変わりはありませんでした。

チーズの相方のワインは妹が私の誕生祝にくれた
ニュイ・サン・ジョルジュです。
IMG_6848 (480x320)

このワインの薄い赤色はピノ・ヌワール100%の特徴です。
このワインがこんなにチーズと相性がいいと初めて知りましたよ。
IMG_6851 (480x320)

とここまでは非常に幸せな気分でぐいぐいとワインを飲んでいたのですが、
3番目のラクレット・ドュ・ジュラに愕然!
食べてみると柔らかい。
「なにこれ、スイスのラクレットのチーズじゃん」

実はフランスNo2のサン・ネクテールをくれと言ったら、
東急デパートのチーズ売り場のお兄さんが
「サン・ネクテールをご指名とは、
チーズを売るものにとってこれ以上の幸せはないのですが、
大変残念ながら只今在庫がありません。
そのかわり近くのサヴォイ地方の似たようなチーズがあるのですが
それはどうでしょうか」
と言ってこのチーズを買わされてしまったのです。
買う時にはチーズの名前をよく確認しなかったのです。

チーズの包み紙に小さく印刷された文字を読んで初めて気がつきました。
ラクレットだったら買わなかったのに。
お兄さんに騙されてしまった!

これで少し腹が立ってきて、それまでの幸せな気分が半減してしまいました。

しょうがない、幸い息子たちはラクレットが好きだから
正月に溶かして食おうということにしました。

スポンサーサイト



Best 10 Shots 2018

.28 2018 ブログ comment(0) trackback(0)
いよいよ年も押し詰まり、恒例により、
今年の我が家の十大ニュースと
Best 10 Shots を選んでみました。

十大ニュース
①義母の逝去(1月) 
②グランド・キャニオン旅行(10~11月) 
③姪の結婚式(10月)
④友人夫妻との島根名所めぐり(4月) 
⑤湖東三山紅葉巡り(11月) 
⑥北九州旅行(5月)
⑦元乃隅稲成と角島大橋(3月) 
⑧ヒメサユリの丘(6月) 
⑨日光シラネアオイ(6月)
⑩舞台「豊饒の海」(11月)

Best 10 Shots
第一位 網を持つ少年
20180818魚掬い (800x600)

第二位 由志園 牡丹の花筏
20180429 由志園02 (800x449)

第三位 みなとみらい全館点灯
20181221yokohama01 (800x449)

第四位 アンテロープ・キャニオン
DSC_1727 (600x800)

第五位 月川温泉の花桃の里
20180421月川温泉01 (800x449)

第六位 湖東三山 西明寺の紅葉
IMG_6376 (800x533)

第七位 ローラーコースターの飛び込み
20180311Roller coaster a Yokohama (800x449)

第八位 グランド・キャニオンの青カケス
Woodhouses Scrub-Jay 02 (800x503)

第九位 元乃隅稲成神社
20180314元乃隅稲成神社 (800x450)

第十位 角島大橋
20180314角島大橋 (800x449)

こうやってその年のBest 10 Shots を選んでいますが
過去の写真を眺めるとその時の情景が鮮やかによみがえります。
読んだ本の内容はすぐに忘れてしまいますが、
見た映画のシーンは何年たっても覚えているのです。
記憶は映像で残すのがよいようです。
2017年 Best10 Shots
2016年 Best10 Shots
2015年 Best10 Shots
2014年 Best10 Shots
2013年 Best10 Shots
2012年 Best10 Shots

黒木華のフランス美食散歩

.27 2018 フランス語 comment(0) trackback(0)
NHKEテレの「旅するフランス語」に
10月から黒木華(はる)が出演しています。
彼女はこの番組に出られたことがうれしくてうれしくて
たまらないようで、はしゃぎにはしゃいでいます。
(よくわかります、こんな美味しい仕事はありませんよ)
kurokihana marche (480x303)
9月までは常盤貴子がゴッホやカミユなどの足跡を追って
南仏を観光旅行する番組でしたが、
今回は黒木華がアパルトマンを借りて滞在し、
料理をするという構成になっています。
野菜を切る彼女の包丁さばきはなかなかのものです。

テーマが料理なので、私の知らない単語が
結構次から次へと出てくるのです。

以下は私の勉強メモです。

第1課のテーマは Fromage (チーズ)です。
フランスで一番人気のあるチーズは、
第3位 Sainte-Maure de Touraine
(サント・モール・ド・トゥーレーヌ)、
IMG_6778 (480x320)

第2位、Saint-Nectaire(サン・ネクテール)、
IMG_6780 (480x292)

第1位、Comté(コンテ)だそうです。
IMG_6784 (480x320)

私がよく食べていたチーズは、
カマンベール、ブリ、ソシエテ、クロタン、
ゴルゴンゾーラ、ゴーダチーズなどで、
上の三つはまったく知らなかったので驚きでした。
ぜひ今度買ってみて試食してみようと思っています。

番組の中で作ったチーズ料理の材料は
Mont d'Or (モンドール)という
スイスに近い地方で冬場に作られるチーズ。
IMG_6786 (480x320)

なんのことはない、チーズに穴をあけ、胡椒を振り、
穴の中に白ワインをぶち込んで、200℃のオーブンで
20分焼いただけのもの。
Fondue au Mont d'Or (モンドール・フォンデュ)だそうです。
でも美味しそう。
IMG_6787 (480x320)



第2課のテーマはエクレア。
ここでいろんなお菓子が出て来ました。
菓子パンはUne viennoiserie。

religieuse (ルリジューズ=修道女)。
確かに尼さんに見えなくもない。
IMG_6790 (480x320)

Paris-Brest 。
パリとブレストの間の自転車レースを記念してつくられたお菓子。
IMG_6792 (480x320)



第3課のテーマはカフェ・オレ。
日本では
カフェ・オレ(Café au lait 牛乳入りコーヒー)といいますが,
なぜかフランスでは
カフェ・クレーム(Café crème(クリーム入りコーヒー)といいます。
これは本当です、私もブザンソンの語学学校で
一番初めにこのことを覚えました。

黒木華が朝食を食べに連れてゆかれたのが、
6区サンジェルマン・デ・プレの
La Pallete(ラ・パレット)というカフェ。
Cafe Le Repaire de Cartouche (480x304)
壁に有名画家の絵や、使っていたパレットが飾ってあります。

このお店の朝食セット。
不思議なことになぜか目玉焼きがついています。
IMG_6793 (480x320)

バゲットを半分に切ってバターを塗ったタルティーヌ。
IMG_6795 (480x320)

これにさらにジャムをべっとり塗って、
IMG_6796 (480x320)

カフェに浸して食べるのです。
IMG_6797 (480x320)

この後、Musée Jacquemart-André(ジャックマール・アンドレ美術館)
の中にある Salon de thé でおやつを食べていましたよ。
Musee Jacquemart-Andre (480x306)
壁の絵が凄いですよね。
もう一度パリに行って、ここでお茶をしたくなりましたよ。



第5課Pâté(パテ)で新たに覚えて単語がこれ、
Un moule à terrine(テリーヌ型)。
ムールは部品を作る金型のことだと思っていたので、
こんな陶器の箱をムールと呼ぶとはね。
IMG_6811 (480x320)



第6課Ratatouille (ラタトゥィユ)で
市場に食材を買いに行ったときに出てきた表現。
なにせ私はこういうものを買ったことがないので、
こういう表現も知りません。
IMG_6813 (480x320)
「"une botte de thym"なんて使ってた?」と妻に聞くと、
「こういう場合は "un bouquet de"と言っていたような気がするわ」

une grappe de tomates cerises
IMG_6815 (480x320)

une barquette de myrtilles
IMG_6816 (480x320)

ああ面倒くさいなんて言ってはいけないのです。
フランス人に言わせれば、日本語の
いっ本、いっ冊、いっ個、いっ匹、いっ頭、いち羽、
一人(ひとり)、ひと箱、ふた袋
などのほうがはるかに面倒だと言います。
数字もイチ、ニー、サンのほかに、ひー、ふー、みーだしね。

もっとも私が実際に買い物をするときは、商品を手に取ったり、
指さしたりして、あれください、これくださいで済ませてましたね。
だからこういう表現を知らなくても生きてはいけます。

Ratatouille (ラタトゥィユ)の語源を知りました。
IMG_6817 (480x320)

黒木華の相手のフランス人がつくったラタトゥィユ。
上の写真の材料は煮た後ミキサーにかけて下に敷いてあります。
ずいぶんと手間がかかっています。
IMG_6819 (480x320)

スパークリングワインをアン・ヴァン・ペティヨン
とよぶことを初めて知りました。
確かにシャンパーニュ地方で作ったものだけが
シャンペンを名乗れるのですよね。
IMG_6820 (480x320)



第7課Pot-au-feu (ポトフ)ででてきた骨髄(Os à moelle)。
これ食べたいね。
IMG_6826 (480x320)

11区のポトフ屋(La Repaire de Cartouche)の親父は、
ポトフには軽い赤ワインのピノ・ノワールがいいと言っています。
(ピノ・ヌワールは軽い酒だったの?)
しかもそれをシャブロしろと勧めています。
IMG_6828 (480x320)

シャブロするとは、赤ワインをあとから少し料理にかけてみることです。
こうするとまた別の味が楽しめると親父は言っています。
IMG_6830 (480x320)

食感表現も勉強しました。
tendre 柔らかい、mou 柔らかい・ふわふわの、fondont とろとろの
craque かりかりしている、croustillant ぱりっとしている。




第8課 Révision (復習)ででてきた
BUSTRONOMEというこのバスはいったい何でしょう。
IMG_6831 (480x320)

はとバスのようなパリ市内を観光するバスなのですが
IMG_6833 (480x320)

何とバスの中で暖かい食事が出てくるのです。
バスの一階でシェフが腕を振るっていました。
IMG_6835 (480x320)

こんな豪華な食事です。
IMG_6842 (480x320)

妻は極端に乗り物に弱いので
「絶対にこんなバスには乗らないわ」
と言っています。
このバスは2014年から走っているそうで、今や大人気だとか。
2017年からはロンドンでも走り始めたそうです。
日本でも走りませんかね。

第9課からは黒木華はリヨンに移ってまたアパルトマンを借り、
そこで料理を作ります。
この続きはいずれまた。

川崎のクリスマス風景

.24 2018 神奈川県 comment(0) trackback(0)
今日はお昼から川崎の長男宅でクリスマスパーティ。
このバゲットはあざみ野のパン屋のよりおいしいです。
DSC_1989 (480x360)

帰り道に、新しくできた川崎駅北改札の
駅中商店街をのぞいてみました。

このケーキ屋さんは繁盛しているなと思ったら、
DSC_2004 (480x360)

隣のもう一軒のケーキ屋さんのほうがもっと長い列ができていました。
DSC_2002 (480x360)

駅中はやはり人の入りが違いますね。

カウンター立ち食い寿司の店もあります。
DSC_2003 (480x360)

溝の口駅のイルミネーション。
DSC_2007 (480x360)

♪街の灯りがとてもきれいねYOKOHAMA♪

.22 2018 横浜ダウンタウン comment(0) trackback(0)
♪わた~しは揺れ~て♪
01yokohama.jpg

クリスマス直前の金曜日だけは、みなとみらいのオフィスは全館点灯です。
02yokohama.jpg

そしてナビオスの下ではキャンドルカフェもあります。
03yokohama.jpg

生演奏付き。
05yokohama.jpg

路上アートも。
04yokohama.jpg

若い人の願い事が叶いますように。
07yokohama.jpg

赤レンガ倉庫前の広場では
IMG_6615 (480x269)

スケート場ができていて、クリスマス・マーケットが開かれていました。
IMG_6619 (480x269)

月をクリスマスツリーの星に見立てました。
IMG_6630 (480x269)

ドイツ料理屋台でソーセージとザワークラウト、
そして修道院のクラフトビール。
11yokohama.jpg

グランモールの並木のイルミネーション。
12yokohama.jpg

クイーンズタウンのツリー。
13yokohama.jpg

横浜は今やクリスマス商戦の真っ最中。

 HOME