FC2ブログ

八重桜とハナミズキ

.30 2019 花(木の花) comment(0) trackback(0)
4月18日(木)、あまりに天気がいいので、
八重桜街道とハナミズキ街道の写真撮影に出かけた。
IMG_0331 (800x449)

毎年写真を撮っていると、ここがポイントという場所でしか撮らなくなる。
IMG_0334 (800x449)

ハナミズキも今が一番いい時期だ。
葉が出てくるとやっかいだから。
IMG_0363 (800x599)

慶応小学校の土手から見下ろすといい感じの写真が撮れた。
IMG_0378 (800x449)

しかしこういう並木は都会にしかない。
ヨーロッパでは田舎に素晴らしい並木道があるが、
日本の田舎ではこういう並木道を作る習わしが昔はなかった。
(日光の杉並木とか大きな神社の参道をのぞいて)
あとの手入れにも金がかかるしね。
IMG_0353 (800x604)

歩道橋のそばの桜はなぜか異常に元気がよい。
虫もつかず毎年素晴らしい花を見せてくれる。
IMG_0414 (800x449)
スポンサーサイト

麻雀放浪記2020

.29 2019 映画 comment(0) trackback(0)
阿佐田哲也の殆どの作品を読んでいるファンとしては、
映画「麻雀放浪記2020」はぜひとも見たかった。
麻雀放浪記2020
映画館は渋谷か横浜のどちらに行くか、
以前だったら交通費の安い渋谷に行くのだが、
今は横浜市の無料敬老パスがあるので
当然市営地下鉄に乗って桜木町の横浜ブルク13へ出かけることになる。

学ランの坊や哲が戦後の焼け跡から2020年にタイムスリップしたという
奇想天外な設定だが、これはどうもそういう漫画が存在するらしい。
辞任してオリンピックの開会宣言をしそこなった舛添要一元東京都知事が
映画に出演して麻雀オリンピック2020の開会宣言をしたのには笑ってしまった。

しかしこの映画を鑑賞するには、
阿佐田哲也の原作を読んでいないとわからないね。
二の二の天和とか元禄積みとか燕返しなんて特にそう。
さいころ遊びのチンチロリンなんかもルールを知っていないと
映像の意味が分からない。
妻が「付いて行かないわよ」と言ったのは正解だった。
水曜日の平日なのにけっこう客席が埋まっていたということは
この人たちも小説か漫画を読んでいるということか。

上映時間が4:15~という変な時間帯だったので、
夕食は外で食べて来るよと言っておいた。
食べたかったメニューがこれ。
松屋ごろごろ煮込チキンカレー復活DSC_2436 (480x360)
松屋が4月16日から昔のメニューを復活させたのだ。
「ごろごろ煮込チキンカレー」
チキンの塊が8~10個くらいゴロゴロと入っている。
これで590円だからね。
久々にうまいものを食ったという満足感!最高!

デザートは7-11の「クッキー&クリームもこ 」140円なり。
クッキークリームもこ (480x360)

安くてうまいものが食べられる日本は平和だ。

散るもよし

.28 2019 花(桜) comment(0) trackback(0)
桜というのはどうしてかくも人の心を癒すのか。
江川01 (800x449)

ゆらゆらと流れる花びらをいつまで見ていても飽きない。
江川02 (800x449)

モネが日本の桜を見たらどんな絵をかいてくれたのか。
江川03 (800x449)

想像するだに嬉しい。
江川04 (800x449)

これからまさに散らんとするもう一つの花。
江川05 (596x800)

4月15日(月)IKEA港北のそばの江川せせらぎ緑道に
花の散り際を見に行きました。
江川06 (800x449)

紫雲出山の桜

.27 2019 桜の名所 comment(0) trackback(0)
4月7日(日)、石見の桜はすっかり堪能したので、横浜へリターンです。
瀬戸中央自動車道で四国へ寄り道しました。
IMG_9792 (480x269)

目的は紫雲出山(しうでやま)の桜(香川県三豊市)を見ること。
DSC_2404 (800x600)

標高352mの山頂から桜とゆったりした瀬戸内の海を眺めるのは最高です。
IMG_9807 (800x449)

天気は良いのですがいかんせん春霞。
IMG_9820 (800x449)

山頂は公園になっていて、ベンチもたくさんあります。
IMG_9841 (800x449)

私たちも地元の魚のお弁当をいただきます。
IMG_9824 (480x269)

つぎは父母が浜。
信じられないほどの遠浅の海で、干潟に潮溜まりができるのです。
まるでウユニ塩湖のよう。
IMG_9869 (480x269)

夕日が沈むころが一番良いのですがそこまで待てません。
IMG_9866 (480x269)

その次が丸亀城。
IMG_20190407_163014 (600x800)

凄く急な坂を何度も休みながら登り、ようやくてっぺんに着きました。
中国人や韓国人の観光客がとても多い。
IMG_9909 (800x449)

高みから見下ろす桜もまた格別です。
IMG_9889 (800x449)


IMG_9903 (800x449)

この晩の宿は高松市のビジネスホテルです。
IMG_9910 (800x519)

高松のアーケード商店街の長さにびっくりです。
IMG_9911 (480x269)

高松空港にソウルからの直行便があるとは知りませんでした。
しかも5500円!
IMG_9914 (480x269)

台湾との直行便もですか。
どうりで韓国人や中国人の観光客が多いわけですよ。
IMG_9915 (480x269)

アーケードを北に歩いて行ったら、高松城にぶつかりました。
おりよく電車に遭遇です。
IMG_9931 (800x449)

高松城では夜桜祭りの開催中でした。日曜日ですから人でも多数。
IMG_9927 (800x449)

昨晩の夕食もうどんでしたが、朝食もうどんです。
DSC_2413 (480x360)

ここはセルフサービスのうどん屋さんで、茹でるのも自分でやります。
自転車にスーツ姿でこの店に立ち寄る男性が多いです。
DSC_2416 (480x360)
高松は真っ平らな街で、電動アシスト付きの自転車に乗っている人は
一人もいませんでした。

開園早々の栗林公園の桜を見て、
香川県の桜は全部制覇した気分になりました。
香川県は島根県に比べて狭いですね。
IMG_20190408_084113 (800x600)

満足して一路横浜へ向かいます。
途中新名神が完成して鈴鹿ICの渋滞が亡くなったので
快適なドライブでした。

天国に一番近い里

.26 2019 島根県 comment(0) trackback(0)
峠のトンネルを抜けると
IMG_9736 (480x270)

天国に一番近い里だった。
IMG_9737 (480x270)

里の底は黄色く染まっていた。
DSC_2398 (800x600)


4月5日(金)、広島県境に近い島根県の最深部、
邑南町上口羽の川角(かいずみ)にやって来たのは、
花桃を見るためでしたが、
IMG_9740 (480x269)

花桃はまだつぼみでした。やはりここは山奥、海岸部とは温度差があります。
IMG_9741 (480x269)

しかし、棚田に咲く菜の花だけでも
IMG_9744 (800x460)

来たかいがありました。
IMG_9758 (800x449)

この里がえらいのは、
休耕田になった棚田をほったらかしにするのではなく
菜の花や花桃を植えて荒れないようにしていることです。
私の実家の近くでは葛に覆われた棚田がたくさんあるのです。
IMG_9770 (800x449)

寄付金を募って花桃の記念植樹をしているのもいいアイデアです。
IMG_9764 (480x269)

花桃が咲くとどっと人が押し寄せるので、
広い駐車場が三か所整備してありましたが、
この日の訪問者は私たちだけ。
IMG_9773 (480x269)

島根の友人が花桃が満開になった素晴らしい写真を
LINEで送ってくれたのは一週間後の4月12日でした。

 HOME