FC2ブログ

アメリカホドイモとガガイモ

.30 2019 花(草花) comment(0) trackback(0)
矢倉沢で今まで見たことのないつる草を見つけました。

まずは、アメリカホドイモ。
アメリカホドイモ01 (800x600)
マメ科ホドイモ属で学名Apios americana。
地下に塊茎があり、インデアンがこれを食用にしていたことから
英語名はインデアン・ポテト。
もちろんマメ科なので、地上には枝豆のようなマメが生るそうです。
つる性植物図鑑でも名前がわからず、「花せんせ」に投稿して
名前を教えてもらいました。

次はガガイモ。
ヒトデのような花を咲かせるつるに初めて出会いました。
ガガイモ (800x600)
キョウチクトウ科イケマ属、学名はMetaplex japonica。
地下にイモができるわけではなく、
紡錘形の袋果がイモの形に似ているからだとか。
袋の先に絹糸のような白い毛がついていて、
古代では綿の代用にしたようです。
日本書紀にも登場するとか。
11月初めにざる菊を見に来た時にこの実に出会えるといいのですが。

これは我が家の周りにもいくらでもあるヘクソカズラ。
ヘクソカズラ (480x360)

テイカカズラ。
テイカカズラ (480x360)

センニンソウ。
センニンソウ (480x360)

矢倉沢のざる菊はまだこんな状態です。
IMG_3590 (480x360)

これが11月初めにはこうなるのですが、
08IMG_3359 (480x270)
島根に帰省するかもしれないので見れるかな?
スポンサーサイト



サネカズラ(実葛)の花

.29 2019 花(木の花) comment(0) trackback(0)
なんとまあ可愛らしい花を咲かせるのでしょうか。
IMG_3555 (800x599)

矢倉沢(南足柄市)には、ざる菊を見に
2011年から毎年11月に来ているのですが、
その時にはサネカズラの赤い実だけを見ていました。
いつか花を見てみたいものだと願っていたのですが、
ようやく叶いました。
IMG_3549 (800x599)

サネカズラは学名Kadura japonicaで、雌雄異株なのだそうですが、
芯の赤い方が雄花で、
IMG_3572 (800x599)

緑のほうが雌花だそうです。
IMG_3533 (800x599)

8月の末頃に咲くらしいというので、今日来てみたのですが
大半はまだこんなつぼみでした。
IMG_3531 (480x360)

こういう風に咲きかけのつぼみも多く、
IMG_3528 (480x360)

後2日くらい後に来てみれば満開だったのかもしれません。
IMG_3544 (480x359)

しかし、こういう実になりかかったものもあり
IMG_3578 (480x360)

実がかなり成長しているものもありました。
IMG_3543 (480x360)

これが11月にはこんな真っ赤な実になっているのでしょう。
201511092122146e1_20190829170739044.jpg

しかし黄色い花を咲かせるとはね。
予想もしていませんでした。
十年来の念願が叶って今日は幸せです。

金沢カレー

.28 2019 食と料理 comment(0) trackback(0)
原三渓美術展を見た後、
食堂街を横目にランドマークタワーを通り抜けて、
桜木町から横浜駅西口に移動しました。
目指すはヨドバシカメラの地下街。
ありました!金沢カレーの幟が。
2019-08-20横浜ヨドバシカメラ地下 (360x480)

食券の自動販売機のメニュー表示には
どこにも金沢カレーの表示がありません。
ウェートレスのお姉さんに聞くと「うちは全部金沢カレーですよ」。

席に座るとすぐにカレーが出て来ました。
2019-08-27金沢カレー (480x360)
(あれ?なんか見たことあるな~、このキャベツ)
スプーンではなくフォークがついています。
薄く幅細に切ったカツ。

ねっとりしたカレーの食感。

カレーを口に入れた瞬間に突然思い出しました。

「これ、食べたことあるよ、どこだっけ?」

読んだ本の内容はすぐに忘れるくせに、
五感の記憶というものは凄いです。
何年か前に新宿御苑のそばのカレー屋で食べたのです。
そういえば、あそこの店の看板にもゴリラのマークがあったなー。

この店の名はゴーゴーカレーといい、
金沢出身のオーナーが松井秀喜の背番号55にあやかって
名付けたものです。
店の看板にゴジラを使わなかったのは商標権の問題があって
ゴリラにしたのだそうです。

私はいつか見たい花の名所や食べたいグルメを記入した手帳を持っていますが、
その中のグルメ蘭に「リストランテ天空(大山)」のつぎに、
「金沢ラーメン、横浜駅ヨドバシカメラの地下」という記述があります。
何時頃これを書いたのか記憶にありません。

自宅に帰って、ブログを開き、新宿御苑で検索をかけたら、
2015年2月20日に新宿御苑に寒桜を見たときの記事がありました。
その時のブログにはこのカレーは出て来ませんが、
アルバムの中にその日の写真を見つけました。
2015-02-20新宿ゴーゴーカレー (480x270)
食べてるじゃないですか。
その当時は金沢カレーというのはまだ有名ではなかったのですね。

結果はともかく、グルメの記入に横線をいれることができました。

原三渓の美術(横浜美術館)

.27 2019 横浜ダウンタウン comment(0) trackback(0)
久々の横浜美術館です。
IMG_3525 (480x360)

友人の勧めもあって原三渓の美術展を見に来たのですが、
わざわざ平日の月曜日を選んだにもかかわらず、
入り口に切符を買うための列ができていて、20人ごとの入場制限。
IMG_3526 (360x480)

入場券に印刷している
原三渓が井上薫から一万円で買ったという
孔雀明王図はもう展示がありませんでした。残念!!!!
スキャン_20190827 (307x480)

館内は作品保護のためということで照明が落としてあり、
ただでさえ最近眼鏡が合わなくなった私には
がっかり以外の何物でもありませんでした。
小さい水墨画など何が書いてあるかもよくわかりません。

感激したのは最澄直筆の手紙「久隔帖」(きゅうかくじょう)
1200年前の手紙が見られるなんてすごいことです。
(写真はWikipediaより拝借)
d0170835_11315675.jpg

薄暗い館内でひときわ目立っていたのが
下村観山の「弱法師図」(よろぼしず)の屏風絵。
600px-Yoroboshi_by_Shimomura_Kazan.jpg

ただこれも、屏風が折りたたんで展示されているので、
最初は左端の太陽が目に入らず、
解説されている絵の意味がよくわかりませんでした。
Yoroboshi_by_Shimomura_Kanzan_(Tokyo_National_Museum).jpg
(写真はWikipediaより拝借)

この展覧会を見て三渓園に行きたくなった人のために
無料のシャトルバスが美術館前から出ていました。
これはなかなかいいサービスですね。
三渓園の中の美術館のほうがここの展示よりいいかもしれない。

私たちも三渓園には二回行っているですが、
このブログに書いているのは2014/12/03の紅葉の記事だけ。
ということはブログを始める前にもう一回行っているということですかね。

コレクション展のほうはフラッシュさえたかなければ写真はOKです。
ピカソなんかもたくさんあったので、こちらがお勧めかも。
DSC_2783 (480x360)

宮川香山の超絶技法の壺。何回見てもうなります。
DSC_2784 (480x360)

今年の紅葉にはまた三渓園に行きたくなりました。

スーパーよさこい2019

.26 2019 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
暑いからといって家に閉じこもるのは運動不足になります。
”原宿表参道元気祭スーパーよさこい2019”を見に来ました。
これにぶつかった外国人は大喜びですね。
IMG_3521 (480x360)

みなさん動画を撮るのに夢中です。
IMG_3268十人十彩 (480x360)

富山県黒部市から参加の「Rey華繚乱」チームのなかに
ガイジンさんらしきおばさんがいました。
IMG_3105富山Rey華繚乱 (480x360)

同じチームの中にいたこの娘は?
IMG_3096富山Rey華繚乱 (480x360)

一番格好良かったのは京都チーム「桜嵐洛」。
シックなユニフォームに狐のお面!
IMG_3325京都チーム桜嵐洛 (800x600)

埼玉県の「舞人」ですが、
IMG_3358埼玉舞人 (800x600)

気になったのは、お揃いの菊の模様の入った地下足袋。
これひょっとして行田の陸王じゃないですよね。
IMG_3369埼玉舞人 (800x600)

同じく埼玉県の「禮 by 勇舞会 x バービーズ」。
魔女のような衣装が色っぽいです。
IMG_3405埼玉勇舞会 (800x583)

ASOBISYSTEMというチームの華麗な衣装。
帯が印象的!
20190825ASOBISYSTEM (800x600)

高知の老舗チーム「帯屋町筋 」。粋です!
IMG_3446帯屋町筋 (480x360)

さぬき市の「さぬき舞人」の衣装は役者絵。
IMG_3296さぬき (480x360)

今年も早稲田大学よさこいチームに出会いました。
IMG_3431早稲田大学 (480x360)

東京都のチーム「しん」は日傘の演出が見事でした。
IMG_3470しん (480x360)

「よさこい」は徳島の阿波踊りを羨んだ高知の人が
昭和29年(1954年)に始めたもの。
平成4年(1992年)には北海道の学生が「YOSAKOIソーラン」を開催。
「原宿表参道元気祭・スーパーよさこい」は2001年から。
新しいお祭りができるのはいいことです。
今年の参加チームは110チームもありました。
お隣の韓国がわいわい騒いでいますが、
日本は平和ですね。

 HOME