FC2ブログ

ファーブルトン(Far Breton)

.30 2020 食と料理 comment(0) trackback(0)
40回目の結婚記念日を迎えた。
記念日には何かしら記憶に残る食事をすることにしている。
今回訪れたのはヴェルヴェンヌというフレンチレストラン。
IMG_20200628_190623 (1000x486)
前回この店に訪れたのは10年前
現在とは違う場所にあった。
この辺りで10年以上店を続けているのはそれなりに人気のある店だ。

この日の客は私たちだけでいわば貸し切り状態。
しかし、注文したテイクアウト料理を受けとりに来た客が5人いたので
コロナ禍のもとでも何とか頑張っているようだ。

コース料理はこんな感じ。
アミュゼ。
IMG_20200628_180831 (480x233)

前菜の中の魚介(蟹?)のファルシが美味しかった。
IMG_20200628_181934 (480x233)

メインは鴨を選択。これに合わせてボルドーの赤ワイン。
IMG_20200628_184656 (480x233)

一番話が盛り上がったのが、これ、ファーブルトン(Far Breton)。
手前のプラムが入ったブルターニュの伝統的な焼き菓子である。
IMG_20200628_191028 (1000x486)
プラムだけではなく、リンゴやレーズンなどの果物が入る。
ブルターニュに駐在していたころ、妻が料理教室で勉強して
作ってくれた菓子である。
食感がもさもさっとしていて正直に言ってあまりおいしいお菓子ではない。
しかし懐かしさがそれを補う。

エスプレッソのカップは小さいのに、取っ手に指が入る。
IMG_20200628_191632 (480x233)
指が入るのは当たり前かもしれないが、
あたりまえでない指の入らないカップを出したシチリア料理店
最近閉店してしまった。

ヴェルヴェンヌで発見をした。
食事の後テーブルで支払いを頼んだのだが
クレジットカードを差し込むポータブル端末を持ってきた。
端末にはRakutenのロゴが。
日本も30年遅れてキャッシュレス社会のフランス
ようやく追いついたのだ。

ともあれ40回目を無事迎えることができた。
50回目を中華街あたりで孫たちも入れて盛大にやるのが
今のささやかな希望ではある。
あと10年生きられるか。

スポンサーサイト



直木三十五

.28 2020 読書 comment(0) trackback(0)
芥川賞なんて読みたくもない、
直木賞大好きの私であるが、
芥川龍之介の本は読んでいても、
直木賞の直木って誰?では少し恥ずかしい
ということで直木三十五(なおきさんじゅうご)の本を借りて来た。

代表作だという「南国太平記」。
薩摩のお家騒動を描いているので、
上下巻合わせると〇に十字の島津家の家紋が浮かぶデザインがいい。
IMG_6161 (1000x561)

最初の書き出しはこうである。

高い、梢(こずえ)の落ち葉は、早朝の微風と、和(なご)やかな陽光とを、
健康そうに喜んでいたが、鬱々(うつうつ)とした大木、
老樹の下蔭(したかげ)は薄暗くて、密生した灌木(かんぼく)と、
雑草とが、まだ濡れていた。

一つの文章に「、」が九つもある。
ぶちぶちっと切れた文章がリズム感を以って最後まで続き、
難しい漢字には(るび)が振ってある。

昭和5年から6年にかけて新聞に連載され大人気を博した小説なのだが
はっきり言って面白くない。
人を切るシーンや切腹の描写が残酷で生々しく、
今の人には(私には)受けないだろう。
こういう描写は峰隆一郎のハードボイルド時代小説が受け継いでいる。
もう一つは女性の蔑視だ。
父親や兄はまるで自分の持物のように娘を扱うのだ。
今一番売れているのが時代小説だが、女性読者を意識してか
ここまで差別的には描いていない。

もう一つが「黄門廻國記」。
IMG_6163 (1000x561)
直木三十五全集第16巻に入っている。
テレビドラマ「水戸黄門漫遊記」のもとになったものだが、
実にわかりやすくて面白い。
旅の最初に米俵に腰かけて婆に叱られる有名なシーンが出てくる。
全頁にわたってすべての漢字にるびが振ってあるのもいい。
助さんがめっぽう強い理由が分かった。
なんと佐々木助三郎(すけさぶろう)という水戸藩剣術師範だったのだ。
格さんは渥美格之進(あつみかくのしん)といい、
助さんより少し腕は落ちるが十分強い。

黄門廻國記は文庫本にすれば、今の時代でも結構売れると思う。


女子プロゴルフ開幕

.26 2020 ゴルフ comment(0) trackback(0)
いよいよ女子プロゴルフトーナメントが開幕しました。
昨日はYoutubeを一日中開きっぱなしにして中継を観戦しながら
直木三十五の「南国太平記」を読んでいました。
IMG_6154 (480x298)

それにしても原英莉花選手の紫色のミズノマスクは鮮烈でしたね。
薄い紫のシャツとのコーディネイトが素晴らしい。
プレーヤーの中でマスクをしていたのは彼女だけ。
キャディと大会スタッフはマスクが義務だったのですが
プレーヤ―はつけなくてもよかったのに。

それにしても今の女子プロはシャツの裾を皆外に出して
ショットの時へそを出していますが、
彼女だけはショートパンツの下に入れていますね。
IMG_6141 (480x315)

足がすらっと長くて、O脚ではないのでかっこいい。
2020-08-08 (480x270)

今日もシャツに合わせてマスクの色を変えてくるのでしょうか
愉しみです。

消費活動再開

.25 2020 あざみ野近辺 comment(0) trackback(0)
梅雨の合間を縫って久々にゴルフ。
大学時代の悪友と近場のゴルフ場で再開しました。
IMG_20200624_122306 (480x233)

濃い緑の中をふかふかの芝生を踏んで歩く爽快感。
ストレスが解放されるのが分かります。
IMG_20200624_125920 (480x233)

まだ10万円をもらっていませんが、このお金は速やかに
客足の途絶えた娯楽施設や飲食関係の方々に還元しなくてはなりません。
IMG_20200624_125912 (480x233)

夜もこれまた実に久しぶりにスシローに行きました。
いつも超満員だったお店も8割の人出でした。
IMG_20200624_185057 (480x233)
回転寿司はボックスで仕切られているので
レストランとしては一番感染がおきにくいお店ではないでしょうか。

とにもかくにも消費活動を再開するのが急がれますね。

(追伸)
妻が預金通帳の記帳に行ったところ、
20万円が6月17日にすでに振り込まれていました。

捩花

.23 2020 花(草花) comment(0) trackback(0)
藤井聡太七段(17)が王位戦の挑戦者決定戦で
またまた永瀬拓矢二冠(27)に勝ち、
中年の星、木村王位(47)への挑戦権を得た。
7月1日に七番勝負の第一局が始まるが、
現在棋聖戦で渡辺棋聖に挑戦中でありダブルタイトル戦となる。
藤井君も若いうちに歯並びを直しておいた方がいいねと思うのだが
高校に行く時間さえなさそうなので
不要不急の歯医者に行く時間はないということか。


それはさておき、
この季節になると芝生の上や、自然林の散歩道のど真ん中に
にょきにょきと突然この花が現れる。
ネジバナ(ラン科)02 (561x1000)

花が捩じれているのでネジバナという。
何とこれがラン科だというのだ。
ランの野生種は我が家のすぐそばの自然林のなかにも
キンラン、ギンラン、エビネが生えていてそんなに驚くものではない。
ネジバナ(ラン科)01 (1000x561)
世界らん展の栽培種の蘭(カトレア、胡蝶蘭などなど)は置いておくとしても、
このブログで取り上げた野生のラン科の花は
セッコク、サイハイラン、サギソウ、シュンラン、クマガイソウ、アツモリソウだが、
みな日陰を好み人目に付きにくい場所にひっそりと咲くものだ。
ところがこいつは日がさんさんと当たる芝生や道の真ん中で咲いている。
雑草というイメージが強い。

本当にラン科なのかねと疑い、上の写真の花の部分を
トリミングしてみた。
ネジバナ(ラン科)拡大
確かにラン科の花の特徴を備えている。

今までこのブログでこの花をとり上げなかったのが不思議。

 HOME