FC2ブログ

仙崖

.28 2013 イベント・祭り comment(0) trackback(0)
都内で高校同窓会の理事会に出席するついでに、
出光美術館で仙崖展を見てきました。
仙崖0004
Wikipediaの表現をそのまま借用すると、
仙厓義梵(せんがい ぎぼん、1750年-1837年)は
江戸時代の臨済宗古月派の禅僧、画家。禅味溢れる絵画で知られる。
美濃国武儀郡で生まれ、月船禅彗に師事。
博多の聖福寺の住持を二十年務め、多くの洒脱・飄逸な絵画(禅画)を残す。
東京の出光美術館は仙厓の絵のコレクションで知られている。

私が仙崖を知ったのは「なんでも鑑定団」というテレビ番組です。
これの本物と偽物がよくでてくるのです。

これが一番有名で、私も大好きな絵。
お月さんを指さしているようですが、実に癒されますね。
「指月布袋画賛」
仙崖0002
(買って来た絵葉書をスキャンしたものです)

齢をとるとこうなりますね。私もこうなりかかっているかも。
「老人六歌仙画賛」
仙崖0005
しわがよる ほ黒が出ける 腰曲がる
頭まがはげる ひげ白くなる
手は振う 足はよろつく 歯は抜る 
耳はきこえず 目はうとくなる
見に添は 頭巾 襟巻 杖 眼鏡 
たんぽ おんじゃく しゅびん 孫の手
聞きたがる 死にともがなる 淋しがる 
心は曲がる 欲深ふなる
くどくなる 気短になる 愚痴になる
出しゃばりたがる 世話焼きたがる
またしても 同じ話に 子を誉める 
達者自慢に 人は嫌がる
          古人の哥 崖書

出光美術館は、有楽町の駅を出たら皇居のほうに歩いて、帝劇の隣にあります。
私は地下鉄有楽町線で行ったので改札を出たら偶然すぐそばに出ました。
IMG_3918.jpg

JR有楽町駅前では、なまはげの前にガイジン旅行客がたくさんいました。
最近ほんとに増えたように感じますね。円安のおかげでしょうか。
IMG_3919.jpg
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1037-8a234fd6