FC2ブログ

母の食欲

.30 2013 介護 comment(0) trackback(0)
これは我が家のカレー。
最近家内はカレーの時は古代米を入れたご飯を炊く。
聞いてみると古代米はスプーンに一杯入れるだけ。
それでも薄い赤飯のように色づく。
IMG_0070.jpg
Le riz au curry a la maison

カレーは母用と私たち用に2種類作る。
このカレーが私にとっては実にありがたい。
家内は必ず翌日に回せるように余分に作ってくれるからだ。
翌日の母の昼食に残り物のカレーを使うのだ。

母は8月に転倒して背骨の圧迫骨折で17日入院したが
退院した後なぜかデイサービスに行かなくなった。
そのため、家内が働きに出ている日は
私が母の昼食を作らなくてはならない。
私の昼食は大体が、うどん・蕎麦・そーめん・スパゲッティである。
蕎麦やそーめんの時はゆでて、麺つゆで食べるだけなので
すこぶる簡単でよい。
麺つゆには葱の刻んだもの(冷凍保存してある)と
山形県民のように「さば缶」を入れるだけだ。

もともと母は麺類が嫌いなのである。
以前は私が作るので我慢していたのだろうか、黙って食べていた。
もちろん母の好みに合わせてぐでんぐでんにゆでて
フランス並みに柔らかい麺にしていた。
ところが最近は違う。
麺を見ると食欲がないと言って食べないのだ。
私が台所に立とうとすると、
今日は食欲がないから何にも作らなくてもいいよという。

ところがところが、
インスタントラーメンと焼きそばをだすと
さっきまで食欲がないと言っていたのに黙って食べ始めて完食するのだ。
ラーメンの汁などやめろと言っても最後まで飲んでしまう。

そしてどんぶり物。
私はこれでも親子丼とカツドンは得意である。
どんぶり物を出すと母は完食するのだ。
先日は家内が買ってきたインスタントの天津飯を作ってやったら
これも見事に完食。

もう一つ文句を言わないのがカレーライスとハヤシライス。
カレーは大好きで、麺類は嫌いなくせに、
カレーうどんとカレーそばなら黙って食べるのだ。

なぜ私がカレーを有難がるか、おわかりか?

しかし、私の料理は塩分やリン・カリウムの量を
全く斟酌していないので透析患者には問題ではある。
関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1059-5f52cd92