FC2ブログ

マダム クーニー

.07 2010 フランスの生活 comment(4) trackback(0)
Madame Monique Cuny は我が家の家庭教師である。
素晴らしいブルーの目にショートカットの金髪、
若いころはさぞかし美人だったろうと思われる。
少々お太り気味だが、胸が豊かなのでおなかが目立たない。
紫色のコートがとてもよくお似合いで、
おしゃべりでよく笑う素敵なマダムである。
Mme+Cuny2_convert_20101012165510.jpg
我が家の玄関に入ってくると、
右手を顔の横に立て、手のひらを前に向けて、指を上下に動かし、
「ククー」と子供たちに挨拶する。

お年は遠慮して聞いたことがないが、60前くらいかと推測していた。
20歳で結婚し40歳でご主人に死なれたらしい。
そのあと小学校の先生をして3人の子供を育て上げ、
今は退職している。

我が家の家庭教師は最初マリアンヌという私立の英語教師だったが、
公立の学校の教師の口が見つかったとかで引っ越していった。
彼女が紹介してくれたのがマダム クーニーだった。

最初は週3回子供たちのレッスンを頼んだ。
担任の先生にも会いに行ってくれて子供たちの学校の様子を聞き、
最初は専ら息子たちの復習と宿題のお手伝いをしてくれた。
結局フランス滞在中8年間我が家の面倒を見てくれた。

会社の他の日本人にも紹介してあげていたら、
昼間は誰かの奥様のレッスン、夜はどこかの独身男性のレッスンと
殆ど空いた時間がなくなったほど売れっ子になってしまった。

家庭教師の謝礼は、当時、
レンヌ大学の学生さんのアルバイトだと時給1000円(50フラン)、
マダムは正式な教員免許を持っているので2000円(100フラン)
払っていた。
現金払いなので、税務署や社会保険事務所に足のつかない
結構な収入にはなっていたと思う。

マダムはレンヌのアパルトマンに住んでいるが、
故郷のプルガステル(ブルターニュ半島の西の端、ブレストの南)にも
家を持っている。典型的なブルトンである。
プルガステルはイチゴの名産地であり、
市場でもスペイン産のイチゴと比べると何倍もの値が付いている。

彼女のプルガステルの別荘?に何回となく招待されていたが、
なんとなくタイミングが合わずに延び延びになっていた。
帰国直前にイギリスにいる息子二人はおいて、
夫婦2人だけでお昼にお邪魔した。

マダムが作ってくれたのが、ブルトンの伝統料理
いわゆる大鍋のごった煮である。
ジャガイモ、にんじん、キャベツ、豚の骨付き肉をぶち込んで
朝から時間をかけて煮込む料理である。
これだけだとどこにでもありそうな料理だが、
変わっているのが、

そば粉の練ったものを布袋に入れて、
これも同じ鍋で一緒に煮るのである。


食事の段になって、

まず鍋から汁をすくって皿に入れ、
これがスープとなる。


このスープを食べ終わったら次に
野菜と豚肉を盛り合わせた皿を作り、これがメインディッシュとなる。
同時に例のそば粉の塊を袋から出してこれを別の皿に盛り、
パンの代わりというか日本のご飯のように食べるのである。
出しがしみ込んでいてなかなかの味であった。

食事の後、マダムはプジョー205で
プルガステル村の中を案内してくれた。
港では彼女の従兄という老人が趣味で釣ってきた
大きなウツボを解体しているところに出くわし、
切り身をお土産にもらってきた。
Mme+Cuny1_convert_20101012165425.jpg

我々がブルターニュに旅行して、
お土産を持ってプルガステルのお宅を訪ねるまで
お元気でおられますように。

(追伸)
このブルトンの伝統料理は、このブログを読んで調べてくださった方から、
ブルトン語で Kig ha farz という料理であることが分かりました。
レシピを知りたい方は、このレシピを見てください。フランス語ですが。
関連記事
スポンサーサイト



hananorikko
クーニー先生、再会できたらさぞ懐かしさこみ上げることでしょうね!実現される日を期して!!
2010.07.07 08:50
セシリア
Bonjour!
素敵な方と出会われたんですね。フランス語を覚えるのって、凄く大変だし、教える先生との相性っていうのも、重要ですよね。
私は、おかげさまで、ブレックス先生に出会えたので、ちょこっとづつ進めてますが、在仏となると、のん気な事も言ってられませんよね?生活かかってきますものね。
その先生が作って下さったという、ブルトンの伝統料理、ネットでレシピを検索して、作ってみたいです。そば粉っていうところが、ブルターニュですねー ガレットも食べたくなりました。
2010.07.07 12:15
豊栄のぼる
hananorikkoさん、
こみ上げるでしょうね。でもいつになるやら。
2010.07.07 17:08
豊栄のぼる
セシリアさん、
すみません、料理の名前はわかりません。
ガレットなら、神楽坂か表参道の Le Bretagne がお勧めです。
そこでフランス語で注文してみたらどうでしょうか。
2010.07.07 17:17

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/107-8527566d