FC2ブログ

深爪

.24 2014 介護 comment(0) trackback(0)
これは、母の透析日誌です。
朝と夜に体重・血圧・体温を測って記録しています。
一病息災などと言いますが、母は腎不全という病気を持っているために、
毎月レントゲンを撮り、血液検査を受けて、
結果的に十全の健康管理をされていることになります。
足の爪01

日誌の下の備考欄は、病院側と家族の連絡蘭になっています。
月に一回、看護婦さんが足首のチェックをしてくれます。
足にむくみや傷や荒れがないかどうかを見てくれるのです。
糖尿病患者の足首切断はよく聞きますが、
透析患者の1割強は末梢動脈疾患にかかりやすいのだそうです。

指摘されてしまいました。
(あちゃー!)
母の足の爪が伸びていました。
足の爪02

ヤスリで整えるようにと書いてあります。
電動ヤスリを買いましたが、非常にまだるっこしいので
結局爪切りで切っています。

それに母は深爪なのです。
ですから、危険防止のため母の爪切りは私の仕事です。
かりに傷つけて「イタイ、イタイ」となっても
実の息子なら許してもらえるからです。

母が深爪ということは私も深爪です。
子供の時の習慣が大人になっても続くからです。
小学校時代には、ハンカチはもっているか、爪は切っているか
毎月学級委員に検査された記憶があります。
その時に爪に少しでも白い部分があると、「切っていない」と
×をつけられました。
ですから私は白い部分がないように爪を切っていました。

結婚して、家内に深爪だと指摘されるまで、
私は自分が深爪だとは思っていなかったのです。

大学時代の友人で私よりもっと深爪をしているやつがいました。
40年ぶりにクラス会で会ったら、やはり相変わらず深爪でした。
そいつも奥さんに深爪だと言われているのかどうかは知りませんが
昔の習慣は治らないのですね。



関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1155-0277cc0b