FC2ブログ

男の料理

.28 2014 食と料理 comment(0) trackback(0)
家内が義母の見舞いに急遽帰省したので、
当面私が料理することになりました。

一番手軽なのが、これ。
これからしばらくは毎晩鍋料理が続きます。

たしか北方謙三の小説にありました。
両親を事故で亡くした少年が田舎の独り暮らしの祖父に引き取られたのですが、
おじいちゃんができる料理が鍋料理しかなかったのです。
毎日毎晩鍋料理。肉だろうが魚だろうがとにかくぶつ切りにして
野菜と一緒に鍋にぶち込んでぐつぐつ煮る。
これで栄養失調にもならず少年は成長していくのです。
男の料理 062
"Kamonabe" est une fondue japonaise composée d'un bouillon clair,
de tofu, de salade, de viandes (canard ou poulet) .
C'est tres simple lors de l'absence de ma femme.

鍋は野菜がたくさん食べれて、意外に栄養バランスはよい料理だと思うのですが
どうでしょうか。
私は今時の若者のように、馬のごとく生野菜のサラダをむしゃむしゃ食べる
という芸当はできないので、鍋のほうがむしろたくさんの野菜が摂れます。

簡単とは言っても、母にカリウムたっぷりの野菜を食べさせるわけにはいかないので、
家内の指示通り野菜類(白菜、ネギ、エリンギ、春菊)は一回湯通ししてあります。
(湯通しすると写真のように体積が減ります)

母にはいつも150gのご飯を出します。
おかずが気にいらないと
「御飯はこんなに食べれないから減らして」
と言われてしまうのですが、
今日は何も言わずにもりもりと食べてくれました。
(やった!)

残り汁は大事に取っておいて、
明日の昼には冷凍保存の御飯をぶち込んで、玉子を一つ落とせば
おいしいおじやの出来上がりです。
らくちん。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1159-279e192f