FC2ブログ

コンニャク騒動

.24 2010 花(一般論) comment(6) trackback(0)
ここ数日テレビで「世界最大の花」が19年ぶりに開花と騒いでいます。
昨日木曜日の夜に開花し始め、今日金曜日と、明日土曜日で開花は終わり、
あとはしぼんでしまうとのことです。

それでは見てやろうかと、朝7時半に家を出ました。
久々の通勤時間帯ですが、急行がありません。
東急は通勤混雑解消のため、ピーク時は急行を廃止したそうです。
へー、知らなかった。どうも最近世間にうとい。
神保町で都営三田線に乗り換えて白山下車。
徒歩10分で東大の小石川植物園に到着しました。

9時開園に合わせて現地に着いたのですが、
もうすでに入園切符(330円)を買うのに長蛇の列。
でもこういうところで、列を作って並ぶのはえらい、
さすが先進国、礼儀の国、日本。
20100723091717.jpg

それにしても暑い、今日は大暑です。。
先日買ったテンガロンハットだけではしのげず、折りたたみの傘を開きました。
待つこと1時間25分。ようやく切符をゲットして入場。(ここで10時25分)
20100723093535.jpg

やれやれ、中はすいているじゃないか。
20100723102603.jpg

手入れの悪い建物の横を通りすぎると、
20100723102849.jpg

ありゃー、再び渋滞区間に突入。やはり延々と列は続いておりました。
20100723103059.jpg

あのテントがそうらしい。やれやれと思うでしょ。
20100723103519.jpg

ところがどっこい、左の桜並木の列は5重に折りたたまれておりました。
20100723104145.jpg

こういう風に
20100723104831.jpg

こういう風に行ったり来たりするのです。
20100723110208.jpg

でも、列が桜並木の日陰でよかった。
右の道路だったら皆干上がって死んでしまいます。
20100723111448.jpg

いよいよ次は私たちの番です。ここで11時18分。
20100723111843.jpg

おおー、このアヴァンギャルドというかスュールなフォルム。アートというべきか。
20100723111913_201407021742008aa.jpg

でも何か、卑猥でいやらしい。
20100723111935_20140702174202680.jpg

フランス人が中指をおっ立ててわめいているような。
20100723111954_20140702174203a42.jpg

見学はものの5分もありませんでした。

開花の経過をもっと詳しく見たい方は、この写真をご覧ください。

以下は、桜並木の下でじっくり読んだ、植物園の解説プリントからの抜粋です。
東大小石川植物園ではサトイモ科の系統分類学的研究を推進中。
(優秀な頭脳を集めて優雅な研究をやっていますね)
これはスマトラ島の絶滅危惧種で、開花は稀。地下に巨大なイモができている。
形が似ていることから
「燭台大蒟蒻(ショクダイオオコンニャク)」
と命名。
花序として世界最大。花弁だけで世界最大はラフレシア。


帰り道には、救急車のお迎えがありました。
熱中症でしょうか、ご婦人が運び込まれておりました。
20100723113201.jpg


私が正門に帰り着いたのは11時半すぎでしたが、
すでに入場は停止されておりました。
中に入っている人だけで見学が終わるのが夕方4時の閉園時間になってしまう
というのがその理由でした。
でも、あきらめきれないおばさんが、
しつこくお巡りさんに喰い下がっていました。

白山駅の構内でも「これから園に向かわれても入園できません」
というアナウンスが流れておりましたが、
やはり駅員にしつこく聞いているおばさんがいました。
駅員だって聞かれても困ると思うのですが。

私は帰りを急いでいました。
母に昼食を食べさせ、透析のため病院に連れて行かなければなりません。

それにしても暑くて、長くて、せわしない午前中でした。

(注)デジカメをレンズ掃除に出しているので、
ケータイで一番大きなサイズの画像にしましたが、
なんとか見られますね。
関連記事
スポンサーサイト



hananorikko
お~~~~、ほぼ日刊糸井新聞でも経過をおってました。すごい臭いらしいですが、それでころじゃない酷暑だったでしょうか。
2010.07.24 11:50
豊栄のぼる
hananorikkoさん、
酷暑でした。あの桜並木がなかったら、えらいことになっておりました。私の鈍い鼻ではにおいを感知できませんでした。
2010.07.24 13:31
Otium
グロテスクですね…。真ん中の部分が普通のお花のように開いたら美しいだろうと思うのですが…。

日本は色々と見るべきものもあるのですが、マスコミが有名にしてしまうと、混雑がすごいのですよね…。行きたいと思っても尻込みしてしまいます。世界遺産に指定されてからは今までの良さが消えてしまった、という話しも聞いています。

フランスも超有名観光地は混雑するのですが、そういうところには Guide Conférencierと一緒に見学するというシステムがあるので便利です。

夏にモン・サン・ミッシェルを見学したときも、これにしました。学芸員レベル級の資格があるらしい有能なガイドさんのガイドで、小グループで、一般の人が入れない場所を通ってスイスイ見学できるのが魅力です。

すごい人気があった植物園の行列を見ていたら、モン・サン・ミッシェル修道院の上から下を見下ろす場所に立ったとき、そのガイドさんが下を指さして言ったことを思い出しました。

「あそこは何だかわかりますか?」
私たち観光客は、「???」
ガイドさんが、きっぱりと言いました。
「地獄であります!」
本当に、土産物屋が並ぶ路地に人がウジャウジャうごめいていて、地獄の光景でした!
2010.07.25 23:23
豊栄のぼる
Otiumさん、
日本はとにかく、どこへ行っても混みます。
モンサンミッシェルは遠くから見るのがよいですね。
確かに狭い路地は亡者がうごめく三途の川の地獄かもしれません。
2010.07.26 00:09
Apfel
こんにちは。
いつも私のブログにおいでくださりありがとうございます。
日本でも昨年、この花が話題にのぼったと聞いてはいましたが、
こんなにもすごい行列だったのですね!
お花を拝見すると、まさしくスイスに咲いたものと同じですね!
とてもご貴重なご体験をなさいましたね。
2011.04.28 00:58
豊栄のぼる
Apfelさん、すみませんお騒がせして。まさかスイスにも大コンニャクの花が咲いているなんて!と驚いたのでコメントを入れてしまいました。日本では鹿児島でも咲いたようで、絶滅危惧種ではないですね、世界じゅうで栽培されていますから。
2011.04.28 09:32

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/124-f880a479