FC2ブログ

土足厳禁

.29 2010 フランスの生活 comment(4) trackback(0)
当たり前の話だが、フランスの家の中は土足である。
というよりは家の中でも靴を脱がないというべきか。

フランスの犬の糞は世界的に有名だ。
だからアパルトマンのロビーの入り口には靴拭きマットがあって、
フランス人はここで日本人より丁寧に靴をぬぐっている。
フランス人でも部屋ばきというか家の中で
それ専用の靴に履き替える人もいないわけではない。

日本人駐在員はどうしていたか。
当然のごとく家の中は土足厳禁である。
この習慣ばかりは変えられない。
私なぞは、一日中靴を履いていたら、足がむくんで、
汗で臭くなって堪らないので、早く靴を脱ぎたい口である。

会社の規則で、家族は3カ月遅れで赴任することになっていた。
その間にアパルトマンの家具や電化製品を整えたり、
学校の手続きなどを済ませて家族が到着したら
新しい生活がすぐスムーズに始められるようにという配慮からである。
先輩諸氏のアドヴァイスに従って、私は日本の家内に電話した。
げた箱と来客用のスリッパを引っ越し荷物に入れてくるようにと。

フランスでもよく探せばないことはないが、
日本人の気にいるようなげた箱はないし、
スリッパもその家の住人が部屋ばきとして履くもので、
来客用のスリッパはないよ、というアドヴァイスがあったからである。

それはそうだ。来客に靴を脱げと言わない以上、
来客用のスリッパ何ぞあるわけがない。

日本の玄関には一段低くなった靴脱ぎがある。
マンションでも同じで、玄関と居間には段差があるのが普通だ。
フランスのアパルトマンではこれがない。
同じ高さでじゅうたんが貼ってあるのだ。
そのため、どこまでを靴脱ぎエリアに指定してよいか困る。
玄関のドアが外開きなら、ドアの内側に靴ふきマットでもおけばよいが
残念ながらドアは家の内側に開くタイプだったので、
マットを置くと高さが同じためドアに当たって邪魔になる。

我が家の家庭教師はすぐに土足厳禁を受け入れた。
マダム・クーニーはどこの日本人家庭に行っても同じなので、
これは個人の好みではなく、日本の文化だということを理解した。
「これはこれで、うちの中が汚くならなくてよい、
じゅうたんの掃除が楽だ」と言っていた。

誕生パーティの時は、フランス人の親は子供の手を引いて靴のまま
つかつかと家に入ってくるが、これをいちいち拒否はできない。
挨拶が終わって親が帰ると、子供に靴を脱がせ、ソックスのまま遊ばせる。
夕方親が迎えに来た時、子供は親の前で靴を履くのだが、
親は怪訝そうな顔をしている。

秋は集中暖房の給湯システムが始まる前に寒くなることがあり、
春には暖房が止まった後にまた寒くなることがよくある。

このため我が家では、冬の間、居間のソファの前にこたつを置いていた。
Kotatsu (A Rennes comme au Japon nov 1991)
こたつ板をひっくり返して、緑のラシャのほうを上にして、
ここでトランプや麻雀をよくしたものである。
もちろん座布団を枕にしてゴロ寝もできる。

靴を履いていては、こういう楽しみはできない。
関連記事
スポンサーサイト



セシリア
なるほど~靴を履いていたら、コタツやら、ごろ寝は出来ませんよね、確かに。きっと我家が海外に暮らしたとしても、靴を脱ぐ生活になると思います。まず、主人が靴のままは嫌がるでしょうし、私も、1日中靴をはいているなんて、窮屈な気がしてしまいますもの。せめて、スリッパですね。凄く単純な疑問なのですが、外国人って、お風呂の後も、靴を履くんですかね?
私は、家の中だと年間通して素足なので、靴の生活はつらそうです。
2010.07.29 10:52
豊栄のぼる
セシリアさん、
日本人はこればかりはどこへ行っても変えられませんよ。

お風呂の後はさすがにはだしでしょう。ジェームズボンドもベッドでははだしでしたよ。

余談ですが、オージー(オーストラリアの人)は家の外でもすぐはだしになりたがります。
2010.07.29 11:21
Nara Promeneuse
常陸の国(鹿島)から、神様が白鹿に乗って春日(奈良)に来られたという言い伝えがありますね。
だから奈良の鹿は神様の使い:神鹿なんだそうです。

あまりに暑いので、自分のペットボトルから鹿に水をあげようとしている観光客がいました。


日本に住んでいた私のフランス人の友人は、やっぱりアパートの中でも靴をはいていましたねぇ。
こういう習慣はなかなか変えられないみたいです。


2010.07.29 17:12
豊栄のぼる
Nara Promeneuseさん、
コメントありがとうございます。
フランス人が部屋で靴を脱がない、多分そうだと思います。
日本人とフランス人の違いの大きな点ですが、意外と誰も指摘しないのです。
2010.07.29 23:04

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/128-ec2ea304