FC2ブログ

甲子園の記憶

.26 2014 島根県 comment(0) trackback(0)
夏の甲子園が終わりました。
大阪桐蔭の7回、ツーアウトだったからポテンヒットでも2点入ったのですよ、
ワンナウトだったら1点どまりで逆転はしていなかったかも。
負けた三重高校には不運なヒットでした。

うれしいニュースが夕刊に載っていました。

一昨年からアメリカに渡った和田毅投手は、渡米早々ヒジのけがで、
ぱったりと消息が途絶えていましたが、
今年になって復活し、シカゴ・カブスでメジャー4勝目を挙げたニュースです。
スキャン_20140826 (480x382)

彼は、私の母校、島根県立浜田高等学校を97年、98年と甲子園に導き、
98年には初めてベストエイトまで勝ち上がりました。
あの時は本当に興奮させてくれましたね。
120km台の山なりボールでしたが、コントロールはよかったのです。
早稲田に入学したら、とたんに140km台を投げるようになって、
あとは、あれよあれよの大活躍。
ソフトバンクに入ってからもすごい活躍で、ずっと応援していました。

それが渡米してから、ぱたっとニュースに出てこなくなって心配していたのです。

わが母校(浜田高校)は2004年に甲子園でベスト16になって以来、
もう10年も出場がありません。
後輩達よ頑張って、先輩達はいつまでも待っているよ。

関連記事
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1330-3e2eaa6d