FC2ブログ

ノルマンディー展

.30 2014 趣味 comment(2) trackback(0)
一体何年ぶりでしょうか。新宿の西口にやって来ました。
01IMG_3072 (480x480)
Shinjuku,Tokyo

十月末だというのに街路樹のサルスベリがまだ花を咲かせています。
やはり街中は暖かいのですね。
02IMG_3074 (480x360)

目的地は損保ジャパン日本興亜火災ビルです。昔の安田火災です。
03IMG_3077 (480x480)

ここの42階に東郷青児記念美術館があります。
04IMG_3079 (480x270) (2)
l'Exposition de Normandie

42階からの眺めです。
05IMG_3080 (480x270)

ここで「ノルマンディ展(近代風景画のはじまり)」(11月9日まで)
が開かれていることを友人のブログで知りました。
ブルターニュに8年住んでいる間に、隣のノルマンディはちょくちょく行ったので
とても懐かしいのです。
趣味の絵画を見に行ったのではなく、ちょっとした懐古趣味ですね。
フランスのノルマンディをご存じない方は、過去の私のブログの
「ノルマンディ観光案内2013/10/24」 を見てください。
そこにでてくる風景が今回の展覧会の絵に描かれているのです。

このモネの絵を見るなり、家内は「エトルタねー。あの穴」といいました。
いろんな画家が描いているあまりにも有名な懐かしい穴です。
06Claude Monet Bateaux de peche Etrtat1884
Claude Monet "Bateaux de peche, Etrtat" 1884 モネ「エトルタの漁船」

今回いろんな勉強をしました。
①印象派の風景画では、水平線は画面の下のほうに描かれる。
これはウジェーヌ・ブーダンという画家の「ルアーヴル、ウール停泊地」1885年ですが、
たしかに、地平線が画面の下のほうですね。
ほかの画家も、画面の3分の1から5分の1のあたりに水平線をもってきています。
私も今度から海の写真を撮るときはこの方式を採用しましょう。
07ウジェーヌ・ブーダン1885ルアーブルウール停泊地 (480x332)
Eugene Boudin "Le Bassin de l'Eure au Havre 1885

②印象派の画家たちが「戸外制作」をうちだした。
このころから、風景画を描く画家は戸外で絵を描き始めたようです。
そうしないと光が捉えられないということなんでしょう。
それまでは絵は家の中でしか描かれていなかったのですね。

③ノルマンディーに絵描きが多かったのは、
金持ちがノルマンディーの別荘にたくさんいて、よく絵を買ってくれたからだ。
絵をたくさん売るために、油絵ではなく水彩画もたくさん描いたそうです。

そりゃそうだ。貧乏人は絵なんか買いませんよ。
ドーヴィルなんか、軽井沢なんか足元にも及ばない金持ちの町ですからね。

今回の展覧会は、各章ごとに解説のパネルがあり
それぞれの絵の下にも解説文がついていたので勉強になりました。
ノルマンディを旅行した時はルアーヴルやオンフローの美術館は見ていないので、
日本で見れるなんてラッキーでした。
それとルーアンの大聖堂やジャンヌダルクの像、ジュミエージュの廃墟の修道院、
オンフローの市場や灯台など旅行で見落としていたところがたくさんあって、
いつかもう一度ノルマンディに行かなくてはという思いを強くしましたね。

これは初めて発見したラウル・デュフィという画家の
「海の祭り、ルアーヴルへの公式訪問」という絵です。
いいですね、こういうタイプの絵は大好きです。
08ラウルデュフィ 海の祭り1925 (480x385)
Raoul Dufy "Fete maritime et visite officielle au Havre" 1925

ノルマンディー展の後に収蔵品コーナーがあり、
ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、東郷青児が展示されていて
おまけで儲けものでした。

ゴッホの「ひまわり」です。
バブルの真っ最中の1987年、安田火災の社長が58億円で競り落として
大顰蹙を買い話題になったあの絵です。そうかここにあったのか。
09Vincent van Gogh Sunflowers 1888 (359x480)
Vincent van Gogh "Les Tournesols" 1888

ゴーギャン「アルル、アリスカンの並木道」1888。
そうか、南仏に行けば紅葉が見れたのか。
フランスではアルプス山地などに行かないと
紅葉は見れないものと思い込んでいました。
10Paul Gauguin LAllee des Alyscamps Arles 1888
Paul Gauguin "L'Allee des Alyscamps, Arles " 1888

関連記事
スポンサーサイト



副長
ここのゴッホのひまわりは友人の版画家によると、偽物の噂が絶えない一品だとか….そう思って毎回観ているのですが凡人には…判らない(笑).
2014.11.03 09:26
豊栄のぼる
副長さん、
私もそう思ってみたのですが、やはりわかりません。
バックの黄色がねー?
でも60億円だっけかとか言いながらみていると、
それなりに金に目くらましされてしまいました。
でも今の世で会社でこんなもの買ったら、
株主訴訟を受けそうですね。
2014.11.03 13:57

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1382-18cc606c