箱根の紅葉

.18 2014 紅葉 comment(0) trackback(0)
今年もいよいよ紅葉の季節。
どこに観に行くか悩ましい。
一昨年に京都の紅葉を見てしまったので、
少々の紅葉では感激しなくなったのだ。
高幡不動尊、高尾山、うーんいまいちだしな。
そうだ、まだ箱根の紅葉は見たことがない。
ということで箱根美術館に来てみました。
01IMG_3403 (800x450)
(今日の写真はみなクリックで拡大します)

「おー」。 まるで京都のお寺に来たようです。
02IMG_3408 (800x450)

ふかふかの苔の絨毯があって、しかもいろんな種類のコケが植わっています。
京都の東福寺の時のように、
苔の上に降り積もった紅葉を撮影しようと思ったのですが、
03IMG_3423 (800x450)

残念ながら、まだ積もっていません。
04IMG_3416 (800x450)

あと一週間したら、紅葉の絨毯が見れるかもしれません。
05IMG_3425 (800x450)

それにしても、今日もいい天気です。
06IMG_3410 (800x450)

紅葉は逆光ぎみに透かして見るのがいいようです。
07IMG_3452 (800x450)

池に映った逆さもみじ。
08IMG_3446 (640x640)
この地点はいつもは入れないように柵がしてあるのですが、
紅葉の時だけ開放されているとガイドさんが説明してくれました。

疎水に落ちた紅葉。こういうのを見るとシャッターを押したくなるのですよ。
09IMG_3453 (800x450)

この庭園は実に手入れがよく、新緑の季節もいいかもしれませんね。
10IMG_3451 (800x450)

ぐるっと一周して、庭はここでお終い。
11IMG_3460 (800x450)

ここは美術館なので、この後は広重の「東海道五十三次展」を
日本橋から掛川宿まで鑑賞しました。
日本の美術館は撮影禁止ですので、絵が見せられないのは残念です。
やはり浮世絵はすごい。印象派の画家たちがうなったのも当然ですね。
構図の巧みさ、対象をうまくデフォルメして描く技術、
なによりも絵に出てくる人々の動きがいいですね。
景色の中に人が出てくると、景色が生き生きとするのです。
私も常々、単なる景色ではなく、
人が入った景色の写真を撮りたいと思っているのですが
なかなかうまくいきません。

美術館を出たのがちょうどお昼過ぎ。
隣の箱根強羅公園へ移動しました。
12IMG_3468 (800x450)

ちょうど秋バラと十月桜が咲いていましたが、
噴水を見ながらベンチで海老名サービスエリアで買ってきた弁当をいただきました。
弁当の名前は「紅葉ごよみ」。
箱根のレストランは高くてまずいという印象しかないので、弁当がいいでしょう。
13IMG_3470 (800x450)

大涌谷から湯気が上っているのがよく見えます。
帰りの道路の混雑を敬遠して、午後一時には箱根を後にしました。
14IMG_3480 (800x450)

帰りの途中、仙石原の「星の王子さまミュージアム」の前を通りかかりました。
まだ入ったことがありません。
ここは5月の後半のバラの季節に来てみたいものです。
15IMG_3529 (800x450)

久々に、いい紅葉を見ました。



スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1399-9316754b