円安

.11 2014 ブログ comment(0) trackback(0)
円安です。
昨日からまた少し円高に振れているようですがそれにしても安い。

このグラフは、フランスに赴任した89年からつくり続けているグラフです。
貿易摩擦のおかげでフランスに赴任できたわけですから、
私のサラリーマン人生は為替の波の上に乗っていたようなもんです。

日本の輸出攻勢で貿易摩擦が起こっていた1985年秋のNYプラザ合意で
235円/$が一年後には150円になった以後の
為替の上がり下がりはいったい何なのでしょうか。
貿易量や金利など専門家?は後付けの理由でいろいろ言いますが、
要は群集心理の賜物でしかないと私は思っています。
image002四通貨
Exchange Rate

それにしてもいろいろあったねー。
89年11月のベルリンの壁崩壊、
90年末日経平均39000円、
95年1月阪神淡路大震災、
98年10月長銀破たん、
99年1.1ユーロ統一通貨
01年9.11NYテロ、
03年4月末日経平均7600円最安値、
11年3.11東日本大震災、
このグラフを見るとその時々の事柄が思い出されます。

それにつけても、
08年9月のリーマンショック以来、円高に推移していた為替が、
12年年末の阿部政権の復活からなんでこんなに円安に振れるのでしょうか。
ドルは80円から120円、ユーロは100円が150円。
たった2年で5割も変わるとはねー。

渋谷のドンキホーテに免税コーナーができて中国人が押し掛けるわけですよ。
日本に観光客が押し掛けてくれるのはいいけれど、
日本人が海外旅行に出かけるのは大変。
原発の停止で輸入赤字は増えるばかりだし、食料品も値上がり続き。

為替のグラフづくりを一年ほったらかしていたので、
久々にグラフを更新したらいろいろの思い出がよみがえった一日でした。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://rennais.blog6.fc2.com/tb.php/1420-2caa0643